まさかのクロムツ落第。でもいいの!! アカムツいるもんね♪

まさかのクロムツ落第。でもいいの!! アカムツいるもんね♪クロムツの今季最終戦なので、4匹以上釣れたら合格というルールの季末テスト釣行にした。問題難しすぎ。クロムツは船中0で、全員落第だった。本当なら凹んでなきゃいけないところだが、凹むどころか超ハイだったりする。人生初のアカムツ。それも43センチの良型が釣れたんだもんね♪

まさかのクロムツ落第。でもいいの!! アカムツいるもんね♪羽田・かみやのライト深場は、なかなか出船確定に至らず、やきもきしたが、JR蒲田駅からの送迎バスを利用した6人のうち4人がライト深場に乗船。通常乗合での出船はこの日が今季最後だったので、駆け込み需要? へた釣りは受付が最後だったので7番目。右舷4人の艫から2番目に釣り座を決める。誘って魚信を出せるつもりだったのでオマツリしない程度に横との間隔があれば席はどこでも問題ないと考えていた。船は定刻に桟橋を離れ、剣崎沖まで1時間半の航路。昨日までの強風でウネリが残っているかと心配したが、杞憂だった。船はスイスイと進んでいく。

■悲願の人生初アカムツを剣崎沖でゲット! 43センチの良型だった

まさかのクロムツ落第。でもいいの!! アカムツいるもんね♪剣崎沖の水深250メートルのポイントで釣りスタートとなる。仕掛けが着底したらすぐに10メートル巻き上げて、スプールを指で押さえたり離したりしながら、オモリをストンと落とす。こうすると、枝スが幹糸を要に扇状に動き、クロムツはエサが水平になった瞬間に食ってくる。今季2戦でうまくいっている釣り方だ。この日もすぐに魚信があったのだが……。魚信が小さく、針掛かりした風ではあるが全く引かない。シロムツだった。この釣り方だとシロムツはほとんだ混じらないはずなのに、なんだか海の様子が違うかもな予感。

まさかのクロムツ落第。でもいいの!! アカムツいるもんね♪海の様子は違ってもできることは1つしかないので、馬鹿の一つ覚えで誘い探り釣法を続けるしかない。釣り開始して1時間半ほど経ったとき、ようやく竿先がガコガコと揺れるクロムツらしき魚信。ゆっくり仕掛けを張って針掛かりを確定させる。思ったより引くし重量感があるので良型!? 巻き上げ始めてもときどき激しく穂先を力強く引き込む。無理をしないで慎重に。クロムツなら浮き袋が口から飛び出すと抵抗が弱まってくるのだが、最後まで抵抗が弱まらない。もしかしてメダイ? 魚信の出方はクロムツっぽかったのになぁと、頭の中を???だらけにしながら仕掛けを手繰ると、姿を現したのは赤い魚体。このシルエット…見覚えがあるどころではない、夢にまでみた魚体である。
まさかのクロムツ落第。でもいいの!! アカムツいるもんね♪まさかのクロムツ落第。でもいいの!! アカムツいるもんね♪

まさかのクロムツ落第。でもいいの!! アカムツいるもんね♪「タモ~~~!! デカい! タモ~~~!! アカムツ、タモ~~!!」」と50歳のおっさんが助詞の使い方を忘れて嬉々として叫ぶ。船長の構えたタモに無事収まった。43センチ。丸々と太ったアカムツだ。剣崎沖でも何度かアカムツが釣れているのを見たことはあるが、いずれも30センチ級かそれ以下のサイズ。宇佐美にプチ遠征して狙っていたサイズに、剣崎沖で出会えるとは!! 人生初のアカムツである。それもご立派サイズである。美味しく食べたいので血抜きしてすぐにクーラーにしまった。
まさかのクロムツ落第。でもいいの!! アカムツいるもんね♪まさかのクロムツ落第。でもいいの!! アカムツいるもんね♪

■釣れども釣れどもクロシビカマス。最後までクロムツの魚信はなし!

まさかのクロムツ落第。でもいいの!! アカムツいるもんね♪クロムツのことを忘れたわけではない。アカムツが釣れるくらいだから、クロムツだってそのうち釣れるだろうと、置き竿にすることなく、誘い続ける。散発的にではあるが魚信はある。でも魚信がクロムツっぽくない。言葉にはしにくいが、クロムツのガコガコとは違いガックンガックンとちょっと間の抜けた魚信が穂先に出る。この魚も水圧の変化に強いらしく、海面まで抵抗する。クロシビカマス(≒スミヤキ)だった。スミヤキと呼ばれている魚にはカゴカマスとクロシビカマスがいる。カゴカマスは美味しいのだが、クロシビカマスの方はあまり評判がよくない。ハリスを切るし、メダイ並みにヌルヌルの粘液を出すし、美味しくないとの噂だしで勘弁してよな魚だ。
まさかのクロムツ落第。でもいいの!! アカムツいるもんね♪まさかのクロムツ落第。でもいいの!! アカムツいるもんね♪

