満足サイズも2匹。深場五目初戦はクロムツ6匹でえっへん

満足サイズも2匹。深場五目初戦はクロムツ6匹でえっへん腰がグキッとなりそうなのに選んだ釣り物は羽田・かみやのLT深場五目。オモリ150号の胴付き仕掛けで、水深250メートルくらいで釣れる魚を釣る。アカムツやアラなどの超高級魚をゲットできることもあるが、本命はクロムツ。2020年は初戦から満足サイズ2匹込みで6匹ゲットしえっへん。

満足サイズも2匹。深場五目初戦はクロムツ6匹でえっへん重い荷物を持って慌てて歩くと腰に悪そうなのでいつもより10分ほど早めに家を出る。日の出前なのに意外と寒くない。風も無風とは言わないが気になるほどには吹いていない。実はあまり釣れる気はしていなかった。LT深場五目は2019年には3戦して釣れたクロムツは4匹だけ。釣り方は分かっているつもりだがあまり釣果に結び付いていない。潮回りが大きいため本日は桟橋からの乗船。左舷の舳2番が空いていた。舳先にはY田名人、左隣にはH賀名人。船の下の魚を全部持っていきそうな顔ぶれに割り当てあるかしらと不安に。

■まずは小型が高活性。しばし沈黙の後うれしいサイズを無事ゲット

満足サイズも2匹。深場五目初戦はクロムツ6匹でえっへん船は1時間ほど走って剣崎沖に到着する。すぐに群れが見つかった。最初のポイントは水深200メートルくらい。仕掛けを投入するとすぐに穂先を小さくガコッと揺さぶるような魚信。軽く聞きあげると、良型クロムツなら穂先を引き込んでくれるのだが魚が付いているんだか付いていないんだかよく分からない手応え。巻き上げるほどの魚ではないと判断して放置するともう一度似たような魚信があって少し重量感が増す。周りで小型のクロムツが釣れていたので、たぶんクロムツだろうと巻き上げてみると20センチくらいの小型クロムツのダブルでスタート。このサイズのクロムツはなかなか針掛かりせずに苦戦したがその後もう1匹だけ追加する。

満足サイズも2匹。深場五目初戦はクロムツ6匹でえっへんポイントは少しずつ深くなっていった。11時少し前に水深250メートルくらいのポイントで本日一の魚信。ストンとオモリを1メートルくらい落とした直後に竿先を大きくガコッガコッと揺さぶられる。慌てずに仕掛けを張るように竿を持ち上げると穂先をグンッと引き込みような魚信になって針掛かり確定。ちょっといい手応えだったので追い食いは狙わずに巻き上げる。巻いている最中にも何度か穂先を引き込む。抵抗が最後まで続いたのでもしかしてメダイかもと不安を覚えたが、海面に現れたのは40センチに少し足りないサイズのクロムツ。これくらいになると脂の乗りがよくなるのでうれしいサイズだ。すぐにもう一度クロムツらしき魚信があり、今度は25センチくらいの剣先沖レギュラーサイズ。バリバリ魚信ってくるわけではないが飽きる前には魚信ってくれる。
満足サイズも2匹。深場五目初戦はクロムツ6匹でえっへん満足サイズも2匹。深場五目初戦はクロムツ6匹でえっへん

■午後からは魚信少なくまったり。アカムツ一発逆転チャンスも何事もなく

満足サイズも2匹。深場五目初戦はクロムツ6匹でえっへんエサは船宿支給のサバ短に3本針の真ん中の針にだけ持ち込んだホタルイカをツボ抜きして付ける。底までオモリを落としたらすぐに10メートル巻き上げて、枝ス長の70センチ刻みでストンストンと落としていく。親子サルカンを要に枝スが扇状に動き、クロムツはエサが水平になった瞬間に食ってくると信じている。少し魚信の間が空いたが12時少し前にもう一度悪くない手応えの魚信。重量感もありよく引く。直前にすぐ横でH賀名人がメダイを釣ったばかりだったのでこれはメダイかなと半ば諦めていたが海面に姿を現したのはクロムツ。これまた40センチを少し切る満足サイズ。
満足サイズも2匹。深場五目初戦はクロムツ6匹でえっへん満足サイズも2匹。深場五目初戦はクロムツ6匹でえっへん

