予想通りの出船中止。元祖ザンタレを食いに南蛮酊を目指す

予想通りの出船中止。元祖ザンタレを食いに南蛮酊を目指す予報で釧路の沖は風速10メートル超えだったので諦めてはいたが、本日予定されていた北海道根魚五目第1戦は中止になった。これで昨年から4連続で船が出ず。釧路沖の釣りの神様に嫌われているようである。船が出ないなら行くと決めていたザンタレ発祥の店、南蛮酊を目指す。

予想通りの出船中止。元祖ザンタレを食いに南蛮酊を目指す釣りの中止は昨夜のうちに決定していたので早起きする必要はない。居酒屋で1杯、2杯…3杯?……4杯だったかもをひっかけてから就寝。やることがないので朝は遅めでいいと思っていたのに6時前には目が覚めてしまう。これも老化の一種か? ほかにやることが思いつかないので老人らしく朝のお散歩に出かける。昨年の朝の散歩では道が分からず海に出られず。今年も海にたどり着けずでは縁起がよろしくないので絶対に海まで行くと決めて歩き出す。道路標識に中央埠頭の案内が見えた。しばらく進むと無事海にたどり着いた。霧が深く視界は30メートルくらいしかないが海は凪いでいるように見える。沖では強風というのが信じられない穏やかな海だった。
予想通りの出船中止。元祖ザンタレを食いに南蛮酊を目指す予想通りの出船中止。元祖ザンタレを食いに南蛮酊を目指す

■路線バスでザンタレ発祥の地に。小山のようなザンギにびっくり

【釧路で道楽】鳥松の元祖ザンギとさかまるの殿堂ザンタレ次に船が出ずに暇をもてあそぶことがあったら行こうと決めていたお店があった。釧路B級グルメの1つザンタレの元祖と言われている南蛮酊だ。元祖ザンギの店の鳥松とザンギ王決定戦を三連覇し殿堂入りしたザンタレの名店さかまるには昨年訪問済みだが、釧路の人にザンタレの美味しい店を聞くと必ずその名があがる南蛮酊には行けてなかった。南蛮酊は釧路の繁華街にではなく、JR釧路駅から2駅ほど離れた遠矢という駅の近くにある。車があればなんてことない距離だが、車がないと行き着くのに難儀する。電車は2時間に1本しか止まらない。行きはバスで、帰りは電車でなら南蛮酊でランチを食べられそうと調べはついた。10時のバスで遠矢を目指す。時間にして40分ほど。最後の方なんて客はへた釣り1人だけの貸切バスだった。運転手が後ろから襲われるのを恐れてバックミラーにへた釣りの姿が映るように調整していた。目的のバス停に到着。駅近くにバスは着いたはずなのだが、駅はどこ?ってほどに閑散とした場所だった。
予想通りの出船中止。元祖ザンタレを食いに南蛮酊を目指す予想通りの出船中止。元祖ザンタレを食いに南蛮酊を目指す

予想通りの出船中止。元祖ザンタレを食いに南蛮酊を目指す駅のすぐ目の前を走っている道路に出ると「西洋堂 南蛮酊」と描かれた看板が見つかる。こじんまりとした店構えで水色と黄色の暖簾が既にかかっている。11時少し前だが既にお店は開いていた。オーダーは迷わず「ザンタレ」。店員さんから「ご飯は別ですよ」と言われるが、ザンタレの量がとんでもないという情報をつかんでいたのでザンタレだけ。メニューを見ると見事なまでに野菜を使った料理がない。野菜といえそうなものはポテトフライとオニオンリングだけ。気になる貼り紙を発見。「鶏肉の価格が急激に高騰しております。よって、ザンタレの量を若干減らしております」。減らされたぐらいでちょうどいいかなと思っていると、運ばれてきたのが……。
予想通りの出船中止。元祖ザンタレを食いに南蛮酊を目指す予想通りの出船中止。元祖ザンタレを食いに南蛮酊を目指す

