ナイスフィッシング♪な邪念のせい? TKBは鳴かず飛ばず

ナイスフィッシング♪な邪念のせい? TKBは鳴かず飛ばずあべなぎさの待つ表彰台へ。今年も野望はかなわなかった。東京湾最大のカワハギのお祭り、TKB 1DAYバトルは、3匹合計長のTKB寸で66.3センチまで。表彰台どころか船中の上位争いにも絡めずに惨敗。釣れない理由? ナイスフィッシング♪な邪念のせいか、ダイワの帽子の呪いか。

ナイスフィッシング♪な邪念のせい? TKBは鳴かず飛ばず穴守稲荷駅から羽田・伝寿丸へと徒歩で向かう。堤の上から船着き場を眺めると、既にダイワの旗が掲げられている。桟橋の入り口に着いてみると、既に何人かの大会参加者の姿が。OK名人YOKO達人も既に到着していた。しばらく雑談しているとダイワの審判員とスタッフ&指導員として乗りこむ堀江超人が到着し、大会の受付と釣り座の抽選が始まる。この日は北の風で午前中下げ潮で午後は上げ潮になるが上げ潮はあまり効かないという予報。艫寄りの釣り座を引き当てたかったが、いつものごとくクジ運の悪さを発揮して左舷の胴。しかも左隣は魚の取り合いをして勝てるとは思えないM口名人なのだから弱気の虫が騒ぎだす。大きいの3匹釣ればいいだけだからと自分を奮い立たせる。船は竹岡沖へと向かう。
ナイスフィッシング♪な邪念のせい? TKBは鳴かず飛ばずナイスフィッシング♪な邪念のせい? TKBは鳴かず飛ばず

■宙での魚信を物にできず。25.8センチでなんとかなると思ったが…

ナイスフィッシング♪な邪念のせい? TKBは鳴かず飛ばず竹岡沖にて参加する船が一度集合し、写真撮影が済んだら、釣り開始。思い思いの方向へと走り出す。伝寿丸けんちゃん船長が最初に選んだのは水深30メートルのやや深めのポイントだった。釣り方はいつもの通り。底から2メートルの位置から1メートルタタキ下げ、残りの1メートルをあまり激しく動かさずにフワフワと誘い下げて行く。宙で大きなカワハギが幹糸に触れてくるモゾワッという感触があれば大物ゲットのパターンが成立するのだが……あまり魚の活性が高そうではない。1匹目を手にするのに1時間近くかかってしまう。しかもサイズは20センチ弱。
ナイスフィッシング♪な邪念のせい? TKBは鳴かず飛ばずナイスフィッシング♪な邪念のせい? TKBは鳴かず飛ばず

ナイスフィッシング♪な邪念のせい? TKBは鳴かず飛ばず今日は宙では無理なのかな?と、戦略の転換が必要かもと考えながら釣っていると、宙でモゾワッという感触。そのままゆっくり誘い下げオモリが着底したのとほぼ同時にガッガッガッという魚信に変わる。竿を持ち上げると重量感的に超大物ではないが、まずまずサイズ。ときどき激しく抵抗するのをいなしながら無事タモに収まったのは25.8センチのカワハギ。やったぁ~というサイズではない。こんなもんかというのが正直なところで、実は写真も撮っていない。残り時間はまだまだある、もっと大きいのが釣れて当たり前だと思っていたわけだ。でも、これは本日の最大サイズ。

■釣っても釣っても18センチのばっかり。底での釣りに切り替えたが…

ナイスフィッシング♪な邪念のせい? TKBは鳴かず飛ばずまずまずサイズが釣れたせいで、宙で魚信を出すという釣り方を継続することに。振り返ってみればこれが判断ミス。ポツリポツリとはカワハギの魚信を出せるけど、とにかく針掛かり率が悪い。なんとか針掛かりさせても測ったように18~19センチの物ばかり。1匹だけ22センチのが釣れた。20センチ以下のカワハギばかり見ていたので22センチがすごく大きく見えてしまう。このままでは埒があかないので最後の2時間くらいはゼロテンションで誘わずにじっくり大型カワハギを待つという作戦に切り替えたが、底釣りは苦手なので針掛かり率がさらに悪くなる。2匹だけ追加できたが、その2匹も18センチ級だったのだから笑うしかない。全部で9匹釣ったけど、いくらかマシに見える2匹が25.8センチ、22センチで、ほかの7匹は全部18センチ台のワッペンとは言わないが、大きさ勝負で検量してもらうのが恥ずかしいサイズばかり。
ナイスフィッシング♪な邪念のせい? TKBは鳴かず飛ばずナイスフィッシング♪な邪念のせい? TKBは鳴かず飛ばず

