2安打だけど長打はなし。春の海ひねもすのたりマゴチかな

2安打だけど長打なし。春の海ひねもすのたりマゴチかな遅ればせながらマゴチ開幕♪ 期待の新人スティーレで特大本塁打を期待したが4打数2安打したものの長打はなかった。魚信少なくまったりとした春の海の船上に日が差すと眠くなってしまった。最後まで頑張ってはみたけどマゴチは潮回りが大事だってことを思い知らされなす術なし。

沖のウィリー五目のシャクリ方。魚別なんとなくこうかなメモ1日中曇りで、午前中はほぼ無風、昼くらいから南風の強風がという予報であったはずだが……朝起きると雨もよう。気温も上がる予報だったが外に出てみると肌寒い感じ。でも、まぁ、この天気を嫌って釣り人が減れば割り当てが増えていいかと安穏なことを考えながら羽田・かみやへ。受付番号は12番。その後さらに3人やってきて15人での出航。へた釣りの席は左舷の前から3番目。雨に濡れるスティーレの写真とともに「本塁打はいらない。場外本塁打がほしい」とFacebookに投稿する。釣る気マンマンだったし、なんの根拠もなく釣れる気がしていたのである。
2安打だけど長打なし。春の海ひねもすのたりマゴチかな2安打だけど長打なし。春の海ひねもすのたりマゴチかな

■潮動かずで魚信遠い。やっぱり潮回りの小さい日のマゴチはダメかも

2安打だけど長打なし。春の海ひねもすのたりマゴチかな船は富津岬の手前で止まる。いつもは富津岬を超えて大貫沖に行くのだが…若潮なので潮通しの関係かな? かみやの船以外にも湾奥出船のマゴチ船が集まっていたし、デカッw船長のアナウンスを聞くとここが主戦場になりそうな雰囲気。水深は15メートルから18メートルと少し深めだ。メバルやスズキが狙えそうなストラクチャーの近くのポイントなのでこんなところにマゴチもいるの?と思ったが、マゴチがいない場所に船長が連れてくるわけがない。ただし、魚信は遠い。潮が動いてなくて船がちっとも動かないという状況であったようだ。
2安打だけど長打なし。春の海ひねもすのたりマゴチかな2安打だけど長打なし。春の海ひねもすのたりマゴチかな

2安打だけど長打なし。春の海ひねもすのたりマゴチかな1時間ほど粘った。船中型だけは見られたもののさっぱり。雨も降りやまず集中力を維持するのが難しい。やはり潮回りの小さい日にマゴチを開幕させるなんて無謀だったかと後悔し始める。ポイントは第2海堡に移動してしばらくするとようやく本日最初の魚信がある。穂先にモタレるような感触があり、しばらくすると竿を小さく引きこみ始める。竿先を下げてアワセるタイミングをはかるが…ちっともグンッと引きこんではくれない。焦れてアワセてはみたものの空振り。背中に噛み跡があったのでイカの仕業だ。富津沖に戻ってこの日二度目の魚信。仕掛けを落としてタナを合わせようとした瞬間に明らかな魚の感触。オモリが底から何センチの位置にあるのか分からないのでやりにくい。オモリが底を付くのを嫌って一度目の大きめの引きこみでアワセにいくも……空振り。エビの脚がすり潰されるようになくなっていたのでマゴチだった。
2安打だけど長打なし。春の海ひねもすのたりマゴチかな2安打だけど長打なし。春の海ひねもすのたりマゴチかな

■睡魔との戦い。タナ取りマシーンに徹すればマゴチは微笑んでくれる?

2安打だけど長打なし。春の海ひねもすのたりマゴチかなボウズもあるかもってほどに魚信が遠い。船中ポツンポツンとはマゴチが上がっているのだがへた釣りの竿にはマゴチらしき魚信はさっぱり訪れない。できることは15秒に一度のペースでタナを取り直すことだけ。まるで機械のようにタナ取りを繰り返す。雨も上がり日が差すと気温が上がりだす。猛烈な眠気が襲ってくる。睡魔に負けずにタナ取りマシーンに徹し切れるかという勝負だった。ようやくマゴチかも?な魚信があったのは11時40分すぎ。釣り始めて3時間以上経ってからだ。しかもなかなか食い込んでくれずアワセ時が難しい。慌てずに時間をかけて食い込ませてようやく1匹目のマゴチをゲット。40センチ級だが2016年の初マゴチにしてスティーレで手にした初めての獲物だ。マゴチ釣りは1匹釣れてボウズの重圧から逃れるとその後調子が上向くことが多いのだが……。

2安打だけど長打なし。春の海ひねもすのたりマゴチかな魚信が多ければその日のマゴチのアワセ時を修正できるが、たま~にしか魚信がないと気ばかり急いて早アワセになりやすい。そう分かっていてもミスを犯すのがマゴチ釣りだ。三度目のマゴチの魚信は明確な引きこみだったのでいきなり食い込んだと勘違いして空振り。もう少し待たなきゃ、次こそはゆっくり勝負だと自分に言い聞かせる。でも…そこからまた魚信が遠のく。最後の魚信は沖上がりの10分前。魚信が出ている間「あわてない、あわてない」と自分に言い聞かせてアワセルときはどりゃっ!!と潔く。乗った!! これまた40センチ級だったが4打数2安打で打率5割に。ダンディな(と書くようにと言われている)黄門ちゃま直伝の神経絞めをして持ち帰る。
2安打だけど長打なし。春の海ひねもすのたりマゴチかな2安打だけど長打なし。春の海ひねもすのたりマゴチかな



Twitter

2016年04月03日 20:41

« 洲崎沖での釣果の満足度を指標化する「ウィリーこいこい」 | メイン | スティーレが手になじむぅぅうう!! PGをオカワリしちゃうかも »

最近の釣りに行った記事

6月のええもん1=新川にしやで伝助アナゴ、白子、キアラ刺
6月のええもん2=ShunのA5牛しゃぶローススープ茶漬け♪
プチ時化お立ち台で体幹トレーニングしつつイサキを26匹♪
1日剣崎で釣れてイサキ13匹、最大28.5cmでなんとかなった
コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈
5月のええもん=哲剣で活アコウ刺しに感動+カマ焼きも◎
好漁続きでどうした、俺。六目41匹でクーラー八分と大満足
G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり
令和の初釣りは雨の中シャクリ続けてカイワリ7匹でドヤッ!!
アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない
4月のええもん=正宗屋のカステラ&魚屋ひでぞう刺し盛り
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ
タナ取りスピード勝負に妻苦戦で14匹。30匹クリアが遠いよ
夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日
鏡面のように穏やかな海で釣りをしている白日夢を見たよ
明石焼き、いかなご釘煮、蛸ぺったん、穴子串を魚の棚で
明石・人丸花壇で鯛・蛸・穴子の海峡名物3点セットを満喫♪
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪
不幸だねぇ氷雨降る時化海で本命ボウズなんて闇堕ちする
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?
2月のええもんは難波・天秤棒でおこぜ含むお刺身三昧!
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!
ブラックドラゴン相手に筋トレ。クロムツは3匹だけでチーン
難波・桃酔でええもん=アコウの酒蒸しと白アマダイを食う
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く
血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹

著者: へた釣り