前半ウィリーに塩対応。後半たっのしー♪でカイワリは14匹

船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目午前はアカムツからのコンタクトなしで船中0の完全試合をくらうカイワリも機嫌が悪いのではないかと不安を覚えるが、宇佐美の釣りの神様はそこまで冷たくはなかった。前半はウィリーに塩対応で苦戦するも、イサキを挟んだ後半はたっのしー♪な時間に。尺級まじえてカイワリは14匹!!

船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目宇佐美・治久丸は午前船、午後船の乗り換えで一度下船する。その間に船長は大急ぎで船の清掃&午後船の釣りの準備をしてくれる。午前船とは釣り座を交替して、へた釣りが右舷の舳に、深場の勇者様が2番目。へた釣りの場合、ビュンビュンと竿振りまくり、ビシ動かしまくりなのでタナで待つ人もいるカイワリ釣りでは四隅にいる方が他の人に迷惑をかけないで済む。船は定時に港を離れて。初島近くのポイントへと向かう。海は湖面のようなベタ凪。凪倒れなんて不吉な言葉が頭をよぎる。
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目

■すぐ横でいきなりトリプル発生。ウィリーには食ってこねぇ~~~

船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目水深90メートルくらいの少し深めのポイントから釣りスタート。船長からはうれしい言葉。「反応高いですよ~、タナは8メートル、シャクレる人は12メートルまでやってみてください」。活性は悪くなさそうと期待を込めて底3メートルから12メートルまでをシャクリだす。魚信なしでもう一度落とし直そうとしていると、右隣で電動リールの巻き上げ音。勇者様の竿が強烈にしなっている。重量感的にはマダイ? でも竿先に出る引き込みはカイワリっぽい。海面に姿を現したのはカイワリトリプル!!!! さすがというか、なんというか、この人…釣りに愛されてる天才? でも、食い気のあるカイワリが船下にいることは確認できたわけで、頑張ってシャクリ続ける。

船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目へた釣りの竿にもすぐに魚信があった。シャクった直後にグゥ~ンと穂先を持って行くカイワリらしい素直な魚信。こういう魚信の出方のときは掛かり所もよいことが多い。釣り開始20分でまずは1匹目。その後も入れ食いというほどではないが魚信は飽きない程度に続く。ただし食ってくるのはオキアミを付けた下針にのみで追い食いは発生しないという数を伸ばせない展開。14時少し前にこれは良型間違いなし!!というドラグが滑る引き込みがあり、大事をとって手巻きで巻き上げる。ちょうど30センチのカイワリだった。それを釣った直後に「カイワリ食ってこないのでイサキ行きます」とのアナウンス。え~~~カイワリ釣れてるのに!!と思ったが船全体を見ている船長の判断には逆らえない。前半戦は5匹。ウィリーで釣ったのは1匹だけで4匹はオキアミでだった。
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目

■シャクっても釣れるイサキ。シャクれば魚信るたっのしー♪なカイワリ

船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目初島沖の水深30メートルくらいのポイントに移動してイサキ釣り。タナは14メートルとの指示がある。16メートルまで落としてコマセを振り出しながらタナに合わせるという釣り方らしい。仕掛けは交換せずカイワリ用のウィリー仕掛けで釣り続ける。16メートルから11メートルまでを50センチ刻みでフワフワとシャクってみる。この釣り方でも釣れないということはなかった。ただし、本気で釣るなら4.5メートルのオキアミ仕掛けの方が効率よさそう。25~35センチくらいのイサキを6匹釣り上げる。カイワリもいるのでお刺身サイズのイサキはこれで十分。食べ比べるとどちらが美味しいかは明らかなんだもん。
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目

