くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!

くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!こんな汚い言葉を使うと天国にまだ召されてないママに叱られそうだが、日差しを遮るものがない船上でのあの暑さを言い表すのにくそ以外の言葉が思いつかない。魚が高活性ならまだしも、魚信なしの時間が2時間も続くと悪態の一つもつきたくなる。最後まで盛り上がらずくっそーー!!

くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!オリンピック開幕に合わせた四連休は大潮回りだし、天気もよすぎるのでイサキは回避してマゴチにでも行こうかなと、金沢八景・一之瀬丸のサイトをのぞくと、四連休3日目の24日はイサキの予約者ゼロ。前夜が開会式なのでみなさんこれを見るために、翌日は釣りに行く人が少ないのかも。空いていれば自分のコマセだけで勝負できて釣りやすい。風波が確定したら一番乗りで予約を入れる。電車でもいつもの週末に比べクーラー持参の人は少なくて、しめしめと喜んでいたのだが……一之瀬丸イサキ船の人気を舐めていた。片舷10人。空いていれば…という唯一の好条件すら失った。
くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!

■澄み潮でリアクションバイト狙いしか…掛からないしよくバレる

くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!船は久里浜に寄り道することなく剣崎の松輪の根へ。レッドクリフな密集陣形にはなっていないが結構な数の船が集まっている。船長は、船団の周りを回って目ぼしい反応を探してくれるのだが…先行している船で魚が取り込まれる様子が確認できたのは一度だけ。置き竿にしている人もおり、倦怠感が伝わってくる。潮が澄んでしまいイサキがなかなか口を使ってくれないという状況らしい。指示タナは18メートルから12メートル。いつものように50センチ刻みのシャクリで、スティ時間を1秒~3秒とって、イサキが食ってくるシャクリのペースを探すのだが……なかなか厳しい。
くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!

くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!活性が低いときはイサキは上下するビシの動きにビビッてしまっていることがある。イサキを驚かせないようにソフトにふわりとシャクってみたが状況は変わらず。試行錯誤は極端なものから試して潰していくのが基本だ。カイワリのように鋭く速いシャクリを試してみると、ようやく魚信が出た。イサキの目の前でウィリーを高速で動かしてリアクションバイトを狙う。スレ掛かりも含めていくらかペースアップしたが、この釣り方だと魚信はあっても掛からないことが多く、掛かったはずなのに巻き上げ中にいなくなることも。追い食いも全く発生せず、単発に巻き上げざるを得ない。最初のポイントでは8匹だけ。
くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!

■2時間のくっそーな時間。ラスト2時間で15匹釣れたが良型は出ず

くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!11時少し前に移動のアナウンスがあり船団を離れて瀧本船長お得意の一人旅が始まるかと思ったが、何度か減速したものの目ぼしい反応が見つからないようで結局、船団に戻って釣り再開となる。ここからくそ暑い上にくそ渋い2時間が始まる。魚信がなくても腐らずにシャクリ続けたと書きたいところだが、暑さに負けてときどき休憩して水分補給。1リットル麦茶を2本凍らして持って行っていたが、1本だけだと熱中症で倒れていたかも。水分は余裕を持って持参するが大事と思い知る。9匹目のイサキを手にしたのは13時少し前。2時間の我慢が実ったわけではない。何かの間違いで釣れただけで1匹釣れたからすぐに次もという釣況ではない。

くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!くっそーな2時間のあとも、最後まで高活性なイサキの群れにはあたらかなった。昼に沖上がりした剣崎の船に入れ替わって根の一等地で釣ることができたので、いくらかペースアップして釣れるようにはなった。リアクションバイト狙いでバラシ多数という状況は変わらなかったが15時の沖上がりまでの2時間で15匹追加して24匹に。ビシに近い針に食ってくることもあったのに一度も追い食いに成功せず全部単発。イサキ釣りでは滅多に起きない海面バラシが二度もあった。取り込めた魚も際どい掛かり方の物が多く、ウィリーを口の奥まで吸い込む前に吐き出してしまっている感じ。今年の剣崎は尺超えの出現頻度も高いはずだが本日は25センチを超えず。数だけでなく型でもくっそーー!!
くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!


