一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする

一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする前夜にカツオの水揚げ高日本一を目指す凄腕漁師たちの戦いを見たせいではないだろうが、釣れども釣れどもソウダガツオという悪夢の展開。肝心のイサキは魚信すらほとんどなく、魚信を出せても巻き上げ中に食ってきたソウダガツオに化ける。凄腕カツオ一本釣り師になってげんなり。

一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする8月の剣崎沖イサキは数釣りシーズン真っ盛り。ウリンボサイズ中心にはなるがシャクれば魚信、ゆっくり巻くだけで針数コイノボリに。束超えどころか二束超えだって射程圏のはずだった。もちろん、魚にだって機嫌が悪い日はある。それでも50匹近くは釣れるものだと思い込んでいた。8月のワースト記録を調べてみると32匹。2012年と7シーズンも前、まだ束釣りを一度も達成できていなかったころの記録だ。本日、ワースト記録を更新した。たったの17匹。最大サイズも20センチくらい。ソウダガツオは船中一釣ったと思う。

■イサキ活性低くなかなか魚信が…やっと出た魚信もソウダのヤツに

一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする台風10号の接近に伴ううねりで剣崎沖は波1.8メートルの予報だった。風はほぼ無風だったので釣行する。お盆休み前の三連休初日でしかも台風の影響は今日より明日、明日より明後日と強くなっていく。混むかもという予感はあった。金沢八景へと向かう京浜急行品川駅には竿、クーラー持参の人の姿が多数。さらに話しているのを聞くと貸し竿で釣りに行くのだと分かるグループまで数組いた。こういう日に人気の船宿である一之瀬丸が空いているわけがない。スーパーお立ち台での釣りを覚悟して向かったのだが……瀧本船長から「左舷の艫が空いてますよ」と声をかけていただく。グループ釣行の人が多く、船宿で釣り座を割り当てたのでお一人様用の席が空いていたようだ。艫で釣ることなんて滅多にないので迷わず左舷の艫へ。船は7時30分に桟橋を離れ、剣崎沖を目指す。

一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする約1時間かけて辿りついた松輪の根には5隻くらいの小船団ができていた。船団の周りをグルリと回って魚影を探す。先行している船はあまり釣れている風ではない。船長からの指示は「18メートルから12メートルまで探って」だった。50センチ刻みのスティ0、魚信がなければスティ1、スティ2と待ち時間を長くしていく。イサキが元気な日にはこの3往復の間で魚信がでることが多いのだが空振り。コマセを詰め替えて再度スティ0からやり直すと微小な魚信があってから穂先を勢いより引き込むイサキっぽくない魚信。シラコダイだった。ウィリーイサキより先に反応する魚がいるときはあまりよくないことが多い。魚信をなかなか出せず、ようやく1匹目のイサキを手にしたのは釣り始めて20分以上経ってから。束釣りなんて夢のまた夢な滑り出し。
一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする

■イサキは17匹。ソウダは数えてないけれどその倍…もしかすると3倍は

一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりするイサキは船下にいるにはいるがとにかく元気がない。指示層を何往復もしてやっと魚信が出せる。困ったことにへた釣りのシャクリ方では指示層の上の方、水深13メートルから12メートルでしか魚信を出せなかった。その層だとソウダガツオも食ってくるので極めて釣りにくい。先にイサキが食ってきたはずなのにソウダガツオに振り落とされるという事故が多発しちっともバケツの中に魚が貯まっていかない。11時を過ぎた段階で9匹。ツヌケすらしていない。時速3匹ペース。お昼前にして既に心が折れる。片舷10人でコマセを撒き続けるとソウダガツオ禍が収まるとは思えない。せめてとへた釣りはほとんどコマセを撒かないように調整したが、船長によれば「全員分のコマセが艫方向に流れていた」らしくソウダガツオを一身に引き受ける運命であったようだ。かわしようがないのだから運命と割り切るほかない。船長からハリス1.7号の小針仕掛けをもらってソウダガツオ釣りは加速する。
一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする

