あと1センチ……時化でも大満足な一之瀬丸LTイサキ7戦目

イサキ1匹でいいから30センチ超の縦縞の消えたイサキを釣るというのが今年のテーマなのだが……金沢八景・一之瀬丸のLTイサキ船に通い続けること7回。ひょっとしたら目標クリア?と思ったのだが……計ってみると1センチ足りなかった。でも、中型混じりの釣果に大満足なのだ。

金沢八景・一之瀬丸台風6号が去って、この日から多くの船宿が通常通りの営業を開始したのであるが、朝起きて外に出てみると……風が強いし、半袖では肌寒い。ひょっとして出船中止になるかもという予感を抱きながら、始発に乗って、金沢八景へ。風の強い日の定石通り、釣座は後ろから埋まっている。と、そこに通りかかったのが、イサキ船の瀧本船長。「今日は一番前が空いてますよ~」。オマツリを気にせずに済む舳にすべきか、海が荒れるのが怖いから胴の間にすべきか。「今日は揺れますよね?」と確認すると、「まぁ、それなりに」とのお答え。胴の間の席札を取った。

■時化後じゃないぞ……時化真っ最中の剣崎沖に風裏なし
金沢八景・一之瀬丸出船して何分もしないうちに胴の間にしといてよかったぁ~ってほどに船は揺れ始める。船が走っているので、風の強さは分からないが、飛沫を浴びて、釣る前から全身ビッショリ。白波を乗り越え、乗り越え、剣崎沖にようやく到着し、船が速度を落とすと……恐ろしく強い風が吹いていることに気づく。仕掛けをスプールから外しているうちに風のせいで手前マツリ……これは釣りにならないかも。剣崎沖は海のど真ん中……風裏に逃げることはできない。

金沢八景・一之瀬丸その日の釣りのテーマが「生きて帰る」になったのは、昨年のカワハギ船に続いて2度目。船は波の上をジャンプしまくり、目の前にいる別の船の船べりが波で見えなくなるほどにウネリまくる。自分が乗っている船だと分かりにくいが、ほかの船を見ていると、沈没するんじゃない?ってほどに波に揉まれて傾きまくっている。一之瀬丸も一度波に舳先を飲み込まれて舳の人は大水害に遭っていた。本当に胴の間にしといてよかったw

■シャクるの無理。タナを決め打ちしてフワフワ誘うと!!
金沢八景・一之瀬丸船がウネリで2メートルくらい上下するので、シャクるのがとても難しい。波の上に乗っているときは勝手にシャクっていることになるし、タナは勝手に2メートルほど上がっている。波を降りているときはシャクってもコマセが出ない。これまで学習してきたことが全く生かせないし、シャクるために船上で立っているだけで一苦労。指示ダナを広く探るのは諦めて、タナを決め打ちして釣ることに(波のおかげで2メートル上下するし、これなら座って釣れるしね)。

イサキ指示ダナの一番底(20メートル)の辺りで波に合わせて竿をシャクっていると、コッという魚信。風のせいで魚信は取りにくいのだが、魚に食い気はある様子。魚信があったと思しき水深でコマセがポロポロこぼれるように、フワフワと誘うと、針掛かりし始める。コマセシャクリっぽくない釣り方なのだが、こんな日に限って、釣れてくる魚は型がよい。

■あと1センチでステージクリアだったのにぃぃぃぃ
イサキ27センチのイサキサイズが立て続けに2匹。竿先をグーンと引きこんで「これは30センチ超えたでしょ!」と喜んだら、上がってきたのは残念なことに28センチのメジナ。その後も20センチ以上の大型ウリンボが釣れ続き、釣果は、
イサキ(25センチ~)×4匹
大ウリンボ(20センチ~)×4匹
ウリンボ(~19センチ)×11匹で19匹。

イサキ船の上では長さを計測する余裕がなかったので、帰ってから体長を計ると……一番大きなイサキは29センチ。あと1センチくらいなんとかならんかと尻尾を引っ張ってみたり、氷でしめて体が曲がっているのを伸ばしてみたりしたのだが……何回計っても29センチ。あと1センチでステージクリアだったのにぃぃぃぃ!!


