へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ

へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみアミ五目は本日の刺し盛りを妄想しながら釣るのが楽しい。マダイにイシダイ、クロダイ、マハタ、ヒラメ、イナダ、アジ、サバなどなど五目というからには豪華5点盛りを狙うわけだ。1人前2980円くらいの刺し盛りができることもあれば……本日のへた釣り亭は300円均一安居酒屋で営業。

へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ午前中の風を嫌って午後からの出撃。毎年何戦かする金沢八景・一之瀬丸のアミ五目船に今季初挑戦。今年はワラサの寄りが遅れているらしく、いまだイナダの釣果は聞こえてこないが、マダイやクロダイ、そしてヒラメアジに混ざって釣れている。刺し盛りのイメージは奥にマダイがど~んと尾頭付きで鎮座し手前にヒラメアジ、〆サバあたりが盛られているって感じかな? 実際にはそう上手く盛り付けできないが、妄想上の刺し盛りは高級料亭風に豪華絢爛なのである。そんな妄想を楽しみながら一之瀬丸に到着すると、席札が左舳に2枚残っているのみ。指定席とも言える一番前の札を取る。釣り客25人だったが2隻出しになったので横との距離はゆったり。

■アミコマセなので小刻みにコマセを振り出してA5ランク良型アジ確保

へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ船長はイサキの釣り方を教えて下さったウィリーシャクリの先生だった。船は13時に桟橋を離れてポイントへと向かう。風はほぼ収まっているが少しまだ海面がウネウネとしている感じ。釣りにくいというほどには海は悪くないように見える。船は北寄りのポイントへと向かう。船長からの指示は「底からハリス分切って」だった。付け餌のオキアミが溶けていなかったので、アジ用の2メートルの仕掛けにイカ短を付けて釣り開始。アミコマセを底1メートルからフワフワと撒いて2メートルのタナで待つが…魚信なし。オキアミで釣ってる人にはポツポツアジが釣れたので出遅れる。

へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみあまり活性はよくないようでアジが釣れるといっても間が空く。仕掛け回収の合図がありポイント移動のタイミングで仕掛けをオキアミ3本針のアミ五目用の物に変える。オキアミはまだ溶けきっていないが何回か釣る分くらいならある。さらに北寄りの水深20メートル以浅のポイントで釣り再開。底から1.5メートルで一振り、50センチ巻いてもう1振り、さらに50センチ巻いてもう1振り、あと50センチ巻いて待つ。魚信はすぐにあった。フルルと穂先を震わせてからキュンと持って行くアジの魚信。オキアミが溶けたらカワハギ用のバクバクソルトで少し絞める。25センチ~30センチくらいの良型アジがタナを合わせばすぐに飛びついてくる。小型は混じらず8匹くらいここで釣る。
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみへた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ

■マダイ不発。なんとか高級魚をと小アジ落とし込みでヒラメ狙うも……

へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみへた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
食べて美味しいA5サイズのアジなのでエラを切って血抜きをしたらクーラーへ。サイズがいいのでアジのお刺身はこれで十分。なにか別の魚がほしい。すぐ近くに瀧本船長のマダイ船がいたので、マダイが釣れる可能性は十分にあるはず。先の方法で一度タナに合わせて20秒ほど待ったらマダイを意識してゆっくりと1メートルくらい誘い下げてみるという釣り方を試してみる。アジが何匹か追加できたが……これは!!という魚信は訪れない。モゾモゾと変な手応えがあるとクサフグがオキアミを齧っている。ほかに釣れたのは底を切ろうとしていると掛かってきたカサゴのみ。豪華刺し盛りが遠ざかっていく。

へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ魚信がなくなったので、金沢八景寄りのポイントに移動する。ビシを落とすと少しめり込むような感触があるので底は砂泥地。ここでは15センチくらいの小アジが釣れてくる。南蛮漬け用に何匹か確保したら……一発逆転、豪華刺し盛りチャレンジ。小アジが付いても巻き上げずに1メートルくらいタナを下げて、マゴチヒラメが食いついてこないものかと狙ってみる。ハリスは2.5号。慎重にやり取りすれば獲れるはず。終了間際にもしかしてな魚信。間欠的に穂先を持って行くのでこれは間違いなしとアワセる。魚が付いた。そこそこ引く。ヒラメの重量感はない。ソゲかな?……海面に姿を現したのはサバ。〆サバ用にキープして本日これにて終了。お刺身用アジが12匹、南蛮漬け用小アジが8匹、サバが1匹で合計21匹。高級魚は仕入れられない安居酒屋風刺し盛りでこれから晩酌。



Twitter

2018年10月14日 19:57

« 10メートルまでは釣り日和らしいが…凪そうな午後アミ五目 | メイン | ワームまっすぐ付けられて釣れそうUK JIGHEAD気になる »

最近の釣りに行った記事

5月のええもん=哲剣で活アコウ刺しに感動+カマ焼きも◎
好漁続きでどうした、俺。六目41匹でクーラー八分と大満足
G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり
令和の初釣りは雨の中シャクリ続けてカイワリ7匹でドヤッ!!
アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない
4月のええもん=正宗屋のカステラ&魚屋ひでぞう刺し盛り
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ
タナ取りスピード勝負に妻苦戦で14匹。30匹クリアが遠いよ
夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日
鏡面のように穏やかな海で釣りをしている白日夢を見たよ
明石焼き、いかなご釘煮、蛸ぺったん、穴子串を魚の棚で
明石・人丸花壇で鯛・蛸・穴子の海峡名物3点セットを満喫♪
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪
不幸だねぇ氷雨降る時化海で本命ボウズなんて闇堕ちする
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?
2月のええもんは難波・天秤棒でおこぜ含むお刺身三昧!
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!
ブラックドラゴン相手に筋トレ。クロムツは3匹だけでチーン
難波・桃酔でええもん=アコウの酒蒸しと白アマダイを食う
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く
血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止
数釣りシーズン開幕したよ。 179匹で7月の最多記録更新!!

著者: へた釣り