予想通りの出船中止。元祖ザンタレを食いに南蛮酊を目指す

予想通りの出船中止。元祖ザンタレを食いに南蛮酊を目指す予報で釧路の沖は風速10メートル超えだったので諦めてはいたが、本日予定されていた北海道根魚五目第1戦は中止になった。これで昨年から4連続で船が出ず。釧路沖の釣りの神様に嫌われているようである。船が出ないなら行くと決めていたザンタレ発祥の店、南蛮酊を目指す。

予想通りの出船中止。元祖ザンタレを食いに南蛮酊を目指す釣りの中止は昨夜のうちに決定していたので早起きする必要はない。居酒屋で1杯、2杯…3杯?……4杯だったかもをひっかけてから就寝。やることがないので朝は遅めでいいと思っていたのに6時前には目が覚めてしまう。これも老化の一種か? ほかにやることが思いつかないので老人らしく朝のお散歩に出かける。昨年の朝の散歩では道が分からず海に出られず。今年も海にたどり着けずでは縁起がよろしくないので絶対に海まで行くと決めて歩き出す。道路標識に中央埠頭の案内が見えた。しばらく進むと無事海にたどり着いた。霧が深く視界は30メートルくらいしかないが海は凪いでいるように見える。沖では強風というのが信じられない穏やかな海だった。
予想通りの出船中止。元祖ザンタレを食いに南蛮酊を目指す予想通りの出船中止。元祖ザンタレを食いに南蛮酊を目指す

■路線バスでザンタレ発祥の地に。小山のようなザンギにびっくり

【釧路で道楽】鳥松の元祖ザンギとさかまるの殿堂ザンタレ次に船が出ずに暇をもてあそぶことがあったら行こうと決めていたお店があった。釧路B級グルメの1つザンタレの元祖と言われている南蛮酊だ。元祖ザンギの店の鳥松とザンギ王決定戦を三連覇し殿堂入りしたザンタレの名店さかまるには昨年訪問済みだが、釧路の人にザンタレの美味しい店を聞くと必ずその名があがる南蛮酊には行けてなかった。南蛮酊は釧路の繁華街にではなく、JR釧路駅から2駅ほど離れた遠矢という駅の近くにある。車があればなんてことない距離だが、車がないと行き着くのに難儀する。電車は2時間に1本しか止まらない。行きはバスで、帰りは電車でなら南蛮酊でランチを食べられそうと調べはついた。10時のバスで遠矢を目指す。時間にして40分ほど。最後の方なんて客はへた釣り1人だけの貸切バスだった。運転手が後ろから襲われるのを恐れてバックミラーにへた釣りの姿が映るように調整していた。目的のバス停に到着。駅近くにバスは着いたはずなのだが、駅はどこ?ってほどに閑散とした場所だった。
予想通りの出船中止。元祖ザンタレを食いに南蛮酊を目指す予想通りの出船中止。元祖ザンタレを食いに南蛮酊を目指す

予想通りの出船中止。元祖ザンタレを食いに南蛮酊を目指す駅のすぐ目の前を走っている道路に出ると「西洋堂 南蛮酊」と描かれた看板が見つかる。こじんまりとした店構えで水色と黄色の暖簾が既にかかっている。11時少し前だが既にお店は開いていた。オーダーは迷わず「ザンタレ」。店員さんから「ご飯は別ですよ」と言われるが、ザンタレの量がとんでもないという情報をつかんでいたのでザンタレだけ。メニューを見ると見事なまでに野菜を使った料理がない。野菜といえそうなものはポテトフライとオニオンリングだけ。気になる貼り紙を発見。「鶏肉の価格が急激に高騰しております。よって、ザンタレの量を若干減らしております」。減らされたぐらいでちょうどいいかなと思っていると、運ばれてきたのが……。
予想通りの出船中止。元祖ザンタレを食いに南蛮酊を目指す予想通りの出船中止。元祖ザンタレを食いに南蛮酊を目指す

予想通りの出船中止。元祖ザンタレを食いに南蛮酊を目指す
予想通りの出船中止。元祖ザンタレを食いに南蛮酊を目指すザンタレの小山である。タレは醤油とお酢がベースで甘さも少し。この小山にどう挑むのかを考える。上から食べていくのが王道派。まずはほどよくタレがからみつつカリッとした食感を楽しみ、徐々にタレによく漬かって味の沁みたザンタレに味変していくのを堪能する。底からいくのがタレ原理派。食べるスピードを調整し、数枚添えられたレタスの葉を使って、好みのタレの漬かり具合ですべてのザンギを食べられる。なんてことを考えながら食べ進めていく。王道派で食べ始め途中でタレ原理派に転向した。食事としての適量なら半分くらいで十分だが、止められない止まらないでペロリと完食。

■電車2時間待ち……初体験のワンマン電車にテンション上がったのに

予想通りの出船中止。元祖ザンタレを食いに南蛮酊を目指す帰りの電車までまだ2時間近く……もう少しお店でのんびりしたかったのが正直なところだが、11時半でお店は混雑し始めていた。1人でいつまでもテーブルを占拠しているのは気がひけるのでお勘定。近くにある釧路神社に参ったり、パークゴルフ場があったので見物しにいったりで時間をつぶす。ほかには…何にもない。時間を消費するためにあてどもなく歩いて周りをキョロキョロ見回すくらいしかやることがない。2時間はつぶしきれなかった。結局1時間ほど駅舎のベンチでぼんやりと過ごすことに。
予想通りの出船中止。元祖ザンタレを食いに南蛮酊を目指す予想通りの出船中止。元祖ザンタレを食いに南蛮酊を目指す

