ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!

ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット台風は去ったが釧路の海はやや荒れのまま。風こそ強くないものの波2メートルの予報に船が出るのかしらと不安だったが無事出船した。釧路港・海攻から北海道五目へ。ヤナギノマイを中心にタラなどいろんな魚が釣れるが本命は味噌漬けにして絶品のアオゾイ。3年ぶりに釣れたよ。

ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット釧路の遊魚船は幣舞橋のたもとからのびる岸壁から出航する。日本の東端に近い、ということは日が昇る時間が早い釧路の船の出航時間は早い。海攻は4時30分に出船。出船30分前に集合なので4時までに船の前に行かなくてはならない。宿泊しているホテルから乗船場所までは徒歩10分くらいなので3時30分にホテルを出る。写真を撮りながら岸壁に辿り着くとへた釣り以外は既に到着済み。前日のうちに北海道の師匠にクーラーを運び込んでもらっていたので、そのクーラーを探すと右舷の舳先に置いてあった。右舷舳は宇佐美・治久丸での定位置なのでいい予感。
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲットひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット

■アオゾイノボリは7月上旬まで? ウネリで上下左右に揺すられる

ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット約1年ぶりに半田船長にご挨拶。愛想のよい船長で船上のマイクパフォーマンスが面白いので釧路のフィーリング船長と勝手に呼んでいる。ただし、この日半田船長からもたらされた情報はあまり楽しいものではなかった。「アオゾイはもう1カ月早くこないとね」。7月上旬まで絶好調だったアオゾイはここのところ沈静化しているのは感じていたが、その理由を教わった。6月から7月上旬はアオゾイの産卵期で水深50メートルくらいのポイントにのっこんでくるので鈴なりコイノボリが発生しやすい。現在は産卵を終え深場に落ちていっている最中でいろんな水深を攻めて捜索中だという。船は定刻より5分早く出航する。濃い霧の中釧路港の防波堤を越えると海はウネリ始める。上がって下がってという単純なウネリではなく、上下にも左右にも揺られる三半規管を直撃する揺れ。舳は当然一番揺れるわけで久しぶりに船酔いの前兆が……。
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲットひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット

ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット船は30分ほど走って止まる。止まればなんてことない海なことを祈っていたが船はグラグラと揺れ続けてなんてことある。胸が悪く食道に酸っぱいなにかがこみあげてくるのを我慢して釣り開始。水深は50メートルくらい。船長のアナウンスは「いい反応ですよ」。高活性なときは落とせば食ってきて、追い食いバリバリ針数釣りとなるが、「この反応でつかないの?」「潮も動いてるのにな」と船長はマイクを使って言い訳にも聞こえる釣況の生放送。釣り始めて15分してようやく魚信がある。引きに重量感がないのでアオゾイではない。ヤナギノマイと北海道ではガヤと呼ばれるエゾメバルの一荷だった。バリバリとは魚信ってこないがまめに誘うと魚信が出てこのポイントでヤナギノマイを3匹追加。アオゾイの気配はないようでもう少し深いところへ行くとのアナウンス。
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲットひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット

■誘うとヤナギノマイ。アオゾイは苦手な置き竿放置が有利なのぉお?

ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット次のポイントは水深70メートルのポイント。釣況はあまり変わらずヤナギノマイがポツポツと釣れてくるだけ。「根がきついので根掛かり気をつけて」とアナウンスされたので慎重に底にオモリをつけてからタナを取り直そうとすると竿先がガコッと跳ねるような魚信。もしかするともしかしてと竿を持ち上げ針掛かりを確定させると重量感のある引きに変わる。ドラグを効かせながら巻き上げる。3年ぶりのアオゾイだった。半田船長から「頑張って粘った甲斐がありましたね」。ポイントを何度か移動してこれはアオゾイの一荷以上確実な引きがあったがマタラのすれ掛かりでがっかり。1匹目のアオゾイから3時間ほど間があいて2匹目のアオゾイ。「満足ですか~」と聞かれたので「2年間釣れなかった物が2匹も釣れたから満足ですよ~」と答えておく。
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲットひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット

ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット沖上がりの時間が近づき始めると魚の活性が少しだけ上がりだす。艫の方でアオゾイがポンポンと釣れる。なのにへた釣りの竿にはヤナギノマイの小型のしか食ってこない。誘えばヤナギノマイなら8本針に4匹、5匹まとめて釣れるがキープしても食べる身が少なすぎるというサイズも。船長から「アオゾイは底を1メートル切って誘わないで置き竿で」との指導が入る。他動性中年であるへた釣りがうまくいかない釣りはいい確率で同じ指導が入る。指導は無視する。ウネリが高いので180センチの短くしかも硬めの竿を使っていると置き竿にしても仕掛けを海中で動かないようにするのは不可能。アオゾイを釣っていた人は3メートル以上の柔らかめの竿を使って置き竿にしていた。さらに針にはイカゲソと思われるエサが付けられていた。好調な艫の人を尻目にここではアオゾイを1匹追加できただけでクーラー三分目で沖上がりの時間に。
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲットひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット



Twitter

2018年07月31日 16:48

« 雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹 | メイン | 北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓 »

最近の釣りに行った記事

5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない
純ちゃんのすじ塩は恵比寿でNo.1の煮込みかも知れない!!
難波・豪快立ち寿司でウニとイクラこぼれ盛り痛風一直線♪
恵比寿・肉天国で炙りユッケ、痛風味玉、牛トロ天を堪能す
一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする
北海道のそばは最高!! 中標津・伊とうで藪・更科食べ比べ
姪2号にオショロコマを釣らせるミッション今年も無事クリア!!
釧路・繁栄丸アオゾイ耐久。7匹だけど今年も釣れたよ
北海道の師匠杯で子供はアオゾイゲット。へたはお世話係
台風令和初上陸の翌日剣崎イサキ束釣れるかなチャレンジ
難波居酒屋のお刺身は安くて美味いの代表、嬉々わらまさ
難波で昼飲みならなんばグランド花月1階、酒処さつき最強
宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ
売り切れが多いがおっぱい串がとにかく絶品なおみっちゃん
竿先グングンッ…でもバレる。気難しいアジに翻弄されたよ
土用の丑に鰻なる野暮は避け恵比寿・う福でお先に鰻三昧
小サメの駆除に協力したら梅雨アナゴとタチウオもらえたよ
俺が行っても終わらずどころかカイワリ18匹で最多記録更新
6月のええもん1=新川にしやで伝助アナゴ、白子、キアラ刺
6月のええもん2=ShunのA5牛しゃぶローススープ茶漬け♪
プチ時化お立ち台で体幹トレーニングしつつイサキを26匹♪
1日剣崎で釣れてイサキ13匹、最大28.5cmでなんとかなった
コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈
5月のええもん=哲剣で活アコウ刺しに感動+カマ焼きも◎
好漁続きでどうした、俺。六目41匹でクーラー八分と大満足
G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり
令和の初釣りは雨の中シャクリ続けてカイワリ7匹でドヤッ!!
アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない
4月のええもん=正宗屋のカステラ&魚屋ひでぞう刺し盛り
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ
タナ取りスピード勝負に妻苦戦で14匹。30匹クリアが遠いよ
夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日
鏡面のように穏やかな海で釣りをしている白日夢を見たよ
明石焼き、いかなご釘煮、蛸ぺったん、穴子串を魚の棚で
明石・人丸花壇で鯛・蛸・穴子の海峡名物3点セットを満喫♪
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪
不幸だねぇ氷雨降る時化海で本命ボウズなんて闇堕ちする
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?
2月のええもんは難波・天秤棒でおこぜ含むお刺身三昧!
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!
ブラックドラゴン相手に筋トレ。クロムツは3匹だけでチーン
難波・桃酔でええもん=アコウの酒蒸しと白アマダイを食う
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く
血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ

著者: へた釣り