タナ取りスピード勝負に妻苦戦で14匹。30匹クリアが遠いよ

タナ取りスピード勝負で妻苦戦し14匹。30匹クリアが遠いよ最近の釣況ならいい日にあたらなくても悪い日にさえあたらなければ半日LTアジで30匹を釣るという妻のアジ釣りの目標はクリアできると考えていた。甘い目論みはたいてい崩れる。前日からアジが急に食い渋った。今日は大丈夫だろうと信じていたが……タナ取りシビアで14匹まで。

タナ取りスピード勝負で妻苦戦し14匹。30匹クリアが遠いよ土曜日の釣果報告には「アジ食い渋り」と書かれており、釣果数は更新されなかった。相当悪かったときのパターンだ。釣る前から悪いことを考えても仕方がないので「アジ30匹釣れたら次は何を釣りに行こう」なんてことを話しながら妻1号とともに金沢八景・一之瀬丸へと向かう。本日が春休み最終日だってことをSNSで教えてもらう。ほかの船では子供連れ多数で賑やかとの報告も。こういう日に一之瀬丸が空いているわけがない。午前LTアジ船は乗合1隻と仕立て2隻の3隻出し。並びでとお願いしてあったので釣り座は左舷の舳と2番目に確保してもらえた。オマツリが怖いのでへた釣りはスーパーではないがお立ち台に上がり、妻1号が通常席の舳に釣り座を据える。妻1号は凪に安心したようで、出船と同時にチューハイを飲みだしてご機嫌。

■掛かり所が悪くバラシ多発。それでも30匹は射程圏と思ったが…

タナ取りスピード勝負で妻苦戦し14匹。30匹クリアが遠いよ船長は遠征ウィリー五目でお世話になる伊東船長だった。「20分ほど走って本牧沖を目指します」とのアナウンス。キリン型のクレーンと国際埠頭と書かれた倉庫が見えるポイントで釣り開始となる。出船前に確認したところ土曜の釣果は午前・午後ともに竿頭の人で25匹くらいだったもよう。アジの活性が上向いていることを期待して仕掛けを投入する。指示ダナは底から3メートル。1.5メートル、2メートル、2.5メートルでコマセを振り出しあと50センチ持ち上げて待つ。ウィリーで慣れているので50センチ刻みでシャクるのは目をつむってでもできる。一度コマセを詰め替えてすぐに魚信。20センチくらいのアジが間を開けずに釣れ始める。悪かったのは昨日だけでこれなら妻1号の30匹チャレンジのクリアは十分に射程圏内と思ったのだが……。
タナ取りスピード勝負で妻苦戦し14匹。30匹クリアが遠いよタナ取りスピード勝負で妻苦戦し14匹。30匹クリアが遠いよ

タナ取りスピード勝負で妻苦戦し14匹。30匹クリアが遠いよ妻1号はタナが少し低めになることが多い。穂先にフルフルという魚信が出ても針掛かりしないのはそのせいだと思い、「あと50センチ巻いて待って」とアドバイスするとすぐにダブル。その後も魚信は出せているのだが、どうにも掛かり所が悪いことが多く、巻き上げ中のバラし、海面での抜き上げバラシが多発する。これはへた釣りも同じで、調子のいい日なら1匹も掛けたアジをバラさないはずなのに何度も海面バラシが発生したし、口の膜に掛かってギリギリ取り込めたという魚が多かった。タナを3メートル50センチに上げる(魚信が減っただけ)、赤タンを小さく米粒サイズにする(掛かり所に変化なし)など手を打ってみたが、あまり状況は改善しない。バラシてばかりいるせいではないだろうが、少しずつ魚信が遠のきだす。
タナ取りスピード勝負で妻苦戦し14匹。30匹クリアが遠いよタナ取りスピード勝負で妻苦戦し14匹。30匹クリアが遠いよ

■正確なタナ取りに苦戦する妻に「早く」とがは言えずに大失速する

タナ取りスピード勝負で妻苦戦し14匹。30匹クリアが遠いよここからの釣りが難しかった。魚信を出すにはとにかくスピーディにタナを合わせることが要求される。コマセを振りだしたら数秒以内にタナに合わせないとコマセの煙幕と仕掛けが同調しないようでアジが食ってこない。タナで待つのも20秒が限界で、とにかくマメにそして素早くコマセの煙幕を作ることが要求される。活性の高い群れにあたれば30匹チャレンジをクリアできそうな勢いだった妻1号だが、9時前に完全に失速してしまう。正確にタナを取るのに苦労している妻1号に「もっと早く」と要求するのはどう考えても無理。最初のポイントで9時半くらいまでできた。この時点で妻1号は8匹で、へた釣りは32匹。

タナ取りスピード勝負で妻苦戦し14匹。30匹クリアが遠いよ船は少し北上し新しいポイントに。水深13メートルくらいのストラクチャ寄りのポイントだった。ここではさらに苦戦。40分くらい頑張ったがへた釣りが追加できたのは2匹だけ、妻も1匹だけ追加。妻1号の30匹チャレンジは失敗確定。ツ抜けはしようと目標を下方修正する。最後のポイントで少し食いが立った。ここで妻1号は5匹追加し合計14匹。へた釣りは8匹追加し42匹。船長から「そろそろ上がっていきますよ」というアナウンスがあっても仕掛けを上げずに頑張っていた妻1号だったが、終了間際に挨拶にくるはずの営業アジは訪れず、目標の50%に届かず。次は6月の脂ノリノリシーズンに再チャレンジかな。



Twitter

2019年04月07日 16:28

« 一之瀬丸遠征五目は4/13~。でも…マダイ用長ハリスも? | メイン | アジ30匹チャレンジ失敗の反省点は大きな潮回りを避ける »

最近の釣りに行った記事

6月のええもん1=新川にしやで伝助アナゴ、白子、キアラ刺
6月のええもん2=ShunのA5牛しゃぶローススープ茶漬け♪
プチ時化お立ち台で体幹トレーニングしつつイサキを26匹♪
1日剣崎で釣れてイサキ13匹、最大28.5cmでなんとかなった
コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈
5月のええもん=哲剣で活アコウ刺しに感動+カマ焼きも◎
好漁続きでどうした、俺。六目41匹でクーラー八分と大満足
G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり
令和の初釣りは雨の中シャクリ続けてカイワリ7匹でドヤッ!!
アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない
4月のええもん=正宗屋のカステラ&魚屋ひでぞう刺し盛り
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ
タナ取りスピード勝負に妻苦戦で14匹。30匹クリアが遠いよ
夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日
鏡面のように穏やかな海で釣りをしている白日夢を見たよ
明石焼き、いかなご釘煮、蛸ぺったん、穴子串を魚の棚で
明石・人丸花壇で鯛・蛸・穴子の海峡名物3点セットを満喫♪
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪
不幸だねぇ氷雨降る時化海で本命ボウズなんて闇堕ちする
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?
2月のええもんは難波・天秤棒でおこぜ含むお刺身三昧!
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!
ブラックドラゴン相手に筋トレ。クロムツは3匹だけでチーン
難波・桃酔でええもん=アコウの酒蒸しと白アマダイを食う
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く
血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹

著者: へた釣り