ナイスフィッシング♪な邪念のせい? TKBは鳴かず飛ばず検量後も諦めずに釣り続けた。尺ハギが釣れればTKB寸で78センチ近くなり、総合での入賞(=あべなぎさの待つ表彰台へ)の可能性だって十分ある。尺ハギは夢を見過ぎだとしても、25センチ級が釣れれば船中上位には食い込める。でも、大会は呆気なく終わった。ほかの船では終了10分前に尺ハギゲットなどのドラマがあったようだがへた釣りには何も起こらず。夢も希望もないままに平和島の表彰会場へ。チームバトルで上位だったり、個人の入賞者が出た船は表彰台近くに船を着ける。伝寿丸はというと表彰台から一番遠く、あべなぎさの「ナイスフィッシング~♪」という声は聞こえたけれど、その姿はよく見えなかった。

ナイスフィッシング♪な邪念のせい? TKBは鳴かず飛ばずTKBの決勝戦は本当にいい目に遭ったことがない。あべなぎさの近くに行きたいという邪念が良型のカワハギを遠ざけているのか? それとも年に一度、TKB決勝の日にだけ被るダイワの帽子に釣れないというジンクスが発動してしまっているのか? せっかく持ってきた油性マジックは今年も出番がないまま、釣り具倉庫の奥に1年間眠ることになった。来年こそ……ナイスフィッシング♪って言われたい。でも、それが動機だと来年もダメなのかもぉ~www
ナイスフィッシング♪な邪念のせい? TKBは鳴かず飛ばずナイスフィッシング♪な邪念のせい? TKBは鳴かず飛ばず



Twitter

2016年12月03日 20:49

« デカすぎアサリとやり切る心で目指すはTKB寸85cm超え! | メイン | さん木の船でカワハギするなら餌トレイベースはマジで快適 »

最近の釣りに行った記事

いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止
数釣りシーズン開幕したよ。 179匹で7月の最多記録更新!!
イサキってどうやったら釣れるんだっけ? 本気で忘れたぞ
性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…
八景沖のアジ行方知れず? ウネリで掛からんし撃チ~ン
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで
かみやメバル大会で型も数も船中3位なら頑張った方だよね
前半ウィリーに塩対応。後半たっのしー♪でカイワリは14匹
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目
2018年の剣崎イサキチョロくない。開幕戦はなんとかツ抜け
GWは釣りしない週間にしよかな。アジツ抜けせずに頓死す
木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行
GWのゲートが開いて即落馬!? 宇佐美に行ってクーラー空
予報以上に風ビュービューの中、超お立ち台で午前LTアジ
序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ
潮流も竿先も俺の心もキュンキュンしなかったウィリー五目
魚信少なめもヒット3本。昨年のマゴチの釣果を1日で超えた
始まったよ、シロムツしか釣れない伝説がっ!! 今季お終い
5本針にキンメ・キンメ・キンメ・シロムツ・メダイしたものの…
いきなりの尺たらず熟メバルに今季はイケる!と思ったが…
クロムツ3匹でまずまずも難敵のチビクロ、サバに大苦戦す
今年も始まったよぉ~……釣れない方の“深場伝説”がっ!!!
次にオニカサゴ釣れるのは4年後かも…サドンデスで散る!!
アジにまさかの完全試合?からの後半ポツポツでなんとか
4年ぶり通算4匹目と5匹目のオニカサゴで2017初釣りは吉!!
釣り納め2017はカイワリ17匹で自己最多更新。ハマチも8匹
東京湾の釣り納めは紅(アマ)白(タチ)そろえてまずは重畳
ツイテないのか実力不足か。一之瀬丸感謝デーで撃ち~ん
時化の上に激渋カワハギだったがピカイチくんに救われる
入学初日に退学しよかなと頭をよぎった2017アマダイ初戦
平和島は果てしなく…。TKB6回目で初めて船中個人表彰♪
ダイ三元狙いも…中(マダイ)のみ。この釣り向いてないね
プチ時化へのアジャストで大迷走したかみやカワハギ大会
江戸前カワハギおかわりは船別で型数1位も3万円に届かず
台風前の強行午前アミ五目はマダイで入魂、イナダで痛恨
台風の中継かって時化海でたっのしーいカワハギ釣り大会
高切れ、竿折れ、コマセをかぶって…精も根も尽き果てたよ
ちいさいアジ、ちいさいアジ、ちいさいアジだけ釣…~れた♪
あと5g分の底力が足りず上州屋カワハギ大会はお土産なし
ウィリーたっのしーカイワリ5匹。カンパチきっびしー1匹だけ
1匹だけはという夢はかなえたもののマゴチに苦手意識は…

著者: へた釣り