一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする凄腕ソウダガツオ釣り師として休まずに釣り続ける。本命がイサキだということを忘れたころにもしかして?な魚信が混じりポツポツペースでは拾える。面白いのはソウダガツオが大人しくなり、これならイサキが狙えるかもというタイミングではイサキも大人しくなってしまうこと。ソウダガツオを含めても魚信を出せない時間帯も結構長かった。そんなときは災害級の暑さでも1日元気に炎天下で釣りができる猛暑対策グッズの写真を撮ったり、動画の素材としてビチビチビチと暴れるソウダガツオを撮影したりしていた。最後まで諦めずに竿は出し続けて、イサキは17匹。ソウダガツオは数えてないがイサキの倍以上は確実に釣っている。
一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする



Twitter

2019年08月10日 20:10

« 台風10号のうねりでシマアジ中止。イサキ行って大丈夫? | メイン | 【動画】霧多布で繁栄丸名物レイズ・針数・アオゾイズに挑戦 »

最近の釣りに行った記事

5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない
純ちゃんのすじ塩は恵比寿でNo.1の煮込みかも知れない!!
難波・豪快立ち寿司でウニとイクラこぼれ盛り痛風一直線♪
恵比寿・肉天国で炙りユッケ、痛風味玉、牛トロ天を堪能す
一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする
北海道のそばは最高!! 中標津・伊とうで藪・更科食べ比べ
姪2号にオショロコマを釣らせるミッション今年も無事クリア!!
釧路・繁栄丸アオゾイ耐久。7匹だけど今年も釣れたよ
北海道の師匠杯で子供はアオゾイゲット。へたはお世話係
台風令和初上陸の翌日剣崎イサキ束釣れるかなチャレンジ
難波居酒屋のお刺身は安くて美味いの代表、嬉々わらまさ
難波で昼飲みならなんばグランド花月1階、酒処さつき最強
宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ
売り切れが多いがおっぱい串がとにかく絶品なおみっちゃん
竿先グングンッ…でもバレる。気難しいアジに翻弄されたよ
土用の丑に鰻なる野暮は避け恵比寿・う福でお先に鰻三昧
小サメの駆除に協力したら梅雨アナゴとタチウオもらえたよ
俺が行っても終わらずどころかカイワリ18匹で最多記録更新
6月のええもん1=新川にしやで伝助アナゴ、白子、キアラ刺
6月のええもん2=ShunのA5牛しゃぶローススープ茶漬け♪
プチ時化お立ち台で体幹トレーニングしつつイサキを26匹♪
1日剣崎で釣れてイサキ13匹、最大28.5cmでなんとかなった
コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈
5月のええもん=哲剣で活アコウ刺しに感動+カマ焼きも◎
好漁続きでどうした、俺。六目41匹でクーラー八分と大満足
G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり
令和の初釣りは雨の中シャクリ続けてカイワリ7匹でドヤッ!!
アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない
4月のええもん=正宗屋のカステラ&魚屋ひでぞう刺し盛り
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ
タナ取りスピード勝負に妻苦戦で14匹。30匹クリアが遠いよ
夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日
鏡面のように穏やかな海で釣りをしている白日夢を見たよ
明石焼き、いかなご釘煮、蛸ぺったん、穴子串を魚の棚で
明石・人丸花壇で鯛・蛸・穴子の海峡名物3点セットを満喫♪
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪
不幸だねぇ氷雨降る時化海で本命ボウズなんて闇堕ちする
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?
2月のええもんは難波・天秤棒でおこぜ含むお刺身三昧!
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!
ブラックドラゴン相手に筋トレ。クロムツは3匹だけでチーン
難波・桃酔でええもん=アコウの酒蒸しと白アマダイを食う
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く
血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ

著者: へた釣り