予想通りの出船中止。元祖ザンタレを食いに南蛮酊を目指す
予想通りの出船中止。元祖ザンタレを食いに南蛮酊を目指すザンタレの小山である。タレは醤油とお酢がベースで甘さも少し。この小山にどう挑むのかを考える。上から食べていくのが王道派。まずはほどよくタレがからみつつカリッとした食感を楽しみ、徐々にタレによく漬かって味の沁みたザンタレに味変していくのを堪能する。底からいくのがタレ原理派。食べるスピードを調整し、数枚添えられたレタスの葉を使って、好みのタレの漬かり具合ですべてのザンギを食べられる。なんてことを考えながら食べ進めていく。王道派で食べ始め途中でタレ原理派に転向した。食事としての適量なら半分くらいで十分だが、止められない止まらないでペロリと完食。

■電車2時間待ち……初体験のワンマン電車にテンション上がったのに

予想通りの出船中止。元祖ザンタレを食いに南蛮酊を目指す帰りの電車までまだ2時間近く……もう少しお店でのんびりしたかったのが正直なところだが、11時半でお店は混雑し始めていた。1人でいつまでもテーブルを占拠しているのは気がひけるのでお勘定。近くにある釧路神社に参ったり、パークゴルフ場があったので見物しにいったりで時間をつぶす。ほかには…何にもない。時間を消費するためにあてどもなく歩いて周りをキョロキョロ見回すくらいしかやることがない。2時間はつぶしきれなかった。結局1時間ほど駅舎のベンチでぼんやりと過ごすことに。
予想通りの出船中止。元祖ザンタレを食いに南蛮酊を目指す予想通りの出船中止。元祖ザンタレを食いに南蛮酊を目指す

予想通りの出船中止。元祖ザンタレを食いに南蛮酊を目指す電車は1両編成…1両だと編成とはいわない? 思ったよりたくさん人が乗っていた。整理券を取って乗り込むというワンマンバスと同じ方式だ。運転士さんの横に運賃箱が置いてあり、駅に止まると運転士さんが運賃箱の前に立って料金と整理券を受け取る。「走行中は運転士に話しかけないようご協力ください」という注意書きがある。電車から降りるときにお金を払って降りるなんて初体験。釧路駅に着き、一番乗りで整理券と料金を渡そうとすると、運転士さんがボソッとこういう。「終点なので改札で払ってください」。ええええ~~~~~~~!!!! 初めてのワンマン電車で上がっていたテンションの行き場がぁぁあああ。
予想通りの出船中止。元祖ザンタレを食いに南蛮酊を目指す予想通りの出船中止。元祖ザンタレを食いに南蛮酊を目指す



Twitter

2017年07月21日 17:08

« 道東の波・風予報にグヌヌとうなりつつ……行ってきま~す | メイン | 釣りができる喜びに小突きまくった標津沖カレイは44cmまで »

最近の釣りに行った記事

6月のええもん1=新川にしやで伝助アナゴ、白子、キアラ刺
6月のええもん2=ShunのA5牛しゃぶローススープ茶漬け♪
プチ時化お立ち台で体幹トレーニングしつつイサキを26匹♪
1日剣崎で釣れてイサキ13匹、最大28.5cmでなんとかなった
コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈
5月のええもん=哲剣で活アコウ刺しに感動+カマ焼きも◎
好漁続きでどうした、俺。六目41匹でクーラー八分と大満足
G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり
令和の初釣りは雨の中シャクリ続けてカイワリ7匹でドヤッ!!
アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない
4月のええもん=正宗屋のカステラ&魚屋ひでぞう刺し盛り
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ
タナ取りスピード勝負に妻苦戦で14匹。30匹クリアが遠いよ
夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日
鏡面のように穏やかな海で釣りをしている白日夢を見たよ
明石焼き、いかなご釘煮、蛸ぺったん、穴子串を魚の棚で
明石・人丸花壇で鯛・蛸・穴子の海峡名物3点セットを満喫♪
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪
不幸だねぇ氷雨降る時化海で本命ボウズなんて闇堕ちする
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?
2月のええもんは難波・天秤棒でおこぜ含むお刺身三昧!
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!
ブラックドラゴン相手に筋トレ。クロムツは3匹だけでチーン
難波・桃酔でええもん=アコウの酒蒸しと白アマダイを食う
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く
血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹

著者: へた釣り