釣りをして不幸になることもあると幸福丸の船上で知ったよ

釣りをしていて不幸になることもあると幸福丸の船上で知った竿が握れればニコニコ。釣り場でのへた釣りは普段の様子を知る人から見れば奇異に見えるほど愛想がいいらしい。幸せなのである。釣果はあるに越したことはないが、取りあえず釣りができれば幸せだと思っていた……今日までは。釣りで不幸になることもあると幸福丸の船上で知る。

釣りをしていて不幸になることもあると幸福丸の船上で知ったアキアジ遠征2012の最終日。本日は予定通り釧路の沖で根魚五目。昨日と同じ釣り物になってしまったが、不測の事態があったので仕方がない。船は釧路・第一幸福丸昨日助けてもらった繁栄丸にお礼を兼ねて乗らなくてはいけないところだが、ずいぶん前から予約してあったのでドタキャンするわけにもいかず、幸福丸で出船。乗船場所が繁栄丸と同じ岸壁なので前を通るときは足早かつ俯き加減に。来年は乗るから許してちょうだい。サンマ漁の船なんかを見学しつつ4時過ぎには幸福丸に到着。

■背後の釣り人のタックルを見て唖然。オマツリするなって無理だろっ!!

釣りをしていて不幸になることもあると幸福丸の船上で知った本日は北海道の師匠といっしょ。師匠は既に到着済みで釣り座を確保してくれていた。へた釣りは左舷大艫を譲っていただき、師匠は左舷胴。昨日のアオゾイ大漁のイメージが残っているので、今日も間違いなく釣れるはずだと思っていた。4時50分には河岸払いし、尻羽岬沖のアオゾイポイントへ、朝日が昇るのを見ながら1時間半ほど船は走る。東に向けて開けた釧路沖の日の出は何度見ても最高である。でも、どうした理由からなのか釧路は、釧路市民以外はほとんど知らないと思うが、世界三大夕日の1つになっているらしく夕日の方が観光資源的には推しらしい。確かに夕日もきれいではある。

釣りをしていて不幸になることもあると幸福丸の船上で知った船が走っている最中に……右舷大艫の人のタックルを見て、え!?と驚く。リールは深海釣り用のミヤエポック製で針数16本。ハリスも恐ろしく太い。釣りというより漁仕様のタックルに、これはオマツリしまくるかもと、嫌な予感を覚える。でも、釣り人はベテランさんっぽかったので、きっとオマツリしないように釣ってくれるんだろうと思っていた…というか、思うことにした。釣り場について第一投。予想通り、アッという間にオマツリ。オマツリを解く間にラインの太さを聞くとなんとPE10号。うわぁ~~~と思って錘の重さを聞くと300号。へた釣りはPE4号で錘250号(釧路の沖の標準的なタックル)なので…PE10号を使うなら理論的には625号、少なくとも500号以上の錘を付けてほしい。潮も速い上に水深は100メートル以上ある。なのに、言うにこと欠いて、「細い糸だとオマツリ解くの面倒だな」とぼそっとつぶやいたのを聞いて……こりゃ、ダメだと、釣り開始と同時にテンション下がりまくり。