より大きな地図で 2011-0-7-23 一之瀬丸 イサキ を表示



Twitter

2011年07月23日 20:00

« 釧路沖で130センチ・30キロのオヒョウって……マジッすか? | メイン | アジの釣り方…忘れたw 品川・中金のLTアジ・キスリレー »

最近の釣りに行った記事

午前は船中1匹の報に暗澹とするもカイワリ15匹でえっへん
南房まで行ってシマアジがボウズだけでなくクーラー空っぽ
厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとか
極鋭CGオニカサゴで入魂完了。腕ではなく竿を褒められる
自称・老先短い母にええもん食わせに上かん屋 久佐久へ
初の外房にて45cm&30cmのアカムツ両手にドヤっドヤっ顔
満足サイズも2匹。深場五目初戦はクロムツ6匹でえっへん
難波最強の立ち飲み屋発見! あたりや食堂でニセンベロ!!
あわや2釣行連続でクーラー空! オニカサゴみくじは小吉
年越しそば2019は難波・源氏で。関西流に辛味大根が美味
令和元年の釣り納めで今年初のをやらかしてしょぼ~ん!
イナダだらけでイシダイどこ~? シマ消え込みで3匹ゲット
久里浜沖7時間耐久マダイ魚信なし地獄にもがき苦しんだ
カイワリは安定の14匹。カンパチはソレダメをやらかしたよ
序盤にクロダイ×2、そのうちマダイも釣れると思ったのに…
雑然とした路地の老舗寿司屋あばらやで大人のドキドキを
カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ
カイワリツ抜けは楽勝と油断したら後半デカアジに翻弄され
ドラグ滑って面白すぎ!! イナダ(ハマチ)10匹で大大大満足
タチウオは指5本×2で満足。アマダイはポニョのみで罪悪感
台風一過の午前アジは土砂降り、強風、ゴミだらけだったが
餃子激戦区の恵比寿に祇園歩兵3号店。優しいお味に納得
35up乱舞。アジしか釣れずしょんぼり、妻は人生最大に興奮
伊豆はカワハギ天国のはずだったのに後半失速でもツ抜け
久々の治久丸午前でカイワリ9匹。えべっさんも人生初の!!
炙り+好みの味ですし焼き。コスパも抜群な難波・ときすし
母78歳の誕生日をメープル猪名川で祝う。秋の味覚楽しむ
ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目
浅場タチウオ攻略失敗。でも50mなら労せずとも掛かるかも
路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです
刺し盛りは関西は活かり、関東は旨みと恵比寿 魚一商店で
撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪
5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない
純ちゃんのすじ塩は恵比寿でNo.1の煮込みかも知れない!!
難波・豪快立ち寿司でウニとイクラこぼれ盛り痛風一直線♪
恵比寿・肉天国で炙りユッケ、痛風味玉、牛トロ天を堪能す
一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする
北海道のそばは最高!! 中標津・伊とうで藪・更科食べ比べ
姪2号にオショロコマを釣らせるミッション今年も無事クリア!!
釧路・繁栄丸アオゾイ耐久。7匹だけど今年も釣れたよ
北海道の師匠杯で子供はアオゾイゲット。へたはお世話係
台風令和初上陸の翌日剣崎イサキ束釣れるかなチャレンジ
難波居酒屋のお刺身は安くて美味いの代表、嬉々わらまさ
難波で昼飲みならなんばグランド花月1階、酒処さつき最強
宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ
売り切れが多いがおっぱい串がとにかく絶品なおみっちゃん
竿先グングンッ…でもバレる。気難しいアジに翻弄されたよ
土用の丑に鰻なる野暮は避け恵比寿・う福でお先に鰻三昧
小サメの駆除に協力したら梅雨アナゴとタチウオもらえたよ
俺が行っても終わらずどころかカイワリ18匹で最多記録更新

著者: へた釣り