小突きカレイ超楽しいぞ!! ちょっとずつ調子が上がって12匹!

小突きカレイ超楽しい!! ちょっとずつ調子が上がって12匹!北海道釣行2014のメインイベント、標津沖での小突きカレイ初体験。予習はばっちりのつもりだったが机上で学んだことはあまり役に立たないことも。最初はアワセるタイミングが分からず大苦戦。少しずつ調子が上がっていきなんとか12匹釣った。東京湾では2匹が最高だったので大満足!

小突きカレイ超楽しい!! ちょっとずつ調子が上がって12匹!北海道の釣りは朝が早い。この日は釧路から標津港への移動時間もあるので、4時に宿泊先のホテルまで北海道の師匠に迎えにきてもらう。途中で北海道の師匠2号グループと合流し、2時間かけて標津へと向かう。大人4人、子供4人で、日陽丸という船を仕立てての小突きカレイ釣り。この釣りの経験があるのは、北海道の師匠1号&2号だけで残りの6人は初体験である。「20匹くらいは釣れるんじゃない?」と言われてすっかりその気になっていたのだが……出発前の船長の一言。「先に出た船に聞いたら今日は厳しいみたいよ」。膨らんだ期待と希望が一気にしぼむ。

■アワセ方分からねぇ~~~、で、子供2号とともに出遅れたぁ!!

小突きカレイ超楽しい!! ちょっとずつ調子が上がって12匹!船は標津港を出て沖に向かって10分ほど走る。天気がよければ、国後島が見えるそうなのだがあいにくの霧でどちらに向かって走っているのかすら検討がつかない状態。あとで聞いたら国後島と標津港のちょうど中間。もう何キロか国後に近づくとロシアの巡視船に怒られちゃう辺りがポイントだったらしい。3本針仕掛けにアオイソメを2匹ずつちょん掛けして仕掛け投入。仕掛けがからまないように着底してもしばらく我慢。まずは20センチくらいゆっくりと底を小突いて錘をカレイに見せる。少しずつ小突く速度を速くストロークも10センチくらいと短くしていって…と予習した方法で釣ってみた。

小突きカレイ超楽しい!! ちょっとずつ調子が上がって12匹!魚信はすぐにあった。竿先がプルルとしたので、少し竿を持ち上げて、竿先が引き込むのを待ったのだが、反応消滅。魚信は出せるのだが、どうにもアワセ方が分からず苦戦。クワセの間を作ってみたり、逆に即アワセをしてみたりと試行錯誤してみたが、どうもうまくいかない。船中ポツポツカレイが上がっている。北海道の師匠たちは順調に釣っているし、子供1号にまで先を越された。子供2号とへた釣りだけ蚊帳の外。子供2号はちょっぴり眠くなってしまう。へた釣りはというと、焦れる。焦れるがアワセ方が分からない。やっときたぁぁぁぁあと思ったら良型カジカ。最初のカレイを手にしたのは釣りを開始してから2時間くらい経った8時半だった。1匹釣れればなんとなくコツが分かったようで、時間を置かずにもう1匹追加。
小突きカレイ超楽しい!! ちょっとずつ調子が上がって12匹!小突きカレイ超楽しい!! ちょっとずつ調子が上がって12匹!

■デカッ!!なカレイも釣れたし手ごたえもなんとなくつかめたような

小突きカレイ超楽しい!! ちょっとずつ調子が上がって12匹!「パパ、今何匹?」。子供1号が何枚目かのカレイを手にしてうれしそうに聞いてきた。「まだ、2匹」と答えると「これ、5匹目!」。北海道の師匠たちにはかなうべくもないが、子供1号にまでダブルスコア以上で負けている。子供2号もようやく1匹目(ソウハチカレイ?)をゲットし、船中ボウズはとりあえず消えた。へた釣りはというと小突きを速くすればカジカに餌を食われる可能性が減るってことにようやく気づいて少しだけペースアップ。カジカに混じってクロガシラカレイをポツポツとは拾えるようになる。数がそこそこ出てくると、今度は型が欲しくなるのだから業が深い。そういう欲を出すと、空回りすることが多いのだが、北海道の海はちゃんと希望をかなえてくれた。
小突きカレイ超楽しい!! ちょっとずつ調子が上がって12匹!小突きカレイ超楽しい!! ちょっとずつ調子が上がって12匹!

小突きカレイ超楽しい!! ちょっとずつ調子が上がって12匹!突如訪れたこれまでのカレイとは異質な引き。ときどき大きく引き込んで竿を送ってしのがなければならない。海面に現れたシルエットはデカッなカレイ。この日初めてのタモの出番。縁側は黄と黒の縞模様で体表はザラザラ。目の位置はヒラメと同じ左。あまり美味ではないヌマガレイだとは分かっているが、それでも40センチを超えるカレイが釣れればうれしい。同じようなサイズのヌマガレイをもう1匹追加する。その後も何匹がカレイが釣れて12匹で沖上がり。「20匹くらいは」には届かなかったが尻上がりに調子がよくなったし、再挑戦する機会があれば今日よりうまく釣れるような手ごたえをつかめたので大満足。ちなみに下の子供2号はへた釣りの釣ったヌマガレイを手に冒頭のへた釣りのドヤ顔を真似したものであるらしい。子供1号はカジカばかり釣れるのに飽きて後半延びずに6匹。
小突きカレイ超楽しい!! ちょっとずつ調子が上がって12匹!小突きカレイ超楽しい!! ちょっとずつ調子が上がって12匹!



Twitter

2014年07月27日 16:51

« 北海道投げ四目達成でまずますの滑り出しってことにしといて | メイン | 本日中日。虹別にて小1時間オショロコマ&ニジマスと戯れる »

最近の釣りに行った記事

猿島沖で下手をキワめる! 午後アジ5匹、夜メバル6匹のみ!!
【番外編】妻と釣りじゃないデートで河津で鰻、多賀で蕎麦
特餌忘れ凪のはずが時化でメバル釣れずなんだか不本意な…
前半はサバに混じってアジで後半はアジに混じってサバ地獄
稲取沖第1投で城ケ島以西で“アレ”が釣れない呪い解呪成功
シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子
辛うじてノーピクではないもののノーガコッでクロムツボウズ
へたが来た日は釣れる!? 尺級2匹込みカイワリ18匹でどやっ
釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹
GW第2戦は待望の凪!! いつもの如く撃沈しマゴチ1匹だけ
強風に苦しみ触手に苛まれ釣り方見失うアジ・キスリレー
予期せぬ大時化にアジツ抜けせずクロダイで帳尻だけ合わす
ちょい時化だけど猿アジはぽつぽつ…後半凪たらし~んと
昼までノーガコッ伝説継続…ヤヴァいかもで一度だけガコッ

著者: へた釣り