マゴチ大会に向けて死角しかなし!! 餌の釣り方だけ上達w

マゴチ大会に向けて死角しかなし!! 餌の釣り方だけ上達w来週は江戸前釣りサ-キット大会のマゴチの部。今年こそは検量まで(早い話が1匹釣りたい!)というささやかな希望を胸に抱いているのだが…暗雲が立ち込める。死角なしと書いて威勢よく大会に臨みたかったのだが、1日やって魚信なし!! 練習できたのはイトヒキハゼの釣り方だけ。

マゴチ大会に向けて死角しかなし!! 餌の釣り方だけ上達w先週の開幕戦では4匹釣って2013年のマゴチはどや顔発進できた。第2戦は、潮が小潮と動きが悪いし、釣っている時間はずっと下げ潮で釣り座によって優劣がつきやすい(電車なのでいい席には座れない)、さらにちょっと海が荒れ気味と開幕戦よりも厳しくなるとは事前に予想できたのだが……ここまで悪いとは考えてなかった。釣り座は右舷の胴。下げ潮で南風なので舳有利と調べていたが、潮の緩い大貫沖ではなく海堡周りで釣ることになれば、右舷がいくらか有利と考えていた。潮先に当たる舳の方を見ると、釣り人に対して釣り竿の本数が多い。釣り人4人で釣り竿8本…う~~む。出船前に船長から「最初潮どまりなので、餌を釣りましょう」とアオイソメとキス用の仕掛けを渡される。
マゴチ大会に向けて死角しかなし!! 餌の釣り方だけ上達wマゴチ大会に向けて死角しかなし!! 餌の釣り方だけ上達w

■タラシを長くすると針を飲まれなくなると知ったことが唯一の成果

マゴチ大会に向けて死角しかなし!! 餌の釣り方だけ上達w船は富津沖へ。ここでパックンチョと呼ばれるイトヒキハゼを釣って餌代節約(?)という方針。長らくキス釣りをしてないので、流線針7号にアオイソメを付けながら、「餌も釣れないと恥ずかしいなぁ~」と最初から少々弱きモード。しかも、この日は鋳込み天秤ではなく、三日月錘で釣ろうと決めていたので、天秤なしでも釣れるのかしら?と不安倍増。船長の指示は「餌のタラシは5センチくらい。底に錘を付けて誘わず待つ」だった。例によって人の言うことを聞かないへた釣りはキス釣りの要領で小さく餌を付けて底を少し切ったり、錘で底を小突いたりと余計なことをする。イトヒキハゼはあっさり釣れた。10センチくらいのマゴチの餌にぴったりサイズが海底にいくらでもいるようである。

マゴチ大会に向けて死角しかなし!! 餌の釣り方だけ上達w「餌釣りは上手ですね」と船長にからかわれる。実際、餌釣りが上手かというとそうではない。数はそれなりに釣れるものの、針を飲まれてしまうことが多く、針をペンチで外しているうちに弱ってしまう。バケツに放したイトヒキハゼのうち何匹かは既にお腹を向けてひっくり返ってしまっている。「針飲まれまくって餌にならないんですよ~」と相談すると、「餌を大きく付けると飲まれない」とのこと。最初にタラシは5センチって言われたよなと思いだして、餌を大きく付けると、確かに針を飲まれずに口に掛かるようになった。マゴチの餌釣りがちょっぴり上手になった。なぜかシロギスが1匹混じって、餌確保終了。

■エビのお代わりなし。心はざわ…ざわ…せずに海がざわ…ざわ…

マゴチ大会に向けて死角しかなし!! 餌の釣り方だけ上達w船はマゴチのポイントに向かって南下。海堡周辺で止まるかなと期待したが、東京湾観音がはっきり見える大貫沖まで一気に下る。ポイントの読み間違いで、右舷の胴は限りなく潮尻に近い釣り座になってしまった。でも、潮先だ潮尻だなんてことは全く関係なく、船上誰の竿にも何にもない何にもない全く何にもない時間が待っていた。マゴチが釣れたのが確認できたのは右舷では2匹だけ。産卵期に入ってしまったせいなのか? 海が悪かったせい? 潮が効いてないせいか? 原因は特定できないが、過去最悪の魚信の遠い一日。船長は大貫沖を西へ行ったり東に行ったり、水深も6メートル~12メートルまで荒れた海の中、マゴチを求めて行ったり来たりしてくれたのだが……。
マゴチ大会に向けて死角しかなし!! 餌の釣り方だけ上達wマゴチ大会に向けて死角しかなし!! 餌の釣り方だけ上達w

マゴチ大会に向けて死角しかなし!! 餌の釣り方だけ上達w最初にもらったエビ5匹がほぼ最後まで残っていた。マゴチがボウズだったことは過去に2回あるが、それでも餌をお代わりする程度にはなんらかの魚信はあった。本日の魚信はイカが4回だけ。一度だけもしかしたら速効型のマゴチかも?な魚信があったようななかったような。それだけである。せっかく調達した餌だからと、最後の数投だけ、チヌ針6号にイトヒキハゼを付けて釣ってみたが、釣った餌の大半はそのまま海にお帰りいただくことに。置き竿にはせずにほとんどの時間を手持ちでマメにタナを取りなおして頑張ってはみた。でも…竿を持ったまま寝ちゃいそうだった。本日のお土産はシロギス1匹と船長にもらった死んだエビ2匹。潮回りの悪い日のマゴチは避けた方がいいってことやね。
マゴチ大会に向けて死角しかなし!! 餌の釣り方だけ上達wマゴチ大会に向けて死角しかなし!! 餌の釣り方だけ上達w



Twitter

2013年05月18日 19:51

« 5月ってウナギ釣りのシーズンらしいのだが…どこで釣る? | メイン | 妻1号って最高だ♪ 「熊出没注意」帽子が新品同様に復活!! »

最近の釣りに行った記事

コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈
5月のええもん=哲剣で活アコウ刺しに感動+カマ焼きも◎
好漁続きでどうした、俺。六目41匹でクーラー八分と大満足
G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり
令和の初釣りは雨の中シャクリ続けてカイワリ7匹でドヤッ!!
アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない
4月のええもん=正宗屋のカステラ&魚屋ひでぞう刺し盛り
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ
タナ取りスピード勝負に妻苦戦で14匹。30匹クリアが遠いよ
夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日
鏡面のように穏やかな海で釣りをしている白日夢を見たよ
明石焼き、いかなご釘煮、蛸ぺったん、穴子串を魚の棚で
明石・人丸花壇で鯛・蛸・穴子の海峡名物3点セットを満喫♪
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪
不幸だねぇ氷雨降る時化海で本命ボウズなんて闇堕ちする
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?
2月のええもんは難波・天秤棒でおこぜ含むお刺身三昧!
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!
ブラックドラゴン相手に筋トレ。クロムツは3匹だけでチーン
難波・桃酔でええもん=アコウの酒蒸しと白アマダイを食う
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く
血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止

著者: へた釣り