無理やりクーラーを満タンにして大漁気分。でも、カイワリは…

無理やりクーラーを満タンにして大漁気分。でも、カイワリは…今年はこれが最終戦になるであろう伊豆へのカイワリ遠征。気持ちよく終えたいところだが……相変わらずの不漁を呼ぶ男ぶりを発揮し、船長からは「へたさんが来た日は釣れないねぇ」と言われる始末。不漁だったというイメージを残したくないので無理やりクーラーを満タンにしてきた。

無理やりクーラーを満タンにして大漁気分。でも、カイワリは…なんだか天気予報で大気が不安定だのと不穏なことを言っていたが、降っても小雨というウェブの天気予報の方を信じることにして宇佐美へと向かう。熱海に着いた頃には既に雨が降り始めており、雨足も小雨というには少々強い。駅から宇佐美港まで徒歩で15分くらい。全身びしょ濡れになりながらテクテク歩く。濡れてもいい格好はしているが、服が水を吸い込み、肌寒い感じに。港に着くとちょうど雨があがった。駅で雨宿りしてから港に向かえばよかったかもと少し後悔。

■開始早々25センチカイワリに今日は高活性?と気をよくするも…

無理やりクーラーを満タンにして大漁気分。でも、カイワリは…宇佐美・治久丸船長に「今日こそはお願いしますよ」と話しかけると、「今日は大丈夫でしょ!!」とのお返事。毎回、そう言われている気もするが……。席は左舷の舳か胴のどちらでもよいとのことだったので取り込みやすさを優先して左舷の胴に席を決める。ウィリーの場合、自分が撒く少量のコマセで勝負できるので席はあまり関係ない。船は12時過ぎに港を離れ、いつものように網代寄りの水深30メートルのポイントへ。開始一投目で左舷舳で船中1匹目のカイワリが上がる。おっ!! 今日はカイワリ高活性かも。

無理やりクーラーを満タンにして大漁気分。でも、カイワリは…50センチ刻み静止0~1秒でシャクっていると、へた釣りの竿にもカイワリらしい手ごたえ。水深が浅いので手巻きで丁寧に取り込む。25センチのまずまずサイズのカイワリだった。続いてもう一度、強烈な引き込み。カイワリなら尺超え確実な手ごたえに船長がタモを持って駆けつけてくれる。海面に銀色のシルエット。船長も「カイワリ!!」とタモを出そうとしたのだが、「あらら? ハナちゃんですね」。30センチのチダイだった。この日はカイワリよりもチダイの方が元気がよかったようで、すぐにもう1匹25センチくらいのを追加した。
無理やりクーラーを満タンにして大漁気分。でも、カイワリは…無理やりクーラーを満タンにして大漁気分。でも、カイワリは…

無理やりクーラーを満タンにして大漁気分。でも、カイワリは…その後はサバラッシュに遭ってポイントを転々とするも、仕掛けを底に落とす前にサバにやられてしまう。何匹釣ったか覚えてないが、40センチ超えを交えてサバばかり釣り続ける。仕掛けの針数を減らしなんとか底まで仕掛けを届けてもサバの層を抜けると今度は魚信がない。今日はカイワリ高活性かもという手ごたえはサバによって蹴散らされた。電動リールで高速巻上げしないとオマツリが発生するので、仕掛けのロスト数も半端じゃない。今日もカイワリあかんかも。

■カイワリ&アマダイ両方狙って目標は無理やりクーラー満タン!!

無理やりクーラーを満タンにして大漁気分。でも、カイワリは…サバを嫌った船長は、船を大崎堤防寄りのポイントに移す。サバの猛攻はなくなった。まず釣れてきたのは小型のマルアジ。素直にウィリーシャクリで魚の反応が持ち上がってくる。なぜかメバルが釣れたり、結構上のタナなのにサクラダイが食ってきたりと、釣れる魚が入れ替わっていく。そして30センチ超えのマアジが釣れ盛るようになる。マルアジはリリースし、マアジだけを11匹キープ。
無理やりクーラーを満タンにして大漁気分。でも、カイワリは…無理やりクーラーを満タンにして大漁気分。でも、カイワリは…

無理やりクーラーを満タンにして大漁気分。でも、カイワリは…大崎堤防沖の水深60メートルのポイント。ビシが着底した手ごたえが少し海底にめり込む砂泥地っぽくなる。アマダイがいそうな予感。ビシの上窓を全部閉じてコマセが出ないようにし、底をトントンと7、8回小突いて、50センチ刻み静止10秒で6回くらいシャクリ上げるというアマダイカイワリを両方意識した誘いを繰り返すと、竿先をゴンッと持っていくような魚信。重量感もあり、時々激しく抵抗するので、アマダイ確実と思っていたのだが、海面に姿を現したのは40センチくらいのイラだった。カイワリが釣れていたのならリリースするのだが、味噌漬けにしちゃうことにしてキープ。だって、身の量が多そうなんだもん。ここで、目標変更。魚種問わずクーラーを満タンにして大漁気分を味わうことに。

