帰りのクーラーの重さまで…サワラは五十肩に優しかった♥

帰りのクーラーの重さまで…サワラは五十肩に優しかった♥脂たっぷりで蕩けるサワラのお刺身が食べたくなって金沢八景・一之瀬丸のスポット便サワラ船へ。瀬戸内海では釣法が確立されているが、東京湾でのエサ釣りはどの船宿もまだ手探り状態。でも、まぁ1匹釣れば十分な魚なのでなんとかなるだろうと挑んだが、魚信すらなくチーン。

帰りのクーラーの重さまで…サワラは五十肩に優しかった♥日にち薬か、カイロを常時右肩に貼り付けて温めているおかげか、尻ポケットの財布に手が…届かなかった五十肩はいくらかマシになっているような気がする。それでも、寝返りをうつと肩の鈍い痛みで目が覚め、痛みがしばらく続いて寝られないので睡眠の質がこの数日よろしくない。釣行前夜も少し早めにベッドに入ったが2時間ほど寝て痛みで目が覚めると、そのまま寝られなくなってしまう。そのまま金沢八景を目指すことに。サワラ船は片舷8人の16人で満員御礼。船長はイサキやマダイでお世話になる瀧本船長だった。

■最初のイワシは無傷なまま2時間経過…タナのヤマが外れてる?

帰りのクーラーの重さまで…サワラは五十肩に優しかった♥桟橋を離れた船は、走水~観音崎沖を目指す。タチウオ船団を通り過ぎ、船団から少し離れた場所から観音崎に向けて流す。指示ダナは「高めの人は7~8メートル、もうちょっと低い人は15~16メートル」。指示ダナが2つ出たという経験がなかったので戸惑うが8メートルだと浅すぎる気がしたので16メートルにタナを合わせる。タナを合わせたら回遊待ちだ。誘って魚を寄せて釣るのではなく、次のサワラはどのタナ(水深)に入ってくるかを予測して待ち構える。竿を操作する必要はないので、置き竿。ヤマを張るタナを変える以外にやることはない。

帰りのクーラーの重さまで…サワラは五十肩に優しかった♥右舷の艫辺りで1匹目のサワラが上がって船中活気づくが、活気づいたところでやることがないのがこの釣りの苦しいところ。へた釣りはタナの読みを外し続けているのか、それとも餌のイワシの付け方がまずくサワラを遠ざけてしまっているのか、最初の付けたイワシが無傷のまま戻り続けてくる。釣り始めて2時間経っても最初のイワシはきれいなまま。なにか工夫をと考えて、イワシの短冊を作って、サワラに一飲みしてもらおうとしたが、短冊も魚信なし。
帰りのクーラーの重さまで…サワラは五十肩に優しかった♥帰りのクーラーの重さまで…サワラは五十肩に優しかった♥

■置き竿でストレッチしながら釣る。魚信なしで腕に負担は一切なし…

帰りのクーラーの重さまで…サワラは五十肩に優しかった♥やることがないので、五十肩を治すためのストレッチを船上で始める。お昼が近くなり日差しが温かくなってくると、寝不足の瞼が落ちてきて、うつらうつらし始める。左舷でも左2つ隣の人がサワラをゲット。船中時速1匹ペースくらい。へた釣りに関しては魚信すら一度もないのだから居眠りするなという方が無理な相談である。ストレッチに飽きたらうつらうつら、寝てはいけないと気合を入れ直して仕掛け回収&タナ変更。船上でやっていたことはこれだけ。肩に負担がかからないので、五十肩でも安心だ。12時半にようやく竿先をガシガシと上下させるような魚信があったが食い込まず。回収してみるとエラの後ろを齧り取られていた。大きな口のサワラにできる芸当ではないが、何の仕業だろう?
帰りのクーラーの重さまで…サワラは五十肩に優しかった♥帰りのクーラーの重さまで…サワラは五十肩に優しかった♥

帰りのクーラーの重さまで…サワラは五十肩に優しかった♥二度目の魚信は14時少し前。今度は背中に噛みあと。これもサワラっぽくない。ハリスにも噛みあとがあった…フグかな? ハリス20号でも全然安心できないことを思い知る。沖上がりは15時。10分前に三度目の魚信。これも食い込まずに離された。この噛みあと…サワラだったかもな雰囲気はあるが、針掛かりまでいかなかったのでサワラの引きを一度も味わうことなく終了。置き竿でストレッチしながら釣れて、腕に負担がかからないように針掛かりせず。帰りのクーラーまで空っぽでお持ち帰りが楽ちんなのだからサワラは五十肩に優しい♥
帰りのクーラーの重さまで…サワラは五十肩に優しかった♥帰りのクーラーの重さまで…サワラは五十肩に優しかった♥


