貧果だけどカイワリいるから初釣りは成功…そっとしといて

貧果だけどカイワリいるから初釣りは成功…そっとしといて大漁を疑ってなかったというほどに腕に自信はない。でも、宇佐美までプチ遠征し大好きなウィリーをシャクればそれなり以上の釣果を出して初釣りは成功できると思っていた。それなりでよかったのに、それなりの釣果が果てしなく遠かった。カイワリ2匹いるから初釣り成功ってことにしといて。

貧果だけどカイワリいるから初釣りは成功…そっとしといて宇佐美・治久丸からカイワリ五目の午後船で2017年の釣りをスタートさせた。宇佐美港に11時半までに着けばいいので、のんびり釣行。品川駅を8時前に出る東海道線に乗れば余裕を持って間に合う。年末に予定していた釣り納めが悪天候で流れたので2週間ぶりの海だ。宇佐美駅に降り立ち、海が見えただけでテンション↑↑↑↑↑である。軽く食事をし、港で海中を眺めていると海底で蠢くヘビのような物が……2メートルはあろうかというハモ? それともウミヘビ? 更には巨大なアカエイまで。珍しい物が見られるということは海の様子がいつもと違う可能性がある。なんだか嫌な予感。片舷4人ずつの8人で定刻に船は港を離れる。
貧果だけどカイワリいるから初釣りは成功…そっとしといて貧果だけどカイワリいるから初釣りは成功…そっとしといて

■ウェルカム・カイワリをゲットし好発進だと思ったのに……それっきり

貧果だけどカイワリいるから初釣りは成功…そっとしといてこの時期のカイワリはホテルサンハトヤの沖合いにある噴火口と呼ばれる水深90メートルくらいのポイントで釣られる。マダイが混じることもあるポイントだ。船長からの指示は「底からハリス分切って12メートルまでシャクって。タナで待つ人は8メートルで」だった。こういう指示のときは3メートルから50センチ刻みでシャクって10シャクリめ、指示ダナである底から8メートルで魚信が出ることが多い。カイワリ狙いなのでスティ0の高速シャクリでスタート。魚信なし。もう一度底から3メートルまで落としてスティ1秒。といった具合に魚信が出るシャクリの速度を探っていく。スティ1秒で魚信が出た。シャクった直後にクンッと穂先を持って行くカイワリらしい魚信。重量感はないが引きはシャープ。20センチくらいのカイワリだった。オレンジのウィリーに食ってきていた。ウィリーに反応してくれてるから今日はイケるかもぉ~。
貧果だけどカイワリいるから初釣りは成功…そっとしといて貧果だけどカイワリいるから初釣りは成功…そっとしといて

貧果だけどカイワリいるから初釣りは成功…そっとしといてウェルカム・カイワリを手にして初釣りでボウズだけは避けたいというプレッシャーからは解放される。次の魚信もすぐに訪れた。スティ2秒のシャクリでシャクリ終えた瞬間に穂先が沈む。ちょっとだけサイズアップし22センチのカイワリ。今度は下針のオキアミに食ってきた。次の魚信もシャクった直後にすぐにあった。今度は少し重量感があり、よく引く。カイワリなら25センチ超えな手応え。もしかしたらマダイかも?とニヤニヤしながら手巻きで巻いていたらバラした。バレたってことはカイワリだった可能性が高い。あ~あとは思ったがこの時点ではシャクればいくらでも魚信があると思っていたので、あまり気にならない。

■シャクれどもシャクれども相手にされず……残りの時間で珍魚1匹

貧果だけどカイワリいるから初釣りは成功…そっとしといてところがである。このバラシを最後に全く魚信が出せなくなる。船長の口から船上で最も聞きたくないセリフが漏れる。「反応出てるのになぁ、食ってきませんね~」。船長がお手上げの時に出る、言い訳ともボヤキともつかないこの言葉を、2017年の初戦で、しかも東京湾ではなくプチ遠征先の宇佐美で聞くことになるとは……。ポイントを大きく移動して網代寄りや初島沖を攻めたのだがどこもパッとしないどころか全く魚信がない。この間、唯一釣れたの……コショウダイの幼魚?ではなく、チョウセンバカマという珍しい魚だと教えてもらう。珍魚が釣れるってことはやっぱり海の様子がおかしいってことかな?
貧果だけどカイワリいるから初釣りは成功…そっとしといて貧果だけどカイワリいるから初釣りは成功…そっとしといて

