いきなりの尺たらず熟メバルに今季はイケる!と思ったが…

いきなりの尺たらず熟メバルに今季はイケる!と思ったが…数より型狙いな好きなので、メバルも型狙い。ロリカサゴに邪魔されないように太極拳のスピードで仕掛けを動かしまくる。2018年の開幕戦では開始20分でいきなり尺メバル!?を手にする。測ってみると28.5センチと尺たらずだったものの出だし好調!! 今季はイケる!と思ったんだけど……。

いきなりの尺たらず熟メバルに今季はイケる!と思ったが…2月1週の週末はインフルエンザでダウンしてしまい、最終週になってようやくメバルの開幕を迎えた。湾奥メバルといえばこの船、羽田・かみやからの出撃。寒いという予報のせいもあってか予約の出足は鈍かったが、9名での出船。送迎バス利用でも受付番号は2番だったのでメバルで特等席とされる左舷の前から2番目に釣り座を決める。舳には船上でこの顔を見たくない悪人面ランキング2位のY本名人。カワハギでは絶対に横に座らないがメバルならなんとかなるかと久しぶりに並んで釣ることに。

■爆釣フラグはビンビンで、久しぶりに熟メバルとの再会を果たしたが

いきなりの尺たらず熟メバルに今季はイケる!と思ったが…船は7時半に桟橋を離れる。顔だけ怖いw船長からのアナウンスは「40分ほど走ります」だった。本牧へ向かうようだ。空は曇天、潮回りは長潮。風はなくべた凪とは言わないがまぁ凪。あとは水温さえ下がってなければメバルの爆釣フラグがビンビンに立っていてもおかしくない。本牧の国際埠頭のキリン(クレーン)近くで釣り開始となる。オモリが着底する前にブレーキをかけて最後の1メートルはゆっくりと落とす。オモリが着いたら10秒待ってゆっくりと太極拳の動きで50センチくらい聞き上げる。ときどき大きく竿を持ち上げてオモリを置く場所をリセットする。良型メバルの魚信は聞き上げ中に出ることが多い。

いきなりの尺たらず熟メバルに今季はイケる!と思ったが…最初に竿先をフルフルと震わせたのはロリカサゴ。下針の位置を上げてなるべく釣らないようにしているがゼロにはできない。次の魚信が本日のハイライトだった。オモリを軽く持ち上げるとグッグッと穂先を引き込む魚信。竿を止めて様子を見ると竿先をギュンと持って行く。最初の一撃は何が釣れた?と驚くほどに強い。巻き上げ中にドラグが滑るし、少し横に走られてしまう。海面に見えた茶色のシルエット…デカッ!! 悲願の尺メバリストに俺はなったぁ!とぬか喜びしてタモを出す。「尺あるかも!!」とほざくと、Y本名人より「尺はないでしょ」との冷静なお言葉。測ってみると…確かに……28.5センチ。尺メバリストにはなれなかったが、癒しの熟メバルとのいきなりの再会に今季はイケると思ったのだが……。
いきなりの尺たらず熟メバルに今季はイケる!と思ったが…いきなりの尺たらず熟メバルに今季はイケる!と思ったが…

■最後の最後に2匹目の熟メバル。メバル4+カサゴ5だけどまずまず

いきなりの尺たらず熟メバルに今季はイケる!と思ったが…それ以降がさっぱり。2匹目のメバルを手にしたのは40分後でサイズは20センチくらい。本牧のキリン前を筋をずらして攻めているのだが、メバルだけでなくカサゴの魚信もほとんどない。顔だけ怖いw船長によれば「水温は下がったといっても1度だけだし…昨日はよかったポイントなのに全然顔を出さない」とのこと。熟メバルに癒してもらって高ぶった気持ちが時間とともにささくれ立っていく展開。周りではカサゴがポツ~~~~ン、ポツ~~ンというペースでは釣れている。メバル狙いのはずが魚信を欲しがってオモリを底に着けている時間がどんどん長くなっていく。ミニカサゴに混じって食べるところがありそうなサイズがごく稀に混じる。18センチ以上をキープ。11時の時点でメバル2+カサゴ3でキープは5匹だけ。
いきなりの尺たらず熟メバルに今季はイケる!と思ったが…いきなりの尺たらず熟メバルに今季はイケる!と思ったが…

