一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする

一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする前夜にカツオの水揚げ高日本一を目指す凄腕漁師たちの戦いを見たせいではないだろうが、釣れども釣れどもソウダガツオという悪夢の展開。肝心のイサキは魚信すらほとんどなく、魚信を出せても巻き上げ中に食ってきたソウダガツオに化ける。凄腕カツオ一本釣り師になってげんなり。

一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする8月の剣崎沖イサキは数釣りシーズン真っ盛り。ウリンボサイズ中心にはなるがシャクれば魚信、ゆっくり巻くだけで針数コイノボリに。束超えどころか二束超えだって射程圏のはずだった。もちろん、魚にだって機嫌が悪い日はある。それでも50匹近くは釣れるものだと思い込んでいた。8月のワースト記録を調べてみると32匹。2012年と7シーズンも前、まだ束釣りを一度も達成できていなかったころの記録だ。本日、ワースト記録を更新した。たったの17匹。最大サイズも20センチくらい。ソウダガツオは船中一釣ったと思う。

■イサキ活性低くなかなか魚信が…やっと出た魚信もソウダのヤツに

一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする台風10号の接近に伴ううねりで剣崎沖は波1.8メートルの予報だった。風はほぼ無風だったので釣行する。お盆休み前の三連休初日でしかも台風の影響は今日より明日、明日より明後日と強くなっていく。混むかもという予感はあった。金沢八景へと向かう京浜急行品川駅には竿、クーラー持参の人の姿が多数。さらに話しているのを聞くと貸し竿で釣りに行くのだと分かるグループまで数組いた。こういう日に人気の船宿である一之瀬丸が空いているわけがない。スーパーお立ち台での釣りを覚悟して向かったのだが……瀧本船長から「左舷の艫が空いてますよ」と声をかけていただく。グループ釣行の人が多く、船宿で釣り座を割り当てたのでお一人様用の席が空いていたようだ。艫で釣ることなんて滅多にないので迷わず左舷の艫へ。船は7時30分に桟橋を離れ、剣崎沖を目指す。

一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする約1時間かけて辿りついた松輪の根には5隻くらいの小船団ができていた。船団の周りをグルリと回って魚影を探す。先行している船はあまり釣れている風ではない。船長からの指示は「18メートルから12メートルまで探って」だった。50センチ刻みのスティ0、魚信がなければスティ1、スティ2と待ち時間を長くしていく。イサキが元気な日にはこの3往復の間で魚信がでることが多いのだが空振り。コマセを詰め替えて再度スティ0からやり直すと微小な魚信があってから穂先を勢いより引き込むイサキっぽくない魚信。シラコダイだった。ウィリーイサキより先に反応する魚がいるときはあまりよくないことが多い。魚信をなかなか出せず、ようやく1匹目のイサキを手にしたのは釣り始めて20分以上経ってから。束釣りなんて夢のまた夢な滑り出し。
一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする

■イサキは17匹。ソウダは数えてないけれどその倍…もしかすると3倍は

一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりするイサキは船下にいるにはいるがとにかく元気がない。指示層を何往復もしてやっと魚信が出せる。困ったことにへた釣りのシャクリ方では指示層の上の方、水深13メートルから12メートルでしか魚信を出せなかった。その層だとソウダガツオも食ってくるので極めて釣りにくい。先にイサキが食ってきたはずなのにソウダガツオに振り落とされるという事故が多発しちっともバケツの中に魚が貯まっていかない。11時を過ぎた段階で9匹。ツヌケすらしていない。時速3匹ペース。お昼前にして既に心が折れる。片舷10人でコマセを撒き続けるとソウダガツオ禍が収まるとは思えない。せめてとへた釣りはほとんどコマセを撒かないように調整したが、船長によれば「全員分のコマセが艫方向に流れていた」らしくソウダガツオを一身に引き受ける運命であったようだ。かわしようがないのだから運命と割り切るほかない。船長からハリス1.7号の小針仕掛けをもらってソウダガツオ釣りは加速する。
一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする

一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする凄腕ソウダガツオ釣り師として休まずに釣り続ける。本命がイサキだということを忘れたころにもしかして?な魚信が混じりポツポツペースでは拾える。面白いのはソウダガツオが大人しくなり、これならイサキが狙えるかもというタイミングではイサキも大人しくなってしまうこと。ソウダガツオを含めても魚信を出せない時間帯も結構長かった。そんなときは災害級の暑さでも1日元気に炎天下で釣りができる猛暑対策グッズの写真を撮ったり、動画の素材としてビチビチビチと暴れるソウダガツオを撮影したりしていた。最後まで諦めずに竿は出し続けて、イサキは17匹。ソウダガツオは数えてないがイサキの倍以上は確実に釣っている。
一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする



