居食いしてる?な気難アジにあの手この手で口使わせて81匹

居食いしてる?な気難アジにあの手この手で口使わせて81匹北海道へ帰省する妻の東京土産として持たせる激旨金アジの干物をゲットするべく、羽田・かみやからショートLTアジへ。この1年ほど東京湾でのアジ釣りでいい目に遭った記憶がなく、完全に嫌われていると思っていた。今日も反応はあるらしいのだがなかなか口を使ってくれないで…。

居食いしてる?な気難アジにあの手この手で口使わせて81匹JR蒲田駅から6時20分の送迎バスを利用して船宿へ。受付を済ませると番号札3番。一桁というだけでも珍しいのに4番以下なんて何年ぶり? 四隅が空いているかもと桟橋に行くと、アジ船は右舷の大艫から2人先客がいるだけで席選び放題だった。一度、左舷大艫に座りかけてやっぱり大好きな右舷舳にしようと移動。でも、大艫で釣れることなんて滅多にないんだからと船上でうろちょろと不審な動きをした末に左舷大艫に釣り座を決める。桟橋でイカ名人改めタコ名人のI島名人から「タコいる~?」とお声がけいただく。「めっちゃいる!」と応えたあとで、ショート船なので帰りの時間が違うことに気づく。残念。

■気配はある魚信も出るのになぜか針掛かりに持ち込めないで苦戦

居食いしてる?な気難アジにあの手この手で口使わせて81匹本日の船長はしゃちょう船長。片舷5人ずつの10人で出船となる。「40分ほど走る」とのアナウンスがあり木更津沖の水深12メートルのポイントで釣り開始となった。船長からの指示は「底1メートルでコマセを振って50センチ~1メートル上げて待つ」だったので反応は底気味だったと思われる。1.5メートルのタナはうまくいった験がないので、50センチ、1メートル、1.5メートルで素早くコマセを撒いて50センチ上げて2メートルで待つ。すぐに魚信が出るという活性ではなかったがコマセを入れ替えていると単発ではあるがアジが釣れ始める。

居食いしてる?な気難アジにあの手この手で口使わせて81匹コマセに反応してくれてはいるが素直に食ってはこない。竿先をフルルと揺するような前魚信らしきものだけあったり、ガッと手元まで魚信が伝わってくるのに口が切れてしまったりととにかく針掛かり率が悪い。掛けにいこうと竿を持ち上げると手応えが消失してしまうことが多い。我慢して穂先をもっていってくれる魚信になるまで待つしかない。面白いことに釣れるのは3本針の一番上の針に集中した。コマセに突っ込んできているのに掛からないのはアジのサイズに対して針が10号だと大きかったのかも。海沿いの食堂のアジの開き定食サイズは稀で、20センチに満たない旅館の朝食の干物サイズが多かった。

■散漫と釣らないように気難アジ攻略のフローを構築してみたよ

居食いしてる?な気難アジにあの手この手で口使わせて81匹コマセを撒いているうちに船下のアジの群れの活性が少しずつ上がってきた。タナも最初の2メートルから2.5メートルの方が魚信が明確に出るようになり、ときどきだかダブルも発生し少しペースアップする。依然としてアジが針に触れてはきているのに…針掛かりはしないということが多すぎる。対策として釣り方を分岐させることに。コマセを指示ダナの下から振り出して煙幕を作って素直に食ってくればよし(←これで掛かれば勝負が早く数を伸ばせる)。掛からない魚の感触があったら1メートルほど誘い下げる(←食い込みが悪い時は意外と効く)。誘い下げで掛からなかったら下げたタナで2、3度コマセを振り出してからスーッと竿を持ち上げて仕掛けをコマセの煙幕の中に通す(←魚は仕掛けの近くにいるので効率的)。最初のコマセ振りで魚の感触がなかったら底を取り直して指示ダナの下から振り出してコマセの煙幕を作り直す(←集魚効果はこれが一番高い)。

居食いしてる?な気難アジにあの手この手で口使わせて81匹魚信は最後まで途切れることなく出続けた。自分なりに考えた気難しいアジ攻略フローもそれなりに機能していたと思う。船長によればハリスの太さが2号だったかそれ以下だったかで釣果の明暗が分かれたそうだ。1.5号で仕掛けを作ってあったので数はそれなりに伸ばせた。例によって釣っている最中は数を数えられないので、50匹は超えたかな?ぐらいに考えていたが、半日船ではなくショート船でほぼ魚信が途切れることなく出ていたので数えてみたらもう少しいっており81匹。アジで大漁したのは1年以上ぶりのこと。サイズの大きい物から干物にして残りはアジフライかなぁ?


