釣りをして不幸になることもあると幸福丸の船上で知ったよ

釣りをしていて不幸になることもあると幸福丸の船上で知った竿が握れればニコニコ。釣り場でのへた釣りは普段の様子を知る人から見れば奇異に見えるほど愛想がいいらしい。幸せなのである。釣果はあるに越したことはないが、取りあえず釣りができれば幸せだと思っていた……今日までは。釣りで不幸になることもあると幸福丸の船上で知る。

釣りをしていて不幸になることもあると幸福丸の船上で知ったアキアジ遠征2012の最終日。本日は予定通り釧路の沖で根魚五目。昨日と同じ釣り物になってしまったが、不測の事態があったので仕方がない。船は釧路・第一幸福丸昨日助けてもらった繁栄丸にお礼を兼ねて乗らなくてはいけないところだが、ずいぶん前から予約してあったのでドタキャンするわけにもいかず、幸福丸で出船。乗船場所が繁栄丸と同じ岸壁なので前を通るときは足早かつ俯き加減に。来年は乗るから許してちょうだい。サンマ漁の船なんかを見学しつつ4時過ぎには幸福丸に到着。

■背後の釣り人のタックルを見て唖然。オマツリするなって無理だろっ!!

釣りをしていて不幸になることもあると幸福丸の船上で知った本日は北海道の師匠といっしょ。師匠は既に到着済みで釣り座を確保してくれていた。へた釣りは左舷大艫を譲っていただき、師匠は左舷胴。昨日のアオゾイ大漁のイメージが残っているので、今日も間違いなく釣れるはずだと思っていた。4時50分には河岸払いし、尻羽岬沖のアオゾイポイントへ、朝日が昇るのを見ながら1時間半ほど船は走る。東に向けて開けた釧路沖の日の出は何度見ても最高である。でも、どうした理由からなのか釧路は、釧路市民以外はほとんど知らないと思うが、世界三大夕日の1つになっているらしく夕日の方が観光資源的には推しらしい。確かに夕日もきれいではある。

釣りをしていて不幸になることもあると幸福丸の船上で知った船が走っている最中に……右舷大艫の人のタックルを見て、え!?と驚く。リールは深海釣り用のミヤエポック製で針数16本。ハリスも恐ろしく太い。釣りというより漁仕様のタックルに、これはオマツリしまくるかもと、嫌な予感を覚える。でも、釣り人はベテランさんっぽかったので、きっとオマツリしないように釣ってくれるんだろうと思っていた…というか、思うことにした。釣り場について第一投。予想通り、アッという間にオマツリ。オマツリを解く間にラインの太さを聞くとなんとPE10号。うわぁ~~~と思って錘の重さを聞くと300号。へた釣りはPE4号で錘250号(釧路の沖の標準的なタックル)なので…PE10号を使うなら理論的には625号、少なくとも500号以上の錘を付けてほしい。潮も速い上に水深は100メートル以上ある。なのに、言うにこと欠いて、「細い糸だとオマツリ解くの面倒だな」とぼそっとつぶやいたのを聞いて……こりゃ、ダメだと、釣り開始と同時にテンション下がりまくり。

■船長の「今日の客はなんだよ!」にカチーンときて不幸のどん底に

釣りをしていて不幸になることもあると幸福丸の船上で知ったとはいえ、船の上で釣りをしないという選択肢はないわけで、なんとかオマツリしないようにと気をつけながら釣りを続けた。それでも2投か3投に1回の頻度でオマツリ。しかも細い糸は面倒なベテランさんは、人のラインのことなんてどうでもいいようで、船べりに擦れようが、ロッドキーパーの金属部にラインを絡ませようが気にもしない。自分の魚は大事らしく、他人のラインは擦れるままに絡むままにまずは魚を取り込んで思い切り暴れさせてくれる。当然、へた釣りのラインはブチブチ切れまくり。しかし…どれだけ乱暴に扱えばPE4号がここまで切れるんだ!! こんな状態で釣果が伸びるはずがない。アオゾイ狙いは諦めてタラジグに。ジグは500グラムで統一……ジグの重さだけ統一してもラインの太さが違えば意味がない。当然オマツリ。ここで、船長からも信じられない発言。「ジグは500使ってよ、今日の客はなんだよ!!」。客に「なんだよ!!」はねぇだろ!!!!!!! 道具見りゃ、ラインの太さくらい分かるだろっ!! すべての客が楽しく釣りができるように指導したり、調整したりするのが船長の仕事だろっ!!!!!!!!!!!! この時点で完全に戦意喪失。TKO負けである。釧路・第一幸福丸を客から金を取って釣りを楽しませる遊魚船(=サービス業)だと思っていたのが間違いだった。ここまで書いていいのか? いいのである。北海道の師匠には悪いが、釧路の不幸丸には二度と乗らねっ!!!!!!!