Twitter

2019年08月10日 20:10

« 台風10号のうねりでシマアジ中止。イサキ行って大丈夫? | メイン | 【動画】霧多布で繁栄丸名物レイズ・針数・アオゾイズに挑戦 »

最近の釣りに行った記事

あさなぎ丸が小船と事故…イサキ開幕戦は不戦敗で激凹み
デラキンメは朝一でゲットするも水深400m超は謎だらけ
金田湾イワシメバルがあまりに魚信なく呆けてホゲて凹む
焼肉デート楽しかった。釣りもした気がするけど覚えてない
23・22・20センチのトリプルを決めるもメバルは凪に限るね
天秤? 胴突き? 俺に限ってどっちもあかんなシロギス釣り
愚策裏目で波に乗れずオキメバル4匹一荷でなんとか帳尻
天気予報大外れで良型クロムツ釣れてなければ凍え死んでた
巨大アジ猛攻であわやカイワリいない五目になるとこだった
煮付け2尾で1皿サイズのメバル14人前に癒してもらい幸せ
午前アジ22匹でなんとか。妻は5匹&竿折れて後半闇堕ちす
春の海ひねもす癒しリレーのはずが…心身鍛錬の一日に!!
春の京都。京都らしいええもんを探して一泊二日めし旨旅♪
ヤリイカも俺が行ったら終わるやん…断トツ最低1.5匹だけ
行ったらやっぱり終わってたよ…好調の余韻でカイワリ8匹
走水黄金大アジゲットも…アジに嫌われたままツ抜けせず
2022年初の大漁♪ 炙り刺しで最高なクロムツ15匹でドヤッ!!
暖かくって午後アジ作戦成功と思いきや釣果が凍死レベル
鉄壁のサバに阻まれ時合逃しカイワリ4匹だけとしょんぼり
3週間ぶりの釣りはサバ地獄と変な潮でクロムツ2匹だけ~
ドキドキもワクワクもなく初釣りの鬼おみくじ2022は大凶だ
ドデカアマ53.5センチ! 2021年最後にして最高の釣りだ!!
家族一人に1匹30㎝級クロムツ確保でお正月は尾頭付きで♪
10分の5がリリースって…一之瀬感謝デーカワハギで頓死す
潮澄み中盤まで魚信なし。日が傾いてカイワリダブル×3+1
デカハギの釣り方忘れた! 昨年に続きツ抜けせずで開幕
53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされず
妻がクロダイおかわり成功。それも48センチにサイズアップ
魚っ気皆無の白間津で船酔い・竿折れ・クーラー空で呆然
妻が47.5センチ人生初クロダイ。アジはコマセ係で撃ちーん
初のえいあん丸・城ヶ島沖オニカサゴは速潮に悩まされ2匹
帰りのクーラーの重さまで…サワラは五十肩に優しかった♥
105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~
コレジャナイ十目で困憊。今日はダメ思ったらラスト10分で
三度目の正直でワラサ挑むも二度あることは…マダイは2匹
八景沖マダイは珍しく素直で3匹。久里浜ワラサとは断交中
新ブランド?よっしゃサバ。ポニョに34cmアマダイ混ざり喜々
ラストイサキは半日50匹。ワラサは常日頃の行いが悪い?
ラスト5分…またね♥とクロムツにめっちゃ営業されてしまう
2週連続で追い食いゼロって…今年の剣崎ウリンボ手強い
くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!
やっぱ下手やねん♪ めっちゃ真面目に釣ってシロギス14匹
イサキは雨の日に限る。今季最大36cm&最多47匹でどやっ
宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね
雨中のシロギス特訓。キス天食べ放題へ一歩一歩前進中♪
尺級5匹込みで21匹! 剣崎イサキの釣り方思い出した?
剣崎イサキ絶好調とはいかないが昨季より手応えありで8匹
クロムツからの魚信なしでひたすらサバサバサバサバサバ
アカクラゲの時期にシロギスの練習? 心得違いもいいとこ
尺イサキ多数にアカイサキ雄でクーラー六分もレア魚はなし

著者: へた釣り