予想通りの出船中止。元祖ザンタレを食いに南蛮酊を目指す電車は1両編成…1両だと編成とはいわない? 思ったよりたくさん人が乗っていた。整理券を取って乗り込むというワンマンバスと同じ方式だ。運転士さんの横に運賃箱が置いてあり、駅に止まると運転士さんが運賃箱の前に立って料金と整理券を受け取る。「走行中は運転士に話しかけないようご協力ください」という注意書きがある。電車から降りるときにお金を払って降りるなんて初体験。釧路駅に着き、一番乗りで整理券と料金を渡そうとすると、運転士さんがボソッとこういう。「終点なので改札で払ってください」。ええええ~~~~~~~!!!! 初めてのワンマン電車で上がっていたテンションの行き場がぁぁあああ。
予想通りの出船中止。元祖ザンタレを食いに南蛮酊を目指す予想通りの出船中止。元祖ザンタレを食いに南蛮酊を目指す



Twitter

2017年07月21日 17:08

« 道東の波・風予報にグヌヌとうなりつつ……行ってきま~す | メイン | 釣りができる喜びに小突きまくった標津沖カレイは44cmまで »

最近の釣りに行った記事

1匹1匹丁寧に真心込めて巻き上げたイサキは…88匹止まり
船上でムキー!!ってなったら負け。タチウオ迷宮に迷いこむ
低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!
入れパク追い食いバリバリ。イサキ162匹に笑いが止まらん
アオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかった
2年ぶりの釧路の沖を満喫。ただしアオゾイ明日にオアズケ
なんちゃって渓流釣りでオショロコマと子供に遊んでもらう
釣りができる喜びに小突きまくった標津沖カレイは44cmまで
予想通りの出船中止。元祖ザンタレを食いに南蛮酊を目指す
カイワリは船中1匹なんだもん…。宇佐美遠征2連続で貧果に
サバに負けた。カイワリ2匹だけでしょんぼりな宇佐美遠征
ウィリーを信じる心を失った!! イサキの今季ワーストを更新
月別最多は頓挫でも尺イサキ5+クロムツ+クロダイでドヤッ
イサキは週休2日制? 目標の1/3しか釣れずにどよ~~ん
メバルの数は2位。でも型勝負は最下位…デカいの釣れん
今年はいいかも!! 剣崎沖イサキ開幕戦で40匹は自己最多
夜アジ・メバカサで本命そろえる。数と型は聞かないでぇ~w
…………………………伝説どころか何事も始まらなかった
2試合連続で完全試合。マゴチ…釣れる気しなくなってきた
GWは4連敗。ウィリーまで貧果に沈んでもうあかーーーん!!
GWダメかも…魚信あっても掛け方が…夜アナゴは2匹だけ
GWダメだ。クロムツは追試も0点で留年。メダイ2匹で溜飲
GWスタートダッシュ失敗。LTアジが魚信らない掛からない!!
まぐれは続くよ…ウィリー五目大会でなんとなんとの優勝だ
まさかのクロムツ落第。でもいいの!! アカムツいるもんね♪
バリバリ食いはなかったがマメに拾って午前LTアジは37匹
マゴチから放置プレイをくらい完全に心砕けた2017開幕戦
ウィリーが相手にされない塩対応。頑張ってクーラー半分!!
「また釣ってきたよ♪」。クロムツ最多記録を3倍更新でドヤ!!
クーラー溢れりゅぅう!! ウィリー五目開幕戦で会心のドヤ顔
自慢できる釣果じゃないけどクロムツの自己最多を4倍更新
晴れたらあかん!澄んだらあかん!! 八景メバルに返り討ち
いつもの下手に戻ったよ。アマダイ大会で36.4cmと振るわず
今年のメバルは脱・癒し系? 開幕戦は八目釣るもド貧果
紅(アマダイ)白(タチウオ)そろえてめでたく初釣り成功だい
東京湾初釣りは爆時化早上がりでノーカンってことに…して
目玉は?と思ってたがそこは釣具の祭典。行けば何かある
貧果だけどカイワリいるから初釣りは成功…そっとしといて
時化でヒヤヒヤ。アラフォー熟アマダイの愛を取り戻せたよ
ビッグ3を独り占めして一之瀬丸感謝デー釣り大会を快勝♪
名人だらけの船上で数より型と迷人と化しかみやCSは轟沈
ナイスフィッシング♪な邪念のせい? TKBは鳴かず飛ばず
究極?ピカイチくんで神って失速したかみやカワハギ大会
TKBの下見を兼ねた伝寿丸の午後アジで36匹とまずまず♪
イシダイに愛されてるねと勘違い男は久里浜沖で悦に入る
破局!? 子供よろしくって…ちょwwwおまwwwアマダイちゃん
どったんばったん時化海でマダイとマハタ。イナダはお留守
尺ハギで勝った!!と思ったのにフィーリング船長にやられる
どうせカイワリの方が…アマダイのツンデレ化が止まらない
サビキアジは束釣り。カマスはあわや…ラスト10分でホッ♪

著者: へた釣り