釣りをしていて不幸になることもあると幸福丸の船上で知ったまぁ、一応、釣りはしたよ。竿たたんで不貞寝してやろうかとも思ったが、北海道の師匠に気を使わせても悪いので、オマツリするためだけに竿は出し続けた。300メートル巻いてあったラインは残り80メートル。よくもまぁ、ここまでラインをズタズタに切ってくれたもんだ。よくもまぁ、ここまでラインがズタズタにされるのを放置しておいてくれたもんである。ラインが足りなくなったら竿を仕舞えるのになぁ~と思っていた(予備リールは持っていたけどw)が、よくしたもので後半はギリギリラインが足りる浅いポイントに移った(オマツリも減った)ので、沖上がりまで竿を出し続ける羽目に。生まれて初めて、釣りをしていて不幸になったよ。不幸丸の船長さん、反論があればどうぞ。東京湾の片舷20人なんてこともある激込みの船で釣っているので、オマツリの回避法はある程度心得ている。ここは東京湾じゃないというのであれば、昨日繁栄丸で一度もオマツリしていない。どう考えても不幸丸は異常だし、異常な状態を解決しようとしない遊魚船の船長の存在はもっと異常だ。



Twitter

2012年09月22日 17:08

« 男・繁栄の侠気に感謝!! アキアジ改め北海道五目で大漁♪ | メイン | アキアジ遠征2012 釣れてうれしかった道東のお魚ランキング »

最近の釣りに行った記事

【コロナで自粛】試行錯誤で美味しく! 日田風焼きそば開店
【コロナで自粛】大阪の居酒屋の味を求め串揚げやさん開店
【コロナで散財】美味い乾麺のそば番外編。ほうじ茶蕎麦編
【コロナで自粛】大阪の匂いに包まれお好み焼き屋さん開店
【コロナで自粛】子供1号バイト先より肉着弾し焼肉屋開店!!
【コロナで散財】一番美味い乾麺のそばを探す。天狗そば編
【コロナで自粛】陽気がよいので玄関先で焼き鳥屋さん開店
【コロナで散財】日本一美味い駅そば「音威子府そば」を食う
アラはともかくとして…クーラー真っ白でピント合わねぇよ(泣
前半苦戦も怒涛の追い上げでカイワリ自己最多を27匹に!
釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!
怒涛の4連荘ありアカムツ5匹。極鋭CG釣れる気しかしない
午前は船中1匹の報に暗澹とするもカイワリ15匹でえっへん
南房まで行ってシマアジがボウズだけでなくクーラー空っぽ
厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとか
極鋭CGオニカサゴで入魂完了。腕ではなく竿を褒められる
自称・老先短い母にええもん食わせに上かん屋 久佐久へ
初の外房にて45cm&30cmのアカムツ両手にドヤっドヤっ顔
満足サイズも2匹。深場五目初戦はクロムツ6匹でえっへん
難波最強の立ち飲み屋発見! あたりや食堂でニセンベロ!!
あわや2釣行連続でクーラー空! オニカサゴみくじは小吉
年越しそば2019は難波・源氏で。関西流に辛味大根が美味
令和元年の釣り納めで今年初のをやらかしてしょぼ~ん!
イナダだらけでイシダイどこ~? シマ消え込みで3匹ゲット
久里浜沖7時間耐久マダイ魚信なし地獄にもがき苦しんだ
カイワリは安定の14匹。カンパチはソレダメをやらかしたよ
序盤にクロダイ×2、そのうちマダイも釣れると思ったのに…
雑然とした路地の老舗寿司屋あばらやで大人のドキドキを
カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ
カイワリツ抜けは楽勝と油断したら後半デカアジに翻弄され
ドラグ滑って面白すぎ!! イナダ(ハマチ)10匹で大大大満足
タチウオは指5本×2で満足。アマダイはポニョのみで罪悪感
台風一過の午前アジは土砂降り、強風、ゴミだらけだったが
餃子激戦区の恵比寿に祇園歩兵3号店。優しいお味に納得
35up乱舞。アジしか釣れずしょんぼり、妻は人生最大に興奮
伊豆はカワハギ天国のはずだったのに後半失速でもツ抜け
久々の治久丸午前でカイワリ9匹。えべっさんも人生初の!!
炙り+好みの味ですし焼き。コスパも抜群な難波・ときすし
母78歳の誕生日をメープル猪名川で祝う。秋の味覚楽しむ
ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目
浅場タチウオ攻略失敗。でも50mなら労せずとも掛かるかも
路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです
刺し盛りは関西は活かり、関東は旨みと恵比寿 魚一商店で
撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪
5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない
純ちゃんのすじ塩は恵比寿でNo.1の煮込みかも知れない!!
難波・豪快立ち寿司でウニとイクラこぼれ盛り痛風一直線♪
恵比寿・肉天国で炙りユッケ、痛風味玉、牛トロ天を堪能す
一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする
北海道のそばは最高!! 中標津・伊とうで藪・更科食べ比べ

著者: へた釣り