タナ取りスピード勝負に妻苦戦で14匹。30匹クリアが遠いよ

タナ取りスピード勝負で妻苦戦し14匹。30匹クリアが遠いよ最近の釣況ならいい日にあたらなくても悪い日にさえあたらなければ半日LTアジで30匹を釣るという妻のアジ釣りの目標はクリアできると考えていた。甘い目論みはたいてい崩れる。前日からアジが急に食い渋った。今日は大丈夫だろうと信じていたが……タナ取りシビアで14匹まで。

タナ取りスピード勝負で妻苦戦し14匹。30匹クリアが遠いよ土曜日の釣果報告には「アジ食い渋り」と書かれており、釣果数は更新されなかった。相当悪かったときのパターンだ。釣る前から悪いことを考えても仕方がないので「アジ30匹釣れたら次は何を釣りに行こう」なんてことを話しながら妻1号とともに金沢八景・一之瀬丸へと向かう。本日が春休み最終日だってことをSNSで教えてもらう。ほかの船では子供連れ多数で賑やかとの報告も。こういう日に一之瀬丸が空いているわけがない。午前LTアジ船は乗合1隻と仕立て2隻の3隻出し。並びでとお願いしてあったので釣り座は左舷の舳と2番目に確保してもらえた。オマツリが怖いのでへた釣りはスーパーではないがお立ち台に上がり、妻1号が通常席の舳に釣り座を据える。妻1号は凪に安心したようで、出船と同時にチューハイを飲みだしてご機嫌。

■掛かり所が悪くバラシ多発。それでも30匹は射程圏と思ったが…

タナ取りスピード勝負で妻苦戦し14匹。30匹クリアが遠いよ船長は遠征ウィリー五目でお世話になる伊東船長だった。「20分ほど走って本牧沖を目指します」とのアナウンス。キリン型のクレーンと国際埠頭と書かれた倉庫が見えるポイントで釣り開始となる。出船前に確認したところ土曜の釣果は午前・午後ともに竿頭の人で25匹くらいだったもよう。アジの活性が上向いていることを期待して仕掛けを投入する。指示ダナは底から3メートル。1.5メートル、2メートル、2.5メートルでコマセを振り出しあと50センチ持ち上げて待つ。ウィリーで慣れているので50センチ刻みでシャクるのは目をつむってでもできる。一度コマセを詰め替えてすぐに魚信。20センチくらいのアジが間を開けずに釣れ始める。悪かったのは昨日だけでこれなら妻1号の30匹チャレンジのクリアは十分に射程圏内と思ったのだが……。
タナ取りスピード勝負で妻苦戦し14匹。30匹クリアが遠いよタナ取りスピード勝負で妻苦戦し14匹。30匹クリアが遠いよ

タナ取りスピード勝負で妻苦戦し14匹。30匹クリアが遠いよ妻1号はタナが少し低めになることが多い。穂先にフルフルという魚信が出ても針掛かりしないのはそのせいだと思い、「あと50センチ巻いて待って」とアドバイスするとすぐにダブル。その後も魚信は出せているのだが、どうにも掛かり所が悪いことが多く、巻き上げ中のバラし、海面での抜き上げバラシが多発する。これはへた釣りも同じで、調子のいい日なら1匹も掛けたアジをバラさないはずなのに何度も海面バラシが発生したし、口の膜に掛かってギリギリ取り込めたという魚が多かった。タナを3メートル50センチに上げる(魚信が減っただけ)、赤タンを小さく米粒サイズにする(掛かり所に変化なし)など手を打ってみたが、あまり状況は改善しない。バラシてばかりいるせいではないだろうが、少しずつ魚信が遠のきだす。
タナ取りスピード勝負で妻苦戦し14匹。30匹クリアが遠いよタナ取りスピード勝負で妻苦戦し14匹。30匹クリアが遠いよ

■正確なタナ取りに苦戦する妻に「早く」とがは言えずに大失速する

タナ取りスピード勝負で妻苦戦し14匹。30匹クリアが遠いよここからの釣りが難しかった。魚信を出すにはとにかくスピーディにタナを合わせることが要求される。コマセを振りだしたら数秒以内にタナに合わせないとコマセの煙幕と仕掛けが同調しないようでアジが食ってこない。タナで待つのも20秒が限界で、とにかくマメにそして素早くコマセの煙幕を作ることが要求される。活性の高い群れにあたれば30匹チャレンジをクリアできそうな勢いだった妻1号だが、9時前に完全に失速してしまう。正確にタナを取るのに苦労している妻1号に「もっと早く」と要求するのはどう考えても無理。最初のポイントで9時半くらいまでできた。この時点で妻1号は8匹で、へた釣りは32匹。

