なんとカイワリ12匹!! 正月のお刺身&尾頭付きをゲットだ

なんとカイワリ12匹!! 正月のお刺身&尾頭付きをゲットだカワハギがうまくいかず溜まりに溜まった鬱憤を宇佐美の沖で晴らすことに大成功。5年越しの悲願であったカイワリのツ抜けを達成し、お刺身でちょうど食べ頃サイズのハマチまで。尾頭付きのチダイもしっかり確保できて、お節料理を自力で豪華にしてみせるという目標に向け大きく前進。

なんとカイワリ12匹!! 正月のお刺身&尾頭付きをゲットだ糖質オフでも豪華なお節料理の食材をゲットすることを2015年ラスト2釣行の目標に定めた。1戦目は宇佐美・治久丸からカイワリ五目で出船。正月のお刺身用にカイワリを調達し、ついでに尾頭付きの塩焼きにするためのタイ(マダイ、チダイ、キダイ)もゲットしちゃおうというのが目論み。宇佐美駅には11時少し過ぎに到着した。港まで徒歩15分。風はなく海は凪いでいるように見えた。港には治久丸の大女将。弁当を広げて腹ごしらえしているとヒラメオニカサゴで出船していた午前船が帰ってきた。
なんとカイワリ12匹!! 正月のお刺身&尾頭付きをゲットだなんとカイワリ12匹!! 正月のお刺身&尾頭付きをゲットだ

■入れパクではないが高活性な手応えでスタート。ただしバラシ多発

なんとカイワリ12匹!! 正月のお刺身&尾頭付きをゲットだ午前船はあまり釣果が芳しくなかったようだ。左舷のグループは午後船にもそのまま乗船。午後船から乗り込む釣り人は右舷に入ることに。船長から釣り座を指定される。へた釣りは右舷の舳。大人しくタナで待たずにシャクリまくるので、舳でどうぞと言われることが多く、指定席のようになっている。右舷は5人。攻める水深が深いので、オマツリが少し不安だ。船は港を離れて噴火口と呼ばれている辺りの水深95メートルくらいのポイントで釣り開始となる。
なんとカイワリ12匹!! 正月のお刺身&尾頭付きをゲットだなんとカイワリ12匹!! 正月のお刺身&尾頭付きをゲットだ

なんとカイワリ12匹!! 正月のお刺身&尾頭付きをゲットだ港では凪ているように思えたが、沖に出ると思ったより海が悪い。舳だと船の上下で少しシャクリにくい感じ。船長からの指示は「タナは底から6~7メートル。シャクれる人はシャクってね」だった。底3メートルから50センチ刻みで10メートルまでを探ることに。シャクリだしてちょうど底6メートルくらいで穂先がクンッと入る。おそらくカイワリ。でもバレた。落とし直してすぐにまたクンッ。入れパクとまではいかないが活性はそれなりによい。今度は無事に取り込んでまずはカイワリ1匹目。お次は少し重量感のある引きで30センチ弱のチダイ。お刺身と尾頭付きを早々にゲットし好調な滑り出し。

■カイワリ12匹、ハマチ1匹、チダイ3匹、大アジ2匹で大大大満足な釣行

なんとカイワリ12匹!! 正月のお刺身&尾頭付きをゲットだ忙しい釣りになった。シャクれば魚信はいくらでもある。ただし、船が激しく上下するので掛かり所が悪いのか巻き上げ中のバラシが多い。電動巻き上げでは対応できず手巻きで取り込むようにするといくらかバラシが減った。本日のハイライトは釣り初めて2時間ほど経ったときに訪れた。小気味よく引きこむカイワリの魚信を楽しんでいると、追い食いしてる風の手応え。十分に竿が曲がるのを待って巻き上げてみると、なんと4本針(ウィリー3本、オキアミ1本)に針数パーフェクトのカイワリイサキやオキメバルでなら何度も経験があるが、カイワリで針数パーフェクトは初めて。その後もダブルありでポツンポツンとは釣れてくれて終わってみればカイワリ12匹。これまでの自己最多記録が6匹だったので倍。船長から「やっとですねぇ~」とお褒め(?)の言葉をいただく。
なんとカイワリ12匹!! 正月のお刺身&尾頭付きをゲットだなんとカイワリ12匹!! 正月のお刺身&尾頭付きをゲットだ

なんとカイワリ12匹!! 正月のお刺身&尾頭付きをゲットだ裏本命の尾頭付き(チダイ)は3匹。ちょうど塩焼きにしていいサイズなのでこれも目標達成。随分引くなぁと慎重に慎重にやり取りして取り込んだのが45センチくらいのワラサ。へた釣り的にはハマチと呼んだ方が馴染みがあるし、美味しそうに感じるのでハマチと呼びたい。関西では正月のお刺身の定番魚なので、これは相当うれしい。他にはアジが2匹。40センチ超のドデカアジでデカいカイワリが掛かったと大喜びして巻いてきて、紡錘形のシルエットが見えると少しがっかり。でも伊豆の大アジは干物にすると絶品なのでキープする。ソウダガツオだけはリリースしたが、本日は余計な魚は釣れなかった。5時少し前に日が沈んで暗くなったので沖上がり。当然、大大大満足!!
なんとカイワリ12匹!! 正月のお刺身&尾頭付きをゲットだなんとカイワリ12匹!! 正月のお刺身&尾頭付きをゲットだ



Twitter

2015年12月27日 22:39

« U原工房に指摘されたリール故障の原因は妄想のしすぎw | メイン | 妻があべなぎさをへし折る!? シークールキャリーの蓋が… »

最近の釣りに行った記事

三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く
血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止
数釣りシーズン開幕したよ。 179匹で7月の最多記録更新!!
イサキってどうやったら釣れるんだっけ? 本気で忘れたぞ
性悪タチウオ&やる気なしアジとの痺れる戦いの行方は…
八景沖のアジ行方知れず? ウネリで掛からんし撃チ~ン
曇天なのに渋かったぁ!! あさなぎ丸デビュー戦は18匹まで
かみやメバル大会で型も数も船中3位なら頑張った方だよね
前半ウィリーに塩対応。後半たっのしー♪でカイワリは14匹
船中0じゃどうしようもないよねと自分を慰めるアカムツ4戦目
2018年の剣崎イサキチョロくない。開幕戦はなんとかツ抜け
GWは釣りしない週間にしよかな。アジツ抜けせずに頓死す
木更津沖で「へたクソぉ!!」と自分を罵り続けた夜アナゴ釣行
GWのゲートが開いて即落馬!? 宇佐美に行ってクーラー空
予報以上に風ビュービューの中、超お立ち台で午前LTアジ
序盤魚信少なくジリジリするも3年ぶり3本目の本塁打マゴチ
潮流も竿先も俺の心もキュンキュンしなかったウィリー五目
魚信少なめもヒット3本。昨年のマゴチの釣果を1日で超えた
始まったよ、シロムツしか釣れない伝説がっ!! 今季お終い
5本針にキンメ・キンメ・キンメ・シロムツ・メダイしたものの…
いきなりの尺たらず熟メバルに今季はイケる!と思ったが…
クロムツ3匹でまずまずも難敵のチビクロ、サバに大苦戦す

著者: へた釣り