船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目1時間ほどイサキ釣りをして15時くらいからカイワリ釣り後半戦。最初は前半戦同様、オキアミにしか食ってこないという釣況だったが、16時30分を過ぎて日が傾きだすと急にスイッチが入った。オキアミ有利という状況は変わらないがオキアミ+ウィリーのダブルも発生し始め、ツ抜けを達成。その後もシャクれば素直に魚信が出、ダブルもありで短時間ながらもたっのしー♪な時間帯。後半戦で9匹追加してカイワリは14匹。サイズも25センチ超えのお刺身サイズ多数で久々に大満足な釣行。前回遠征で完全ボウズをくらったのも午前船でアカムツ4連敗だったのも帳消し!!
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目



Twitter

2018年06月10日 17:00

« 船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目 | メイン | 今季1回しかやってないメバルの大会に出るか激しく悩み中 »

最近の釣りに行った記事

アラはともかくとして…クーラー真っ白でピント合わねぇよ(泣
前半苦戦も怒涛の追い上げでカイワリ自己最多を27匹に!
釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!
怒涛の4連荘ありアカムツ5匹。極鋭CG釣れる気しかしない
午前は船中1匹の報に暗澹とするもカイワリ15匹でえっへん
南房まで行ってシマアジがボウズだけでなくクーラー空っぽ
厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとか
極鋭CGオニカサゴで入魂完了。腕ではなく竿を褒められる
自称・老先短い母にええもん食わせに上かん屋 久佐久へ
初の外房にて45cm&30cmのアカムツ両手にドヤっドヤっ顔
満足サイズも2匹。深場五目初戦はクロムツ6匹でえっへん
難波最強の立ち飲み屋発見! あたりや食堂でニセンベロ!!
あわや2釣行連続でクーラー空! オニカサゴみくじは小吉
年越しそば2019は難波・源氏で。関西流に辛味大根が美味
令和元年の釣り納めで今年初のをやらかしてしょぼ~ん!
イナダだらけでイシダイどこ~? シマ消え込みで3匹ゲット
久里浜沖7時間耐久マダイ魚信なし地獄にもがき苦しんだ
カイワリは安定の14匹。カンパチはソレダメをやらかしたよ
序盤にクロダイ×2、そのうちマダイも釣れると思ったのに…
雑然とした路地の老舗寿司屋あばらやで大人のドキドキを
カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ
カイワリツ抜けは楽勝と油断したら後半デカアジに翻弄され
ドラグ滑って面白すぎ!! イナダ(ハマチ)10匹で大大大満足
タチウオは指5本×2で満足。アマダイはポニョのみで罪悪感
台風一過の午前アジは土砂降り、強風、ゴミだらけだったが
餃子激戦区の恵比寿に祇園歩兵3号店。優しいお味に納得
35up乱舞。アジしか釣れずしょんぼり、妻は人生最大に興奮
伊豆はカワハギ天国のはずだったのに後半失速でもツ抜け
久々の治久丸午前でカイワリ9匹。えべっさんも人生初の!!
炙り+好みの味ですし焼き。コスパも抜群な難波・ときすし
母78歳の誕生日をメープル猪名川で祝う。秋の味覚楽しむ
ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目
浅場タチウオ攻略失敗。でも50mなら労せずとも掛かるかも
路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです
刺し盛りは関西は活かり、関東は旨みと恵比寿 魚一商店で
撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪
5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない
純ちゃんのすじ塩は恵比寿でNo.1の煮込みかも知れない!!
難波・豪快立ち寿司でウニとイクラこぼれ盛り痛風一直線♪
恵比寿・肉天国で炙りユッケ、痛風味玉、牛トロ天を堪能す
一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする
北海道のそばは最高!! 中標津・伊とうで藪・更科食べ比べ
姪2号にオショロコマを釣らせるミッション今年も無事クリア!!
釧路・繁栄丸アオゾイ耐久。7匹だけど今年も釣れたよ
北海道の師匠杯で子供はアオゾイゲット。へたはお世話係
台風令和初上陸の翌日剣崎イサキ束釣れるかなチャレンジ
難波居酒屋のお刺身は安くて美味いの代表、嬉々わらまさ
難波で昼飲みならなんばグランド花月1階、酒処さつき最強
宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ
売り切れが多いがおっぱい串がとにかく絶品なおみっちゃん

著者: へた釣り