タナ取りスピード勝負で妻苦戦し14匹。30匹クリアが遠いよ船は少し北上し新しいポイントに。水深13メートルくらいのストラクチャ寄りのポイントだった。ここではさらに苦戦。40分くらい頑張ったがへた釣りが追加できたのは2匹だけ、妻も1匹だけ追加。妻1号の30匹チャレンジは失敗確定。ツ抜けはしようと目標を下方修正する。最後のポイントで少し食いが立った。ここで妻1号は5匹追加し合計14匹。へた釣りは8匹追加し42匹。船長から「そろそろ上がっていきますよ」というアナウンスがあっても仕掛けを上げずに頑張っていた妻1号だったが、終了間際に挨拶にくるはずの営業アジは訪れず、目標の50%に届かず。次は6月の脂ノリノリシーズンに再チャレンジかな。



Twitter

2019年04月07日 16:28

« 一之瀬丸遠征五目は4/13~。でも…マダイ用長ハリスも? | メイン | アジ30匹チャレンジ失敗の反省点は大きな潮回りを避ける »

最近の釣りに行った記事

初釣り2021は東京湾癒しのアジ&シロギス。胴突き面白い
釣り納め2020はアマダイ改めコレジャナイ十目釣りでチ~ン
チャンスタイムは根掛かりで…白間津シマアジまたもボウズ
久しぶりの宇佐美沖はカイワリ9匹込みで五目15匹と満足♪
ヤリイカデビュー戦ツ抜けに届かずも面白いのは分かった
どったんばったん大撃沈しホルモンまさるでがっつり反省会
ちょい時化でも妻はマグロ化せず良型アジ13匹と急成長?
タチウオはポンコツだけど頑張って9匹。アマダイはちっちゃ!!
一枚足らず…2020年のカワハギ開幕戦は竹岡ハギ屋敷?
高級魚は運次第? 本日の釣魚居酒屋へたはアジ専門店
カンパチガチャはハズレ! カイワリ2匹でなんとかなったぁ!!
テンビンが連続で折れるって…肝心の二目は抜きで八目!!
居酒屋へたのお通しは小アジ南蛮漬け。それ食ったら寝る
雨中の筋トレのご褒美はラスト15分に30upクロムツを2匹だ
暑さ避けさくっと午前アジ作戦。サイズいろいろ39匹で成功
カイワリにというより暑さに負けて三目6匹だけでしょんぼり
極鋭CGクロムツの章入魂。スミヤキ元気すぎて難しかった!!
2020年のイサキ…釣り方分からない。涙目でシャクリ続ける
ほぼ初体験タイラバでタツノオトシゴ+カイワリなんとか2匹
気まぐれな剣崎沖イサキに翻弄されるのもいと嬉しで35匹♪
自己最大47センチ&自己最多更新で富戸オニカサゴ最高♪
A5ランク絶品アジばかり53匹。時化避けサクッと釣行大成功
推しは剣崎でしょ、と沖の瀬イサキに塩対応されてしまい…
和彦丸キス・アジリレーで東京湾二大釣魚に再入門してきた
イサキ開幕戦は尺級5匹込み23匹。でも剣崎は撃ちーん!
復活の日釣行。まずはめでタイ、あとはひたすらイサキで…
【コロナで自粛】試行錯誤で美味しく! 日田風焼きそば開店
【コロナで自粛】大阪の居酒屋の味を求め串揚げやさん開店
【コロナで散財】美味い乾麺のそば番外編。ほうじ茶蕎麦編
【コロナで自粛】大阪の匂いに包まれお好み焼き屋さん開店
【コロナで自粛】子供1号バイト先より肉着弾し焼肉屋開店!!
【コロナで散財】一番美味い乾麺のそばを探す。天狗そば編
【コロナで自粛】陽気がよいので玄関先で焼き鳥屋さん開店
【コロナで散財】日本一美味い駅そば「音威子府そば」を食う
アラはともかくとして…クーラー真っ白でピント合わねぇよ(泣
前半苦戦も怒涛の追い上げでカイワリ自己最多を27匹に!
釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!
怒涛の4連荘ありアカムツ5匹。極鋭CG釣れる気しかしない
午前は船中1匹の報に暗澹とするもカイワリ15匹でえっへん
南房まで行ってシマアジがボウズだけでなくクーラー空っぽ
厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとか
極鋭CGオニカサゴで入魂完了。腕ではなく竿を褒められる
自称・老先短い母にええもん食わせに上かん屋 久佐久へ
初の外房にて45cm&30cmのアカムツ両手にドヤっドヤっ顔
満足サイズも2匹。深場五目初戦はクロムツ6匹でえっへん
難波最強の立ち飲み屋発見! あたりや食堂でニセンベロ!!
あわや2釣行連続でクーラー空! オニカサゴみくじは小吉
年越しそば2019は難波・源氏で。関西流に辛味大根が美味
令和元年の釣り納めで今年初のをやらかしてしょぼ~ん!
イナダだらけでイシダイどこ~? シマ消え込みで3匹ゲット

著者: へた釣り