貧果だけどカイワリいるから初釣りは成功…そっとしといて結局噴火口に戻った。治久丸の午後便の沖上がりは17時。日が傾けばもしかして夕マヅメのチャンスタイムがあるかもと期待して最後まで諦めずにシャクリ続けたが、何も起きなかった。意地になってシャクり続けたのでいい筋トレ&ダイエットにはなったかなぁ~っと。船長に「一昨日は貸し竿の人でもバンバン釣れてたのに…へた釣りさんが来た日は本当に釣れませんね~」と言われる。へた釣りだけが釣れないのではない。カイワリは船中10匹も上がってないと思われる。



Twitter

2017年01月07日 23:01

« 餌がダメなら引っ掛けで。大カマスにはカットウ針が必携? | メイン | 初見の魚は刺身で食う。チョウセンバカマはタイに似た白身 »

最近の釣りに行った記事

かみやメバル大会で型も数も船中3位なら頑張った方だよね
前半ウィリーに塩対応。後半たっのしー♪でカイワリは14匹
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目
2018年の剣崎イサキチョロくない。開幕戦はなんとかツ抜け
GWは釣りしない週間にしよかな。アジツ抜けせずに頓死す
木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行
GWのゲートが開いて即落馬!? 宇佐美に行ってクーラー空
予報以上に風ビュービューの中、超お立ち台で午前LTアジ
序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ
潮流も竿先も俺の心もキュンキュンしなかったウィリー五目
魚信少なめもヒット3本。昨年のマゴチの釣果を1日で超えた
始まったよ、シロムツしか釣れない伝説がっ!! 今季お終い
5本針にキンメ・キンメ・キンメ・シロムツ・メダイしたものの…
いきなりの尺たらず熟メバルに今季はイケる!と思ったが…
クロムツ3匹でまずまずも難敵のチビクロ、サバに大苦戦す
今年も始まったよぉ~……釣れない方の“深場伝説”がっ!!!
次にオニカサゴ釣れるのは4年後かも…サドンデスで散る!!
アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツでなんとか
4年ぶり通算4匹目と5匹目のオニカサゴで2017初釣りは吉!!
釣り納め2017はカイワリ17匹で自己最多更新。ハマチも8匹
東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳
ツイテないのか実力不足か。一之瀬丸感謝デーで撃ち~ん
時化の上に激渋カワハギだったがピカイチくんに救われる
入学初日に退学しよかなと頭をよぎった2017アマダイ初戦
平和島は果てしなく…。TKB6回目で初めて船中個人表彰♪
ダイ三元狙いも…中(マダイ)のみ。この釣り向いてないね
プチ時化へのアジャストで大迷走したかみやカワハギ大会
江戸前カワハギおかわりは船別で型数1位も3万円に届かず
台風前の強行午前アミ五目はマダイで入魂、イナダで痛恨
台風の中継かって時化海でたっのしーいカワハギ釣り大会
高切れ、竿折れ、コマセをかぶって…精も根も尽き果てたよ
ちいさいアジ、ちいさいアジ、ちいさいアジだけ釣…~れた♪
あと5g分の底力が足りず上州屋カワハギ大会はお土産なし
ウィリーたっのしーカイワリ5匹。カンパチきっびしー1匹だけ
1匹だけはという夢はかなえたもののマゴチに苦手意識は…
どっちつかずで狙いを絞れずアジのみで終わったアミ五目
時化後の××で八景沖アジがちょろいヤツに。半日で117匹♪
型(25up×7匹)よし、数(122匹)よしで2017イサキは最高だ♪
1匹1匹丁寧に真心込めて巻き上げたイサキは…88匹止まり
船上でムキー!!ってなったら負け。タチウオ迷宮に迷いこむ
低打率で苦しむもタチウオはツ抜け。アジは入れパク46匹!!
入れパク追い食いバリバリ。イサキ162匹に笑いが止まらん
アオゾイを釣らせてやろうと海攻頑張る。でも釣れなかった
2年ぶりの釧路の沖を満喫。ただしアオゾイ明日にオアズケ
なんちゃって渓流釣りでオショロコマと子供に遊んでもらう
釣りができる喜びに小突きまくった標津沖カレイは44cmまで
予想通りの出船中止。元祖ザンタレを食いに南蛮酊を目指す
カイワリは船中1匹なんだもん…。宇佐美遠征2連続で貧果に
サバに負けた。カイワリ2匹だけでしょんぼりな宇佐美遠征
ウィリーを信じる心を失った!! イサキの今季ワーストを更新

著者: へた釣り