お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった

お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかったアラフォーの熟アマダイの釣果が聞こえてきたのでアマダイを開幕される。羽田・かみやから。桟橋についてみるとチームガス欠の名人3人とY川アマダイ超人の姿が……これは割り当て少ないかもと覚悟したがいくらなんでも少なすぎ。へた釣りがお持ち帰りできたのはアラサーが1尾だけ。

お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった朝、家を出ると風がそよそよ。都市部でそよそよと感じるときは海上は時化のことが多い。でも、これは予報通り。午前中から凪ぎに変わる予報だったので、少しの間我慢すれば大丈夫と考えていた。かみやアマダイ船は前日に予約締切になっており、片舷9人の18人での出船。チームガス欠の(S藤名人Tちゃま名人OK干物名人)のが左舷大艫から3人並んで、左舷の舳にはY川アマダイ超人。もしかして左舷が潮先?と考えないでもなかったが、既に空いている席は右舷の前から3番目しかなかったのでそこに座る。Tちゃま名人から「ガス欠カップやるぞ」と声を掛けられる。前回カワハギで賞金をもらっているので、勝ち逃げしたままやりませんという選択肢はない。1000円払って1匹全長勝負にエントリーする。

■ゲストの魚信はポツポツあるがアマダイは左舷で全部釣り切られる

お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった船はウォブリングしながら良型アマダイが期待できる富浦沖へ約2時間の航路。白波が立っているのをキャビンから確認していた。止まってみればなんてことない海況を期待したのだが、なんてことある。風が10メートルくらい吹いており、仕掛けを仕掛け巻きから取り出すのにも一苦労する。水深は100メートルくらい。底を取ったら50センチ巻き上げて、そこから50センチフワリと持ち上げて20秒待つ。これを3回繰り返して底から仕掛けの長さ分にあたる2メートルを探る。アマダイはいれば勝負の早い魚だと信じている。この釣り方だとカイワリが混じりやすいというのもある。

お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった2個所めのポイントで微小な魚信。どう考えてもアマダイではないが、エサは2粒しかないので魚信があったら巻き上げなくてはならない。本日1匹目の獲物はアカボラだった。アカボラが釣れればタナは合っているという人がいるが、アカボラが釣れるタナはアカボラばかり釣れるだけというのは気のせい? その後も微小な魚信が連続し、キダイ、トラギス、サバ、ヒメで六目達成。こちらは本命からの魚信なしなのに、左舷では歓声があがり騒がしい。S藤名人が51センチ、Tちゃま名人が49.5センチ、OK干物名人も45アップを2匹釣ったそうだ。左舷が潮先になっているのか、船下にいるアマダイはすべて左舷に釣り切られてしまっている。ジリジリし始めるが風の向きも潮の流れも変えることは不可能なので、やれることを飽きずにやり続けるほかない。
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかったお持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった

■アラサーアマダイでなんとかボウズだけ回避。頑張っても報われない

お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかったこれはアマダイボウズもあるかなと11時くらいになって思い始める。この時間には凪いでいるはずの予報だったが、風が弱まる気配はない。波の上下でタナを維持するのが難しい。魚信がないもんだからどんどんタナを下げていってしまい、トラギスとヒメばかり釣れるようになる。11時20分ころにようやく、それっぽい魚信がある。慌ててアワセずに少し竿を送りこんでからアワセると乗った。乗ったと同時に横の人とオマツリ。アマダイの引きはほとんど味わえずに本日1匹目にしてこれっきりのアマダイ。測ってみると31センチ。スレンダーな体型を維持しているアラサーアマダイである。

お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかったアマダイは35センチのミドサーからでっぷりし始め風格らしきものが少し出始める。なんとかあと1匹だけ、せめてミドサーアマダイをと最後まで頑張って誘い続けたが、頑張ったからといって何ともならないことがあるのが釣りである。ウミヘビとウッカリカサゴを追加して本日は九目釣り。お持ち帰りはアラサーアマダイ、アカボラ3匹、キダイ1匹、ウッカリカサゴ1匹でクーラースカスカの大惨敗。船中45センチ超えの熟アマダイが8匹も釣れたというのに……完全に蚊帳の外。かみやサイトの「良型多数で好調な1日でした」という釣果報告に心がささくれ立つ。
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかったお持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった



Twitter

2018年12月02日 19:37

« イシダイ釣りてぇ!!と調べていたら松輪出船の船で釣れてる | メイン | 痛恨のが2回あり!! 丸海津針はチヌ針よりもバレやすい? »

最近の釣りに行った記事

釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹
GW第2戦は待望の凪!! いつもの如く撃沈しマゴチ1匹だけ
強風に苦しみ触手に苛まれ釣り方見失うアジ・キスリレー
予期せぬ大時化にアジツ抜けせずクロダイで帳尻だけ合わす
ちょい時化だけど猿アジはぽつぽつ…後半凪たらし~んと
昼までノーガコッ伝説継続…ヤヴァいかもで一度だけガコッ
気難しいアジに苦戦も46匹。シロギスは釣り方掴めず9匹だけ
驕る下手は久しからず。ノーガコッ伝説が今日始まったよ
ウィリーもカブラも無視するカイワリなんて大嫌いだぁあ
予想以上の時化に軽く船酔いげんなりしつつクロムツ6匹
尺には遠いが長井沖で人生初のイワシでメバルをゲット♥
猿アジ冬のトリプルまつり開催中でアジフライ半年分57匹♪
魚信を出せず心荒む展開も熟アマダイ(45)に慰められる
電車故障・潮超速・偏光グラス破損…ハードラックな1日

著者: へた釣り