小突きカレイ超楽しいぞ!! ちょっとずつ調子が上がって12匹!

小突きカレイ超楽しい!! ちょっとずつ調子が上がって12匹!北海道釣行2014のメインイベント、標津沖での小突きカレイ初体験。予習はばっちりのつもりだったが机上で学んだことはあまり役に立たないことも。最初はアワセるタイミングが分からず大苦戦。少しずつ調子が上がっていきなんとか12匹釣った。東京湾では2匹が最高だったので大満足!

小突きカレイ超楽しい!! ちょっとずつ調子が上がって12匹!北海道の釣りは朝が早い。この日は釧路から標津港への移動時間もあるので、4時に宿泊先のホテルまで北海道の師匠に迎えにきてもらう。途中で北海道の師匠2号グループと合流し、2時間かけて標津へと向かう。大人4人、子供4人で、日陽丸という船を仕立てての小突きカレイ釣り。この釣りの経験があるのは、北海道の師匠1号&2号だけで残りの6人は初体験である。「20匹くらいは釣れるんじゃない?」と言われてすっかりその気になっていたのだが……出発前の船長の一言。「先に出た船に聞いたら今日は厳しいみたいよ」。膨らんだ期待と希望が一気にしぼむ。

■アワセ方分からねぇ~~~、で、子供2号とともに出遅れたぁ!!

小突きカレイ超楽しい!! ちょっとずつ調子が上がって12匹!船は標津港を出て沖に向かって10分ほど走る。天気がよければ、国後島が見えるそうなのだがあいにくの霧でどちらに向かって走っているのかすら検討がつかない状態。あとで聞いたら国後島と標津港のちょうど中間。もう何キロか国後に近づくとロシアの巡視船に怒られちゃう辺りがポイントだったらしい。3本針仕掛けにアオイソメを2匹ずつちょん掛けして仕掛け投入。仕掛けがからまないように着底してもしばらく我慢。まずは20センチくらいゆっくりと底を小突いて錘をカレイに見せる。少しずつ小突く速度を速くストロークも10センチくらいと短くしていって…と予習した方法で釣ってみた。

小突きカレイ超楽しい!! ちょっとずつ調子が上がって12匹!魚信はすぐにあった。竿先がプルルとしたので、少し竿を持ち上げて、竿先が引き込むのを待ったのだが、反応消滅。魚信は出せるのだが、どうにもアワセ方が分からず苦戦。クワセの間を作ってみたり、逆に即アワセをしてみたりと試行錯誤してみたが、どうもうまくいかない。船中ポツポツカレイが上がっている。北海道の師匠たちは順調に釣っているし、子供1号にまで先を越された。子供2号とへた釣りだけ蚊帳の外。子供2号はちょっぴり眠くなってしまう。へた釣りはというと、焦れる。焦れるがアワセ方が分からない。やっときたぁぁぁぁあと思ったら良型カジカ。最初のカレイを手にしたのは釣りを開始してから2時間くらい経った8時半だった。1匹釣れればなんとなくコツが分かったようで、時間を置かずにもう1匹追加。
小突きカレイ超楽しい!! ちょっとずつ調子が上がって12匹!小突きカレイ超楽しい!! ちょっとずつ調子が上がって12匹!

■デカッ!!なカレイも釣れたし手ごたえもなんとなくつかめたような

小突きカレイ超楽しい!! ちょっとずつ調子が上がって12匹!「パパ、今何匹?」。子供1号が何枚目かのカレイを手にしてうれしそうに聞いてきた。「まだ、2匹」と答えると「これ、5匹目!」。北海道の師匠たちにはかなうべくもないが、子供1号にまでダブルスコア以上で負けている。子供2号もようやく1匹目(ソウハチカレイ?)をゲットし、船中ボウズはとりあえず消えた。へた釣りはというと小突きを速くすればカジカに餌を食われる可能性が減るってことにようやく気づいて少しだけペースアップ。カジカに混じってクロガシラカレイをポツポツとは拾えるようになる。数がそこそこ出てくると、今度は型が欲しくなるのだから業が深い。そういう欲を出すと、空回りすることが多いのだが、北海道の海はちゃんと希望をかなえてくれた。
小突きカレイ超楽しい!! ちょっとずつ調子が上がって12匹!小突きカレイ超楽しい!! ちょっとずつ調子が上がって12匹!

