カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ

カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだシャクリ続けた者が勝つ。他人様に自慢できる腕はないがしつこさだけは負けない、悪条件の中、執念で白間津のシマアジを手に。ボウズこそ免れたがいろいろ反省の多い釣行だ。巨大青物に針を伸ばされ、魚信はあれど掛からず。掛かってもバラシ多発。時化のせいばかりとは…。

カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ深場の勇者様に3時に迎えにきてもらって、海正丸に向かう。白間津でシマアジを狙うのはこれが2回目。前回は4月に釣行イサキとメジナのみで本命ボウズだった。このときはあまり釣況が芳しくなく、ボウズ覚悟の釣りだったが今度は違う。先週は竿頭の人なら5匹近く釣れている日が続き、5.5キロなんてオオカミサイズもあがっている。サイズを問わなければボウズはないだろうと楽観視しての釣行だったが南房の釣りの神様はへた釣りのことがあまりお好きではないようで…時化、低活性に加えて雨という嫌がらせのようなコンディション。頑張った。頑張って少しだけ報われた。

■アジにサバ…小魚ばかりと油断しているとズッド~ンと糸出っ放し

カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ港には4時30分くらいに到着した。既に先着の車が2台。埼玉と横浜ナンバー。集合時間の5時が近づくとどんどん人が集まり始め、片舷6人ずつの12人での出船となる。海正丸は予約順で釣り座を指定できるため。勇者様は右舷の艫、へた釣りは左舷の艫に。準備を済ませるとほどなくして出船となる。まだ薄暗い。ポイントは港を出てすぐで5分くらいしか走らない。橋をくぐって堤防の外へ出ると予想よりも相当海が悪いことに気づく。ポイントの水深は浅い。「12メートル」からとの指示が出る。3メートル幅を50センチ刻みでシャクる。6往復するとビシの中のコマセが少し残るくらいに上窓を調整する。魚信はすぐにあったが20センチ以下の小アジ、お次はこれまた20センチ以下のサバ。白間津まで来てこんな小魚釣りたくねぇよ!! な滑り出し。
カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだカイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ

カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだできることは辛抱強くシャクリ続けることだけ。ウィリーを信じて休まずシャクる。まずはスティ0の高速シャクリ。スティ1、2秒と食わせの間を伸ばしていくのが定石だが、波による船の上下で仕掛けが海中で遊んでしまっている雰囲気。何度か魚がアタックしてくる手ごたえはある。ゴッとかブルルと手元に魚信は伝わってくるものの全く針掛かりしない。スティをこれ以上長くするとシマアジが釣れにくくなるような気がする。有効な対策が思いつかずに焦れる。突然、竿を手元からひったくるような魚信。竿を立てて魚を止めようとするが全く止められない。きつめに設定してあるはずのドラグが滑って結構な勢いで糸が引き出される。50メートルほど走られて少し強引に竿を立てに行くとバレた。仕掛けを回収すると緑のウィリーの針(真鯛王9号)が伸ばされてしまっていた。勇者様いわく「あの走り方はシマアジではなくワラサかヒラマサのような青物」とのこと。惜しいとも思えない。全く釣れあげられる気がしなかった。
カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだカイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ

■リベンジ成功とは言わないが自分で釣ったシマアジをやっと食べられる

カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ忘れたころに何かが釣れる。アジとサバ以外にはイサキが釣れたり、イナダが釣れたり。いずれも期待しているような強い引きはしてくれない。シャクリ続けても埒が明かないと置き竿にし始める人が増えてきたが、へた釣りはしつこい。乗船代分の魚を釣るのは無理としても乗船代分くらいのワークアウトはして帰ることにしている。シャクった者は報われた。9時少しすぎにちょっといい魚信。カイワリに似たシャープな引き込みだが、パワーはカイワリより上で竿を叩くような暴れ方をする。もしかして?と思いながら巻いてくると、カイワリに似た銀色のシルエットが海面を走る。25センチくらいとサイズまでカイワリに似る…人生初の船釣りでのシマアジをゲット。このサイズでリベンジ成功とは言わないが、4月から半年待たされた自分で釣ったシマアジを食べるという夢はかなえられた。
カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだカイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ

カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ1匹釣れればやっていることに間違いはないと自信を持って釣れるようになるはずだが、この日は海が悪すぎた。何度かシマアジかも?という魚信はあったが巻き上げ中にバラしてしまう。針掛かりしてしっかり引き込む魚信になっているにも関わらずバレるのは口の弱いシマアジの可能性が高い気がする。さらにもう一度、止めようのない青物の襲撃を受けた。全くなす術なしで針の結び目で切れた。勇者様も2回、魚に走られて仕掛けを切られている。シマアジ用のタックルでは止められない何かが船下にいるのは間違いないが正体は確認できず。沖上がりは11時。最後にもう一度、もしかして?な魚信があった。姿を現したのは30センチくらいのメジナ。沖上がりにおうどん。そして本日の刺し盛りはシマアジ、メジナ、イサキ、イナダの4種盛り♪
カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだカイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ


Twitter

2019年11月09日 17:37

« 焼肉のタレの力を借りてユッケ&ザンギでイナダ食べ切った | メイン | 【動画】南房の釣りの神様に嫌われてる? でもシマアジ! »

最近の釣りに行った記事

雑然とした路地の老舗寿司屋あばらやで大人のドキドキを
カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ
カイワリツ抜けは楽勝と油断したら後半デカアジに翻弄され
ドラグ滑って面白すぎ!! イナダ(ハマチ)10匹で大大大満足
タチウオは指5本×2で満足。アマダイはポニョのみで罪悪感
台風一過の午前アジは土砂降り、強風、ゴミだらけだったが
餃子激戦区の恵比寿に祇園歩兵3号店。優しいお味に納得
35up乱舞。アジしか釣れずしょんぼり、妻は人生最大に興奮
伊豆はカワハギ天国のはずだったのに後半失速でもツ抜け
久々の治久丸午前でカイワリ9匹。えべっさんも人生初の!!
炙り+好みの味ですし焼き。コスパも抜群な難波・ときすし
母78歳の誕生日をメープル猪名川で祝う。秋の味覚楽しむ
ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目
浅場タチウオ攻略失敗。でも50mなら労せずとも掛かるかも
路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです
刺し盛りは関西は活かり、関東は旨みと恵比寿 魚一商店で
撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪
5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない
純ちゃんのすじ塩は恵比寿でNo.1の煮込みかも知れない!!
難波・豪快立ち寿司でウニとイクラこぼれ盛り痛風一直線♪
恵比寿・肉天国で炙りユッケ、痛風味玉、牛トロ天を堪能す
一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする
北海道のそばは最高!! 中標津・伊とうで藪・更科食べ比べ
姪2号にオショロコマを釣らせるミッション今年も無事クリア!!
釧路・繁栄丸アオゾイ耐久。7匹だけど今年も釣れたよ
北海道の師匠杯で子供はアオゾイゲット。へたはお世話係
台風令和初上陸の翌日剣崎イサキ束釣れるかなチャレンジ
難波居酒屋のお刺身は安くて美味いの代表、嬉々わらまさ
難波で昼飲みならなんばグランド花月1階、酒処さつき最強
宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ
売り切れが多いがおっぱい串がとにかく絶品なおみっちゃん
竿先グングンッ…でもバレる。気難しいアジに翻弄されたよ
土用の丑に鰻なる野暮は避け恵比寿・う福でお先に鰻三昧
小サメの駆除に協力したら梅雨アナゴとタチウオもらえたよ
俺が行っても終わらずどころかカイワリ18匹で最多記録更新
6月のええもん1=新川にしやで伝助アナゴ、白子、キアラ刺
6月のええもん2=ShunのA5牛しゃぶローススープ茶漬け♪
プチ時化お立ち台で体幹トレーニングしつつイサキを26匹♪
1日剣崎で釣れてイサキ13匹、最大28.5cmでなんとかなった
コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈
5月のええもん=哲剣で活アコウ刺しに感動+カマ焼きも◎
好漁続きでどうした、俺。六目41匹でクーラー八分と大満足
G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり
令和の初釣りは雨の中シャクリ続けてカイワリ7匹でドヤッ!!
アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない
4月のええもん=正宗屋のカステラ&魚屋ひでぞう刺し盛り
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ
タナ取りスピード勝負に妻苦戦で14匹。30匹クリアが遠いよ
夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日
鏡面のように穏やかな海で釣りをしている白日夢を見たよ

著者: へた釣り