このうらみ!! はらさでおいたるわ!! アカムツに手も足も出ず

このうらみ!! はらさでおいたるわ!! アカムツに手も足も出ず竿よし仕掛けよし餌よしで臨んだアカムツ2戦目だったがもしかしてアカムツかも?という魚信は遂に一度も訪れず。一瞬すらも盛り上がることなく終了。ギンメダイとシロムツとユメカサゴが少し釣れただけ……手も足も出ずだった。このうらみ!! はらさで…おいたるわ!! さぁ~次、次。

このうらみ!! はらさでおいたるわ!! アカムツに手も足も出ず本日珍しく車での釣行。かみやNo.2のドン・サイ~キの車に同乗させてもらって宇佐美・治久丸の午前アカムツ船へ。1時半に東京を出発して、宇佐美港まで約2時間のドライブ。電車釣行なら、朝が早いといっても始発電車に乗る程度。車で釣行する方が深夜の出発になって大変だと知る。その分、空いている真夜中の道路を走って魚影の濃いポイントへと遠征できると期待していたのだが……伊豆の魚だってそうそういつもいつもご機嫌というわけではない。日が昇る前に宇佐美に到着。ドン・サイ~キは右舷の舳、へた釣りは右舷の2番目で釣ることに。片舷4人ずつで計8人での出船となった。

■竿も仕掛けも餌も不発!? アカムツの時合はギンメダイと戯れるorz

このうらみ!! はらさでおいたるわ!! アカムツに手も足も出ず宇佐美港を出た船は北へと舵を切る。前回の伝説は1回お休みw釣行では初島沖の水深100メートルくらいの場所で釣ったが、今回は網代沖。水深は250メートル~300メートルと深くなった。3本針の上からホタルイカ1匹付け、甘エビ、サンマ+ホタルイカのツボ抜きでどれに食ってくるかチェックしようとした。船長からの指示は「底から2、3メートル上げて」だった。アカムツは底べったりではなく浮いたところで食ってくるらしい。オモリが底に着いたら2メートル巻き上げてフワフワと誘い、竿を止めてしばらく待つ。魚信がなければ50センチほど巻いて再びフワフワと誘うという釣り方で釣り始めた。

このうらみ!! はらさでおいたるわ!! アカムツに手も足も出ずすぐに竿先を小さく震わせるフルフルという魚信があった。向こうアワセで食い込ませようと少し竿先を送ってグィっと引きこまれるのを待ったが、竿先フルフルのままそれ以上には発展せず。どうやら魚は付いたみたいなので巻き上げてみるとギンメダイ。アカムツ用の竿なのにギンメダイで入魂してしまったのがなんだか残念。背後でアカムツが取り込まれる。前回釣行は船中ゼロだった。今回はアカムツがちゃんと船の下にいると分かって俄然気合がはいる。ドン・サイ~キの竿もいい角度で曲がる……。なんだか取り残された気分。朝一のこの短い時間帯だけがアカムツの時合だったようだが……へた釣りはギンメダイをもう1匹釣っただけ。
このうらみ!! はらさでおいたるわ!! アカムツに手も足も出ずこのうらみ!! はらさでおいたるわ!! アカムツに手も足も出ず

■伝説? はじまったかもね…アカムツ釣れない伝説がぁああああ!!

このうらみ!! はらさでおいたるわ!! アカムツに手も足も出ずその後はとにかく我慢の時間が続く。海人アカムツ225は胴調子で200号のオモリに負け気味なので鋭く誘うのではなくスローに探るという釣りになる。20秒に一度くらいの頻度でリールを巻いたり、クラッチを切って底を取り直してみたりと、なるべく仕掛けが動いているようにと頑張ったのだが、もしかしてという魚信はついに訪れることなく終了した。その間に釣れたのはシロムツ2匹とユメカサゴが2匹だけ。本命がボウズだったというだけでなく、クーラーすかすかのド貧果。とにかく魚信がないので後半は睡魔との戦いだった。船上で寝落ちしそうになりながら「このうらみ!! はらさで…おいたるわ!!」がせいぜい言えた負け惜しみ。
このうらみ!! はらさでおいたるわ!! アカムツに手も足も出ずこのうらみ!! はらさでおいたるわ!! アカムツに手も足も出ず

このうらみ!! はらさでおいたるわ!! アカムツに手も足も出ず何が悪かったって? 分からない。マメに誘ってなんとか魚信を出そうと努力はしたが、反応してくれるのはギンメダイとシロムツだけ。次回釣行に向けて何を修正すればいいのか、全くつかめないまま…帰路につく。途中、小田原にあるタンタン麺四川推定糖質量100グラム超)で反省会を行ったが、ドン・サイ~キですら魚信が少なすぎるとこぼしていたのでへた釣りごときの腕ではどうにもしようがない活性だったってことだと思う。まさに手も足も出ず。完敗だった。
このうらみ!! はらさでおいたるわ!! アカムツに手も足も出ずこのうらみ!! はらさでおいたるわ!! アカムツに手も足も出ず



Twitter

2016年07月16日 18:13

« 神経絞めショートならイサキやカワハギも絞められそうな… | メイン | すぐ取れる。頭だけ齧られる。甘エビの装餌法に悩みまくる »

最近の釣りに行った記事

佳肴求めて鴨川沖へ。クエ・クロムツ・アカハタでえっへん♪
プルルと魚信るが掛からない!? でも44匹でキス天食べ放題
40センチのデカイワリ含む5匹で夏の美酒佳肴作戦は大成功
気難しベイブリアジに翻弄され二人で83匹。釣りデート成功
【番外編】妻と釣りじゃないデートで大阪食い&呑みだおれ
猿島沖で下手をキワめる! 午後アジ5匹、夜メバル6匹のみ!!
【番外編】妻と釣りじゃないデートで河津で鰻、多賀で蕎麦
特餌忘れ凪のはずが時化でメバル釣れずなんだか不本意な…
前半はサバに混じってアジで後半はアジに混じってサバ地獄
稲取沖第1投で城ケ島以西で“アレ”が釣れない呪い解呪成功
シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子
辛うじてノーピクではないもののノーガコッでクロムツボウズ
へたが来た日は釣れる!? 尺級2匹込みカイワリ18匹でどやっ
釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹

著者: へた釣り