前半ウィリーに塩対応。後半たっのしー♪でカイワリは14匹

船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目午前はアカムツからのコンタクトなしで船中0の完全試合をくらうカイワリも機嫌が悪いのではないかと不安を覚えるが、宇佐美の釣りの神様はそこまで冷たくはなかった。前半はウィリーに塩対応で苦戦するも、イサキを挟んだ後半はたっのしー♪な時間に。尺級まじえてカイワリは14匹!!

船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目宇佐美・治久丸は午前船、午後船の乗り換えで一度下船する。その間に船長は大急ぎで船の清掃&午後船の釣りの準備をしてくれる。午前船とは釣り座を交替して、へた釣りが右舷の舳に、深場の勇者様が2番目。へた釣りの場合、ビュンビュンと竿振りまくり、ビシ動かしまくりなのでタナで待つ人もいるカイワリ釣りでは四隅にいる方が他の人に迷惑をかけないで済む。船は定時に港を離れて。初島近くのポイントへと向かう。海は湖面のようなベタ凪。凪倒れなんて不吉な言葉が頭をよぎる。
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目

■すぐ横でいきなりトリプル発生。ウィリーには食ってこねぇ~~~

船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目水深90メートルくらいの少し深めのポイントから釣りスタート。船長からはうれしい言葉。「反応高いですよ~、タナは8メートル、シャクレる人は12メートルまでやってみてください」。活性は悪くなさそうと期待を込めて底3メートルから12メートルまでをシャクリだす。魚信なしでもう一度落とし直そうとしていると、右隣で電動リールの巻き上げ音。勇者様の竿が強烈にしなっている。重量感的にはマダイ? でも竿先に出る引き込みはカイワリっぽい。海面に姿を現したのはカイワリトリプル!!!! さすがというか、なんというか、この人…釣りに愛されてる天才? でも、食い気のあるカイワリが船下にいることは確認できたわけで、頑張ってシャクリ続ける。

船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目へた釣りの竿にもすぐに魚信があった。シャクった直後にグゥ~ンと穂先を持って行くカイワリらしい素直な魚信。こういう魚信の出方のときは掛かり所もよいことが多い。釣り開始20分でまずは1匹目。その後も入れ食いというほどではないが魚信は飽きない程度に続く。ただし食ってくるのはオキアミを付けた下針にのみで追い食いは発生しないという数を伸ばせない展開。14時少し前にこれは良型間違いなし!!というドラグが滑る引き込みがあり、大事をとって手巻きで巻き上げる。ちょうど30センチのカイワリだった。それを釣った直後に「カイワリ食ってこないのでイサキ行きます」とのアナウンス。え~~~カイワリ釣れてるのに!!と思ったが船全体を見ている船長の判断には逆らえない。前半戦は5匹。ウィリーで釣ったのは1匹だけで4匹はオキアミでだった。
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目

■シャクっても釣れるイサキ。シャクれば魚信るたっのしー♪なカイワリ

船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目初島沖の水深30メートルくらいのポイントに移動してイサキ釣り。タナは14メートルとの指示がある。16メートルまで落としてコマセを振り出しながらタナに合わせるという釣り方らしい。仕掛けは交換せずカイワリ用のウィリー仕掛けで釣り続ける。16メートルから11メートルまでを50センチ刻みでフワフワとシャクってみる。この釣り方でも釣れないということはなかった。ただし、本気で釣るなら4.5メートルのオキアミ仕掛けの方が効率よさそう。25~35センチくらいのイサキを6匹釣り上げる。カイワリもいるのでお刺身サイズのイサキはこれで十分。食べ比べるとどちらが美味しいかは明らかなんだもん。
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目

船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目1時間ほどイサキ釣りをして15時くらいからカイワリ釣り後半戦。最初は前半戦同様、オキアミにしか食ってこないという釣況だったが、16時30分を過ぎて日が傾きだすと急にスイッチが入った。オキアミ有利という状況は変わらないがオキアミ+ウィリーのダブルも発生し始め、ツ抜けを達成。その後もシャクれば素直に魚信が出、ダブルもありで短時間ながらもたっのしー♪な時間帯。後半戦で9匹追加してカイワリは14匹。サイズも25センチ超えのお刺身サイズ多数で久々に大満足な釣行。前回遠征で完全ボウズをくらったのも午前船でアカムツ4連敗だったのも帳消し!!
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目