まさかのクロムツ落第。でもいいの!! アカムツいるもんね♪アカムツを釣ったのが10時半、沖上がりの時間は14時半。4時間の間、釣れた魚はクロシビカマスだけだった。時にダブルで釣れたりもする。問題はこの魚は釣ったらリリースしにくいってこと。リリースした直後、回りの人のPEラインに歯が触れてというトラブルが起こり得ることを考えると、バケツで活かしておくしかない。クロシビカマスを7匹釣った。納竿後に1匹だけキープして残りはリリースしたり、ほかの人がもらってくれた。1匹持ち帰ったのは味見のため。未知の魚なのでまずはお刺身で食べてみるつもり。でも…お腹壊したって報告もあるんだよね~。
まさかのクロムツ落第。でもいいの!! アカムツいるもんね♪まさかのクロムツ落第。でもいいの!! アカムツいるもんね♪



Twitter

2017年04月16日 20:00

« クロムツ季末テストに追試なし。4匹以下だと落第が決定? | メイン | カゴカマスとクロシビカマスって食べると全く別の魚だったよ »

最近の釣りに行った記事

【コロナで自粛】試行錯誤で美味しく! 日田風焼きそば開店
【コロナで自粛】大阪の居酒屋の味を求め串揚げやさん開店
【コロナで散財】美味い乾麺のそば番外編。ほうじ茶蕎麦編
【コロナで自粛】大阪の匂いに包まれお好み焼き屋さん開店
【コロナで自粛】子供1号バイト先より肉着弾し焼肉屋開店!!
【コロナで散財】一番美味い乾麺のそばを探す。天狗そば編
【コロナで自粛】陽気がよいので玄関先で焼き鳥屋さん開店
【コロナで散財】日本一美味い駅そば「音威子府そば」を食う
アラはともかくとして…クーラー真っ白でピント合わねぇよ(泣
前半苦戦も怒涛の追い上げでカイワリ自己最多を27匹に!
釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!
怒涛の4連荘ありアカムツ5匹。極鋭CG釣れる気しかしない
午前は船中1匹の報に暗澹とするもカイワリ15匹でえっへん
南房まで行ってシマアジがボウズだけでなくクーラー空っぽ
厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとか
極鋭CGオニカサゴで入魂完了。腕ではなく竿を褒められる
自称・老先短い母にええもん食わせに上かん屋 久佐久へ
初の外房にて45cm&30cmのアカムツ両手にドヤっドヤっ顔
満足サイズも2匹。深場五目初戦はクロムツ6匹でえっへん
難波最強の立ち飲み屋発見! あたりや食堂でニセンベロ!!
あわや2釣行連続でクーラー空! オニカサゴみくじは小吉
年越しそば2019は難波・源氏で。関西流に辛味大根が美味
令和元年の釣り納めで今年初のをやらかしてしょぼ~ん!
イナダだらけでイシダイどこ~? シマ消え込みで3匹ゲット
久里浜沖7時間耐久マダイ魚信なし地獄にもがき苦しんだ
カイワリは安定の14匹。カンパチはソレダメをやらかしたよ
序盤にクロダイ×2、そのうちマダイも釣れると思ったのに…
雑然とした路地の老舗寿司屋あばらやで大人のドキドキを
カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ
カイワリツ抜けは楽勝と油断したら後半デカアジに翻弄され
ドラグ滑って面白すぎ!! イナダ(ハマチ)10匹で大大大満足
タチウオは指5本×2で満足。アマダイはポニョのみで罪悪感
台風一過の午前アジは土砂降り、強風、ゴミだらけだったが
餃子激戦区の恵比寿に祇園歩兵3号店。優しいお味に納得
35up乱舞。アジしか釣れずしょんぼり、妻は人生最大に興奮
伊豆はカワハギ天国のはずだったのに後半失速でもツ抜け
久々の治久丸午前でカイワリ9匹。えべっさんも人生初の!!
炙り+好みの味ですし焼き。コスパも抜群な難波・ときすし
母78歳の誕生日をメープル猪名川で祝う。秋の味覚楽しむ
ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目
浅場タチウオ攻略失敗。でも50mなら労せずとも掛かるかも
路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです
刺し盛りは関西は活かり、関東は旨みと恵比寿 魚一商店で
撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪
5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない
純ちゃんのすじ塩は恵比寿でNo.1の煮込みかも知れない!!
難波・豪快立ち寿司でウニとイクラこぼれ盛り痛風一直線♪
恵比寿・肉天国で炙りユッケ、痛風味玉、牛トロ天を堪能す
一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする
北海道のそばは最高!! 中標津・伊とうで藪・更科食べ比べ

著者: へた釣り