いきなりの尺たらず熟メバルに今季はイケる!と思ったが…顔だけ怖いw船長は本牧に見切りを付けて中の瀬経由で鶴見川付近を攻めたがどこのパッとはせずに激ロリカサゴばかり釣れる。結局、本牧沖にもう一度戻ってくることに。このまま終わりかな? でも船中唯一の熟メバル持ってるからいいもんねと自分を慰めていると最後の最後に竿先フルルからの穂先をギュン。最初のほどではないがドラグが滑り、今度は白っぽい魚体が姿を現す。ちょうど25センチの熟メバルになりたてのメバル。煮付けサイズを家族分(4匹)という目標は未達だが昨季は1匹も手にできなかった熟メバルを2匹釣ったのだから満足度はまずまず。お持ち帰りはメバル4匹+カサゴ5匹で9匹。
いきなりの尺たらず熟メバルに今季はイケる!と思ったが…いきなりの尺たらず熟メバルに今季はイケる!と思ったが…



Twitter

2018年02月25日 19:39

« 16時時点で予約1名…かみやで一番悩ましいパターンだね | メイン | やはり熟メバルの煮付け最高。これ食うとまた行きたくなる »

最近の釣りに行った記事

23・22・20センチのトリプルを決めるもメバルは凪に限るね
天秤? 胴突き? 俺に限ってどっちもあかんなシロギス釣り
愚策裏目で波に乗れずオキメバル4匹一荷でなんとか帳尻
天気予報大外れで良型クロムツ釣れてなければ凍え死んでた
巨大アジ猛攻であわやカイワリいない五目になるとこだった
煮付け2尾で1皿サイズのメバル14人前に癒してもらい幸せ
午前アジ22匹でなんとか。妻は5匹&竿折れて後半闇堕ちす
春の海ひねもす癒しリレーのはずが…心身鍛錬の一日に!!
春の京都。京都らしいええもんを探して一泊二日めし旨旅♪
ヤリイカも俺が行ったら終わるやん…断トツ最低1.5匹だけ
行ったらやっぱり終わってたよ…好調の余韻でカイワリ8匹
走水黄金大アジゲットも…アジに嫌われたままツ抜けせず
2022年初の大漁♪ 炙り刺しで最高なクロムツ15匹でドヤッ!!
暖かくって午後アジ作戦成功と思いきや釣果が凍死レベル
鉄壁のサバに阻まれ時合逃しカイワリ4匹だけとしょんぼり
3週間ぶりの釣りはサバ地獄と変な潮でクロムツ2匹だけ~
ドキドキもワクワクもなく初釣りの鬼おみくじ2022は大凶だ
ドデカアマ53.5センチ! 2021年最後にして最高の釣りだ!!
家族一人に1匹30㎝級クロムツ確保でお正月は尾頭付きで♪
10分の5がリリースって…一之瀬感謝デーカワハギで頓死す
潮澄み中盤まで魚信なし。日が傾いてカイワリダブル×3+1
デカハギの釣り方忘れた! 昨年に続きツ抜けせずで開幕
53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされず
妻がクロダイおかわり成功。それも48センチにサイズアップ
魚っ気皆無の白間津で船酔い・竿折れ・クーラー空で呆然
妻が47.5センチ人生初クロダイ。アジはコマセ係で撃ちーん
初のえいあん丸・城ヶ島沖オニカサゴは速潮に悩まされ2匹
帰りのクーラーの重さまで…サワラは五十肩に優しかった♥
105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~
コレジャナイ十目で困憊。今日はダメ思ったらラスト10分で
三度目の正直でワラサ挑むも二度あることは…マダイは2匹
八景沖マダイは珍しく素直で3匹。久里浜ワラサとは断交中
新ブランド?よっしゃサバ。ポニョに34cmアマダイ混ざり喜々
ラストイサキは半日50匹。ワラサは常日頃の行いが悪い?
ラスト5分…またね♥とクロムツにめっちゃ営業されてしまう
2週連続で追い食いゼロって…今年の剣崎ウリンボ手強い
くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!
やっぱ下手やねん♪ めっちゃ真面目に釣ってシロギス14匹
イサキは雨の日に限る。今季最大36cm&最多47匹でどやっ
宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね
雨中のシロギス特訓。キス天食べ放題へ一歩一歩前進中♪
尺級5匹込みで21匹! 剣崎イサキの釣り方思い出した?
剣崎イサキ絶好調とはいかないが昨季より手応えありで8匹
クロムツからの魚信なしでひたすらサバサバサバサバサバ
アカクラゲの時期にシロギスの練習? 心得違いもいいとこ
尺イサキ多数にアカイサキ雄でクーラー六分もレア魚はなし
八景沖で小中アジほぼ入れ食い。アカクラゲさえいなければ
アカクラゲ大っ嫌い! アジもキスも目標未達でしょぼ~ん
強風の間隙縫って午前メバル。煮付け4匹含む19匹で満足
キントキはいるけれど遠征ウィリーで史上最低のド貧果に

著者: へた釣り