貧果だけどカイワリいるから初釣りは成功…そっとしといて

貧果だけどカイワリいるから初釣りは成功…そっとしといて大漁を疑ってなかったというほどに腕に自信はない。でも、宇佐美までプチ遠征し大好きなウィリーをシャクればそれなり以上の釣果を出して初釣りは成功できると思っていた。それなりでよかったのに、それなりの釣果が果てしなく遠かった。カイワリ2匹いるから初釣り成功ってことにしといて。

貧果だけどカイワリいるから初釣りは成功…そっとしといて宇佐美・治久丸からカイワリ五目の午後船で2017年の釣りをスタートさせた。宇佐美港に11時半までに着けばいいので、のんびり釣行。品川駅を8時前に出る東海道線に乗れば余裕を持って間に合う。年末に予定していた釣り納めが悪天候で流れたので2週間ぶりの海だ。宇佐美駅に降り立ち、海が見えただけでテンション↑↑↑↑↑である。軽く食事をし、港で海中を眺めていると海底で蠢くヘビのような物が……2メートルはあろうかというハモ? それともウミヘビ? 更には巨大なアカエイまで。珍しい物が見られるということは海の様子がいつもと違う可能性がある。なんだか嫌な予感。片舷4人ずつの8人で定刻に船は港を離れる。
貧果だけどカイワリいるから初釣りは成功…そっとしといて貧果だけどカイワリいるから初釣りは成功…そっとしといて

■ウェルカム・カイワリをゲットし好発進だと思ったのに……それっきり

貧果だけどカイワリいるから初釣りは成功…そっとしといてこの時期のカイワリはホテルサンハトヤの沖合いにある噴火口と呼ばれる水深90メートルくらいのポイントで釣られる。マダイが混じることもあるポイントだ。船長からの指示は「底からハリス分切って12メートルまでシャクって。タナで待つ人は8メートルで」だった。こういう指示のときは3メートルから50センチ刻みでシャクって10シャクリめ、指示ダナである底から8メートルで魚信が出ることが多い。カイワリ狙いなのでスティ0の高速シャクリでスタート。魚信なし。もう一度底から3メートルまで落としてスティ1秒。といった具合に魚信が出るシャクリの速度を探っていく。スティ1秒で魚信が出た。シャクった直後にクンッと穂先を持って行くカイワリらしい魚信。重量感はないが引きはシャープ。20センチくらいのカイワリだった。オレンジのウィリーに食ってきていた。ウィリーに反応してくれてるから今日はイケるかもぉ~。
貧果だけどカイワリいるから初釣りは成功…そっとしといて貧果だけどカイワリいるから初釣りは成功…そっとしといて

貧果だけどカイワリいるから初釣りは成功…そっとしといてウェルカム・カイワリを手にして初釣りでボウズだけは避けたいというプレッシャーからは解放される。次の魚信もすぐに訪れた。スティ2秒のシャクリでシャクリ終えた瞬間に穂先が沈む。ちょっとだけサイズアップし22センチのカイワリ。今度は下針のオキアミに食ってきた。次の魚信もシャクった直後にすぐにあった。今度は少し重量感があり、よく引く。カイワリなら25センチ超えな手応え。もしかしたらマダイかも?とニヤニヤしながら手巻きで巻いていたらバラした。バレたってことはカイワリだった可能性が高い。あ~あとは思ったがこの時点ではシャクればいくらでも魚信があると思っていたので、あまり気にならない。

■シャクれどもシャクれども相手にされず……残りの時間で珍魚1匹

貧果だけどカイワリいるから初釣りは成功…そっとしといてところがである。このバラシを最後に全く魚信が出せなくなる。船長の口から船上で最も聞きたくないセリフが漏れる。「反応出てるのになぁ、食ってきませんね~」。船長がお手上げの時に出る、言い訳ともボヤキともつかないこの言葉を、2017年の初戦で、しかも東京湾ではなくプチ遠征先の宇佐美で聞くことになるとは……。ポイントを大きく移動して網代寄りや初島沖を攻めたのだがどこもパッとしないどころか全く魚信がない。この間、唯一釣れたの……コショウダイの幼魚?ではなく、チョウセンバカマという珍しい魚だと教えてもらう。珍魚が釣れるってことはやっぱり海の様子がおかしいってことかな?
貧果だけどカイワリいるから初釣りは成功…そっとしといて貧果だけどカイワリいるから初釣りは成功…そっとしといて

貧果だけどカイワリいるから初釣りは成功…そっとしといて結局噴火口に戻った。治久丸の午後便の沖上がりは17時。日が傾けばもしかして夕マヅメのチャンスタイムがあるかもと期待して最後まで諦めずにシャクリ続けたが、何も起きなかった。意地になってシャクり続けたのでいい筋トレ&ダイエットにはなったかなぁ~っと。船長に「一昨日は貸し竿の人でもバンバン釣れてたのに…へた釣りさんが来た日は本当に釣れませんね~」と言われる。へた釣りだけが釣れないのではない。カイワリは船中10匹も上がってないと思われる。



Twitter

2017年01月07日 23:01

« 餌がダメなら引っ掛けで。大カマスにはカットウ針が必携? | メイン | 初見の魚は刺身で食う。チョウセンバカマはタイに似た白身 »

最近の釣りに行った記事

続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪
不幸だねぇ氷雨降る時化海で本命ボウズなんて闇堕ちする
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!
ブラックドラゴン相手に筋トレ。クロムツは3匹だけでチーン
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く
血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止
数釣りシーズン開幕したよ。 179匹で7月の最多記録更新!!
イサキってどうやったら釣れるんだっけ? 本気で忘れたぞ
性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…
八景沖のアジ行方知れず? ウネリで掛からんし撃チ~ン
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで
かみやメバル大会で型も数も船中3位なら頑張った方だよね
前半ウィリーに塩対応。後半たっのしー♪でカイワリは14匹
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目
2018年の剣崎イサキチョロくない。開幕戦はなんとかツ抜け
GWは釣りしない週間にしよかな。アジツ抜けせずに頓死す
木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行
GWのゲートが開いて即落馬!? 宇佐美に行ってクーラー空
予報以上に風ビュービューの中、超お立ち台で午前LTアジ
序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ
潮流も竿先も俺の心もキュンキュンしなかったウィリー五目

著者: へた釣り