妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ

妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ釣れる気でいたって? 釣行する以上当然。何を根拠に? シャクる釣りだから経験値がゼロではない。深場の勇者様のアシスト付きだしね。結果は? 釣れなかった。シマアジかもという魚信は一度だけあった。イタズラでハリス3号で釣っていたので瞬殺された。メジナとイサキは釣れた。

妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ勇者様に午前3時に迎えてきていただいて南房の白間津を目指す。5時集合の5時半出船。アクアラインを通るのなんて何年ぶりだろ? 南房どころか千葉の船に乗るのはこれが初めて。房総半島の先端なんて車で何時間もかかりそうなイメージだが、夜間の自動車専用道路は空いている。信号もないので非常にスムーズ。4時少しすぎには最寄りの釣り具屋に到着し、付け餌を購入。5時前には白間津港に到着した。海正丸は予約時に釣り座も指定できるようで、右舷の艫に勇者様、左舷の艫にへた釣りが座る。右舷は5人、左舷は3人の8人での出船となる。
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ

■いきなりの良型メジナの登場にさすが白間津とテンションあがるが…

妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみポイントは港を出てすぐだった。船長からの指示は「13メートルから10メートル」。探る幅は3メートルしかない。勇者様から「ここのところ活性が低いので3メートルの仕掛けでやりましょう」とのアドバイス。ウィリー3本+空針1本の4本針仕掛けを投入する。朝一の時間帯はシマアジのチャンスタイム。50センチ刻みで鋭くシャクる。スティ0では魚信なし。スティ1、2という風にクワセの間を少しずつ長くしていくと、ガッガッと穂先を揺らす魚信。竿をゆっくり立てるといきなり穂先をグンッと持って行く。いい引きをするので「キター!!」と気合を入れて巻き始める。シマアジの引きを知らないので小ぶりのシマアジかもと嬉々としてリールを巻いたが、水面に現れたシルエットは黒い。30センチ超えのメジナだった。
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ

妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ最初のポイントではもう1匹メジナを追加して、移動する。次は「21メートルから18メートル」との指示。やれることは限られている。ここでも50センチ刻みのスティ0から順に試してみるが、魚信なし。勇者様の竿にいい魚信。35センチくらいのイサキが釣れる。それも立て続けに3匹同じくらいのサイズのイサキを釣る。この間、へた釣りの竿には全く魚信なし。少し長めのスティ時間を取っているのを確認して真似してみるとすぐに魚信があったが、イサキっぽくない。35センチくらいのメタボメジナだった。…メジナしか釣れないことにちょっと苛立つ。

■ハリス3号は瞬殺。船上で止まると死ぬ男は今日も貧果にあえぐよ

妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみイサキを釣ろうと繰り出した策がこの日の最悪の一手となった。イサキなら40センチでもハリス3号もあれば上げられる。ハリス3号450センチの仕掛けを持っていっていたのでこれを投入する。タナに合わせて1シャクリめで穂先に変化。次のシャクリの準備をしようとしていると信じられないくらいの引きで竿がのされる。きつめに設定してあったドラグが少しだけ出る。なんとか止めることには成功。でもハリス3号では無理はできない。ゆっくり竿を立てて巻き始めるとすぐにまた猛烈な引き込み。竿を送ってなんとかしのいだが、もう一度竿を立てようとするとブツッといういやな手応えを残してハリス切れ。姿を見ていないので魚種は不明だが3号のハリスでは絶対に獲れない何かはいた。勇者様いわく「ここはハリス5号が最低必要ですよ」とのこと。無念。

妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ一度いい魚信があったわけだからまた来るはずと信じて、シャクリ続けるが、ここから勇者様とへた釣りのこの釣りに関するレベルの違いがはっきりでた。勇者様がマダイ、ウマヅラハギ、良型イサキを追加していくのも尻目にへた釣りは釣れども釣れどもウリンボサイズのイサキのみ。何が違うかは分かっている。勇者様はスティ10秒以上の超低速シャクリ、へた釣りはスティ5秒以上は待てない高速シャクリ。スティ時間を延ばせばもう少し釣れるのかもとは思ったが、船上のへた釣りは止まると死ぬ頭の悪い生き物なので最後までシャクリ続けて釣果を伸ばせず。メジナ3匹とイサキ10匹で本日終了。南房まで行ってよかったと思える魚とは出会えず。
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ

妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ帰港後、海正丸には昼食のサービスがあることを知って驚く。へた釣りがこれまで行ったことがある船宿ではお茶とお茶受け、寒い時期限定で味噌汁や豚汁を食べさせてもらったことはあったが…。船着き場から船宿に移動すると食堂になっていた。壁には釣果写真が所せましと貼られている。この日のメニューはたぬきうどんだった。糖質が…とは考えないことにして美味しくいただく。「1キロ級のシマアジが釣れ始めたらリベンジしましょう」と約束して本日は終了!! 勇者様のクーラーには魚がいっぱい。
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ



Twitter

2019年04月13日 16:38

« 水温上がった!! でも潮大濁り…シマアジ絶賛気合空回り中 | メイン | 針の重さを相殺するフロートビーズ…食い渋り時には必須!? »

最近の釣りに行った記事

あさなぎ丸が小船と事故…イサキ開幕戦は不戦敗で激凹み
デラキンメは朝一でゲットするも水深400m超は謎だらけ
金田湾イワシメバルがあまりに魚信なく呆けてホゲて凹む
焼肉デート楽しかった。釣りもした気がするけど覚えてない
23・22・20センチのトリプルを決めるもメバルは凪に限るね
天秤? 胴突き? 俺に限ってどっちもあかんなシロギス釣り
愚策裏目で波に乗れずオキメバル4匹一荷でなんとか帳尻
天気予報大外れで良型クロムツ釣れてなければ凍え死んでた
巨大アジ猛攻であわやカイワリいない五目になるとこだった
煮付け2尾で1皿サイズのメバル14人前に癒してもらい幸せ
午前アジ22匹でなんとか。妻は5匹&竿折れて後半闇堕ちす
春の海ひねもす癒しリレーのはずが…心身鍛錬の一日に!!
春の京都。京都らしいええもんを探して一泊二日めし旨旅♪
ヤリイカも俺が行ったら終わるやん…断トツ最低1.5匹だけ
行ったらやっぱり終わってたよ…好調の余韻でカイワリ8匹
走水黄金大アジゲットも…アジに嫌われたままツ抜けせず
2022年初の大漁♪ 炙り刺しで最高なクロムツ15匹でドヤッ!!
暖かくって午後アジ作戦成功と思いきや釣果が凍死レベル
鉄壁のサバに阻まれ時合逃しカイワリ4匹だけとしょんぼり
3週間ぶりの釣りはサバ地獄と変な潮でクロムツ2匹だけ~
ドキドキもワクワクもなく初釣りの鬼おみくじ2022は大凶だ
ドデカアマ53.5センチ! 2021年最後にして最高の釣りだ!!
家族一人に1匹30㎝級クロムツ確保でお正月は尾頭付きで♪
10分の5がリリースって…一之瀬感謝デーカワハギで頓死す
潮澄み中盤まで魚信なし。日が傾いてカイワリダブル×3+1
デカハギの釣り方忘れた! 昨年に続きツ抜けせずで開幕
53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされず
妻がクロダイおかわり成功。それも48センチにサイズアップ
魚っ気皆無の白間津で船酔い・竿折れ・クーラー空で呆然
妻が47.5センチ人生初クロダイ。アジはコマセ係で撃ちーん
初のえいあん丸・城ヶ島沖オニカサゴは速潮に悩まされ2匹
帰りのクーラーの重さまで…サワラは五十肩に優しかった♥
105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~
コレジャナイ十目で困憊。今日はダメ思ったらラスト10分で
三度目の正直でワラサ挑むも二度あることは…マダイは2匹
八景沖マダイは珍しく素直で3匹。久里浜ワラサとは断交中
新ブランド?よっしゃサバ。ポニョに34cmアマダイ混ざり喜々
ラストイサキは半日50匹。ワラサは常日頃の行いが悪い?
ラスト5分…またね♥とクロムツにめっちゃ営業されてしまう
2週連続で追い食いゼロって…今年の剣崎ウリンボ手強い
くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!
やっぱ下手やねん♪ めっちゃ真面目に釣ってシロギス14匹
イサキは雨の日に限る。今季最大36cm&最多47匹でどやっ
宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね
雨中のシロギス特訓。キス天食べ放題へ一歩一歩前進中♪
尺級5匹込みで21匹! 剣崎イサキの釣り方思い出した?
剣崎イサキ絶好調とはいかないが昨季より手応えありで8匹
クロムツからの魚信なしでひたすらサバサバサバサバサバ
アカクラゲの時期にシロギスの練習? 心得違いもいいとこ
尺イサキ多数にアカイサキ雄でクーラー六分もレア魚はなし

著者: へた釣り