良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!

良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!豪華刺し盛りは、先週宇佐美沖までプチ遠征して達成したはずだが……八景沖の敵を宇佐美沖で討つではどうもきまりが悪い。宇佐美の魚で腹はくちた。あまり欲をかかずに今度こそ高級魚が釣れたらいいなと八景沖に再挑戦。竿を握れば無欲でとはいかないが心の余裕が釣果に出る。

良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!ここ最近、金沢八景・一之瀬丸のアミ五目船はアジの釣果が安定している上に、イナダ、クロダイ、イシダイなどが混じると報告されているので、混雑は覚悟していた。船宿に着くと既に午前アミ五目船の席札は2枚残っているのみ。金沢八景ルール(?)で艫から順に埋まっていたが右舷の舳から2番の席札が残っていた。電車釣行でのんびり到着なのに舳2番なら悪くないどころか相当よい。舳はスーパーお立ち台ではないが一段高くなった席なので舳2番は通常シートの一番前。釣りやすさでは最高の釣り座だ。

■釣果報告通りに八景沖の浅場でアジが入れ食い! 時速45匹超えで!!

良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!出船前に瀧本船長にご挨拶。マダイ船にイシダイが混じり始めてないかを聞いたが「あまり釣れてない」とのこと。「イシダイはアミ五目船の方が釣れている」と教えてもらう。「枝スを短くしてイサキのときみたいにシャクってればきますよ」とのアドバイスも頂いた。これで本日の方針は決まった。イシダイ目指してシャクリ倒す。午前アミ五目船の船長は一之瀬社長船長。船は10分ほど走って八景沖の水深12メートルのポイントへ。船長からの指示は「まずはオキアミを付けずにイカ短でやって。タナは仕掛け2メートルなら2から3メートル、仕掛け3メートルなら3から4メートル」だった。欲張らないが本日のテーマなので船長の指示通りに2メートルのアジの仕掛けにイカ短を付けて釣り始める。

良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!釣り方はLTアジのアミコマセアレンジ版。底1.5メートルでコマセを撒き始め、ウィリーシャクリの要領で50センチ刻みで2メートル、2.5メートルでコマセを振り出し、50センチ持ち上げてタナ3メートルで待つ。一投目からすぐに魚信。20センチ以下のがダブルでスタート。活性は相当よいようでトリプルも何度か発生しバケツにアジが貯まっていく。魚を付けていない状態で仕掛けを回収しないで済む時間帯が続き、アジ釣りあるあるで忙しすぎて写真がない。最初は小ぶりのアジが中心だったが、次第に20センチから25センチ級が優勢になり始め、そのサイズのアジのダブル、トリプルもありなのだから楽しくないわけがない。7時54分に釣り開始し、魚が弱り始めたので8時56分に魚をクーラーに移すとこの時点で既に47匹。時速47匹。このまま釣れ続ければ半日船で2束ペースだ。

■60センチヒラメで高級魚ゲット。さらに湾内自己最大となるアジまで

良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!このままアジを釣り続けて2束を目指すという選択もなかったわけではない。LTアジ船ならそうしていたと思うが、アミ五目船なのでアジを十分確保したら高級魚を狙いたい。最初の仕掛けが縒れてダメになったのを機に、全長3メートル3本針のアミ五目仕掛けに変える。アジの仕掛けはハリス1.5号だったのに対しこちらは3号。さすがにタナに合わせればすぐに魚信がという釣況ではなくなったが、それでもまずまずペースでアジが釣れてくる。本日のハイライトは9時半ごろに訪れた。竿先を震わせる小アジが掛かった手応えがあるがせめて追い食いをと無視していると、いきなり竿先をひったくるような魚信。竿をのされドラグが滑る。ドラグが止まるまで我慢して竿を立てたら攻守交替。重量感抜群でときどきドラグが滑って糸を引きだされる。無理せず竿を送って魚と喧嘩しないことを意識する。海面にユラリと茶色の塊が姿を現す。60センチのヒラメだった。2キロ超えのご立派サイズである。八景沖では高級魚が釣れないというジンクスからようやく解放された。

良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!その直後にまたも竿先を大きく引き込みドラグが滑るいい魚信がある。重量感はヒラメに比べるとさほどでもないが、アジよりも重く、時折するどく引き込む。イナダに違いないと大喜びする。海面にシルエットが見えた。尾が黄色い。タモ取りしてもらって魚の姿を見て、半ばがっかり半ばびっくり。アジだった。40センチには届いていないが35センチはゆうに超えている。東京湾内(観音崎より手前)で釣ったアジの自己最大を更新した。その後もアジはポツポツペースだが釣れ続ける。最終的にはアジ66匹+ヒラメ1匹で67匹。魚種こそ少ないが、ヒラメと特大アジの姿造りなら3000円~4000円は取れるんじゃない?
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!



