束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り

束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り2018年の剣崎沖はイサキがというよりソウダガツオが手強い。平成最後(たぶん)のイサキ釣行もソウダガツオが大人しかった序盤は束超え楽勝ペース。ところがソウダガツオが来襲すると群れを散らされイサキの食いが落ちるし、釣っても強奪されるしで大失速。目標に届かず81匹だった。

束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り8月は残るところ2週末。潮が速いと剣崎沖は釣りにくいので大潮の最終週はほかの釣りをしようと考えていたので、本日が2018年最後の、ということは平成最後(たぶん)のイサキ釣行。お盆休み明けなのでいくらか空いているだろうと予想していたが、金沢八景・一之瀬丸に到着して席札のボードを確認すると……艫の2枚と右舷舳の3枚がなくなっているだけ。左舷舳の札を取る。船に乗ってみると本当に四隅に人がいるだけの大名釣り。これは束超えいったも同然とほくそ笑む。コマセを効かせるために艫の人が胴方向に移動して釣ることに。

■追い食いは発生しないが魚信は途切れず時速26匹ペースで序盤は○

束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り船は1時間かけて剣崎沖に到着。尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず釣行のときよりは出船している船は多く、松輪の根の周辺には小さな船団ができていた。瀧本船長は船団の周りをぐるりと回っていつものようにポイントを決める。ほかの船の釣り人を観察すると、倦怠感が少々、でも置き竿にしてシャクリ放棄までしていないといった風情。指示ダナは「20メートルから14メートル」。50センチ刻みで12回シャクる。それを3往復してコマセが少し残るくらいにビシの上窓の開きを調整する。魚信はすぐにあったが巻き上げようとするとバレた。確認すると針がふところの部分で折れていた。ソウダガツオ? 仕掛けを投入し直すと今度は素直に針掛かりし、ウリンボ2匹でスタート。いきなりダブルだったので今日はチョロいと思ったわけだが……。
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り

束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り最初のポイントでは魚信はほぼ途切れずに出続けた。指示ダナの上の方16メートル以浅でよく魚信がでるのでそのタナを狙ってウィリーを動かす。魚信は出る。針掛かりもする。でも、追い食いは発生しない。ハリスの張りを意識してゆっくり巻く、鋭く小さくシャクってコマセを撒く、魚が付いたのを無視してシャクリ続けるといった追い食いパターンを全部試したがどれもうまくいかず、1匹1匹真心込めて巻き上げる。数を稼げない。ソウダガツオ対策で枝間が短く全長も短い仕掛けを使っているからかな? 1匹ずつコツコツ稼いで、10時前に最初のゴンズイ玉を達成。40匹だったので時速26匹ペース。
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り

■運悪くソウダに…ではなく運よくソウダに見つからずでは打つ手なし

束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り10時をすぎるとそれまで忘れたころに襲ってくる程度だったソウダガツオからのアタックが急に多くなる。高めのタナで魚信っていたイサキが魚信らなくなる。高めのタナにいたイサキはソウダガツオに追い散らされた。低めのタナでは魚信は出せるが、数メートル上にはソウダガツオが待ちかまえている。運悪くソウダガツオにイサキを横取りされたなんて生易しいものではない。運よくソウダガツオに襲われずに船中にイサキを取り込めることがあるという厳しさ。当然数は伸ばせず2つめのゴンズイ玉がなかなかできない。12時30分のポイント移動のタイミングで、まだバケツに余裕はあったがイケスに移しながら数を数えると36匹。残り1時間30分でここまで76匹。
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り

束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り最初のころの時速に戻ればまだ束超えの可能性はあったがここからはトラブル続き。まず、天秤のアームが破断しビシロスト。何年も使っている天秤なので金属疲労かな? 続いて潮が速くなってしまい船長から20号の増しオモリを借りないと釣りにならなくなった。最後に写真を撮っている余裕はなかったがタックルを海にポチャ~ン。仕掛けを手に持っていたので手繰り寄せることはできたが……心臓に悪い。そんなこんなで最後の1時間30分はほとんどイサキを手にすることができず、終わってみれば81匹まで。締まらない平成最後(たぶん)のイサキ釣行だった。
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り

束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り「来週は大潮なので今週でイサキ終わります」と瀧本船長に伝えると、剣崎沖の潮が速いか遅いかは「潮回りにあまり関係なく、行ってみないと分からない」ものであるらしい。つまり、大潮の来週末もチャンスあり!!ってことなのだが、ショート仕掛けではかわしきれないソウダガツオへのうまい対抗策を思いつかないと今週の二の舞になる予感しかしない。平成最後にいちいち(たぶん)と書いていたくらいだから未練はあるのだが……。



Twitter

2018年08月18日 20:30

« VICIOUSVENOMの防水バッグが気なるが無料は怪しい? | メイン | 高い物ではない。主力テンビンは年に1度は新品に替えよう »

最近の釣りに行った記事

宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ
売り切れが多いがおっぱい串がとにかく絶品なおみっちゃん
竿先グングンッ…でもバレる。気難しいアジに翻弄されたよ
土用の丑に鰻なる野暮は避け恵比寿・う福でお先に鰻三昧
小サメの駆除に協力したら梅雨アナゴとタチウオもらえたよ
俺が行っても終わらずどころかカイワリ18匹で最多記録更新
6月のええもん1=新川にしやで伝助アナゴ、白子、キアラ刺
6月のええもん2=ShunのA5牛しゃぶローススープ茶漬け♪
プチ時化お立ち台で体幹トレーニングしつつイサキを26匹♪
1日剣崎で釣れてイサキ13匹、最大28.5cmでなんとかなった
コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈
5月のええもん=哲剣で活アコウ刺しに感動+カマ焼きも◎
好漁続きでどうした、俺。六目41匹でクーラー八分と大満足
G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり
令和の初釣りは雨の中シャクリ続けてカイワリ7匹でドヤッ!!
アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない
4月のええもん=正宗屋のカステラ&魚屋ひでぞう刺し盛り
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ
タナ取りスピード勝負に妻苦戦で14匹。30匹クリアが遠いよ
夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日
鏡面のように穏やかな海で釣りをしている白日夢を見たよ
明石焼き、いかなご釘煮、蛸ぺったん、穴子串を魚の棚で
明石・人丸花壇で鯛・蛸・穴子の海峡名物3点セットを満喫♪
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪
不幸だねぇ氷雨降る時化海で本命ボウズなんて闇堕ちする
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?
2月のええもんは難波・天秤棒でおこぜ含むお刺身三昧!
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!
ブラックドラゴン相手に筋トレ。クロムツは3匹だけでチーン
難波・桃酔でええもん=アコウの酒蒸しと白アマダイを食う
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く
血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り

著者: へた釣り