前半ウィリーに塩対応。後半たっのしー♪でカイワリは14匹

船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目午前はアカムツからのコンタクトなしで船中0の完全試合をくらうカイワリも機嫌が悪いのではないかと不安を覚えるが、宇佐美の釣りの神様はそこまで冷たくはなかった。前半はウィリーに塩対応で苦戦するも、イサキを挟んだ後半はたっのしー♪な時間に。尺級まじえてカイワリは14匹!!

船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目宇佐美・治久丸は午前船、午後船の乗り換えで一度下船する。その間に船長は大急ぎで船の清掃&午後船の釣りの準備をしてくれる。午前船とは釣り座を交替して、へた釣りが右舷の舳に、深場の勇者様が2番目。へた釣りの場合、ビュンビュンと竿振りまくり、ビシ動かしまくりなのでタナで待つ人もいるカイワリ釣りでは四隅にいる方が他の人に迷惑をかけないで済む。船は定時に港を離れて。初島近くのポイントへと向かう。海は湖面のようなベタ凪。凪倒れなんて不吉な言葉が頭をよぎる。
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目

■すぐ横でいきなりトリプル発生。ウィリーには食ってこねぇ~~~

船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目水深90メートルくらいの少し深めのポイントから釣りスタート。船長からはうれしい言葉。「反応高いですよ~、タナは8メートル、シャクレる人は12メートルまでやってみてください」。活性は悪くなさそうと期待を込めて底3メートルから12メートルまでをシャクリだす。魚信なしでもう一度落とし直そうとしていると、右隣で電動リールの巻き上げ音。勇者様の竿が強烈にしなっている。重量感的にはマダイ? でも竿先に出る引き込みはカイワリっぽい。海面に姿を現したのはカイワリトリプル!!!! さすがというか、なんというか、この人…釣りに愛されてる天才? でも、食い気のあるカイワリが船下にいることは確認できたわけで、頑張ってシャクリ続ける。

船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目へた釣りの竿にもすぐに魚信があった。シャクった直後にグゥ~ンと穂先を持って行くカイワリらしい素直な魚信。こういう魚信の出方のときは掛かり所もよいことが多い。釣り開始20分でまずは1匹目。その後も入れ食いというほどではないが魚信は飽きない程度に続く。ただし食ってくるのはオキアミを付けた下針にのみで追い食いは発生しないという数を伸ばせない展開。14時少し前にこれは良型間違いなし!!というドラグが滑る引き込みがあり、大事をとって手巻きで巻き上げる。ちょうど30センチのカイワリだった。それを釣った直後に「カイワリ食ってこないのでイサキ行きます」とのアナウンス。え~~~カイワリ釣れてるのに!!と思ったが船全体を見ている船長の判断には逆らえない。前半戦は5匹。ウィリーで釣ったのは1匹だけで4匹はオキアミでだった。
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目

■シャクっても釣れるイサキ。シャクれば魚信るたっのしー♪なカイワリ

船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目初島沖の水深30メートルくらいのポイントに移動してイサキ釣り。タナは14メートルとの指示がある。16メートルまで落としてコマセを振り出しながらタナに合わせるという釣り方らしい。仕掛けは交換せずカイワリ用のウィリー仕掛けで釣り続ける。16メートルから11メートルまでを50センチ刻みでフワフワとシャクってみる。この釣り方でも釣れないということはなかった。ただし、本気で釣るなら4.5メートルのオキアミ仕掛けの方が効率よさそう。25~35センチくらいのイサキを6匹釣り上げる。カイワリもいるのでお刺身サイズのイサキはこれで十分。食べ比べるとどちらが美味しいかは明らかなんだもん。
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目

船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目1時間ほどイサキ釣りをして15時くらいからカイワリ釣り後半戦。最初は前半戦同様、オキアミにしか食ってこないという釣況だったが、16時30分を過ぎて日が傾きだすと急にスイッチが入った。オキアミ有利という状況は変わらないがオキアミ+ウィリーのダブルも発生し始め、ツ抜けを達成。その後もシャクれば素直に魚信が出、ダブルもありで短時間ながらもたっのしー♪な時間帯。後半戦で9匹追加してカイワリは14匹。サイズも25センチ超えのお刺身サイズ多数で久々に大満足な釣行。前回遠征で完全ボウズをくらったのも午前船でアカムツ4連敗だったのも帳消し!!
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目



Twitter

2018年06月10日 17:00

« 船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目 | メイン | 今季1回しかやってないメバルの大会に出るか激しく悩み中 »

最近の釣りに行った記事

いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止
数釣りシーズン開幕したよ。 179匹で7月の最多記録更新!!
イサキってどうやったら釣れるんだっけ? 本気で忘れたぞ
性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…
八景沖のアジ行方知れず? ウネリで掛からんし撃チ~ン
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで
かみやメバル大会で型も数も船中3位なら頑張った方だよね
前半ウィリーに塩対応。後半たっのしー♪でカイワリは14匹
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目
2018年の剣崎イサキチョロくない。開幕戦はなんとかツ抜け
GWは釣りしない週間にしよかな。アジツ抜けせずに頓死す
木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行
GWのゲートが開いて即落馬!? 宇佐美に行ってクーラー空
予報以上に風ビュービューの中、超お立ち台で午前LTアジ
序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ
潮流も竿先も俺の心もキュンキュンしなかったウィリー五目
魚信少なめもヒット3本。昨年のマゴチの釣果を1日で超えた
始まったよ、シロムツしか釣れない伝説がっ!! 今季お終い
5本針にキンメ・キンメ・キンメ・シロムツ・メダイしたものの…
いきなりの尺たらず熟メバルに今季はイケる!と思ったが…
クロムツ3匹でまずまずも難敵のチビクロ、サバに大苦戦す
今年も始まったよぉ~……釣れない方の“深場伝説”がっ!!!
次にオニカサゴ釣れるのは4年後かも…サドンデスで散る!!
アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツでなんとか
4年ぶり通算4匹目と5匹目のオニカサゴで2017初釣りは吉!!
釣り納め2017はカイワリ17匹で自己最多更新。ハマチも8匹
東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳
ツイテないのか実力不足か。一之瀬丸感謝デーで撃ち~ん
時化の上に激渋カワハギだったがピカイチくんに救われる
入学初日に退学しよかなと頭をよぎった2017アマダイ初戦
平和島は果てしなく…。TKB6回目で初めて船中個人表彰♪
ダイ三元狙いも…中(マダイ)のみ。この釣り向いてないね
プチ時化へのアジャストで大迷走したかみやカワハギ大会
江戸前カワハギおかわりは船別で型数1位も3万円に届かず
台風前の強行午前アミ五目はマダイで入魂、イナダで痛恨
台風の中継かって時化海でたっのしーいカワハギ釣り大会
高切れ、竿折れ、コマセをかぶって…精も根も尽き果てたよ
ちいさいアジ、ちいさいアジ、ちいさいアジだけ釣…~れた♪
あと5g分の底力が足りず上州屋カワハギ大会はお土産なし
ウィリーたっのしーカイワリ5匹。カンパチきっびしー1匹だけ
1匹だけはという夢はかなえたもののマゴチに苦手意識は…

著者: へた釣り