満足サイズも2匹。深場五目初戦はクロムツ6匹でえっへんお昼を回ると急に魚信が遠くなる。ユメカサゴやサバなどがたまに釣れるだけ。メダイとサバを一荷で釣った以外、午後は見せ場なし。船は北上しアカムツの実績があるポイントに。アカムツは大きく底を離れない魚なので誘い下げる幅を3メートルだけにし、粘り強く誘い下げ続けた。船中1匹だけアカムツが上がって盛り上がったが東京湾口でそうそうアカムツが釣れるもんでもなく、何も起きずにタイムアップ。お持ち帰りはクロムツ6匹とメダイが1匹。定番ゲストのシロムツやクロシビカマス(≒スミヤキ)は1匹も釣れず。何度かハリスを切られたのはクロシビカマスは(≒スミヤキ)のせいかな? クロムツの満足サイズは炙り刺しで、中型は煮付けで、小型は空揚げにして食べる予定。
満足サイズも2匹。深場五目初戦はクロムツ6匹でえっへん満足サイズも2匹。深場五目初戦はクロムツ6匹でえっへん


Twitter

2020年01月11日 20:13

« 毒棘以外捨てるとこなし。鬼の形相鍋はやっぱり最高だった | メイン | 【動画】船上のおっさんはみんな精神年齢低めな気がするよ »

最近の釣りに行った記事

極鋭CGオニカサゴで入魂完了。腕ではなく竿を褒められる
自称・老先短い母にええもん食わせに上かん屋 久佐久へ
初の外房にて45cm&30cmのアカムツ両手にドヤっドヤっ顔
満足サイズも2匹。深場五目初戦はクロムツ6匹でえっへん
難波最強の立ち飲み屋発見! あたりや食堂でニセンベロ!!
あわや2釣行連続でクーラー空! オニカサゴみくじは小吉
年越しそば2019は難波・源氏で。関西流に辛味大根が美味
令和元年の釣り納めで今年初のをやらかしてしょぼ~ん!
イナダだらけでイシダイどこ~? シマ消え込みで3匹ゲット
久里浜沖7時間耐久マダイ魚信なし地獄にもがき苦しんだ
カイワリは安定の14匹。カンパチはソレダメをやらかしたよ
序盤にクロダイ×2、そのうちマダイも釣れると思ったのに…
雑然とした路地の老舗寿司屋あばらやで大人のドキドキを
カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ
カイワリツ抜けは楽勝と油断したら後半デカアジに翻弄され
ドラグ滑って面白すぎ!! イナダ(ハマチ)10匹で大大大満足
タチウオは指5本×2で満足。アマダイはポニョのみで罪悪感
台風一過の午前アジは土砂降り、強風、ゴミだらけだったが
餃子激戦区の恵比寿に祇園歩兵3号店。優しいお味に納得
35up乱舞。アジしか釣れずしょんぼり、妻は人生最大に興奮
伊豆はカワハギ天国のはずだったのに後半失速でもツ抜け
久々の治久丸午前でカイワリ9匹。えべっさんも人生初の!!
炙り+好みの味ですし焼き。コスパも抜群な難波・ときすし
母78歳の誕生日をメープル猪名川で祝う。秋の味覚楽しむ
ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目
浅場タチウオ攻略失敗。でも50mなら労せずとも掛かるかも
路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです
刺し盛りは関西は活かり、関東は旨みと恵比寿 魚一商店で
撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪
5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない
純ちゃんのすじ塩は恵比寿でNo.1の煮込みかも知れない!!
難波・豪快立ち寿司でウニとイクラこぼれ盛り痛風一直線♪
恵比寿・肉天国で炙りユッケ、痛風味玉、牛トロ天を堪能す
一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする
北海道のそばは最高!! 中標津・伊とうで藪・更科食べ比べ
姪2号にオショロコマを釣らせるミッション今年も無事クリア!!
釧路・繁栄丸アオゾイ耐久。7匹だけど今年も釣れたよ
北海道の師匠杯で子供はアオゾイゲット。へたはお世話係
台風令和初上陸の翌日剣崎イサキ束釣れるかなチャレンジ
難波居酒屋のお刺身は安くて美味いの代表、嬉々わらまさ
難波で昼飲みならなんばグランド花月1階、酒処さつき最強
宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ
売り切れが多いがおっぱい串がとにかく絶品なおみっちゃん
竿先グングンッ…でもバレる。気難しいアジに翻弄されたよ
土用の丑に鰻なる野暮は避け恵比寿・う福でお先に鰻三昧
小サメの駆除に協力したら梅雨アナゴとタチウオもらえたよ
俺が行っても終わらずどころかカイワリ18匹で最多記録更新
6月のええもん1=新川にしやで伝助アナゴ、白子、キアラ刺
6月のええもん2=ShunのA5牛しゃぶローススープ茶漬け♪
プチ時化お立ち台で体幹トレーニングしつつイサキを26匹♪

著者: へた釣り