貧果だけどカイワリいるから初釣りは成功…そっとしといて

貧果だけどカイワリいるから初釣りは成功…そっとしといて大漁を疑ってなかったというほどに腕に自信はない。でも、宇佐美までプチ遠征し大好きなウィリーをシャクればそれなり以上の釣果を出して初釣りは成功できると思っていた。それなりでよかったのに、それなりの釣果が果てしなく遠かった。カイワリ2匹いるから初釣り成功ってことにしといて。

貧果だけどカイワリいるから初釣りは成功…そっとしといて宇佐美・治久丸からカイワリ五目の午後船で2017年の釣りをスタートさせた。宇佐美港に11時半までに着けばいいので、のんびり釣行。品川駅を8時前に出る東海道線に乗れば余裕を持って間に合う。年末に予定していた釣り納めが悪天候で流れたので2週間ぶりの海だ。宇佐美駅に降り立ち、海が見えただけでテンション↑↑↑↑↑である。軽く食事をし、港で海中を眺めていると海底で蠢くヘビのような物が……2メートルはあろうかというハモ? それともウミヘビ? 更には巨大なアカエイまで。珍しい物が見られるということは海の様子がいつもと違う可能性がある。なんだか嫌な予感。片舷4人ずつの8人で定刻に船は港を離れる。
貧果だけどカイワリいるから初釣りは成功…そっとしといて貧果だけどカイワリいるから初釣りは成功…そっとしといて

■ウェルカム・カイワリをゲットし好発進だと思ったのに……それっきり

貧果だけどカイワリいるから初釣りは成功…そっとしといてこの時期のカイワリはホテルサンハトヤの沖合いにある噴火口と呼ばれる水深90メートルくらいのポイントで釣られる。マダイが混じることもあるポイントだ。船長からの指示は「底からハリス分切って12メートルまでシャクって。タナで待つ人は8メートルで」だった。こういう指示のときは3メートルから50センチ刻みでシャクって10シャクリめ、指示ダナである底から8メートルで魚信が出ることが多い。カイワリ狙いなのでスティ0の高速シャクリでスタート。魚信なし。もう一度底から3メートルまで落としてスティ1秒。といった具合に魚信が出るシャクリの速度を探っていく。スティ1秒で魚信が出た。シャクった直後にクンッと穂先を持って行くカイワリらしい魚信。重量感はないが引きはシャープ。20センチくらいのカイワリだった。オレンジのウィリーに食ってきていた。ウィリーに反応してくれてるから今日はイケるかもぉ~。
貧果だけどカイワリいるから初釣りは成功…そっとしといて貧果だけどカイワリいるから初釣りは成功…そっとしといて

貧果だけどカイワリいるから初釣りは成功…そっとしといてウェルカム・カイワリを手にして初釣りでボウズだけは避けたいというプレッシャーからは解放される。次の魚信もすぐに訪れた。スティ2秒のシャクリでシャクリ終えた瞬間に穂先が沈む。ちょっとだけサイズアップし22センチのカイワリ。今度は下針のオキアミに食ってきた。次の魚信もシャクった直後にすぐにあった。今度は少し重量感があり、よく引く。カイワリなら25センチ超えな手応え。もしかしたらマダイかも?とニヤニヤしながら手巻きで巻いていたらバラした。バレたってことはカイワリだった可能性が高い。あ~あとは思ったがこの時点ではシャクればいくらでも魚信があると思っていたので、あまり気にならない。

■シャクれどもシャクれども相手にされず……残りの時間で珍魚1匹

貧果だけどカイワリいるから初釣りは成功…そっとしといてところがである。このバラシを最後に全く魚信が出せなくなる。船長の口から船上で最も聞きたくないセリフが漏れる。「反応出てるのになぁ、食ってきませんね~」。船長がお手上げの時に出る、言い訳ともボヤキともつかないこの言葉を、2017年の初戦で、しかも東京湾ではなくプチ遠征先の宇佐美で聞くことになるとは……。ポイントを大きく移動して網代寄りや初島沖を攻めたのだがどこもパッとしないどころか全く魚信がない。この間、唯一釣れたの……コショウダイの幼魚?ではなく、チョウセンバカマという珍しい魚だと教えてもらう。珍魚が釣れるってことはやっぱり海の様子がおかしいってことかな?
貧果だけどカイワリいるから初釣りは成功…そっとしといて貧果だけどカイワリいるから初釣りは成功…そっとしといて

