ライト深場で同じ過ちに凹んで気持ちのリセットが必要だね

ライト深場で同じ過ちに凹んで気持ちのリセットが必要だね何の工夫もせずに同じ過ちを繰り返すヤツのことをアホという。羽田・かみやからライト深場3戦目。2戦目でシロムツとユメカサゴしか釣れなかった。たまたま運がよくなかっただけと考えていたら、またもシロムツとユメカサゴしか釣れない。同じ失敗をした…アホである。猛烈に凹んでいる。

ライト深場で同じ過ちに凹んで気持ちのリセットが必要だね振り返りたくもないというのが正直なところなので、サクッと書く。右舷5人の前から2番目。ポイントは剣崎沖から少し南下した辺りだったと思う。釣る気マンマンだった。釣れる気もしていた。ハリス70センチで針掛かり率が大幅に改善し、マメに誘えば魚信を出せることも分かったので、あとはムツ(≒クロムツ)がエサを咥えてくれさえすればと考えていたわけだ。前回、シロムツばかり釣れた理由も一応考えていた。高めのタナはシロムツ率が高いので底5メートルくらいをじっくり念入りに探ってみようと考えていた。

■いきなりドンコで暗雲。釣れども釣れどもユメカサゴで心が荒む

ライト深場で同じ過ちに凹んで気持ちのリセットが必要だね水深は200メートルより少し深いポイント。仕掛けを落としたら一度3メートルくらい巻いて糸吹けをとってからもう一度落とし直す。そこから50センチ刻みで10回(底から5メートル)を誘い上げてみる。すぐに魚信があった。底近辺での魚信だったので、ユメカサゴかな?と思ったが、針掛かりした風なのにちっとも引かない。巻き上げてみると……ブサかわいいシルエットの魚が浮いてくる。ドンコ(チゴタラ)だった。こいつが釣れるときはあまりいい目に遭った記憶がないので、いきなり暗雲立ち込める。

ライト深場で同じ過ちに凹んで気持ちのリセットが必要だねその後はユメカサゴばかりが釣れてくる。船中、ユメカサゴだらけなら仕方がないかとあきらめもつくのだが、すぐ横でムツ(≒クロムツ)が釣れる。左舷ではほぼ同時に3匹上がったとのアナウンスもある。慌てても仕方がないがどうして釣れない?と気が急く。誘いすぎがよくないのかもとタナを変えてじっと待ってみたりもしたのだが……待つとユメカサゴもシロムツも釣れなくなるだけで、ムツ(≒クロムツ)が釣れるわけではない。なんだかちょっとずつ心が荒んでくる。
ライト深場で同じ過ちに凹んで気持ちのリセットが必要だねライト深場で同じ過ちに凹んで気持ちのリセットが必要だね

■赤と白の伝説が始まる。というかムツには愛されてないとあきらめ

ライト深場で同じ過ちに凹んで気持ちのリセットが必要だねポイントはどんどん南下していく。ようやくオッという魚信が訪れた。これはムツ(≒クロムツ)に違いないと巻き上げ中ニヤニヤしていたらギス。次のまぁまぁいい魚信は重量感もありときどき強く引くので今度こそは…。でも、3本針の上2本がシロムツで下はユメカサゴ。わりといい魚信がもう一度ある。三度目の正直ってやつかな? シロムツとユメカサゴの一荷。このあたりで心がポキッと折れた音が聞こえたような気がした。運がないのではなく釣り方が間違えているってことにも気付く。でも、どうしたらシロムツではなくムツ(≒クロムツ)が釣れるようになるのか? 荒んだ心と凹んだ頭ではアイデアが全く湧いてこない。
ライト深場で同じ過ちに凹んで気持ちのリセットが必要だねライト深場で同じ過ちに凹んで気持ちのリセットが必要だね

ライト深場で同じ過ちに凹んで気持ちのリセットが必要だね本日の釣果はシロムツ9匹、ユメカサゴ6匹の15匹。探るタナを狭めた分、シロムツの釣れる数が減っただけでキープできる魚はこの2魚種しか釣れない。前回釣行と全く同じ失敗をやってしまったわけだ。釣れないってことには慣れているが、無策に臨んで同じ轍を踏むと猛烈に凹む。「ムツさんには愛されてない」とこぼしてみても、愛されるためのアプローチの仕方が思いつかないのだから、あきらめるしかない。クーラーの中にムツ(≒クロムツ)らしき魚の姿が見えるって? ムツ(≒クロムツ)を3匹釣ったS藤名人から1匹おすそわけいただいた。



Twitter

2016年03月05日 19:37

« 穂先はよく折るけど…竿のメンテは真面目にやってるのよぉ | メイン | 新潟から深場用オモリ到着…「がんばりない」ってことやね »

最近の釣りに行った記事

続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪
不幸だねぇ氷雨降る時化海で本命ボウズなんて闇堕ちする
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!
ブラックドラゴン相手に筋トレ。クロムツは3匹だけでチーン
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く
血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止
数釣りシーズン開幕したよ。 179匹で7月の最多記録更新!!
イサキってどうやったら釣れるんだっけ? 本気で忘れたぞ
性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…
八景沖のアジ行方知れず? ウネリで掛からんし撃チ~ン
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで
かみやメバル大会で型も数も船中3位なら頑張った方だよね
前半ウィリーに塩対応。後半たっのしー♪でカイワリは14匹
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目
2018年の剣崎イサキチョロくない。開幕戦はなんとかツ抜け
GWは釣りしない週間にしよかな。アジツ抜けせずに頓死す
木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行
GWのゲートが開いて即落馬!? 宇佐美に行ってクーラー空
予報以上に風ビュービューの中、超お立ち台で午前LTアジ
序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ
潮流も竿先も俺の心もキュンキュンしなかったウィリー五目

著者: へた釣り