お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった

お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかったアラフォーの熟アマダイの釣果が聞こえてきたのでアマダイを開幕される。羽田・かみやから。桟橋についてみるとチームガス欠の名人3人とY川アマダイ超人の姿が……これは割り当て少ないかもと覚悟したがいくらなんでも少なすぎ。へた釣りがお持ち帰りできたのはアラサーが1尾だけ。

お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった朝、家を出ると風がそよそよ。都市部でそよそよと感じるときは海上は時化のことが多い。でも、これは予報通り。午前中から凪ぎに変わる予報だったので、少しの間我慢すれば大丈夫と考えていた。かみやアマダイ船は前日に予約締切になっており、片舷9人の18人での出船。チームガス欠の(S藤名人Tちゃま名人OK干物名人)のが左舷大艫から3人並んで、左舷の舳にはY川アマダイ超人。もしかして左舷が潮先?と考えないでもなかったが、既に空いている席は右舷の前から3番目しかなかったのでそこに座る。Tちゃま名人から「ガス欠カップやるぞ」と声を掛けられる。前回カワハギで賞金をもらっているので、勝ち逃げしたままやりませんという選択肢はない。1000円払って1匹全長勝負にエントリーする。

■ゲストの魚信はポツポツあるがアマダイは左舷で全部釣り切られる

お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった船はウォブリングしながら良型アマダイが期待できる富浦沖へ約2時間の航路。白波が立っているのをキャビンから確認していた。止まってみればなんてことない海況を期待したのだが、なんてことある。風が10メートルくらい吹いており、仕掛けを仕掛け巻きから取り出すのにも一苦労する。水深は100メートルくらい。底を取ったら50センチ巻き上げて、そこから50センチフワリと持ち上げて20秒待つ。これを3回繰り返して底から仕掛けの長さ分にあたる2メートルを探る。アマダイはいれば勝負の早い魚だと信じている。この釣り方だとカイワリが混じりやすいというのもある。

お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった2個所めのポイントで微小な魚信。どう考えてもアマダイではないが、エサは2粒しかないので魚信があったら巻き上げなくてはならない。本日1匹目の獲物はアカボラだった。アカボラが釣れればタナは合っているという人がいるが、アカボラが釣れるタナはアカボラばかり釣れるだけというのは気のせい? その後も微小な魚信が連続し、キダイ、トラギス、サバ、ヒメで六目達成。こちらは本命からの魚信なしなのに、左舷では歓声があがり騒がしい。S藤名人が51センチ、Tちゃま名人が49.5センチ、OK干物名人も45アップを2匹釣ったそうだ。左舷が潮先になっているのか、船下にいるアマダイはすべて左舷に釣り切られてしまっている。ジリジリし始めるが風の向きも潮の流れも変えることは不可能なので、やれることを飽きずにやり続けるほかない。
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかったお持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった

■アラサーアマダイでなんとかボウズだけ回避。頑張っても報われない

お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかったこれはアマダイボウズもあるかなと11時くらいになって思い始める。この時間には凪いでいるはずの予報だったが、風が弱まる気配はない。波の上下でタナを維持するのが難しい。魚信がないもんだからどんどんタナを下げていってしまい、トラギスとヒメばかり釣れるようになる。11時20分ころにようやく、それっぽい魚信がある。慌ててアワセずに少し竿を送りこんでからアワセると乗った。乗ったと同時に横の人とオマツリ。アマダイの引きはほとんど味わえずに本日1匹目にしてこれっきりのアマダイ。測ってみると31センチ。スレンダーな体型を維持しているアラサーアマダイである。

お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかったアマダイは35センチのミドサーからでっぷりし始め風格らしきものが少し出始める。なんとかあと1匹だけ、せめてミドサーアマダイをと最後まで頑張って誘い続けたが、頑張ったからといって何ともならないことがあるのが釣りである。ウミヘビとウッカリカサゴを追加して本日は九目釣り。お持ち帰りはアラサーアマダイ、アカボラ3匹、キダイ1匹、ウッカリカサゴ1匹でクーラースカスカの大惨敗。船中45センチ超えの熟アマダイが8匹も釣れたというのに……完全に蚊帳の外。かみやサイトの「良型多数で好調な1日でした」という釣果報告に心がささくれ立つ。
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかったお持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった



Twitter

2018年12月02日 19:37

« イシダイ釣りてぇ!!と調べていたら松輪出船の船で釣れてる | メイン | 痛恨のが2回あり!! 丸海津針はチヌ針よりもバレやすい? »

最近の釣りに行った記事

血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止
数釣りシーズン開幕したよ。 179匹で7月の最多記録更新!!
イサキってどうやったら釣れるんだっけ? 本気で忘れたぞ
性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…
八景沖のアジ行方知れず? ウネリで掛からんし撃チ~ン
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで
かみやメバル大会で型も数も船中3位なら頑張った方だよね
前半ウィリーに塩対応。後半たっのしー♪でカイワリは14匹
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目
2018年の剣崎イサキチョロくない。開幕戦はなんとかツ抜け
GWは釣りしない週間にしよかな。アジツ抜けせずに頓死す
木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行
GWのゲートが開いて即落馬!? 宇佐美に行ってクーラー空
予報以上に風ビュービューの中、超お立ち台で午前LTアジ
序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ
潮流も竿先も俺の心もキュンキュンしなかったウィリー五目
魚信少なめもヒット3本。昨年のマゴチの釣果を1日で超えた
始まったよ、シロムツしか釣れない伝説がっ!! 今季お終い
5本針にキンメ・キンメ・キンメ・シロムツ・メダイしたものの…
いきなりの尺たらず熟メバルに今季はイケる!と思ったが…
クロムツ3匹でまずまずも難敵のチビクロ、サバに大苦戦す
今年も始まったよぉ~……釣れない方の“深場伝説”がっ!!!
次にオニカサゴ釣れるのは4年後かも…サドンデスで散る!!
アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツでなんとか

著者: へた釣り