無理やりクーラーを満タンにして大漁気分。でも、カイワリは…その後、網代寄りのポイントに戻って、ここで20センチくらいと小ぶりのカイワリを1匹追加。カイワリは最初に釣ったものをあわせて2匹で終了。再度、大崎堤防沖の水深60メートルのポイントに。アマダイカイワリ両方狙いのコマセなし底からシャクリをしていると、竿先がフッと沈む前魚信。今度こそ間違いないだろと、食い込ませて竿先を十分に引き込むのを待ってから巻き上げる。海面に姿を現したのは、まごうことなきアマダイ。45センチの満足サイズ。これをクーラーに収めると、ちょうどクーラーが満タンになった。カイワリは2匹しかいないけど、不漁じゃないもんねっ!!



Twitter

2014年07月19日 23:17

« よく分かってないけどカレイの仕掛けを3種類ほど買ったよ | メイン | やっちまった!! 主力竿の穂先がぁぁぁぁぁぁああああああああ »

最近の釣りに行った記事

怒涛の4連荘ありアカムツ5匹。極鋭CG釣れる気しかしない
午前は船中1匹の報に暗澹とするもカイワリ15匹でえっへん
南房まで行ってシマアジがボウズだけでなくクーラー空っぽ
厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとか
極鋭CGオニカサゴで入魂完了。腕ではなく竿を褒められる
自称・老先短い母にええもん食わせに上かん屋 久佐久へ
初の外房にて45cm&30cmのアカムツ両手にドヤっドヤっ顔
満足サイズも2匹。深場五目初戦はクロムツ6匹でえっへん
難波最強の立ち飲み屋発見! あたりや食堂でニセンベロ!!
あわや2釣行連続でクーラー空! オニカサゴみくじは小吉
年越しそば2019は難波・源氏で。関西流に辛味大根が美味
令和元年の釣り納めで今年初のをやらかしてしょぼ~ん!
イナダだらけでイシダイどこ~? シマ消え込みで3匹ゲット
久里浜沖7時間耐久マダイ魚信なし地獄にもがき苦しんだ
カイワリは安定の14匹。カンパチはソレダメをやらかしたよ
序盤にクロダイ×2、そのうちマダイも釣れると思ったのに…
雑然とした路地の老舗寿司屋あばらやで大人のドキドキを
カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ
カイワリツ抜けは楽勝と油断したら後半デカアジに翻弄され
ドラグ滑って面白すぎ!! イナダ(ハマチ)10匹で大大大満足
タチウオは指5本×2で満足。アマダイはポニョのみで罪悪感
台風一過の午前アジは土砂降り、強風、ゴミだらけだったが
餃子激戦区の恵比寿に祇園歩兵3号店。優しいお味に納得
35up乱舞。アジしか釣れずしょんぼり、妻は人生最大に興奮
伊豆はカワハギ天国のはずだったのに後半失速でもツ抜け
久々の治久丸午前でカイワリ9匹。えべっさんも人生初の!!
炙り+好みの味ですし焼き。コスパも抜群な難波・ときすし
母78歳の誕生日をメープル猪名川で祝う。秋の味覚楽しむ
ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目
浅場タチウオ攻略失敗。でも50mなら労せずとも掛かるかも
路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです
刺し盛りは関西は活かり、関東は旨みと恵比寿 魚一商店で
撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪
5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない
純ちゃんのすじ塩は恵比寿でNo.1の煮込みかも知れない!!
難波・豪快立ち寿司でウニとイクラこぼれ盛り痛風一直線♪
恵比寿・肉天国で炙りユッケ、痛風味玉、牛トロ天を堪能す
一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする
北海道のそばは最高!! 中標津・伊とうで藪・更科食べ比べ
姪2号にオショロコマを釣らせるミッション今年も無事クリア!!
釧路・繁栄丸アオゾイ耐久。7匹だけど今年も釣れたよ
北海道の師匠杯で子供はアオゾイゲット。へたはお世話係
台風令和初上陸の翌日剣崎イサキ束釣れるかなチャレンジ
難波居酒屋のお刺身は安くて美味いの代表、嬉々わらまさ
難波で昼飲みならなんばグランド花月1階、酒処さつき最強
宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ
売り切れが多いがおっぱい串がとにかく絶品なおみっちゃん
竿先グングンッ…でもバレる。気難しいアジに翻弄されたよ
土用の丑に鰻なる野暮は避け恵比寿・う福でお先に鰻三昧
小サメの駆除に協力したら梅雨アナゴとタチウオもらえたよ

著者: へた釣り