鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー

鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー北海道遠征2018の最終日。朝早くから船に乗って夜に飛行機で東京に帰るのであるからあんた(…って自分か!?)も好きねぇ。釧路・繁栄丸からの出撃。北海道の師匠北海道の師匠2号と左舷を貸し切り。男繁栄船長の釣らせたい魂は健在で下へ上へとアオゾイ求めて船は走る。

鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー繁栄丸は釧路の遊魚船の中でも人気の船で満席のことが多くずいぶんご無沙汰してしまっていた。船長の「俺にまかせとけば釣らせてやる!!」という自負が強烈で、よい活性の魚を見つけるまで釧路の沖を走り回ってくれる。それでいて「帰るまでには必ず釣らせるから安心して」というマイクアナウンス通りちゃんと満足のいく釣果をたたき出すのであるから大したものでもある。本日もしっかり仕事をしてくれた。北海道の師匠2号なんて8本針に5本良型のアオゾイを達成。北海道の師匠とへた釣りで大きなクーラー2個を満タンに。北海道の師匠にはかなわないがへた釣りも五目一荷を何度か達成するなどちゃんと貢献したよ。
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー

■アオゾイ針数を狙って下(厚岸方面)へ。船酔い&潮濁りで苦戦

鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしーアオゾイを狙って釧路で下と呼ばれる厚岸方面に行くために繁栄丸は4時に出船。3時過ぎに北海道の師匠にホテルまで迎えに来ていただいて幣舞橋近くの岸壁へ。左舷艫に北海道の師匠、舳に北海道の師匠2号、へた釣りは昨日、船酔いで懲りたので胴に座る。予報は波2メートル。風はないがウネリが伴い昨日よりも少し海が悪いみたいだ。繁栄丸は船が大きいので揺れにくいはずではあるが……。釧路の防波堤を越えた瞬間からこれは厳しいと気づく。大きく上がって下がってにウネリが加わる太平洋のプチ時化は苦手かも。走っているうちからちょっと怪しかったが船が止まって仕掛けを投入しようとするとあか~~~ん!! 船酔いしてる。鈍い頭痛と胸焼け。これ以上悪化する前に釣れてくれ~と願いながら仕掛けを投入する。
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー

鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしーアオゾイが欲しいのであまり誘いすぎないという方針。船酔いであまり動けない状態なので症状が落ちつくまで置き竿でもいいかなと横着しようとしていたが攻めているポイントが根がきつく根掛かり多発地帯のため、手持ちでマメに底立ちを取り直し、針がオモリが底をこすった感触があったらすぐに1メートル巻き上げるという忙しい釣りに。釣り開始してものの5分で北海道の師匠がアオゾイをゲットする。へた釣りも魚信は出せているのだがヤナギノマイとエゾメバルばかり。ようやくいい引きをする魚信があったが引きすぎる。まずまずサイズのマタラだった。
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー

■下でアオゾイ3匹。上に移動して良型ダブルに北海道で久々のドヤッ!!

鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー厚岸方面で水深50メートルから70メートルくらいのポイントを次々と攻めていく。ヤナギノマイが掛かった手ごたえがあったのでしばらく粘っていると追い食いが発生している雰囲気。うち1つは重量感あり。ニヤニヤしながら巻き上げると柳・柳・鱈・青・柳の一荷。本日一匹目のアオゾイだし、五目一荷だしでテンション上がる。アオゾイコイノボリはできなかったが五目のメインの対象魚であるアオゾイ、ヤナギノマイ、タラが混じる五目一荷は何度か達成できた。重量感があり引きも強くなるので海面で姿を確認するまで何が釣れたか分からないのが楽しい。アオゾイが混じらないときが「アオがな~い!!」。アオゾイがいたら「アオがいたぁぁぁあ」といてもいなくても大はしゃぎである。
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー

鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー厚岸のポイントは潮が濁っていたらしく魚信が遠のくタイミングもあった。場所は変われどやることは変わらない。バルーンサビキはゴム製なのでラバマックスで臭いを追加し夜光でアピール度をあげる。さらに北海道の師匠に赤短を用意していただき、サビキにエサ付け作戦。愚策のおかげかたまたまかスケソウタラと一荷でまずまずサイズのアオゾイをまずは1匹追加。続いて鱈・柳・柳・柳・柳・青・柳の8本針に7匹の五目一荷で昨日の釣果に並ぶ3匹目をゲットした。
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー

鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー船長は当然だがこれくらいの釣れ具合では満足しない。「白糠に行くぞ」と釧路港を通り越して今度が上へ。白糠沖の漁礁のポイントでの釣り。船長いわく底に一瞬だけオモリを着けたらすぐに少し底を切る。それが誘いとなって魚が食ってくるそうだ。舳で北海道の師匠2号の竿が強烈に曲がる。大きなタラかと思ってみていたら海面に姿を見せたのはアオゾイのコイノボリ。5匹付いていた。これは期待できるぞ!!と集中するとへた釣竿にも水平に持つのが一苦労する魚信。引きすぎるので「タラでしょ」と巻き上がると海面に50センチ級のアオゾイの姿がゆらりと。その下にはヤナギノマイ。ハリスを手繰るともう1匹迫力のある黒い魚体が見える。青・柳・柳・青の一荷で冒頭写真のドヤ顔!! その後釧路港に戻りながらヤナギノマイを何匹が追加しクーラー2個満タンで沖上がり。
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー



Twitter

2018年08月01日 16:54

« 北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓 | メイン | ガンズはナガガジ。キュウリウオの干物は…。カジカは混乱中 »

最近の釣りに行った記事

佳肴求めて鴨川沖へ。クエ・クロムツ・アカハタでえっへん♪
プルルと魚信るが掛からない!? でも44匹でキス天食べ放題
40センチのデカイワリ含む5匹で夏の美酒佳肴作戦は大成功
気難しベイブリアジに翻弄され二人で83匹。釣りデート成功
【番外編】妻と釣りじゃないデートで大阪食い&呑みだおれ
猿島沖で下手をキワめる! 午後アジ5匹、夜メバル6匹のみ!!
【番外編】妻と釣りじゃないデートで河津で鰻、多賀で蕎麦
特餌忘れ凪のはずが時化でメバル釣れずなんだか不本意な…
前半はサバに混じってアジで後半はアジに混じってサバ地獄
稲取沖第1投で城ケ島以西で“アレ”が釣れない呪い解呪成功
シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子
辛うじてノーピクではないもののノーガコッでクロムツボウズ
へたが来た日は釣れる!? 尺級2匹込みカイワリ18匹でどやっ
釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹

著者: へた釣り