Twitter

2021年10月24日 19:44

« 一之瀬サワラは「0~2匹」。とりあえず仕掛けを3種類作った | メイン | 【動画】暇すぎてストレッチしている多動性中年の俺を見て♥ »

最近の釣りに行った記事

焼肉デート楽しかった。釣りもした気がするけど覚えてない
23・22・20センチのトリプルを決めるもメバルは凪に限るね
天秤? 胴突き? 俺に限ってどっちもあかんなシロギス釣り
愚策裏目で波に乗れずオキメバル4匹一荷でなんとか帳尻
天気予報大外れで良型クロムツ釣れてなければ凍え死んでた
巨大アジ猛攻であわやカイワリいない五目になるとこだった
煮付け2尾で1皿サイズのメバル14人前に癒してもらい幸せ
午前アジ22匹でなんとか。妻は5匹&竿折れて後半闇堕ちす
春の海ひねもす癒しリレーのはずが…心身鍛錬の一日に!!
春の京都。京都らしいええもんを探して一泊二日めし旨旅♪
ヤリイカも俺が行ったら終わるやん…断トツ最低1.5匹だけ
行ったらやっぱり終わってたよ…好調の余韻でカイワリ8匹
走水黄金大アジゲットも…アジに嫌われたままツ抜けせず
2022年初の大漁♪ 炙り刺しで最高なクロムツ15匹でドヤッ!!
暖かくって午後アジ作戦成功と思いきや釣果が凍死レベル
鉄壁のサバに阻まれ時合逃しカイワリ4匹だけとしょんぼり
3週間ぶりの釣りはサバ地獄と変な潮でクロムツ2匹だけ~
ドキドキもワクワクもなく初釣りの鬼おみくじ2022は大凶だ
ドデカアマ53.5センチ! 2021年最後にして最高の釣りだ!!
家族一人に1匹30㎝級クロムツ確保でお正月は尾頭付きで♪
10分の5がリリースって…一之瀬感謝デーカワハギで頓死す
潮澄み中盤まで魚信なし。日が傾いてカイワリダブル×3+1
デカハギの釣り方忘れた! 昨年に続きツ抜けせずで開幕
53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされず
妻がクロダイおかわり成功。それも48センチにサイズアップ
魚っ気皆無の白間津で船酔い・竿折れ・クーラー空で呆然
妻が47.5センチ人生初クロダイ。アジはコマセ係で撃ちーん
初のえいあん丸・城ヶ島沖オニカサゴは速潮に悩まされ2匹
帰りのクーラーの重さまで…サワラは五十肩に優しかった♥
105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~
コレジャナイ十目で困憊。今日はダメ思ったらラスト10分で
三度目の正直でワラサ挑むも二度あることは…マダイは2匹
八景沖マダイは珍しく素直で3匹。久里浜ワラサとは断交中
新ブランド?よっしゃサバ。ポニョに34cmアマダイ混ざり喜々
ラストイサキは半日50匹。ワラサは常日頃の行いが悪い?
ラスト5分…またね♥とクロムツにめっちゃ営業されてしまう
2週連続で追い食いゼロって…今年の剣崎ウリンボ手強い
くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!
やっぱ下手やねん♪ めっちゃ真面目に釣ってシロギス14匹
イサキは雨の日に限る。今季最大36cm&最多47匹でどやっ
宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね
雨中のシロギス特訓。キス天食べ放題へ一歩一歩前進中♪
尺級5匹込みで21匹! 剣崎イサキの釣り方思い出した?
剣崎イサキ絶好調とはいかないが昨季より手応えありで8匹
クロムツからの魚信なしでひたすらサバサバサバサバサバ
アカクラゲの時期にシロギスの練習? 心得違いもいいとこ
尺イサキ多数にアカイサキ雄でクーラー六分もレア魚はなし
八景沖で小中アジほぼ入れ食い。アカクラゲさえいなければ
アカクラゲ大っ嫌い! アジもキスも目標未達でしょぼ~ん
強風の間隙縫って午前メバル。煮付け4匹含む19匹で満足

著者: へた釣り