ウィリーを信じる心を失った!! イサキの今季ワーストを更新

ウィリーを信じる心を失った!! イサキの今季ワーストを更新ルアーにしてもウィリーにしても同じ道具で釣ってる人は釣っている。信じられないのはウィリーがではなくそれを操作している自分なんだけどね。全く攻略の糸口をつかめずの惨敗。粘り強くシャクった者が勝つと信じていたから最後まで頑張った。でもウィリーに反応する魚はいなかった。

ウィリーを信じる心を失った!! イサキの今季ワーストを更新朝、京浜急行品川駅のホームに立つと、いつもより竿&クーラー持参組が多い。これは混むかもと慌てて金沢八景・一之瀬丸のサイトを確認すると、イサキ船は2隻出しになっていた。電車でのんびり釣行なので、今日もお立ち台かもと覚悟する。船宿に着いてみると席札は胴の間に2枚だけ残っていた。通りがかった瀧本船長に挨拶すると、「お立ち台でもいいですよ」と言ってもらえる。昨日荒れたので波は少し残っている予報だ。オマツリ必至の胴か、どったんばったんお立ち台か……どったんばったんの方がなんとかなりそうだったのでお立ち台を選ぶ。のちにこの選択がワースト更新の一因だったと分かる。「200匹釣ってください」と大きな水槽を魚入れにしてもらう。通常のバケツ1杯で40匹なので200匹といわずもっと入りそうだ。本日から服装は夏仕様になっている。
ウィリーを信じる心を失った!! イサキの今季ワーストを更新ウィリーを信じる心を失った!! イサキの今季ワーストを更新

■お立ち台でどったんばったん大騒ぎ。魚信はあれど数は伸ばせず

ウィリーを信じる心を失った!! イサキの今季ワーストを更新船は剣崎沖を目指すが、観音崎を超えたあたりから少し速度を落としての航行になる。予報以上に深い波が残っている雰囲気で、船がときどき波に乗りあげて跳ねる。これはお立ち台はピンチかもとドキドキ。剣崎沖のイサキ船団はバラけ気味であまり釣れてないときのパターンだ。松輪の船が入っているメインの根周りで釣り開始となったが、船の上下が激しく。釣りになるならない以前にときどき生命の危機を感じる。ウィリーは両手で竿とリールを操作するので、急な揺れへの対処は足腰だけでということになる。釣りの方もうまくいかない。竿の上下でビシの位置を一定に保てるというレベルの揺れではない。仕掛けが海中でたるんでしまっているらしく、魚信はあれど針掛かり率は30%以下な感じ。針掛かりしたと思っても仕掛けのテンションが抜けるらしく巻き上げ中にいなくなる。イライラする展開だがイサキの活性は悪くはなく魚信だけは途切れずにあった。、最初のポイントでは11匹。
ウィリーを信じる心を失った!! イサキの今季ワーストを更新ウィリーを信じる心を失った!! イサキの今季ワーストを更新

ウィリーを信じる心を失った!! イサキの今季ワーストを更新曇空から太陽がのぞくと急にイサキの食いが落ちた。シャクってもシャクってもイサキの気配を感じなくなったので、11時45分にポイント移動。少し南下して水深50メートルくらいのポイントでの釣りとなる。本日、ウィリーらしい釣りができたのはこのポイントでだけ。シャクっているとプルルとウィリーイサキが触れてきた感触があり、次のシャクリで穂先がクンッと入る。追い食いを狙って小さくシャクってコマセをこぼすとクンッ、クンッと穂先が沈み、手元に伝わってくる重量感が増す。いきなりフォースを達成。続いてダブル。このペースで釣れれば数がまとまるかもと気合が入ったが、その後はサバラッシュに阻まれて、やむなくポイント移動。松輪の根に戻ることに。
ウィリーを信じる心を失った!! イサキの今季ワーストを更新ウィリーを信じる心を失った!! イサキの今季ワーストを更新

■ウィリーに魚が触れる気配なしの修行のような2時間で信じる心が…

ウィリーを信じる心を失った!! イサキの今季ワーストを更新松輪の根に戻ったのは1時少し前。ここまでのイサキの釣果は17匹。まだ2時間くらいあるので今季ワーストを更新するようなペースではなかったのだが、ここから大失速する。最終的な釣果は18匹。最後の2時間で1匹…それも超小型サイズしか釣れなかったのである。ウィリーでの釣りは釣れいているときより釣れてないときの方が重労働である。ひたすら50センチ刻みでシャクリ続ける。ステイ時間を0~5秒くらいまで変化させる。30センチ刻みでフワフワと誘って少し長めに待ってみる。タナを決め打ちしてネチネチ攻める。できることは全部やった。全部やったけどウィリーに魚が触れてくることは一度としてなかった。釣れた1匹もオキアミでである。
ウィリーを信じる心を失った!! イサキの今季ワーストを更新ウィリーを信じる心を失った!! イサキの今季ワーストを更新