小突きカレイ超楽しい!! ちょっとずつ調子が上がって12匹!突如訪れたこれまでのカレイとは異質な引き。ときどき大きく引き込んで竿を送ってしのがなければならない。海面に現れたシルエットはデカッなカレイ。この日初めてのタモの出番。縁側は黄と黒の縞模様で体表はザラザラ。目の位置はヒラメと同じ左。あまり美味ではないヌマガレイだとは分かっているが、それでも40センチを超えるカレイが釣れればうれしい。同じようなサイズのヌマガレイをもう1匹追加する。その後も何匹がカレイが釣れて12匹で沖上がり。「20匹くらいは」には届かなかったが尻上がりに調子がよくなったし、再挑戦する機会があれば今日よりうまく釣れるような手ごたえをつかめたので大満足。ちなみに下の子供2号はへた釣りの釣ったヌマガレイを手に冒頭のへた釣りのドヤ顔を真似したものであるらしい。子供1号はカジカばかり釣れるのに飽きて後半延びずに6匹。
小突きカレイ超楽しい!! ちょっとずつ調子が上がって12匹!小突きカレイ超楽しい!! ちょっとずつ調子が上がって12匹!



Twitter

2014年07月27日 16:51

« 北海道投げ四目達成でまずますの滑り出しってことにしといて | メイン | 本日中日。虹別にて小1時間オショロコマ&ニジマスと戯れる »

最近の釣りに行った記事

ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目
浅場タチウオ攻略失敗。でも50mなら労せずとも掛かるかも
路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです
刺し盛りは関西は活かり、関東は旨みと恵比寿 魚一商店で
撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪
5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない
純ちゃんのすじ塩は恵比寿でNo.1の煮込みかも知れない!!
難波・豪快立ち寿司でウニとイクラこぼれ盛り痛風一直線♪
恵比寿・肉天国で炙りユッケ、痛風味玉、牛トロ天を堪能す
一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする
北海道のそばは最高!! 中標津・伊とうで藪・更科食べ比べ
姪2号にオショロコマを釣らせるミッション今年も無事クリア!!
釧路・繁栄丸アオゾイ耐久。7匹だけど今年も釣れたよ
北海道の師匠杯で子供はアオゾイゲット。へたはお世話係
台風令和初上陸の翌日剣崎イサキ束釣れるかなチャレンジ
難波居酒屋のお刺身は安くて美味いの代表、嬉々わらまさ
難波で昼飲みならなんばグランド花月1階、酒処さつき最強
宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ
売り切れが多いがおっぱい串がとにかく絶品なおみっちゃん
竿先グングンッ…でもバレる。気難しいアジに翻弄されたよ
土用の丑に鰻なる野暮は避け恵比寿・う福でお先に鰻三昧
小サメの駆除に協力したら梅雨アナゴとタチウオもらえたよ
俺が行っても終わらずどころかカイワリ18匹で最多記録更新
6月のええもん1=新川にしやで伝助アナゴ、白子、キアラ刺
6月のええもん2=ShunのA5牛しゃぶローススープ茶漬け♪
プチ時化お立ち台で体幹トレーニングしつつイサキを26匹♪
1日剣崎で釣れてイサキ13匹、最大28.5cmでなんとかなった
コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈
5月のええもん=哲剣で活アコウ刺しに感動+カマ焼きも◎
好漁続きでどうした、俺。六目41匹でクーラー八分と大満足
G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり
令和の初釣りは雨の中シャクリ続けてカイワリ7匹でドヤッ!!
アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない
4月のええもん=正宗屋のカステラ&魚屋ひでぞう刺し盛り
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ
タナ取りスピード勝負に妻苦戦で14匹。30匹クリアが遠いよ
夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日
鏡面のように穏やかな海で釣りをしている白日夢を見たよ
明石焼き、いかなご釘煮、蛸ぺったん、穴子串を魚の棚で
明石・人丸花壇で鯛・蛸・穴子の海峡名物3点セットを満喫♪
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪
不幸だねぇ氷雨降る時化海で本命ボウズなんて闇堕ちする
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?
2月のええもんは難波・天秤棒でおこぜ含むお刺身三昧!
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!
ブラックドラゴン相手に筋トレ。クロムツは3匹だけでチーン
難波・桃酔でええもん=アコウの酒蒸しと白アマダイを食う
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く

著者: へた釣り