105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~

105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~緊急事態宣言が解除されたら行くと決めていた宇佐美・治久丸へのカイワリプチ遠征。釣況がよくないことは薄々気づいていたが、想定よりも厳しかった。特にウィリーには超塩対応で、船長から「ウィリーにこだわってますかぁ…」と言われてしまう。あわや本命ボウズでヒリヒリしたよ~。

105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~前回宇佐美にカイワリを釣りに行ったのは、6月下旬に東京都に緊急事態宣言が解除されてまん延防止等重点措置になったときだから、3カ月以上、実に105日ぶりの伊豆の海。10月に入り東京にはない秋の気配を感じることができるかな?と思っていたが……暑い。ラッシュガードにTシャツを重ね着していたが、あまりの暑さにTシャツを脱ぎ、日焼け止めクリームをたっぷり顔に塗ってから釣りの準備。Nob名人も来ていたので、釣況を聞くと「潮が澄んでいて厳しい」とのこと。船長も「(港内の海面を指して)せめてこのくらいの色だったらね~」。それでも、宇佐美まで来たのだからなんとかなると…信じていた。
105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~

■20メートルまでビシが見える超澄み潮&アカアジの猛攻にお手上げ

105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~ポイントはカイワリ釣りの主戦場である初島沖の水深90メートルくらいへ。カイワリ用のウィリー4本針+オキアミを装餌する空針1本の仕掛けを付けて、ビシを投入するとすぐになるほどこれは厳しいかもと気づく。海中に沈んでいく黄色いビシが15メートル以上、20メートル近くまで視認できる。釣りに適した潮色は細濁りといわれるが、全く濁りなし。こういう極端な潮のときはだいたい苦戦する。50センチ刻みで底3メートルから10メートルまで14回シャクる。3往復してビシにコマセが少し残るようにビシの上窓を調整する。極小の魚信がすぐにあった。巻き上げると5本針に4匹のアカアジ。針掛かりするとデタラメな方向に泳ぐ魚なので仕掛けをグチャグチャにされる。
105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~

105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~アカアジはウィリーに恐ろしく反応のよい魚のようで、シャクれば魚信ってくる。1匹付いたらすぐに巻き上げれば仕掛けをグチャグチャにはされないが水深90メートルでこんな小魚1匹で巻き上げるのは癪。結局、仕掛けを3組ダメにされてポイント移動。少し南に移動し水深が100~125メートルくらいの深めのポイントを点々を攻める。我慢の時間が続く。ウィリーに魚が触れてくる気配は全くない。唯一感じることができる生体反応は底を取り直したときに掛かるヒメだけ。ヒメよりいくらかはっきり出たキダイの魚信がうれしく感じるのであるから末期的な状況である。
105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~

■今日はウィリーだと無理なの? 諦めなければなんとかなる!!

105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~深場のポイントを諦めて最初に攻めた初島沖へと戻ってくる。何も起きずに時間だけが過ぎていく。釣り始めて既に4時間。その間、一度としてまともな魚信がないのであるから荒むなという方が無理である。17時少し前にシャクった直後にエサを食い損ねた魚の手応え。シャクるのを止めて食わせの間を作ると食い込んだ。こういう魚信の出方をするのはたぶんチダイ。この日初めてのいい引きをする魚だったのでゆっくり手巻きで楽しむ。予想通り30センチくらいのチダイだった。スマートな体形で…産卵後?
105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~

105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~チダイを釣った前後から船中散発的にではあるがカイワリが釣れるようになった。魚信はオキアミに偏っているらしく船長から「へた釣りさんはウィリー? エサの人が10も獲れればウィリーでもいいと思うけど…」と指導されてしまう。そう言われてもカイワリイサキウィリーで釣る方が楽しいので空針仕掛けは用意してないし用意する気もない。残り時間20分を切った。夕マズメになり偏光グラス越しだとラインのマークが見えづらくなった。釣れそうな雰囲気は出てきた。休まずシャクり続けると……5シャクリ目だから底から5.5メートルでシャクった直後に穂先をキュンと持っていく。引きはカイワリっぽいが…重量感がありすぎる。無理せずゆっくりとやり取りし、海面にひし形の銀色のシルエットを2つ確認。横の人にタモ取りしてもらう。27センチと23センチのカイワリ一荷。オレンジと白のウィリーに食ってきた。105日ぶりの伊豆である…本命ボウズ回避できてよかったぁぁああああ。
105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~


Twitter

2021年10月09日 23:49

« シマアジ!! サニー商事魚種別ハイブリッド天秤コンプしそう | メイン | 【動画】編集前は全釣り人が涙する報われないシーンばかり »

最近の釣りに行った記事

前半はサバに混じってアジで後半はアジに混じってサバ地獄
稲取沖第1投で城ケ島以西で“アレ”が釣れない呪い解呪成功
シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子
辛うじてノーピクではないもののノーガコッでクロムツボウズ
へたが来た日は釣れる!? 尺級2匹込みカイワリ18匹でどやっ
釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹
GW第2戦は待望の凪!! いつもの如く撃沈しマゴチ1匹だけ
強風に苦しみ触手に苛まれ釣り方見失うアジ・キスリレー
予期せぬ大時化にアジツ抜けせずクロダイで帳尻だけ合わす
ちょい時化だけど猿アジはぽつぽつ…後半凪たらし~んと
昼までノーガコッ伝説継続…ヤヴァいかもで一度だけガコッ
気難しいアジに苦戦も46匹。シロギスは釣り方掴めず9匹だけ
驕る下手は久しからず。ノーガコッ伝説が今日始まったよ
ウィリーもカブラも無視するカイワリなんて大嫌いだぁあ

著者: へた釣り