Twitter

2018年06月10日 17:00

« 船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目 | メイン | 今季1回しかやってないメバルの大会に出るか激しく悩み中 »

最近の釣りに行った記事

あさなぎ丸が小船と事故…イサキ開幕戦は不戦敗で激凹み
デラキンメは朝一でゲットするも水深400m超は謎だらけ
金田湾イワシメバルがあまりに魚信なく呆けてホゲて凹む
焼肉デート楽しかった。釣りもした気がするけど覚えてない
23・22・20センチのトリプルを決めるもメバルは凪に限るね
天秤? 胴突き? 俺に限ってどっちもあかんなシロギス釣り
愚策裏目で波に乗れずオキメバル4匹一荷でなんとか帳尻
天気予報大外れで良型クロムツ釣れてなければ凍え死んでた
巨大アジ猛攻であわやカイワリいない五目になるとこだった
煮付け2尾で1皿サイズのメバル14人前に癒してもらい幸せ
午前アジ22匹でなんとか。妻は5匹&竿折れて後半闇堕ちす
春の海ひねもす癒しリレーのはずが…心身鍛錬の一日に!!
春の京都。京都らしいええもんを探して一泊二日めし旨旅♪
ヤリイカも俺が行ったら終わるやん…断トツ最低1.5匹だけ
行ったらやっぱり終わってたよ…好調の余韻でカイワリ8匹
走水黄金大アジゲットも…アジに嫌われたままツ抜けせず
2022年初の大漁♪ 炙り刺しで最高なクロムツ15匹でドヤッ!!
暖かくって午後アジ作戦成功と思いきや釣果が凍死レベル
鉄壁のサバに阻まれ時合逃しカイワリ4匹だけとしょんぼり
3週間ぶりの釣りはサバ地獄と変な潮でクロムツ2匹だけ~
ドキドキもワクワクもなく初釣りの鬼おみくじ2022は大凶だ
ドデカアマ53.5センチ! 2021年最後にして最高の釣りだ!!
家族一人に1匹30㎝級クロムツ確保でお正月は尾頭付きで♪
10分の5がリリースって…一之瀬感謝デーカワハギで頓死す
潮澄み中盤まで魚信なし。日が傾いてカイワリダブル×3+1
デカハギの釣り方忘れた! 昨年に続きツ抜けせずで開幕
53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされず
妻がクロダイおかわり成功。それも48センチにサイズアップ
魚っ気皆無の白間津で船酔い・竿折れ・クーラー空で呆然
妻が47.5センチ人生初クロダイ。アジはコマセ係で撃ちーん
初のえいあん丸・城ヶ島沖オニカサゴは速潮に悩まされ2匹
帰りのクーラーの重さまで…サワラは五十肩に優しかった♥
105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~
コレジャナイ十目で困憊。今日はダメ思ったらラスト10分で
三度目の正直でワラサ挑むも二度あることは…マダイは2匹
八景沖マダイは珍しく素直で3匹。久里浜ワラサとは断交中
新ブランド?よっしゃサバ。ポニョに34cmアマダイ混ざり喜々
ラストイサキは半日50匹。ワラサは常日頃の行いが悪い?
ラスト5分…またね♥とクロムツにめっちゃ営業されてしまう
2週連続で追い食いゼロって…今年の剣崎ウリンボ手強い
くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!
やっぱ下手やねん♪ めっちゃ真面目に釣ってシロギス14匹
イサキは雨の日に限る。今季最大36cm&最多47匹でどやっ
宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね
雨中のシロギス特訓。キス天食べ放題へ一歩一歩前進中♪
尺級5匹込みで21匹! 剣崎イサキの釣り方思い出した?
剣崎イサキ絶好調とはいかないが昨季より手応えありで8匹
クロムツからの魚信なしでひたすらサバサバサバサバサバ
アカクラゲの時期にシロギスの練習? 心得違いもいいとこ
尺イサキ多数にアカイサキ雄でクーラー六分もレア魚はなし

著者: へた釣り