Twitter

2018年11月11日 15:29

« 17日・18日の大会2連荘に向けてハギポンヌーヴォー2018 | メイン | ヒラメに味を占め来季もきっとやる。八景沖アミ五目備忘録 »

最近の釣りに行った記事

怒涛の4連荘ありアカムツ5匹。極鋭CG釣れる気しかしない
午前は船中1匹の報に暗澹とするもカイワリ15匹でえっへん
南房まで行ってシマアジがボウズだけでなくクーラー空っぽ
厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとか
極鋭CGオニカサゴで入魂完了。腕ではなく竿を褒められる
自称・老先短い母にええもん食わせに上かん屋 久佐久へ
初の外房にて45cm&30cmのアカムツ両手にドヤっドヤっ顔
満足サイズも2匹。深場五目初戦はクロムツ6匹でえっへん
難波最強の立ち飲み屋発見! あたりや食堂でニセンベロ!!
あわや2釣行連続でクーラー空! オニカサゴみくじは小吉
年越しそば2019は難波・源氏で。関西流に辛味大根が美味
令和元年の釣り納めで今年初のをやらかしてしょぼ~ん!
イナダだらけでイシダイどこ~? シマ消え込みで3匹ゲット
久里浜沖7時間耐久マダイ魚信なし地獄にもがき苦しんだ
カイワリは安定の14匹。カンパチはソレダメをやらかしたよ
序盤にクロダイ×2、そのうちマダイも釣れると思ったのに…
雑然とした路地の老舗寿司屋あばらやで大人のドキドキを
カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ
カイワリツ抜けは楽勝と油断したら後半デカアジに翻弄され
ドラグ滑って面白すぎ!! イナダ(ハマチ)10匹で大大大満足
タチウオは指5本×2で満足。アマダイはポニョのみで罪悪感
台風一過の午前アジは土砂降り、強風、ゴミだらけだったが
餃子激戦区の恵比寿に祇園歩兵3号店。優しいお味に納得
35up乱舞。アジしか釣れずしょんぼり、妻は人生最大に興奮
伊豆はカワハギ天国のはずだったのに後半失速でもツ抜け
久々の治久丸午前でカイワリ9匹。えべっさんも人生初の!!
炙り+好みの味ですし焼き。コスパも抜群な難波・ときすし
母78歳の誕生日をメープル猪名川で祝う。秋の味覚楽しむ
ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目
浅場タチウオ攻略失敗。でも50mなら労せずとも掛かるかも
路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです
刺し盛りは関西は活かり、関東は旨みと恵比寿 魚一商店で
撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪
5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない
純ちゃんのすじ塩は恵比寿でNo.1の煮込みかも知れない!!
難波・豪快立ち寿司でウニとイクラこぼれ盛り痛風一直線♪
恵比寿・肉天国で炙りユッケ、痛風味玉、牛トロ天を堪能す
一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする
北海道のそばは最高!! 中標津・伊とうで藪・更科食べ比べ
姪2号にオショロコマを釣らせるミッション今年も無事クリア!!
釧路・繁栄丸アオゾイ耐久。7匹だけど今年も釣れたよ
北海道の師匠杯で子供はアオゾイゲット。へたはお世話係
台風令和初上陸の翌日剣崎イサキ束釣れるかなチャレンジ
難波居酒屋のお刺身は安くて美味いの代表、嬉々わらまさ
難波で昼飲みならなんばグランド花月1階、酒処さつき最強
宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ
売り切れが多いがおっぱい串がとにかく絶品なおみっちゃん
竿先グングンッ…でもバレる。気難しいアジに翻弄されたよ
土用の丑に鰻なる野暮は避け恵比寿・う福でお先に鰻三昧
小サメの駆除に協力したら梅雨アナゴとタチウオもらえたよ

著者: へた釣り