Twitter

2021年07月24日 19:55

« 三代目よく切れるハサミはプロお勧め漁業用網切りハサミ | メイン | 【動画】GoProが熱暴走して動画撮れてない時間帯があった »

最近の釣りに行った記事

庄吉丸の下に15匹目のオニカサゴ…でも16匹目はおあずけ
萬栄丸半夜クロムツで自己最多を27匹&最大を38センチに
山下丸アマダイ初挑戦は良型獲れずも5匹釣れてまずまず
久里浜ウィリー五目…ワラサとサバフグに邪魔され大苦戦
バラシ多数で大苦戦。でも25センチ級カイワリ2匹を独占
悲願の妻アジ30匹チャレンジは42匹でクリア…ど、同数!!?
海堡で順調→竹岡砂漠→海堡に戻りカワハギ開幕戦は11匹
…………………………………………………ノーピクだった
萬栄丸半夜クロムツ初戦はサバ禍で失速も16匹でえっへん
小サバ湧いてカイワリお留守。カンパチはいてくれたよ~
新山下デビュー戦は美味しいサイズのベイブリアジ17匹♪
25cmが小さく見える尺超え×2で夏カイワリ攻略の糸口!?
ゴロタとフグに翻弄され苦戦。シロギス20匹超えがやっと
タコを釣ったらキャーキャー騒ぐへたれなおっさんが8杯♪
本日、大人はウィリーにおさわり禁止…カイワリほげたぞ
居食いしてる?な気難アジにあの手この手で口使わせて81匹
天秤&仕掛けを和彦丸SPにしてシロギス58匹でにんまり
アカムツどころか魚信が一度もなく城ヶ島沖で大撃ち~ん
暑さとサバに無口になるも船長冴えててカイワリを9匹!!
あさなぎ丸が小船と事故…イサキ開幕戦は不戦敗で激凹み
デラキンメは朝一でゲットするも水深400m超は謎だらけ
金田湾イワシメバルがあまりに魚信なく呆けてホゲて凹む
焼肉デート楽しかった。釣りもした気がするけど覚えてない
23・22・20センチのトリプルを決めるもメバルは凪に限るね
天秤? 胴突き? 俺に限ってどっちもあかんなシロギス釣り
愚策裏目で波に乗れずオキメバル4匹一荷でなんとか帳尻
天気予報大外れで良型クロムツ釣れてなければ凍え死んでた
巨大アジ猛攻であわやカイワリいない五目になるとこだった
煮付け2尾で1皿サイズのメバル14人前に癒してもらい幸せ
午前アジ22匹でなんとか。妻は5匹&竿折れて後半闇堕ちす
春の海ひねもす癒しリレーのはずが…心身鍛錬の一日に!!
春の京都。京都らしいええもんを探して一泊二日めし旨旅♪
ヤリイカも俺が行ったら終わるやん…断トツ最低1.5匹だけ
行ったらやっぱり終わってたよ…好調の余韻でカイワリ8匹
走水黄金大アジゲットも…アジに嫌われたままツ抜けせず
2022年初の大漁♪ 炙り刺しで最高なクロムツ15匹でドヤッ!!
暖かくって午後アジ作戦成功と思いきや釣果が凍死レベル
鉄壁のサバに阻まれ時合逃しカイワリ4匹だけとしょんぼり
3週間ぶりの釣りはサバ地獄と変な潮でクロムツ2匹だけ~
ドキドキもワクワクもなく初釣りの鬼おみくじ2022は大凶だ
ドデカアマ53.5センチ! 2021年最後にして最高の釣りだ!!
家族一人に1匹30㎝級クロムツ確保でお正月は尾頭付きで♪
10分の5がリリースって…一之瀬感謝デーカワハギで頓死す
潮澄み中盤まで魚信なし。日が傾いてカイワリダブル×3+1
デカハギの釣り方忘れた! 昨年に続きツ抜けせずで開幕
53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされず
妻がクロダイおかわり成功。それも48センチにサイズアップ
魚っ気皆無の白間津で船酔い・竿折れ・クーラー空で呆然
妻が47.5センチ人生初クロダイ。アジはコマセ係で撃ちーん
初のえいあん丸・城ヶ島沖オニカサゴは速潮に悩まされ2匹

著者: へた釣り