午前は船中1匹の報に暗澹とするもカイワリ15匹でえっへん

午前は船中1匹の報に暗澹とするもカイワリ15匹でえっへん熱海へと向かう電車の中で「今日はお魚お休みかなぁ」という木部船長のボヤキとも言える釣況報告に触れる。やっぱり貧漁神に憑りつかれてる?と暗澹たる気分に。小田原で下車してこだまに乗って東京に帰ろうかななんてことまで考えたが…なんとかなった。カイワリ15匹でえっへん。

午前は船中1匹の報に暗澹とするもカイワリ15匹でえっへん前日までよく釣れていたのに白間津まで遠征してクーラー空っぽという惨状に凹んだ。「へたさんが来たら釣れないね」と言われ慣れてはいるが…。貧漁神に憑りつかれてるのかもという疑念を払拭するために宇佐美・治久丸へのカイワリ五目プチ遠征。こちらも前日までは好調だった。ところが行きの電車の中で目にしたのは船長のボヤキ。高活性が期待できる朝マヅメを終えて「船中1匹です」。白間津に続いて2釣行連続でクーラー空っぽもあり得る釣況に竿を出す前から弱気の虫が騒ぎ出す。宇佐美駅から港へは徒歩15分。足取りが重い。港入り口のお地蔵さんに「ボウズだけは勘弁してください」と手を合わせる。

■釣り開始30分で本命ボウズ解除。トリプル決めてよっしゃー!な気分

午前は船中1匹の報に暗澹とするもカイワリ15匹でえっへん港につくとちょうど午前船が戻ってきた。みなさん無口でボヤキ後も上向かなかったのがなんとなく分かる。船長に確認すると「結局、船中1匹だけでした」とのこと。ほかにはサバ少々といった感じだったみたい。相当厳しいことになりそうという予感を胸に船は港を離れる。ポイントは初島沖の水深95メートル前後。できることは飽きずにシャクリ続けることだけ。船長は水深は伝えてくれたが探るタナはアナウンスせず。いつも通り底を仕掛け分切った3メートルから12メートルまで50センチ刻みで18回シャクることに。すぐに魚信があったがサバ。あまり脂が乗っている感じではない。20分ほど沈黙後、今度はまずまず良型と思われるカイワリの魚信。1匹目なので追い食いは狙わずに巻き上げる。25センチのお刺身サイズをゲット。活性悪くないかも。
午前は船中1匹の報に暗澹とするもカイワリ15匹でえっへん午前は船中1匹の報に暗澹とするもカイワリ15匹でえっへん

午前は船中1匹の報に暗澹とするもカイワリ15匹でえっへん底は潮が効いているようでコマセの出の調整がシビア。18回×2で36回シャクってコマセが少し残っているようにこまめにFLビシの上窓の開きを調整する。下全閉で上もアミエビがギリギリ通るくらい開けるだけでちょうどよかった。速い潮を嫌って何か所かポイントを変えていると、小気味よく穂先を引き込む魚信。小ぶりだと思われるし、このポイントではサバは釣れていなかったのでゆっくりとリールを巻いてくると追い食いが発生している手応えがある。20センチくらいのカイワリのトリプル。船中あまり釣れている雰囲気ではなかったがへた釣りに限れば釣り開始1時間半で4匹ならまずまずだ。活性が低いときは枝スを短く作戦で枝ス5センチのウィリー仕掛けを使った。
午前は船中1匹の報に暗澹とするもカイワリ15匹でえっへん午前は船中1匹の報に暗澹とするもカイワリ15匹でえっへん

■サバ避け高速シャクリでカイワリ狙う。最後までポツポツ拾って15匹

午前は船中1匹の報に暗澹とするもカイワリ15匹でえっへんその後もバリバリ食ってくるという感じではないが頑張ってシャクっていると飽きない程度には魚信が出る。カイワリとサバが同じタナに混在している。スティ1秒以下の高速シャクリでサバをかわしてカイワリを選んで釣っていく。一荷以上を狙ってタナをゆっくり巻いてしまうとサバが食ってきてカイワリが振り落とされてしまうので欲張らずに1匹ずつ釣りあげていく。カイワリが釣れたら慎重に手巻きで、サバが掛かったら遊ばせずに電動で全力巻き上げという方針だったがサバのつもりがカイワリだったということが何度かあり海面でバラしてしまった。サイズは20センチ前後の物が中心。
午前は船中1匹の報に暗澹とするもカイワリ15匹でえっへん午前は船中1匹の報に暗澹とするもカイワリ15匹でえっへん

