カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ

カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだシャクリ続けた者が勝つ。他人様に自慢できる腕はないがしつこさだけは負けない、悪条件の中、執念で白間津のシマアジを手に。ボウズこそ免れたがいろいろ反省の多い釣行だ。巨大青物に針を伸ばされ、魚信はあれど掛からず。掛かってもバラシ多発。時化のせいばかりとは…。

カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ深場の勇者様に3時に迎えにきてもらって、海正丸に向かう。白間津でシマアジを狙うのはこれが2回目。前回は4月に釣行イサキとメジナのみで本命ボウズだった。このときはあまり釣況が芳しくなく、ボウズ覚悟の釣りだったが今度は違う。先週は竿頭の人なら5匹近く釣れている日が続き、5.5キロなんてオオカミサイズもあがっている。サイズを問わなければボウズはないだろうと楽観視しての釣行だったが南房の釣りの神様はへた釣りのことがあまりお好きではないようで…時化、低活性に加えて雨という嫌がらせのようなコンディション。頑張った。頑張って少しだけ報われた。

■アジにサバ…小魚ばかりと油断しているとズッド~ンと糸出っ放し

カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ港には4時30分くらいに到着した。既に先着の車が2台。埼玉と横浜ナンバー。集合時間の5時が近づくとどんどん人が集まり始め、片舷6人ずつの12人での出船となる。海正丸は予約順で釣り座を指定できるため。勇者様は右舷の艫、へた釣りは左舷の艫に。準備を済ませるとほどなくして出船となる。まだ薄暗い。ポイントは港を出てすぐで5分くらいしか走らない。橋をくぐって堤防の外へ出ると予想よりも相当海が悪いことに気づく。ポイントの水深は浅い。「12メートル」からとの指示が出る。3メートル幅を50センチ刻みでシャクる。6往復するとビシの中のコマセが少し残るくらいに上窓を調整する。魚信はすぐにあったが20センチ以下の小アジ、お次はこれまた20センチ以下のサバ。白間津まで来てこんな小魚釣りたくねぇよ!! な滑り出し。
カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだカイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ

カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだできることは辛抱強くシャクリ続けることだけ。ウィリーを信じて休まずシャクる。まずはスティ0の高速シャクリ。スティ1、2秒と食わせの間を伸ばしていくのが定石だが、波による船の上下で仕掛けが海中で遊んでしまっている雰囲気。何度か魚がアタックしてくる手ごたえはある。ゴッとかブルルと手元に魚信は伝わってくるものの全く針掛かりしない。スティをこれ以上長くするとシマアジが釣れにくくなるような気がする。有効な対策が思いつかずに焦れる。突然、竿を手元からひったくるような魚信。竿を立てて魚を止めようとするが全く止められない。きつめに設定してあるはずのドラグが滑って結構な勢いで糸が引き出される。50メートルほど走られて少し強引に竿を立てに行くとバレた。仕掛けを回収すると緑のウィリーの針(真鯛王9号)が伸ばされてしまっていた。勇者様いわく「あの走り方はシマアジではなくワラサかヒラマサのような青物」とのこと。惜しいとも思えない。全く釣れあげられる気がしなかった。
カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだカイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ

■リベンジ成功とは言わないが自分で釣ったシマアジをやっと食べられる

カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ忘れたころに何かが釣れる。アジとサバ以外にはイサキが釣れたり、イナダが釣れたり。いずれも期待しているような強い引きはしてくれない。シャクリ続けても埒が明かないと置き竿にし始める人が増えてきたが、へた釣りはしつこい。乗船代分の魚を釣るのは無理としても乗船代分くらいのワークアウトはして帰ることにしている。シャクった者は報われた。9時少しすぎにちょっといい魚信。カイワリに似たシャープな引き込みだが、パワーはカイワリより上で竿を叩くような暴れ方をする。もしかして?と思いながら巻いてくると、カイワリに似た銀色のシルエットが海面を走る。25センチくらいとサイズまでカイワリに似る…人生初の船釣りでのシマアジをゲット。このサイズでリベンジ成功とは言わないが、4月から半年待たされた自分で釣ったシマアジを食べるという夢はかなえられた。
カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだカイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ

カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ1匹釣れればやっていることに間違いはないと自信を持って釣れるようになるはずだが、この日は海が悪すぎた。何度かシマアジかも?という魚信はあったが巻き上げ中にバラしてしまう。針掛かりしてしっかり引き込む魚信になっているにも関わらずバレるのは口の弱いシマアジの可能性が高い気がする。さらにもう一度、止めようのない青物の襲撃を受けた。全くなす術なしで針の結び目で切れた。勇者様も2回、魚に走られて仕掛けを切られている。シマアジ用のタックルでは止められない何かが船下にいるのは間違いないが正体は確認できず。沖上がりは11時。最後にもう一度、もしかして?な魚信があった。姿を現したのは30センチくらいのメジナ。沖上がりにおうどん。そして本日の刺し盛りはシマアジ、メジナ、イサキ、イナダの4種盛り♪
カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだカイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ


Twitter

2019年11月09日 17:37

« 焼肉のタレの力を借りてユッケ&ザンギでイナダ食べ切った | メイン | 【動画】南房の釣りの神様に嫌われてる? でもシマアジ! »

最近の釣りに行った記事

あさなぎ丸が小船と事故…イサキ開幕戦は不戦敗で激凹み
デラキンメは朝一でゲットするも水深400m超は謎だらけ
金田湾イワシメバルがあまりに魚信なく呆けてホゲて凹む
焼肉デート楽しかった。釣りもした気がするけど覚えてない
23・22・20センチのトリプルを決めるもメバルは凪に限るね
天秤? 胴突き? 俺に限ってどっちもあかんなシロギス釣り
愚策裏目で波に乗れずオキメバル4匹一荷でなんとか帳尻
天気予報大外れで良型クロムツ釣れてなければ凍え死んでた
巨大アジ猛攻であわやカイワリいない五目になるとこだった
煮付け2尾で1皿サイズのメバル14人前に癒してもらい幸せ
午前アジ22匹でなんとか。妻は5匹&竿折れて後半闇堕ちす
春の海ひねもす癒しリレーのはずが…心身鍛錬の一日に!!
春の京都。京都らしいええもんを探して一泊二日めし旨旅♪
ヤリイカも俺が行ったら終わるやん…断トツ最低1.5匹だけ
行ったらやっぱり終わってたよ…好調の余韻でカイワリ8匹
走水黄金大アジゲットも…アジに嫌われたままツ抜けせず
2022年初の大漁♪ 炙り刺しで最高なクロムツ15匹でドヤッ!!
暖かくって午後アジ作戦成功と思いきや釣果が凍死レベル
鉄壁のサバに阻まれ時合逃しカイワリ4匹だけとしょんぼり
3週間ぶりの釣りはサバ地獄と変な潮でクロムツ2匹だけ~
ドキドキもワクワクもなく初釣りの鬼おみくじ2022は大凶だ
ドデカアマ53.5センチ! 2021年最後にして最高の釣りだ!!
家族一人に1匹30㎝級クロムツ確保でお正月は尾頭付きで♪
10分の5がリリースって…一之瀬感謝デーカワハギで頓死す
潮澄み中盤まで魚信なし。日が傾いてカイワリダブル×3+1
デカハギの釣り方忘れた! 昨年に続きツ抜けせずで開幕
53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされず
妻がクロダイおかわり成功。それも48センチにサイズアップ
魚っ気皆無の白間津で船酔い・竿折れ・クーラー空で呆然
妻が47.5センチ人生初クロダイ。アジはコマセ係で撃ちーん
初のえいあん丸・城ヶ島沖オニカサゴは速潮に悩まされ2匹
帰りのクーラーの重さまで…サワラは五十肩に優しかった♥
105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~
コレジャナイ十目で困憊。今日はダメ思ったらラスト10分で
三度目の正直でワラサ挑むも二度あることは…マダイは2匹
八景沖マダイは珍しく素直で3匹。久里浜ワラサとは断交中
新ブランド?よっしゃサバ。ポニョに34cmアマダイ混ざり喜々
ラストイサキは半日50匹。ワラサは常日頃の行いが悪い?
ラスト5分…またね♥とクロムツにめっちゃ営業されてしまう
2週連続で追い食いゼロって…今年の剣崎ウリンボ手強い
くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!
やっぱ下手やねん♪ めっちゃ真面目に釣ってシロギス14匹
イサキは雨の日に限る。今季最大36cm&最多47匹でどやっ
宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね
雨中のシロギス特訓。キス天食べ放題へ一歩一歩前進中♪
尺級5匹込みで21匹! 剣崎イサキの釣り方思い出した?
剣崎イサキ絶好調とはいかないが昨季より手応えありで8匹
クロムツからの魚信なしでひたすらサバサバサバサバサバ
アカクラゲの時期にシロギスの練習? 心得違いもいいとこ
尺イサキ多数にアカイサキ雄でクーラー六分もレア魚はなし

著者: へた釣り