東京湾でリアル触手プレイ? ピリピリして釣る気が失せた!

アカクラゲ東京湾の某所でLTタックルでのアジ釣りをしたのであるが、水面から底まで、とにかくクラゲだらけ。指示したタナに仕掛けを下ろすと、どうやらクラゲが触れるらしく、ちぎれた?クラゲの触手が仕掛けにまとわりついて上がってくる。

スライム状の触手の色は茶色。最初は錘が着底したときに底のゴミが付いたと考えていたのだが、仕掛け(特にエダス)が絡まりまくって大層ウザい。手で取っていると何やら手がピリピリし始める。激痛というほどではないまでも不快なまでに痛い。すっかりやる気消失で……クラゲの触手がからまったままの仕掛けで釣りを続ける。周りでアジが上がると、慌てて触手を取り除くのだが……こんな言いかげんなことをしていて釣れるわけないよな~。釣果は言いたくないくらい惨々たるもの。

どうやらアカクラゲという種類のクラゲであるらしい。触手は長いが千切れやすいとあるし、東京湾にいるし、第一色がそっくりだ。「触手の刺胞毒を受けると火傷に似た痛みが走り、みみず腫れや水脹れ、時に呼吸困難や溺死を起こす例もある」という。実はまだ……キーボードを叩く指先が痛かったりするw

●LTアジ釣りのお勉強
・エサ(アオイソメ)はかなり小さく付けた方が釣果がよい。たらしは0~1センチでまっすぐ刺す。
・仕掛けは短いものは極端に魚信が減るので2メートルのものを使う。活性が低いときほど長い仕掛け。
・指示ダナでコマセを振り出したあと、ゆっくり竿を上下させ、タナの上下50センチくらいの間を誘いながら探るようにすると魚信が出やすい。
・潮が速いときは底を叩くようにして、なるべく真下に錘を持ってきてからタナ取りをするとタナぼけしにくい。
・潮が速いときは船長の指示ダナよりやや下から探る。逆に潮が止まっているときは指示ダナよりやや上を狙うと魚信が多い。



Twitter

2010年06月13日 15:30

« 竿先柔軟な6:4調子のLT竿で狙え30超アジのトリプル!! | メイン | パワーエアロ フリーゲン TDのAR-Cスプールを買ってみた »

最近の釣りに行った記事

でっぷりアラフォーアマダイ込み4匹釣って俺、ピカチュー?
イカも二度目なら少しは上手に…? ツ抜けはしたが敗北感
潮めちゃ速でどうにもならず良型オニカサゴ?バラしため息
掛からんバレる…キンメに続いてクロムツにも嫌われたかも
きっちり丁寧…キンメダイはガサツな人嫌いらしくて3匹だけ
初釣り2021は東京湾癒しのアジ&シロギス。胴突き面白い
釣り納め2020はアマダイ改めコレジャナイ十目釣りでチ~ン
チャンスタイムは根掛かりで…白間津シマアジまたもボウズ
久しぶりの宇佐美沖はカイワリ9匹込みで五目15匹と満足♪
ヤリイカデビュー戦ツ抜けに届かずも面白いのは分かった
どったんばったん大撃沈しホルモンまさるでがっつり反省会
ちょい時化でも妻はマグロ化せず良型アジ13匹と急成長?
タチウオはポンコツだけど頑張って9匹。アマダイはちっちゃ!!
一枚足らず…2020年のカワハギ開幕戦は竹岡ハギ屋敷?
高級魚は運次第? 本日の釣魚居酒屋へたはアジ専門店
カンパチガチャはハズレ! カイワリ2匹でなんとかなったぁ!!
テンビンが連続で折れるって…肝心の二目は抜きで八目!!
居酒屋へたのお通しは小アジ南蛮漬け。それ食ったら寝る
雨中の筋トレのご褒美はラスト15分に30upクロムツを2匹だ
暑さ避けさくっと午前アジ作戦。サイズいろいろ39匹で成功
カイワリにというより暑さに負けて三目6匹だけでしょんぼり
極鋭CGクロムツの章入魂。スミヤキ元気すぎて難しかった!!
2020年のイサキ…釣り方分からない。涙目でシャクリ続ける
ほぼ初体験タイラバでタツノオトシゴ+カイワリなんとか2匹
気まぐれな剣崎沖イサキに翻弄されるのもいと嬉しで35匹♪
自己最大47センチ&自己最多更新で富戸オニカサゴ最高♪
A5ランク絶品アジばかり53匹。時化避けサクッと釣行大成功
推しは剣崎でしょ、と沖の瀬イサキに塩対応されてしまい…
和彦丸キス・アジリレーで東京湾二大釣魚に再入門してきた
イサキ開幕戦は尺級5匹込み23匹。でも剣崎は撃ちーん!
復活の日釣行。まずはめでタイ、あとはひたすらイサキで…
【コロナで自粛】試行錯誤で美味しく! 日田風焼きそば開店
【コロナで自粛】大阪の居酒屋の味を求め串揚げやさん開店
【コロナで散財】美味い乾麺のそば番外編。ほうじ茶蕎麦編
【コロナで自粛】大阪の匂いに包まれお好み焼き屋さん開店
【コロナで自粛】子供1号バイト先より肉着弾し焼肉屋開店!!
【コロナで散財】一番美味い乾麺のそばを探す。天狗そば編
【コロナで自粛】陽気がよいので玄関先で焼き鳥屋さん開店
【コロナで散財】日本一美味い駅そば「音威子府そば」を食う
アラはともかくとして…クーラー真っ白でピント合わねぇよ(泣
前半苦戦も怒涛の追い上げでカイワリ自己最多を27匹に!
釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!
怒涛の4連荘ありアカムツ5匹。極鋭CG釣れる気しかしない
午前は船中1匹の報に暗澹とするもカイワリ15匹でえっへん
南房まで行ってシマアジがボウズだけでなくクーラー空っぽ
厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとか
極鋭CGオニカサゴで入魂完了。腕ではなく竿を褒められる
自称・老先短い母にええもん食わせに上かん屋 久佐久へ
初の外房にて45cm&30cmのアカムツ両手にドヤっドヤっ顔
満足サイズも2匹。深場五目初戦はクロムツ6匹でえっへん

著者: へた釣り