Twitter

2022年07月30日 18:42

« 妻の帰省までに激旨金アジ干物を釣り貯めるプロジェクト | メイン | 【動画】いっぱい釣れてるので酒旨動画ではあるが見所が »

最近の釣りに行った記事

本日、大人はウィリーにおさわり禁止…カイワリほげたぞ
居食いしてる?な気難アジにあの手この手で口使わせて81匹
天秤&仕掛けを和彦丸SPにしてシロギス58匹でにんまり
アカムツどころか魚信が一度もなく城ヶ島沖で大撃ち~ん
暑さとサバに無口になるも船長冴えててカイワリを9匹!!
あさなぎ丸が小船と事故…イサキ開幕戦は不戦敗で激凹み
デラキンメは朝一でゲットするも水深400m超は謎だらけ
金田湾イワシメバルがあまりに魚信なく呆けてホゲて凹む
焼肉デート楽しかった。釣りもした気がするけど覚えてない
23・22・20センチのトリプルを決めるもメバルは凪に限るね
天秤? 胴突き? 俺に限ってどっちもあかんなシロギス釣り
愚策裏目で波に乗れずオキメバル4匹一荷でなんとか帳尻
天気予報大外れで良型クロムツ釣れてなければ凍え死んでた
巨大アジ猛攻であわやカイワリいない五目になるとこだった
煮付け2尾で1皿サイズのメバル14人前に癒してもらい幸せ
午前アジ22匹でなんとか。妻は5匹&竿折れて後半闇堕ちす
春の海ひねもす癒しリレーのはずが…心身鍛錬の一日に!!
春の京都。京都らしいええもんを探して一泊二日めし旨旅♪
ヤリイカも俺が行ったら終わるやん…断トツ最低1.5匹だけ
行ったらやっぱり終わってたよ…好調の余韻でカイワリ8匹
走水黄金大アジゲットも…アジに嫌われたままツ抜けせず
2022年初の大漁♪ 炙り刺しで最高なクロムツ15匹でドヤッ!!
暖かくって午後アジ作戦成功と思いきや釣果が凍死レベル
鉄壁のサバに阻まれ時合逃しカイワリ4匹だけとしょんぼり
3週間ぶりの釣りはサバ地獄と変な潮でクロムツ2匹だけ~
ドキドキもワクワクもなく初釣りの鬼おみくじ2022は大凶だ
ドデカアマ53.5センチ! 2021年最後にして最高の釣りだ!!
家族一人に1匹30㎝級クロムツ確保でお正月は尾頭付きで♪
10分の5がリリースって…一之瀬感謝デーカワハギで頓死す
潮澄み中盤まで魚信なし。日が傾いてカイワリダブル×3+1
デカハギの釣り方忘れた! 昨年に続きツ抜けせずで開幕
53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされず
妻がクロダイおかわり成功。それも48センチにサイズアップ
魚っ気皆無の白間津で船酔い・竿折れ・クーラー空で呆然
妻が47.5センチ人生初クロダイ。アジはコマセ係で撃ちーん
初のえいあん丸・城ヶ島沖オニカサゴは速潮に悩まされ2匹
帰りのクーラーの重さまで…サワラは五十肩に優しかった♥
105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~
コレジャナイ十目で困憊。今日はダメ思ったらラスト10分で
三度目の正直でワラサ挑むも二度あることは…マダイは2匹
八景沖マダイは珍しく素直で3匹。久里浜ワラサとは断交中
新ブランド?よっしゃサバ。ポニョに34cmアマダイ混ざり喜々
ラストイサキは半日50匹。ワラサは常日頃の行いが悪い?
ラスト5分…またね♥とクロムツにめっちゃ営業されてしまう
2週連続で追い食いゼロって…今年の剣崎ウリンボ手強い
くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!
やっぱ下手やねん♪ めっちゃ真面目に釣ってシロギス14匹
イサキは雨の日に限る。今季最大36cm&最多47匹でどやっ
宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね
雨中のシロギス特訓。キス天食べ放題へ一歩一歩前進中♪

著者: へた釣り