魚っ気皆無の白間津で船酔い・竿折れ・クーラー空で呆然

魚っ気皆無の白間津で船酔い・竿折れ・クーラー空で呆然俺が行ったら終わることは珍しくないが俺が行く前に終わっていた。先週まではシマアジ20匹超えの好漁にいくら下手でも2、3匹は釣れるだろうと釣行日を心待ちにしていたが、数日続いた時化で海の状況が変わってしまった。シマアジどころか魚の全くいない海で荒波にもまれる。

魚っ気皆無の白間津で船酔い・竿折れ・クーラー空で呆然深夜に深場の勇者様に迎えに来ていただいて白間津・海正丸へ。先週の釣果までしか確認していなかったへた釣りは意気揚々と車に乗せていただくが…勇者様の顔がどこか浮かない。「昨日はシマアジどころかなんにも釣れなかったみたいですよ」とそのとき教わる。「時化で海の中が洗濯槽の中みたいな状態で魚がみんないなくなった」とのこと。しかも洗濯槽の中のような時化はまだ続いており「何も釣れない可能性大」でも「釣れれば遊泳力のある3キロ級」。3キロ級がなにかの間違いで釣れてくれると信じて白間津へと向かう。

■ウネリ深く船酔いの危機。特効薬は魚信なのだが…なにもいない?

魚っ気皆無の白間津で船酔い・竿折れ・クーラー空で呆然船着き場は風裏になっているようでほぼ無風で時化の心配はないかもと喜んだが、出船して港を出た瞬間にぬか喜びだったと分かる。10メートル近い風と2メートルはありそうな深いウネリ。船の上下で仕掛けを付けることすら難しく船が止まるまで船酔いしないようになるべく遠くを見ていた。航行中は辛くても船が止まれば…という期待も虚しく、ポイントについてもあか~んな海。タナは「13メートルから10メートル」という指示がある。海が荒れているときはスティを長めに取らないと魚信を弾きやすいのでスティ10秒以上の超スローなシャクリで釣り開始。魚の気配なし。我慢していればそのうちとシャクリ続けたが……。

魚っ気皆無の白間津で船酔い・竿折れ・クーラー空で呆然食い気のある魚がいないのではなく、船下に魚が全くいないのでは?と疑いたくなるほどに魚が仕掛けに触れてくる感触がない。マメにコマセを入れ替えて魚を寄せるしかないが…コマセに反応する範囲にすら魚がいるのかどうかすら怪しいほどに何も起きない。スティを20秒にして食わせの間を与えてみるなどできる工夫は限られている。釣り始めて30分以上経ってようやく穂先に小さく生体反応がでる。15センチくらいの小アジ。「やったー、魚だぁ!」って喜んじゃったもんね。続いて小アジ以上に微小な魚信があってスズメダイ。普段なら釣ったうちに入らない小魚を釣ったと報告せざるを得ないくらい魚がいなかったと察してほしい。
魚っ気皆無の白間津で船酔い・竿折れ・クーラー空で呆然魚っ気皆無の白間津で船酔い・竿折れ・クーラー空で呆然

■根掛かりで竿が折れたら心も折れた。船酔いが急激に悪化しダウン

魚っ気皆無の白間津で船酔い・竿折れ・クーラー空で呆然スズメダイを釣ってから1時間半ほど完全に沈黙。時化で魚信が遠いと船酔いリスクが上がる。みぞおちの少し上までムカムカが込みあげてきて、頭がぼーっとし始める。魚が釣れることが特効薬だが釣れるどころか魚信すらなしでどんどん体調が悪くなっていく。立って釣るのではなく座って釣ればいくらか楽なことに気づいたが座って釣りをする習慣がないので立ってシャクリ続ける。フォール中に竿先をモゾモゾさせる魚信があり、根掛かりの予兆かもとリールを巻くと小アジよりはマシな引きをする魚。海面に黄褐色の魚体。色からしてカサゴの仲間かな?と思ったが25センチくらいのアカメフグだった。本日唯一の釣果らしい釣果だが食い意地が張っているせいで死ぬのは嫌なので船長に進呈する。

魚っ気皆無の白間津で船酔い・竿折れ・クーラー空で呆然その後も長い沈黙。もう1匹だけ小アジを追加しただけでどうにもならない感が凄まじい。それでも頑張ってシャクリ続けたが何も起きず。急に浅くなって根掛かりする。結構ガッチリハマってしまいラインを掴んで外す。無事重みを手に感じてビシロストは回避できた。再度根掛かりしないように慌ててリールを巻くとベインという嫌な音。ラインが穂先に絡んでいたようで竿先5センチほどが折れた。SHIBUKI F191はシマアジを釣ることなく終了。船酔いに耐えて魚信がなくても頑張っていた心もぽっきりと折れた。急激に気分が悪くなって釣り座にひっくり返る。座っていればそれ以上は悪化しないので置き竿&たまにコマセを詰め替えて沖上がりの時間までじっと我慢。下船後に供された船宿のうどんが胃に優しくって生き返った。
魚っ気皆無の白間津で船酔い・竿折れ・クーラー空で呆然魚っ気皆無の白間津で船酔い・竿折れ・クーラー空で呆然


Twitter

2021年11月13日 16:44

« ワラサが釣れないのは「鰤リュック」持ってないからな気がw | メイン | 【動画】俺のSHIBUKI F191は本命を釣ることなくご臨終した »

最近の釣りに行った記事

釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹
GW第2戦は待望の凪!! いつもの如く撃沈しマゴチ1匹だけ
強風に苦しみ触手に苛まれ釣り方見失うアジ・キスリレー
予期せぬ大時化にアジツ抜けせずクロダイで帳尻だけ合わす
ちょい時化だけど猿アジはぽつぽつ…後半凪たらし~んと
昼までノーガコッ伝説継続…ヤヴァいかもで一度だけガコッ
気難しいアジに苦戦も46匹。シロギスは釣り方掴めず9匹だけ
驕る下手は久しからず。ノーガコッ伝説が今日始まったよ
ウィリーもカブラも無視するカイワリなんて大嫌いだぁあ
予想以上の時化に軽く船酔いげんなりしつつクロムツ6匹
尺には遠いが長井沖で人生初のイワシでメバルをゲット♥
猿アジ冬のトリプルまつり開催中でアジフライ半年分57匹♪
魚信を出せず心荒む展開も熟アマダイ(45)に慰められる
電車故障・潮超速・偏光グラス破損…ハードラックな1日

著者: へた釣り