妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ

妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ釣れる気でいたって? 釣行する以上当然。何を根拠に? シャクる釣りだから経験値がゼロではない。深場の勇者様のアシスト付きだしね。結果は? 釣れなかった。シマアジかもという魚信は一度だけあった。イタズラでハリス3号で釣っていたので瞬殺された。メジナとイサキは釣れた。

妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ勇者様に午前3時に迎えてきていただいて南房の白間津を目指す。5時集合の5時半出船。アクアラインを通るのなんて何年ぶりだろ? 南房どころか千葉の船に乗るのはこれが初めて。房総半島の先端なんて車で何時間もかかりそうなイメージだが、夜間の自動車専用道路は空いている。信号もないので非常にスムーズ。4時少しすぎには最寄りの釣り具屋に到着し、付け餌を購入。5時前には白間津港に到着した。海正丸は予約時に釣り座も指定できるようで、右舷の艫に勇者様、左舷の艫にへた釣りが座る。右舷は5人、左舷は3人の8人での出船となる。
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ

■いきなりの良型メジナの登場にさすが白間津とテンションあがるが…

妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみポイントは港を出てすぐだった。船長からの指示は「13メートルから10メートル」。探る幅は3メートルしかない。勇者様から「ここのところ活性が低いので3メートルの仕掛けでやりましょう」とのアドバイス。ウィリー3本+空針1本の4本針仕掛けを投入する。朝一の時間帯はシマアジのチャンスタイム。50センチ刻みで鋭くシャクる。スティ0では魚信なし。スティ1、2という風にクワセの間を少しずつ長くしていくと、ガッガッと穂先を揺らす魚信。竿をゆっくり立てるといきなり穂先をグンッと持って行く。いい引きをするので「キター!!」と気合を入れて巻き始める。シマアジの引きを知らないので小ぶりのシマアジかもと嬉々としてリールを巻いたが、水面に現れたシルエットは黒い。30センチ超えのメジナだった。
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ

妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ最初のポイントではもう1匹メジナを追加して、移動する。次は「21メートルから18メートル」との指示。やれることは限られている。ここでも50センチ刻みのスティ0から順に試してみるが、魚信なし。勇者様の竿にいい魚信。35センチくらいのイサキが釣れる。それも立て続けに3匹同じくらいのサイズのイサキを釣る。この間、へた釣りの竿には全く魚信なし。少し長めのスティ時間を取っているのを確認して真似してみるとすぐに魚信があったが、イサキっぽくない。35センチくらいのメタボメジナだった。…メジナしか釣れないことにちょっと苛立つ。

■ハリス3号は瞬殺。船上で止まると死ぬ男は今日も貧果にあえぐよ

妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみイサキを釣ろうと繰り出した策がこの日の最悪の一手となった。イサキなら40センチでもハリス3号もあれば上げられる。ハリス3号450センチの仕掛けを持っていっていたのでこれを投入する。タナに合わせて1シャクリめで穂先に変化。次のシャクリの準備をしようとしていると信じられないくらいの引きで竿がのされる。きつめに設定してあったドラグが少しだけ出る。なんとか止めることには成功。でもハリス3号では無理はできない。ゆっくり竿を立てて巻き始めるとすぐにまた猛烈な引き込み。竿を送ってなんとかしのいだが、もう一度竿を立てようとするとブツッといういやな手応えを残してハリス切れ。姿を見ていないので魚種は不明だが3号のハリスでは絶対に獲れない何かはいた。勇者様いわく「ここはハリス5号が最低必要ですよ」とのこと。無念。

妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ一度いい魚信があったわけだからまた来るはずと信じて、シャクリ続けるが、ここから勇者様とへた釣りのこの釣りに関するレベルの違いがはっきりでた。勇者様がマダイ、ウマヅラハギ、良型イサキを追加していくのも尻目にへた釣りは釣れども釣れどもウリンボサイズのイサキのみ。何が違うかは分かっている。勇者様はスティ10秒以上の超低速シャクリ、へた釣りはスティ5秒以上は待てない高速シャクリ。スティ時間を延ばせばもう少し釣れるのかもとは思ったが、船上のへた釣りは止まると死ぬ頭の悪い生き物なので最後までシャクリ続けて釣果を伸ばせず。メジナ3匹とイサキ10匹で本日終了。南房まで行ってよかったと思える魚とは出会えず。
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ

妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ帰港後、海正丸には昼食のサービスがあることを知って驚く。へた釣りがこれまで行ったことがある船宿ではお茶とお茶受け、寒い時期限定で味噌汁や豚汁を食べさせてもらったことはあったが…。船着き場から船宿に移動すると食堂になっていた。壁には釣果写真が所せましと貼られている。この日のメニューはたぬきうどんだった。糖質が…とは考えないことにして美味しくいただく。「1キロ級のシマアジが釣れ始めたらリベンジしましょう」と約束して本日は終了!! 勇者様のクーラーには魚がいっぱい。
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ



Twitter

2019年04月13日 16:38

« 水温上がった!! でも潮大濁り…シマアジ絶賛気合空回り中 | メイン | 針の重さを相殺するフロートビーズ…食い渋り時には必須!? »

最近の釣りに行った記事

4月のええもん=正宗屋のカステラ&魚屋ひでぞう刺し盛り
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ
タナ取りスピード勝負に妻苦戦で14匹。30匹クリアが遠いよ
夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日
鏡面のように穏やかな海で釣りをしている白日夢を見たよ
明石焼き、いかなご釘煮、蛸ぺったん、穴子串を魚の棚で
明石・人丸花壇で鯛・蛸・穴子の海峡名物3点セットを満喫♪
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪
不幸だねぇ氷雨降る時化海で本命ボウズなんて闇堕ちする
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?
2月のええもんは難波・天秤棒でおこぜ含むお刺身三昧!
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!
ブラックドラゴン相手に筋トレ。クロムツは3匹だけでチーン
難波・桃酔でええもん=アコウの酒蒸しと白アマダイを食う
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く
血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止
数釣りシーズン開幕したよ。 179匹で7月の最多記録更新!!
イサキってどうやったら釣れるんだっけ? 本気で忘れたぞ
性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…
八景沖のアジ行方知れず? ウネリで掛からんし撃チ~ン
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで
かみやメバル大会で型も数も船中3位なら頑張った方だよね

著者: へた釣り