ウィリーを信じる心を失った!! イサキの今季ワーストを更新

ウィリーを信じる心を失った!! イサキの今季ワーストを更新ルアーにしてもウィリーにしても同じ道具で釣ってる人は釣っている。信じられないのはウィリーがではなくそれを操作している自分なんだけどね。全く攻略の糸口をつかめずの惨敗。粘り強くシャクった者が勝つと信じていたから最後まで頑張った。でもウィリーに反応する魚はいなかった。

ウィリーを信じる心を失った!! イサキの今季ワーストを更新朝、京浜急行品川駅のホームに立つと、いつもより竿&クーラー持参組が多い。これは混むかもと慌てて金沢八景・一之瀬丸のサイトを確認すると、イサキ船は2隻出しになっていた。電車でのんびり釣行なので、今日もお立ち台かもと覚悟する。船宿に着いてみると席札は胴の間に2枚だけ残っていた。通りがかった瀧本船長に挨拶すると、「お立ち台でもいいですよ」と言ってもらえる。昨日荒れたので波は少し残っている予報だ。オマツリ必至の胴か、どったんばったんお立ち台か……どったんばったんの方がなんとかなりそうだったのでお立ち台を選ぶ。のちにこの選択がワースト更新の一因だったと分かる。「200匹釣ってください」と大きな水槽を魚入れにしてもらう。通常のバケツ1杯で40匹なので200匹といわずもっと入りそうだ。本日から服装は夏仕様になっている。
ウィリーを信じる心を失った!! イサキの今季ワーストを更新ウィリーを信じる心を失った!! イサキの今季ワーストを更新

■お立ち台でどったんばったん大騒ぎ。魚信はあれど数は伸ばせず

ウィリーを信じる心を失った!! イサキの今季ワーストを更新船は剣崎沖を目指すが、観音崎を超えたあたりから少し速度を落としての航行になる。予報以上に深い波が残っている雰囲気で、船がときどき波に乗りあげて跳ねる。これはお立ち台はピンチかもとドキドキ。剣崎沖のイサキ船団はバラけ気味であまり釣れてないときのパターンだ。松輪の船が入っているメインの根周りで釣り開始となったが、船の上下が激しく。釣りになるならない以前にときどき生命の危機を感じる。ウィリーは両手で竿とリールを操作するので、急な揺れへの対処は足腰だけでということになる。釣りの方もうまくいかない。竿の上下でビシの位置を一定に保てるというレベルの揺れではない。仕掛けが海中でたるんでしまっているらしく、魚信はあれど針掛かり率は30%以下な感じ。針掛かりしたと思っても仕掛けのテンションが抜けるらしく巻き上げ中にいなくなる。イライラする展開だがイサキの活性は悪くはなく魚信だけは途切れずにあった。、最初のポイントでは11匹。
ウィリーを信じる心を失った!! イサキの今季ワーストを更新ウィリーを信じる心を失った!! イサキの今季ワーストを更新

ウィリーを信じる心を失った!! イサキの今季ワーストを更新曇空から太陽がのぞくと急にイサキの食いが落ちた。シャクってもシャクってもイサキの気配を感じなくなったので、11時45分にポイント移動。少し南下して水深50メートルくらいのポイントでの釣りとなる。本日、ウィリーらしい釣りができたのはこのポイントでだけ。シャクっているとプルルとウィリーイサキが触れてきた感触があり、次のシャクリで穂先がクンッと入る。追い食いを狙って小さくシャクってコマセをこぼすとクンッ、クンッと穂先が沈み、手元に伝わってくる重量感が増す。いきなりフォースを達成。続いてダブル。このペースで釣れれば数がまとまるかもと気合が入ったが、その後はサバラッシュに阻まれて、やむなくポイント移動。松輪の根に戻ることに。
ウィリーを信じる心を失った!! イサキの今季ワーストを更新ウィリーを信じる心を失った!! イサキの今季ワーストを更新

■ウィリーに魚が触れる気配なしの修行のような2時間で信じる心が…

ウィリーを信じる心を失った!! イサキの今季ワーストを更新松輪の根に戻ったのは1時少し前。ここまでのイサキの釣果は17匹。まだ2時間くらいあるので今季ワーストを更新するようなペースではなかったのだが、ここから大失速する。最終的な釣果は18匹。最後の2時間で1匹…それも超小型サイズしか釣れなかったのである。ウィリーでの釣りは釣れいているときより釣れてないときの方が重労働である。ひたすら50センチ刻みでシャクリ続ける。ステイ時間を0~5秒くらいまで変化させる。30センチ刻みでフワフワと誘って少し長めに待ってみる。タナを決め打ちしてネチネチ攻める。できることは全部やった。全部やったけどウィリーに魚が触れてくることは一度としてなかった。釣れた1匹もオキアミでである。
ウィリーを信じる心を失った!! イサキの今季ワーストを更新ウィリーを信じる心を失った!! イサキの今季ワーストを更新

ウィリーを信じる心を失った!! イサキの今季ワーストを更新筋トレ修行のような2時間が過ぎ、沖上がりの時間に。瀧本船長が魚の数を聞きにきたので「後半全く魚の気配が感じられなかった」と言うと「艫潮で艫が有利」だったとのこと、さらに「潮が緩めば舳でも釣れると思ったけれど、胴で釣る人がいなかったので舳まで魚が回らなかった」と説明される。お立ち台ではなく胴に入っていればもう少し数を伸ばせたのかな? 左右大艫の人の釣果は90匹と80匹……ここまで差をつけられるかっ!!とビックリする。ウィリーなら席が悪くてもなんとかなると思っていたのに、ウィリーを信じる心を失った。来週は気分転換に別の釣りがしたくなっている。



Twitter

2017年07月02日 20:12

« 雨の日は仕掛け作りが捗る? ウィリー仕掛けの作り方復習 | メイン | 釣りをしている100メートルくらい先に大きなウミガメ浮いてた »

最近の釣りに行った記事

血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止
数釣りシーズン開幕したよ。 179匹で7月の最多記録更新!!
イサキってどうやったら釣れるんだっけ? 本気で忘れたぞ
性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…
八景沖のアジ行方知れず? ウネリで掛からんし撃チ~ン
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで
かみやメバル大会で型も数も船中3位なら頑張った方だよね
前半ウィリーに塩対応。後半たっのしー♪でカイワリは14匹
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目
2018年の剣崎イサキチョロくない。開幕戦はなんとかツ抜け
GWは釣りしない週間にしよかな。アジツ抜けせずに頓死す
木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行
GWのゲートが開いて即落馬!? 宇佐美に行ってクーラー空
予報以上に風ビュービューの中、超お立ち台で午前LTアジ
序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ
潮流も竿先も俺の心もキュンキュンしなかったウィリー五目
魚信少なめもヒット3本。昨年のマゴチの釣果を1日で超えた
始まったよ、シロムツしか釣れない伝説がっ!! 今季お終い
5本針にキンメ・キンメ・キンメ・シロムツ・メダイしたものの…
いきなりの尺たらず熟メバルに今季はイケる!と思ったが…
クロムツ3匹でまずまずも難敵のチビクロ、サバに大苦戦す
今年も始まったよぉ~……釣れない方の“深場伝説”がっ!!!
次にオニカサゴ釣れるのは4年後かも…サドンデスで散る!!
アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツでなんとか

著者: へた釣り