束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り

束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り2018年の剣崎沖はイサキがというよりソウダガツオが手強い。平成最後(たぶん)のイサキ釣行もソウダガツオが大人しかった序盤は束超え楽勝ペース。ところがソウダガツオが来襲すると群れを散らされイサキの食いが落ちるし、釣っても強奪されるしで大失速。目標に届かず81匹だった。

束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り8月は残るところ2週末。潮が速いと剣崎沖は釣りにくいので大潮の最終週はほかの釣りをしようと考えていたので、本日が2018年最後の、ということは平成最後(たぶん)のイサキ釣行。お盆休み明けなのでいくらか空いているだろうと予想していたが、金沢八景・一之瀬丸に到着して席札のボードを確認すると……艫の2枚と右舷舳の3枚がなくなっているだけ。左舷舳の札を取る。船に乗ってみると本当に四隅に人がいるだけの大名釣り。これは束超えいったも同然とほくそ笑む。コマセを効かせるために艫の人が胴方向に移動して釣ることに。

■追い食いは発生しないが魚信は途切れず時速26匹ペースで序盤は○

束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り船は1時間かけて剣崎沖に到着。尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず釣行のときよりは出船している船は多く、松輪の根の周辺には小さな船団ができていた。瀧本船長は船団の周りをぐるりと回っていつものようにポイントを決める。ほかの船の釣り人を観察すると、倦怠感が少々、でも置き竿にしてシャクリ放棄までしていないといった風情。指示ダナは「20メートルから14メートル」。50センチ刻みで12回シャクる。それを3往復してコマセが少し残るくらいにビシの上窓の開きを調整する。魚信はすぐにあったが巻き上げようとするとバレた。確認すると針がふところの部分で折れていた。ソウダガツオ? 仕掛けを投入し直すと今度は素直に針掛かりし、ウリンボ2匹でスタート。いきなりダブルだったので今日はチョロいと思ったわけだが……。
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り

束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り最初のポイントでは魚信はほぼ途切れずに出続けた。指示ダナの上の方16メートル以浅でよく魚信がでるのでそのタナを狙ってウィリーを動かす。魚信は出る。針掛かりもする。でも、追い食いは発生しない。ハリスの張りを意識してゆっくり巻く、鋭く小さくシャクってコマセを撒く、魚が付いたのを無視してシャクリ続けるといった追い食いパターンを全部試したがどれもうまくいかず、1匹1匹真心込めて巻き上げる。数を稼げない。ソウダガツオ対策で枝間が短く全長も短い仕掛けを使っているからかな? 1匹ずつコツコツ稼いで、10時前に最初のゴンズイ玉を達成。40匹だったので時速26匹ペース。
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り

■運悪くソウダに…ではなく運よくソウダに見つからずでは打つ手なし

束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り10時をすぎるとそれまで忘れたころに襲ってくる程度だったソウダガツオからのアタックが急に多くなる。高めのタナで魚信っていたイサキが魚信らなくなる。高めのタナにいたイサキはソウダガツオに追い散らされた。低めのタナでは魚信は出せるが、数メートル上にはソウダガツオが待ちかまえている。運悪くソウダガツオにイサキを横取りされたなんて生易しいものではない。運よくソウダガツオに襲われずに船中にイサキを取り込めることがあるという厳しさ。当然数は伸ばせず2つめのゴンズイ玉がなかなかできない。12時30分のポイント移動のタイミングで、まだバケツに余裕はあったがイケスに移しながら数を数えると36匹。残り1時間30分でここまで76匹。
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り

束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り最初のころの時速に戻ればまだ束超えの可能性はあったがここからはトラブル続き。まず、天秤のアームが破断しビシロスト。何年も使っている天秤なので金属疲労かな? 続いて潮が速くなってしまい船長から20号の増しオモリを借りないと釣りにならなくなった。最後に写真を撮っている余裕はなかったがタックルを海にポチャ~ン。仕掛けを手に持っていたので手繰り寄せることはできたが……心臓に悪い。そんなこんなで最後の1時間30分はほとんどイサキを手にすることができず、終わってみれば81匹まで。締まらない平成最後(たぶん)のイサキ釣行だった。
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り

束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り「来週は大潮なので今週でイサキ終わります」と瀧本船長に伝えると、剣崎沖の潮が速いか遅いかは「潮回りにあまり関係なく、行ってみないと分からない」ものであるらしい。つまり、大潮の来週末もチャンスあり!!ってことなのだが、ショート仕掛けではかわしきれないソウダガツオへのうまい対抗策を思いつかないと今週の二の舞になる予感しかしない。平成最後にいちいち(たぶん)と書いていたくらいだから未練はあるのだが……。



Twitter

2018年08月18日 20:30

« VICIOUSVENOMの防水バッグが気なるが無料は怪しい? | メイン | 高い物ではない。主力テンビンは年に1度は新品に替えよう »

最近の釣りに行った記事

優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止
数釣りシーズン開幕したよ。 179匹で7月の最多記録更新!!
イサキってどうやったら釣れるんだっけ? 本気で忘れたぞ
性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…
八景沖のアジ行方知れず? ウネリで掛からんし撃チ~ン
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで
かみやメバル大会で型も数も船中3位なら頑張った方だよね
前半ウィリーに塩対応。後半たっのしー♪でカイワリは14匹
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目
2018年の剣崎イサキチョロくない。開幕戦はなんとかツ抜け
GWは釣りしない週間にしよかな。アジツ抜けせずに頓死す
木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行
GWのゲートが開いて即落馬!? 宇佐美に行ってクーラー空
予報以上に風ビュービューの中、超お立ち台で午前LTアジ
序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ
潮流も竿先も俺の心もキュンキュンしなかったウィリー五目
魚信少なめもヒット3本。昨年のマゴチの釣果を1日で超えた
始まったよ、シロムツしか釣れない伝説がっ!! 今季お終い
5本針にキンメ・キンメ・キンメ・シロムツ・メダイしたものの…
いきなりの尺たらず熟メバルに今季はイケる!と思ったが…
クロムツ3匹でまずまずも難敵のチビクロ、サバに大苦戦す
今年も始まったよぉ~……釣れない方の“深場伝説”がっ!!!
次にオニカサゴ釣れるのは4年後かも…サドンデスで散る!!
アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツでなんとか
4年ぶり通算4匹目と5匹目のオニカサゴで2017初釣りは吉!!
釣り納め2017はカイワリ17匹で自己最多更新。ハマチも8匹
東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳
ツイテないのか実力不足か。一之瀬丸感謝デーで撃ち~ん
時化の上に激渋カワハギだったがピカイチくんに救われる
入学初日に退学しよかなと頭をよぎった2017アマダイ初戦
平和島は果てしなく…。TKB6回目で初めて船中個人表彰♪
ダイ三元狙いも…中(マダイ)のみ。この釣り向いてないね
プチ時化へのアジャストで大迷走したかみやカワハギ大会
江戸前カワハギおかわりは船別で型数1位も3万円に届かず
台風前の強行午前アミ五目はマダイで入魂、イナダで痛恨
台風の中継かって時化海でたっのしーいカワハギ釣り大会

著者: へた釣り