午前は船中1匹の報に暗澹とするもカイワリ15匹でえっへん16時30分にダブルでカイワリを釣りあげてツ抜け達成。残り1時間なので自己最多記録更新はまず無理に。続いてダブルで12匹。日が傾いて暗くなると撮影しにくくなるのでまずはここでお魚の集合写真を撮っておく。残り1時間。夕マヅメのチャンスタイムを期待したが活性が上向くことはなく、最後までポツポツとカイワリを拾っていく。3匹追加して15匹に。サバは7、8匹かな? 身エサ用に船長が引き取ってくれるので無駄にはならない。マダイやチダイは混ざらなかった。午前船の釣果を聞いたときどうなることかと思ったが、終わってみればまずまずの釣果。釣果報告には「食い今ひとつ」と書いてあった。食いがいい日にあたってみたいよ。
午前は船中1匹の報に暗澹とするもカイワリ15匹でえっへん午前は船中1匹の報に暗澹とするもカイワリ15匹でえっへん


Twitter

2020年02月11日 23:08

« 白間津の敵を宇佐美で討つ? 食べる魚ないので明日行く | メイン | 【動画】カイワリ15匹も釣ったから貧漁神では断じて…ない!! »

最近の釣りに行った記事

あさなぎ丸が小船と事故…イサキ開幕戦は不戦敗で激凹み
デラキンメは朝一でゲットするも水深400m超は謎だらけ
金田湾イワシメバルがあまりに魚信なく呆けてホゲて凹む
焼肉デート楽しかった。釣りもした気がするけど覚えてない
23・22・20センチのトリプルを決めるもメバルは凪に限るね
天秤? 胴突き? 俺に限ってどっちもあかんなシロギス釣り
愚策裏目で波に乗れずオキメバル4匹一荷でなんとか帳尻
天気予報大外れで良型クロムツ釣れてなければ凍え死んでた
巨大アジ猛攻であわやカイワリいない五目になるとこだった
煮付け2尾で1皿サイズのメバル14人前に癒してもらい幸せ
午前アジ22匹でなんとか。妻は5匹&竿折れて後半闇堕ちす
春の海ひねもす癒しリレーのはずが…心身鍛錬の一日に!!
春の京都。京都らしいええもんを探して一泊二日めし旨旅♪
ヤリイカも俺が行ったら終わるやん…断トツ最低1.5匹だけ
行ったらやっぱり終わってたよ…好調の余韻でカイワリ8匹
走水黄金大アジゲットも…アジに嫌われたままツ抜けせず
2022年初の大漁♪ 炙り刺しで最高なクロムツ15匹でドヤッ!!
暖かくって午後アジ作戦成功と思いきや釣果が凍死レベル
鉄壁のサバに阻まれ時合逃しカイワリ4匹だけとしょんぼり
3週間ぶりの釣りはサバ地獄と変な潮でクロムツ2匹だけ~
ドキドキもワクワクもなく初釣りの鬼おみくじ2022は大凶だ
ドデカアマ53.5センチ! 2021年最後にして最高の釣りだ!!
家族一人に1匹30㎝級クロムツ確保でお正月は尾頭付きで♪
10分の5がリリースって…一之瀬感謝デーカワハギで頓死す
潮澄み中盤まで魚信なし。日が傾いてカイワリダブル×3+1
デカハギの釣り方忘れた! 昨年に続きツ抜けせずで開幕
53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされず
妻がクロダイおかわり成功。それも48センチにサイズアップ
魚っ気皆無の白間津で船酔い・竿折れ・クーラー空で呆然
妻が47.5センチ人生初クロダイ。アジはコマセ係で撃ちーん
初のえいあん丸・城ヶ島沖オニカサゴは速潮に悩まされ2匹
帰りのクーラーの重さまで…サワラは五十肩に優しかった♥
105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~
コレジャナイ十目で困憊。今日はダメ思ったらラスト10分で
三度目の正直でワラサ挑むも二度あることは…マダイは2匹
八景沖マダイは珍しく素直で3匹。久里浜ワラサとは断交中
新ブランド?よっしゃサバ。ポニョに34cmアマダイ混ざり喜々
ラストイサキは半日50匹。ワラサは常日頃の行いが悪い?
ラスト5分…またね♥とクロムツにめっちゃ営業されてしまう
2週連続で追い食いゼロって…今年の剣崎ウリンボ手強い
くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!
やっぱ下手やねん♪ めっちゃ真面目に釣ってシロギス14匹
イサキは雨の日に限る。今季最大36cm&最多47匹でどやっ
宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね
雨中のシロギス特訓。キス天食べ放題へ一歩一歩前進中♪
尺級5匹込みで21匹! 剣崎イサキの釣り方思い出した?
剣崎イサキ絶好調とはいかないが昨季より手応えありで8匹
クロムツからの魚信なしでひたすらサバサバサバサバサバ
アカクラゲの時期にシロギスの練習? 心得違いもいいとこ
尺イサキ多数にアカイサキ雄でクーラー六分もレア魚はなし

著者: へた釣り