■船長の「今日の客はなんだよ!」にカチーンときて不幸のどん底に

釣りをしていて不幸になることもあると幸福丸の船上で知ったとはいえ、船の上で釣りをしないという選択肢はないわけで、なんとかオマツリしないようにと気をつけながら釣りを続けた。それでも2投か3投に1回の頻度でオマツリ。しかも細い糸は面倒なベテランさんは、人のラインのことなんてどうでもいいようで、船べりに擦れようが、ロッドキーパーの金属部にラインを絡ませようが気にもしない。自分の魚は大事らしく、他人のラインは擦れるままに絡むままにまずは魚を取り込んで思い切り暴れさせてくれる。当然、へた釣りのラインはブチブチ切れまくり。しかし…どれだけ乱暴に扱えばPE4号がここまで切れるんだ!! こんな状態で釣果が伸びるはずがない。アオゾイ狙いは諦めてタラジグに。ジグは500グラムで統一……ジグの重さだけ統一してもラインの太さが違えば意味がない。当然オマツリ。ここで、船長からも信じられない発言。「ジグは500使ってよ、今日の客はなんだよ!!」。客に「なんだよ!!」はねぇだろ!!!!!!! 道具見りゃ、ラインの太さくらい分かるだろっ!! すべての客が楽しく釣りができるように指導したり、調整したりするのが船長の仕事だろっ!!!!!!!!!!!! この時点で完全に戦意喪失。TKO負けである。釧路・第一幸福丸を客から金を取って釣りを楽しませる遊魚船(=サービス業)だと思っていたのが間違いだった。ここまで書いていいのか? いいのである。北海道の師匠には悪いが、釧路の不幸丸には二度と乗らねっ!!!!!!!

釣りをしていて不幸になることもあると幸福丸の船上で知ったまぁ、一応、釣りはしたよ。竿たたんで不貞寝してやろうかとも思ったが、北海道の師匠に気を使わせても悪いので、オマツリするためだけに竿は出し続けた。300メートル巻いてあったラインは残り80メートル。よくもまぁ、ここまでラインをズタズタに切ってくれたもんだ。よくもまぁ、ここまでラインがズタズタにされるのを放置しておいてくれたもんである。ラインが足りなくなったら竿を仕舞えるのになぁ~と思っていた(予備リールは持っていたけどw)が、よくしたもので後半はギリギリラインが足りる浅いポイントに移った(オマツリも減った)ので、沖上がりまで竿を出し続ける羽目に。生まれて初めて、釣りをしていて不幸になったよ。不幸丸の船長さん、反論があればどうぞ。東京湾の片舷20人なんてこともある激込みの船で釣っているので、オマツリの回避法はある程度心得ている。ここは東京湾じゃないというのであれば、昨日繁栄丸で一度もオマツリしていない。どう考えても不幸丸は異常だし、異常な状態を解決しようとしない遊魚船の船長の存在はもっと異常だ。



Twitter

2012年09月22日 17:08

« 男・繁栄の侠気に感謝!! アキアジ改め北海道五目で大漁♪ | メイン | アキアジ遠征2012 釣れてうれしかった道東のお魚ランキング »

最近の釣りに行った記事

5月のええもん=哲剣で活アコウ刺しに感動+カマ焼きも◎
好漁続きでどうした、俺。六目41匹でクーラー八分と大満足
G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり
令和の初釣りは雨の中シャクリ続けてカイワリ7匹でドヤッ!!
アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない
4月のええもん=正宗屋のカステラ&魚屋ひでぞう刺し盛り
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ
タナ取りスピード勝負に妻苦戦で14匹。30匹クリアが遠いよ
夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日
鏡面のように穏やかな海で釣りをしている白日夢を見たよ
明石焼き、いかなご釘煮、蛸ぺったん、穴子串を魚の棚で
明石・人丸花壇で鯛・蛸・穴子の海峡名物3点セットを満喫♪
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪
不幸だねぇ氷雨降る時化海で本命ボウズなんて闇堕ちする
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?
2月のええもんは難波・天秤棒でおこぜ含むお刺身三昧!
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!
ブラックドラゴン相手に筋トレ。クロムツは3匹だけでチーン
難波・桃酔でええもん=アコウの酒蒸しと白アマダイを食う
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く
血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!
雨で流れが速すぎて姪2号がなんとかオショロコマを1匹
標津カレイ北海道の師匠杯は台風で飛んできた女が3位に
ご当地流には理由がある。無視するとウグイの呪いが発動
釣れないから呑む。釧路の日米でとり天と東北の美酒に酔う
明石家さんまばかりでシシャモは釣れず。明日は出船中止
数釣りシーズン開幕したよ。 179匹で7月の最多記録更新!!

著者: へた釣り