柳の下にタチウオ15匹。2週連続の最多記録にどうした、俺!?

柳の下にタチウオ15匹。2週連続の最多記録にどうした、俺!?変に自信を付けると、そのあとドツボにはまることが多いので、今週の釣行の目的はタチウオはやっぱり難しいと思い知ることだった。羽田・かみやタチウオアジリレー船で2週連続の最多記録更新。柳の下にタチウオ15匹もいた。どうした、俺!? カイワリシャクリでタチウオはいいのか?

柳の下にタチウオ15匹。2週連続の最多記録にどうした、俺!?この日はかみやタチウオ釣りプチ大会があったので、タチウオアジリレー船はゆったり釣行。片舷5人と釣り座に余裕がある。船の下にいる魚を根こそぎ持って行っちゃう異次元さんや達人さんは大会船に集結している。ってことは割り当てが多そうだ。「どうして大会に出ないの?」と言われたが、昨年の夏場に釣ったタチウオはたったの2匹だけ。苦手な釣りは数あれどその中でも最も苦手意識のある釣りが夏場のタチウオ釣りだったのである。エントリー時期には、大会に出てあわよくばを狙う気にすらなれなかった。

■今日もカイワリシャクリで絶好調。2週連続で自己最多を更新した

柳の下にタチウオ15匹。2週連続の最多記録にどうした、俺!?席は左舷の舳。かみやのリクエスト船は予約順が4番目までなら、四隅の席をリザーブできる。へた釣りが予約を入れたのは4番目だったので舳を予約できた。船は桟橋を離れ、1時間ほどかけて観音崎の航路内のポイントへ。タチウオ船の大船団ができている。船は船団の周りをウロチョロして、船橋港・内木丸の近くにポイントが決まる。さて、釣り始めようと思ったら、いきなり「へた釣りさ~ん」。シーバス師匠、YOKOさん、上乗りのHさんなどFacebookの知り合いがなぜか内木丸に集まっていた。ワカメ会タチウオ大会が行われていたようだ。

柳の下にタチウオ15匹。2週連続の最多記録にどうした、俺!?気を取り直して仕掛けを投入し、30センチ刻み静止0秒のカイワリシャクリで釣りスタート。底から10メートルくらいですぐに魚信。びっくりして竿を止めてしまい、当然、掛からず。一度落とし直して、底から誘いあげているとやっぱり10メートルくらいですぐに魚信が出る。今度は竿を止めずに誘い続けると、15メートルくらいで針掛かり。本日1匹目は指2本のかわいいサイズだったが、釣り始めて5分もたたないうちに本命を手にして、気分が楽になる。と同時に、カイワリシャクリで今日もいけちゃう?という手ごたえを得てしまう。

柳の下にタチウオ15匹。2週連続の最多記録にどうした、俺!?本当にカイワリシャクリでいけちゃったのであった。開始2時間でツ抜け。先週のようにどうやって釣ればいいのかな?と迷っている時間がなかった分、ペースがよい。その後、魚信の頻度は落ちていったが、船中沈黙している時間帯にも、ポツリポツリとはタチウオが釣れる。常時、竿を動かしているので、針掛かりはほぼ全自動。アワセ損なったときだけ、その場でフワフワ誘ってみたり、仕掛けを止めてみたり、少し竿を下ろして(仕掛けを緩ませて)みたりすると、針掛かりに持ち込めた。タチウオ釣りは11時半まで、実釣3時間と少しで、タチウオ15匹。1匹だけだが自己最多記録を更新した。サイズは指3本半までだったけど。

■中の瀬のブイで苦戦、本牧沖で大苦戦でアジは19匹と数伸ばせず

柳の下にタチウオ15匹。2週連続の最多記録にどうした、俺!?カイワリシャクリの欠点は、とにかく腕と手首への負担が大きいこと。カイワリなら底からせいぜい5~6メートルシャクれば仕掛けを落とす間インターバルをとれる。タチウオの場合、底から15メートル、時には20メートルシャクリ続けることになるので、腕がだるくなってくる。手首にピキッって感じの嫌な痛みを感じ始め、そろそろ限界かな?と思い始めたらちょうど、アジに釣りモノ変更になった。アジなら竿もビシも軽いし、タナで待つ時間があるので、助かった。移動時間に食事を済ませ、到着したのは中の瀬のブイ。

柳の下にタチウオ15匹。2週連続の最多記録にどうした、俺!?「底に反応はあるのでやってみましょう」とアナウンスがある。ストラクチャー周りのアジ釣りが苦手である。指示ダナは底から1.5メートル。アジにやる気を出してもらうために50センチ刻みに3回コマセを振り出し、20センチくらい仕掛けを上げて魚信を待つ。竿先フルフルまでは行くのだが、なかなか竿先を引き込む本魚信に発展しない。焦れて竿を持ち上げて掛けにいくと反応がなくなる。針掛かりに持ち込んでも竿を動かして掛けたアジは掛かりどころが悪いことが多く、バラシ多発。1時間半ほど中の瀬のブイ周りを攻めたが、手にしたアジは10匹止まり。ストラクチャー周りのアジの攻略法を考えないと……。

柳の下にタチウオ15匹。2週連続の最多記録にどうした、俺!?本牧沖に移動して、今度は錨を投入してのオーソドックスなアジ釣りに。指示ダナはやはり1.5メートルだった。なかなかアジの活性が上がってこないで、大苦戦。先週入れパクを楽しんだポイントとほぼ同じだと思うのだが、アジはご機嫌斜め? それとも乗船人数が少ないので、コマセが効かないのか? タナでじっくり待ってポツンポツンと拾っていく感じの食いしかなく、本牧沖では9匹。アジは20匹に届かず終了。それでもタチウオ15匹+アジ19匹でクーラーはほぼ満タン。くわえタバコでドヤ顔しておく。



Twitter

2014年08月17日 19:54

« 三石忍&一之瀬丸のを参考にタチウオとLTアジ仕掛け自作 | メイン | ハリス切られて超悔しい。タチウオは電動+手動アシスト? »

最近の釣りに行った記事

特餌忘れ凪のはずが時化でメバル釣れずなんだか不本意な…
前半はサバに混じってアジで後半はアジに混じってサバ地獄
稲取沖第1投で城ケ島以西で“アレ”が釣れない呪い解呪成功
シロギスは三歩進んで五歩さがりアナゴは二歩進んだら迷子
辛うじてノーピクではないもののノーガコッでクロムツボウズ
へたが来た日は釣れる!? 尺級2匹込みカイワリ18匹でどやっ
釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹
GW第2戦は待望の凪!! いつもの如く撃沈しマゴチ1匹だけ
強風に苦しみ触手に苛まれ釣り方見失うアジ・キスリレー
予期せぬ大時化にアジツ抜けせずクロダイで帳尻だけ合わす
ちょい時化だけど猿アジはぽつぽつ…後半凪たらし~んと
昼までノーガコッ伝説継続…ヤヴァいかもで一度だけガコッ
気難しいアジに苦戦も46匹。シロギスは釣り方掴めず9匹だけ
驕る下手は久しからず。ノーガコッ伝説が今日始まったよ

著者: へた釣り