ウィリーを信じる心を失った!! イサキの今季ワーストを更新筋トレ修行のような2時間が過ぎ、沖上がりの時間に。瀧本船長が魚の数を聞きにきたので「後半全く魚の気配が感じられなかった」と言うと「艫潮で艫が有利」だったとのこと、さらに「潮が緩めば舳でも釣れると思ったけれど、胴で釣る人がいなかったので舳まで魚が回らなかった」と説明される。お立ち台ではなく胴に入っていればもう少し数を伸ばせたのかな? 左右大艫の人の釣果は90匹と80匹……ここまで差をつけられるかっ!!とビックリする。ウィリーなら席が悪くてもなんとかなると思っていたのに、ウィリーを信じる心を失った。来週は気分転換に別の釣りがしたくなっている。



Twitter

2017年07月02日 20:12

« 雨の日は仕掛け作りが捗る? ウィリー仕掛けの作り方復習 | メイン | 釣りをしている100メートルくらい先に大きなウミガメ浮いてた »

最近の釣りに行った記事

A5ランク絶品アジばかり53匹。時化避けサクッと釣行大成功
推しは剣崎でしょ、と沖の瀬イサキに塩対応されてしまい…
和彦丸キス・アジリレーで東京湾二大釣魚に再入門してきた
イサキ開幕戦は尺級5匹込み23匹。でも剣崎は撃ちーん!
復活の日釣行。まずはめでタイ、あとはひたすらイサキで…
【コロナで自粛】試行錯誤で美味しく! 日田風焼きそば開店
【コロナで自粛】大阪の居酒屋の味を求め串揚げやさん開店
【コロナで散財】美味い乾麺のそば番外編。ほうじ茶蕎麦編
【コロナで自粛】大阪の匂いに包まれお好み焼き屋さん開店
【コロナで自粛】子供1号バイト先より肉着弾し焼肉屋開店!!
【コロナで散財】一番美味い乾麺のそばを探す。天狗そば編
【コロナで自粛】陽気がよいので玄関先で焼き鳥屋さん開店
【コロナで散財】日本一美味い駅そば「音威子府そば」を食う
アラはともかくとして…クーラー真っ白でピント合わねぇよ(泣
前半苦戦も怒涛の追い上げでカイワリ自己最多を27匹に!
釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!
怒涛の4連荘ありアカムツ5匹。極鋭CG釣れる気しかしない
午前は船中1匹の報に暗澹とするもカイワリ15匹でえっへん
南房まで行ってシマアジがボウズだけでなくクーラー空っぽ
厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとか
極鋭CGオニカサゴで入魂完了。腕ではなく竿を褒められる
自称・老先短い母にええもん食わせに上かん屋 久佐久へ
初の外房にて45cm&30cmのアカムツ両手にドヤっドヤっ顔
満足サイズも2匹。深場五目初戦はクロムツ6匹でえっへん
難波最強の立ち飲み屋発見! あたりや食堂でニセンベロ!!
あわや2釣行連続でクーラー空! オニカサゴみくじは小吉
年越しそば2019は難波・源氏で。関西流に辛味大根が美味
令和元年の釣り納めで今年初のをやらかしてしょぼ~ん!
イナダだらけでイシダイどこ~? シマ消え込みで3匹ゲット
久里浜沖7時間耐久マダイ魚信なし地獄にもがき苦しんだ
カイワリは安定の14匹。カンパチはソレダメをやらかしたよ
序盤にクロダイ×2、そのうちマダイも釣れると思ったのに…
雑然とした路地の老舗寿司屋あばらやで大人のドキドキを
カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ
カイワリツ抜けは楽勝と油断したら後半デカアジに翻弄され
ドラグ滑って面白すぎ!! イナダ(ハマチ)10匹で大大大満足
タチウオは指5本×2で満足。アマダイはポニョのみで罪悪感
台風一過の午前アジは土砂降り、強風、ゴミだらけだったが
餃子激戦区の恵比寿に祇園歩兵3号店。優しいお味に納得
35up乱舞。アジしか釣れずしょんぼり、妻は人生最大に興奮
伊豆はカワハギ天国のはずだったのに後半失速でもツ抜け
久々の治久丸午前でカイワリ9匹。えべっさんも人生初の!!
炙り+好みの味ですし焼き。コスパも抜群な難波・ときすし
母78歳の誕生日をメープル猪名川で祝う。秋の味覚楽しむ
ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目
浅場タチウオ攻略失敗。でも50mなら労せずとも掛かるかも
路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです
刺し盛りは関西は活かり、関東は旨みと恵比寿 魚一商店で
撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪
5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない

著者: へた釣り