貧果だけどカイワリいるから初釣りは成功…そっとしといて結局噴火口に戻った。治久丸の午後便の沖上がりは17時。日が傾けばもしかして夕マヅメのチャンスタイムがあるかもと期待して最後まで諦めずにシャクリ続けたが、何も起きなかった。意地になってシャクり続けたのでいい筋トレ&ダイエットにはなったかなぁ~っと。船長に「一昨日は貸し竿の人でもバンバン釣れてたのに…へた釣りさんが来た日は本当に釣れませんね~」と言われる。へた釣りだけが釣れないのではない。カイワリは船中10匹も上がってないと思われる。



Twitter

2017年01月07日 23:01

« 餌がダメなら引っ掛けで。大カマスにはカットウ針が必携? | メイン | 初見の魚は刺身で食う。チョウセンバカマはタイに似た白身 »

最近の釣りに行った記事

初釣り2021は東京湾癒しのアジ&シロギス。胴突き面白い
釣り納め2020はアマダイ改めコレジャナイ十目釣りでチ~ン
チャンスタイムは根掛かりで…白間津シマアジまたもボウズ
久しぶりの宇佐美沖はカイワリ9匹込みで五目15匹と満足♪
ヤリイカデビュー戦ツ抜けに届かずも面白いのは分かった
どったんばったん大撃沈しホルモンまさるでがっつり反省会
ちょい時化でも妻はマグロ化せず良型アジ13匹と急成長?
タチウオはポンコツだけど頑張って9匹。アマダイはちっちゃ!!
一枚足らず…2020年のカワハギ開幕戦は竹岡ハギ屋敷?
高級魚は運次第? 本日の釣魚居酒屋へたはアジ専門店
カンパチガチャはハズレ! カイワリ2匹でなんとかなったぁ!!
テンビンが連続で折れるって…肝心の二目は抜きで八目!!
居酒屋へたのお通しは小アジ南蛮漬け。それ食ったら寝る
雨中の筋トレのご褒美はラスト15分に30upクロムツを2匹だ
暑さ避けさくっと午前アジ作戦。サイズいろいろ39匹で成功
カイワリにというより暑さに負けて三目6匹だけでしょんぼり
極鋭CGクロムツの章入魂。スミヤキ元気すぎて難しかった!!
2020年のイサキ…釣り方分からない。涙目でシャクリ続ける
ほぼ初体験タイラバでタツノオトシゴ+カイワリなんとか2匹
気まぐれな剣崎沖イサキに翻弄されるのもいと嬉しで35匹♪
自己最大47センチ&自己最多更新で富戸オニカサゴ最高♪
A5ランク絶品アジばかり53匹。時化避けサクッと釣行大成功
推しは剣崎でしょ、と沖の瀬イサキに塩対応されてしまい…
和彦丸キス・アジリレーで東京湾二大釣魚に再入門してきた
イサキ開幕戦は尺級5匹込み23匹。でも剣崎は撃ちーん!
復活の日釣行。まずはめでタイ、あとはひたすらイサキで…
【コロナで自粛】試行錯誤で美味しく! 日田風焼きそば開店
【コロナで自粛】大阪の居酒屋の味を求め串揚げやさん開店
【コロナで散財】美味い乾麺のそば番外編。ほうじ茶蕎麦編
【コロナで自粛】大阪の匂いに包まれお好み焼き屋さん開店
【コロナで自粛】子供1号バイト先より肉着弾し焼肉屋開店!!
【コロナで散財】一番美味い乾麺のそばを探す。天狗そば編
【コロナで自粛】陽気がよいので玄関先で焼き鳥屋さん開店
【コロナで散財】日本一美味い駅そば「音威子府そば」を食う
アラはともかくとして…クーラー真っ白でピント合わねぇよ(泣
前半苦戦も怒涛の追い上げでカイワリ自己最多を27匹に!
釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!
怒涛の4連荘ありアカムツ5匹。極鋭CG釣れる気しかしない
午前は船中1匹の報に暗澹とするもカイワリ15匹でえっへん
南房まで行ってシマアジがボウズだけでなくクーラー空っぽ
厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとか
極鋭CGオニカサゴで入魂完了。腕ではなく竿を褒められる
自称・老先短い母にええもん食わせに上かん屋 久佐久へ
初の外房にて45cm&30cmのアカムツ両手にドヤっドヤっ顔
満足サイズも2匹。深場五目初戦はクロムツ6匹でえっへん
難波最強の立ち飲み屋発見! あたりや食堂でニセンベロ!!
あわや2釣行連続でクーラー空! オニカサゴみくじは小吉
年越しそば2019は難波・源氏で。関西流に辛味大根が美味
令和元年の釣り納めで今年初のをやらかしてしょぼ~ん!
イナダだらけでイシダイどこ~? シマ消え込みで3匹ゲット

著者: へた釣り