カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ

カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだシャクリ続けた者が勝つ。他人様に自慢できる腕はないがしつこさだけは負けない、悪条件の中、執念で白間津のシマアジを手に。ボウズこそ免れたがいろいろ反省の多い釣行だ。巨大青物に針を伸ばされ、魚信はあれど掛からず。掛かってもバラシ多発。時化のせいばかりとは…。

カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ深場の勇者様に3時に迎えにきてもらって、海正丸に向かう。白間津でシマアジを狙うのはこれが2回目。前回は4月に釣行イサキとメジナのみで本命ボウズだった。このときはあまり釣況が芳しくなく、ボウズ覚悟の釣りだったが今度は違う。先週は竿頭の人なら5匹近く釣れている日が続き、5.5キロなんてオオカミサイズもあがっている。サイズを問わなければボウズはないだろうと楽観視しての釣行だったが南房の釣りの神様はへた釣りのことがあまりお好きではないようで…時化、低活性に加えて雨という嫌がらせのようなコンディション。頑張った。頑張って少しだけ報われた。

■アジにサバ…小魚ばかりと油断しているとズッド~ンと糸出っ放し

カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ港には4時30分くらいに到着した。既に先着の車が2台。埼玉と横浜ナンバー。集合時間の5時が近づくとどんどん人が集まり始め、片舷6人ずつの12人での出船となる。海正丸は予約順で釣り座を指定できるため。勇者様は右舷の艫、へた釣りは左舷の艫に。準備を済ませるとほどなくして出船となる。まだ薄暗い。ポイントは港を出てすぐで5分くらいしか走らない。橋をくぐって堤防の外へ出ると予想よりも相当海が悪いことに気づく。ポイントの水深は浅い。「12メートル」からとの指示が出る。3メートル幅を50センチ刻みでシャクる。6往復するとビシの中のコマセが少し残るくらいに上窓を調整する。魚信はすぐにあったが20センチ以下の小アジ、お次はこれまた20センチ以下のサバ。白間津まで来てこんな小魚釣りたくねぇよ!! な滑り出し。
カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだカイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ

カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだできることは辛抱強くシャクリ続けることだけ。ウィリーを信じて休まずシャクる。まずはスティ0の高速シャクリ。スティ1、2秒と食わせの間を伸ばしていくのが定石だが、波による船の上下で仕掛けが海中で遊んでしまっている雰囲気。何度か魚がアタックしてくる手ごたえはある。ゴッとかブルルと手元に魚信は伝わってくるものの全く針掛かりしない。スティをこれ以上長くするとシマアジが釣れにくくなるような気がする。有効な対策が思いつかずに焦れる。突然、竿を手元からひったくるような魚信。竿を立てて魚を止めようとするが全く止められない。きつめに設定してあるはずのドラグが滑って結構な勢いで糸が引き出される。50メートルほど走られて少し強引に竿を立てに行くとバレた。仕掛けを回収すると緑のウィリーの針(真鯛王9号)が伸ばされてしまっていた。勇者様いわく「あの走り方はシマアジではなくワラサかヒラマサのような青物」とのこと。惜しいとも思えない。全く釣れあげられる気がしなかった。
カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだカイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ

■リベンジ成功とは言わないが自分で釣ったシマアジをやっと食べられる

カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ忘れたころに何かが釣れる。アジとサバ以外にはイサキが釣れたり、イナダが釣れたり。いずれも期待しているような強い引きはしてくれない。シャクリ続けても埒が明かないと置き竿にし始める人が増えてきたが、へた釣りはしつこい。乗船代分の魚を釣るのは無理としても乗船代分くらいのワークアウトはして帰ることにしている。シャクった者は報われた。9時少しすぎにちょっといい魚信。カイワリに似たシャープな引き込みだが、パワーはカイワリより上で竿を叩くような暴れ方をする。もしかして?と思いながら巻いてくると、カイワリに似た銀色のシルエットが海面を走る。25センチくらいとサイズまでカイワリに似る…人生初の船釣りでのシマアジをゲット。このサイズでリベンジ成功とは言わないが、4月から半年待たされた自分で釣ったシマアジを食べるという夢はかなえられた。
カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだカイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ

カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ1匹釣れればやっていることに間違いはないと自信を持って釣れるようになるはずだが、この日は海が悪すぎた。何度かシマアジかも?という魚信はあったが巻き上げ中にバラしてしまう。針掛かりしてしっかり引き込む魚信になっているにも関わらずバレるのは口の弱いシマアジの可能性が高い気がする。さらにもう一度、止めようのない青物の襲撃を受けた。全くなす術なしで針の結び目で切れた。勇者様も2回、魚に走られて仕掛けを切られている。シマアジ用のタックルでは止められない何かが船下にいるのは間違いないが正体は確認できず。沖上がりは11時。最後にもう一度、もしかして?な魚信があった。姿を現したのは30センチくらいのメジナ。沖上がりにおうどん。そして本日の刺し盛りはシマアジ、メジナ、イサキ、イナダの4種盛り♪
カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだカイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ


Twitter

2019年11月09日 17:37

« 焼肉のタレの力を借りてユッケ&ザンギでイナダ食べ切った | メイン | 【動画】南房の釣りの神様に嫌われてる? でもシマアジ! »

最近の釣りに行った記事

特餌忘れ凪のはずが時化でメバル釣れずなんだか不本意な…
前半はサバに混じってアジで後半はアジに混じってサバ地獄
稲取沖第1投で城ケ島以西で“アレ”が釣れない呪い解呪成功
シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子
辛うじてノーピクではないもののノーガコッでクロムツボウズ
へたが来た日は釣れる!? 尺級2匹込みカイワリ18匹でどやっ
釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹
GW第2戦は待望の凪!! いつもの如く撃沈しマゴチ1匹だけ
強風に苦しみ触手に苛まれ釣り方見失うアジ・キスリレー
予期せぬ大時化にアジツ抜けせずクロダイで帳尻だけ合わす
ちょい時化だけど猿アジはぽつぽつ…後半凪たらし~んと
昼までノーガコッ伝説継続…ヤヴァいかもで一度だけガコッ
気難しいアジに苦戦も46匹。シロギスは釣り方掴めず9匹だけ
驕る下手は久しからず。ノーガコッ伝説が今日始まったよ

著者: へた釣り