釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!

釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!魚だって命がけ、甘く見ていると予期せぬ大惨敗をくらう。2月1日に開幕した東京湾奥のメバル。釣れる日の条件を吟味して釣行するのが楽しいが、昨年は熟考しすぎてやらず仕舞いに。本日はベストな条件ではないが、爆釣は無理でも釣りにはなるだろうと釣行を決断したが…轟沈。

釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!今年は海水温が高いままなので水温に関しては不安なし。潮回りは中潮だが明日から小潮になるので緩んではきているはず。天気は曇り予報ではあるが日中は日差しありとのこと。最高ではないが釣れない条件ではないと判断し、羽田・かみやからメバルカサゴへ。この釣りは1年半ぶりだが胴付き仕掛けで根歩きする釣りなので、水深もオモリの重さも1/10になってはいるが、アカムツとやることは変わらない。アカムツだって釣れたんだからメバルならばと甘くみた。目標は25センチ超の熟メバルを家族分の4匹。冬の東京湾随一の癒しの釣りを楽しむつもりだったのだが……。

■1年半ぶりのメバル釣り。太極拳の根歩き誘いで良型ゲットのはずが…

釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!なぜかメバルの仕掛けは自作しない。江戸前エビメバルを使った。捨て糸が60センチあるのはさすがに長すぎると判断し15センチほど詰めて45センチにする。狙いはメバルなので一番下の針が海底に着かないようにする。餌はモエビで、暖冬&高水温の影響かこの時期のモエビにしては大きなサイズのものが混じってくれているのがうれしい。顔だけw怖い船長から「30分ほど走る」とのアナウンスがある。凪はよさそうだが予報通り日が差し始めた。空が明るいとメバルが底から離れなくなってメバルカサゴの泳層が同じになり釣り分けが困難になる。ここで初めて苦戦の予感。
釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!

釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!最初のポイントは海ほたる周辺だった。3本針それぞれに尾を切ったモエビを装餌して、振り込むようにして投入する。オモリが着底したら軽く穂先がおじぎするように糸ふけを取ってしばらく待機。10秒くらい待ったらオモリを30センチくらい持ち上げて置きなおして根歩きする。勝負が早い魚なので食い気のある魚がいれば置き直したらすぐに魚信がでる…はずなのだが、でない。何度か根歩きしたら大きく竿を持ち上げてゆっくり下げていく。上から落ちてくる餌を意識しているメバルにモエビの存在をアピールする。顔だけw怖い船長が背後で「これは厳しいな」とぽつりともらす。このポイントで釣れたのはカサゴが2匹だけ。両方手乗りサイズだったので海面にたたきつけてリリース。
釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!

■メバルは最大20センチ。カサゴは最大18センチでどうもならーーん

釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!海ほたるのポイントはすぐに見切りをつけて「本牧に向かいます」とのアナウンス。数が釣れる主戦場的なポイントだ。まずは魚をクーラーに入れて一安心してからという作戦だったと思われる。本牧沖での何か所めかのポイントで、ようやくちょっとこましな魚信がある。巻き上げ中にも引く。20センチとぎりぎりキープサイズのメバル。続いてこれまた20センチくらいのアジが釣れて取りあえずキープ魚2匹目。メバルは18センチ以上をキープと決めている。残念なことにこの日釣れたキープサイズのメバルは最初の1尾だけ。ほかに10センチ、16センチが釣れた。16センチは持ち帰ろうかと悩んだが食べられる身の量を考えるとかわいそうなのでリリースした。
釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!

釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!釣果報告に「メバル欲しさで中型カサゴまでリリ-ス」と書かれてしまったが、熟メバルが本命のへた釣りにとってカサゴはあくまでもゲストという位置づけ。美味しそうなサイズに満たないものはいらない。22、3センチくらいからキープと決めている。この日は釣れども釣れども手のひらに乗せられるようなサイズのカサゴばかり。ほぼ全部悩むことなくリリースした。2匹だけ持ち帰る魚がなくなるのを恐れてバケツに放したが…クーラーに入れる前に大きさを計測してみると18センチと16センチ。本日最大のカサゴである18センチのものは弱っていたのでお持ち帰りし、16センチはエア抜きすると立ち直ったのでお帰りいただいた。というわけで2020年のメバル開幕戦は2匹とド貧果に沈む。1年半ぶりなので釣り方を忘れてしまったのか、それともどうにもならない日だったのか……。
釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!


Twitter

2020年02月29日 20:22

« 新型肺炎禍の中釣りに行っていい? かみやメバカサかな | メイン | 【動画】これがかみや推奨のカサゴのリリース法なのです »

最近の釣りに行った記事

猿島沖で下手をキワめる! 午後アジ5匹、夜メバル6匹のみ!!
【番外編】妻と釣りじゃないデートで河津で鰻、多賀で蕎麦
特餌忘れ凪のはずが時化でメバル釣れずなんだか不本意な…
前半はサバに混じってアジで後半はアジに混じってサバ地獄
稲取沖第1投で城ケ島以西で“アレ”が釣れない呪い解呪成功
シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子
辛うじてノーピクではないもののノーガコッでクロムツボウズ
へたが来た日は釣れる!? 尺級2匹込みカイワリ18匹でどやっ
釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹
GW第2戦は待望の凪!! いつもの如く撃沈しマゴチ1匹だけ
強風に苦しみ触手に苛まれ釣り方見失うアジ・キスリレー
予期せぬ大時化にアジツ抜けせずクロダイで帳尻だけ合わす
ちょい時化だけど猿アジはぽつぽつ…後半凪たらし~んと
昼までノーガコッ伝説継続…ヤヴァいかもで一度だけガコッ

著者: へた釣り