ナイスフィッシング♪な邪念のせい? TKBは鳴かず飛ばず

ナイスフィッシング♪な邪念のせい? TKBは鳴かず飛ばずあべなぎさの待つ表彰台へ。今年も野望はかなわなかった。東京湾最大のカワハギのお祭り、TKB 1DAYバトルは、3匹合計長のTKB寸で66.3センチまで。表彰台どころか船中の上位争いにも絡めずに惨敗。釣れない理由? ナイスフィッシング♪な邪念のせいか、ダイワの帽子の呪いか。

ナイスフィッシング♪な邪念のせい? TKBは鳴かず飛ばず穴守稲荷駅から羽田・伝寿丸へと徒歩で向かう。堤の上から船着き場を眺めると、既にダイワの旗が掲げられている。桟橋の入り口に着いてみると、既に何人かの大会参加者の姿が。OK名人YOKO達人も既に到着していた。しばらく雑談しているとダイワの審判員とスタッフ&指導員として乗りこむ堀江超人が到着し、大会の受付と釣り座の抽選が始まる。この日は北の風で午前中下げ潮で午後は上げ潮になるが上げ潮はあまり効かないという予報。艫寄りの釣り座を引き当てたかったが、いつものごとくクジ運の悪さを発揮して左舷の胴。しかも左隣は魚の取り合いをして勝てるとは思えないM口名人なのだから弱気の虫が騒ぎだす。大きいの3匹釣ればいいだけだからと自分を奮い立たせる。船は竹岡沖へと向かう。
ナイスフィッシング♪な邪念のせい? TKBは鳴かず飛ばずナイスフィッシング♪な邪念のせい? TKBは鳴かず飛ばず

■宙での魚信を物にできず。25.8センチでなんとかなると思ったが…

ナイスフィッシング♪な邪念のせい? TKBは鳴かず飛ばず竹岡沖にて参加する船が一度集合し、写真撮影が済んだら、釣り開始。思い思いの方向へと走り出す。伝寿丸けんちゃん船長が最初に選んだのは水深30メートルのやや深めのポイントだった。釣り方はいつもの通り。底から2メートルの位置から1メートルタタキ下げ、残りの1メートルをあまり激しく動かさずにフワフワと誘い下げて行く。宙で大きなカワハギが幹糸に触れてくるモゾワッという感触があれば大物ゲットのパターンが成立するのだが……あまり魚の活性が高そうではない。1匹目を手にするのに1時間近くかかってしまう。しかもサイズは20センチ弱。
ナイスフィッシング♪な邪念のせい? TKBは鳴かず飛ばずナイスフィッシング♪な邪念のせい? TKBは鳴かず飛ばず

ナイスフィッシング♪な邪念のせい? TKBは鳴かず飛ばず今日は宙では無理なのかな?と、戦略の転換が必要かもと考えながら釣っていると、宙でモゾワッという感触。そのままゆっくり誘い下げオモリが着底したのとほぼ同時にガッガッガッという魚信に変わる。竿を持ち上げると重量感的に超大物ではないが、まずまずサイズ。ときどき激しく抵抗するのをいなしながら無事タモに収まったのは25.8センチのカワハギ。やったぁ~というサイズではない。こんなもんかというのが正直なところで、実は写真も撮っていない。残り時間はまだまだある、もっと大きいのが釣れて当たり前だと思っていたわけだ。でも、これは本日の最大サイズ。

■釣っても釣っても18センチのばっかり。底での釣りに切り替えたが…

ナイスフィッシング♪な邪念のせい? TKBは鳴かず飛ばずまずまずサイズが釣れたせいで、宙で魚信を出すという釣り方を継続することに。振り返ってみればこれが判断ミス。ポツリポツリとはカワハギの魚信を出せるけど、とにかく針掛かり率が悪い。なんとか針掛かりさせても測ったように18~19センチの物ばかり。1匹だけ22センチのが釣れた。20センチ以下のカワハギばかり見ていたので22センチがすごく大きく見えてしまう。このままでは埒があかないので最後の2時間くらいはゼロテンションで誘わずにじっくり大型カワハギを待つという作戦に切り替えたが、底釣りは苦手なので針掛かり率がさらに悪くなる。2匹だけ追加できたが、その2匹も18センチ級だったのだから笑うしかない。全部で9匹釣ったけど、いくらかマシに見える2匹が25.8センチ、22センチで、ほかの7匹は全部18センチ台のワッペンとは言わないが、大きさ勝負で検量してもらうのが恥ずかしいサイズばかり。
ナイスフィッシング♪な邪念のせい? TKBは鳴かず飛ばずナイスフィッシング♪な邪念のせい? TKBは鳴かず飛ばず

ナイスフィッシング♪な邪念のせい? TKBは鳴かず飛ばず検量後も諦めずに釣り続けた。尺ハギが釣れればTKB寸で78センチ近くなり、総合での入賞(=あべなぎさの待つ表彰台へ)の可能性だって十分ある。尺ハギは夢を見過ぎだとしても、25センチ級が釣れれば船中上位には食い込める。でも、大会は呆気なく終わった。ほかの船では終了10分前に尺ハギゲットなどのドラマがあったようだがへた釣りには何も起こらず。夢も希望もないままに平和島の表彰会場へ。チームバトルで上位だったり、個人の入賞者が出た船は表彰台近くに船を着ける。伝寿丸はというと表彰台から一番遠く、あべなぎさの「ナイスフィッシング~♪」という声は聞こえたけれど、その姿はよく見えなかった。

ナイスフィッシング♪な邪念のせい? TKBは鳴かず飛ばずTKBの決勝戦は本当にいい目に遭ったことがない。あべなぎさの近くに行きたいという邪念が良型のカワハギを遠ざけているのか? それとも年に一度、TKB決勝の日にだけ被るダイワの帽子に釣れないというジンクスが発動してしまっているのか? せっかく持ってきた油性マジックは今年も出番がないまま、釣り具倉庫の奥に1年間眠ることになった。来年こそ……ナイスフィッシング♪って言われたい。でも、それが動機だと来年もダメなのかもぉ~www
ナイスフィッシング♪な邪念のせい? TKBは鳴かず飛ばずナイスフィッシング♪な邪念のせい? TKBは鳴かず飛ばず



Twitter

2016年12月03日 20:49

« デカすぎアサリとやり切る心で目指すはTKB寸85cm超え! | メイン | さん木の船でカワハギするなら餌トレイベースはマジで快適 »

最近の釣りに行った記事

釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹
GW第2戦は待望の凪!! いつもの如く撃沈しマゴチ1匹だけ
強風に苦しみ触手に苛まれ釣り方見失うアジ・キスリレー
予期せぬ大時化にアジツ抜けせずクロダイで帳尻だけ合わす
ちょい時化だけど猿アジはぽつぽつ…後半凪たらし~んと
昼までノーガコッ伝説継続…ヤヴァいかもで一度だけガコッ
気難しいアジに苦戦も46匹。シロギスは釣り方掴めず9匹だけ
驕る下手は久しからず。ノーガコッ伝説が今日始まったよ
ウィリーもカブラも無視するカイワリなんて大嫌いだぁあ
予想以上の時化に軽く船酔いげんなりしつつクロムツ6匹
尺には遠いが長井沖で人生初のイワシでメバルをゲット♥
猿アジ冬のトリプルまつり開催中でアジフライ半年分57匹♪
魚信を出せず心荒む展開も熟アマダイ(45)に慰められる
電車故障・潮超速・偏光グラス破損…ハードラックな1日

著者: へた釣り