キントキはいるけれど遠征ウィリーで史上最低のド貧果に

キントキはいるけれど遠征ウィリーで史上最低のド貧果に4月10日の第1戦の様子がよかったので釣れると信じていた。オキメバルやアカイサキ、イサキは釣れて当たり前でカイワリやキントキなどのレア魚をどうやって釣るかなんて身の丈に合わないことを考えていたら、沖の瀬の釣りの神様から神罰を受けた。ウィリーに魚が全く反応せずド貧果。

キントキはいるけれど遠征ウィリーで史上最低のド貧果に前夜にサイトで確認すると金沢八景・一ノ瀬丸の遠征ウィリー五目は「予約締切」になっていた。前戦は片舷9人でも締切になっていなかったので一体何人乗るのだろう?とドキドキしながら船宿を目指す。席札は思ったよりも残っていた。よさそうなのは左舷の艫から2番目か右舷の舳。人数的に右舷の舳はスーパーお立ち台になるとは分かっていたが、他の人のコマセの影響を受けにくい舳の方がやっぱり好き。伊東船長の船はスーパーお立ち台にも座席はあるので、クーラーの上に座ってこけそうになるという心配はない。船は1時間と少し走って沖の瀬に到着する。

■サバラッシュで船中オマツリしまくり。なんとかイサキ&キントキを

キントキはいるけれど遠征ウィリーで史上最低のド貧果にタナの指示が海面からで縁(へり)を攻めるとのアナウンスがあったので、最初のポイントはオキメバル狙い。探る幅は水深75メートルから70メートル。50センチ刻みで10回シャクリ、指示ダナを4往復してビシを回収したときにコマセが1/3くらい残っているようにビシの下窓を完全に閉じ、上窓をほんの少しだけ開ける。オキメバル用のスティ3秒くらいの少し遅めのシャクリをしているとすぐに魚信。ゆっくり巻いてくると追い食いも発生した雰囲気。今日もチョロいという手応えだったが……オマツリしてバラす。次の投入でもすぐに魚信はあったのだが追い食いを狙ってゆっくり巻いているとサバが食ってきてまたもバラシで暗雲。
キントキはいるけれど遠征ウィリーで史上最低のド貧果にキントキはいるけれど遠征ウィリーで史上最低のド貧果に

キントキはいるけれど遠征ウィリーで史上最低のド貧果に最初のポイントには高活性のオキメバルの群れがいたが、サバがバンバンアタックしてくるようになり、オキメバルが魚信る前にサバが食ってくる。オマツリも頻発しやむなくポイント移動することに。ここからがつらかった。とにかく魚信を出せない。魚信があってもほぼほぼサバという地獄のような時間帯がしばらく続く。もしかすると今日はサバしか釣れない日かもと、サバをバケツにキープし始める。ようやくサバ以外の魚が釣れて中型のイサキ。お次はちょっとこましな引きをする魚が魚信ってレア魚のチカメキントキ。やっとウィリー五目っぽくなってきた。
キントキはいるけれど遠征ウィリーで史上最低のド貧果にキントキはいるけれど遠征ウィリーで史上最低のド貧果に

■カイワリしか眼中なしのつもりがあまりの魚信の少なさに……浮気

キントキはいるけれど遠征ウィリーで史上最低のド貧果にイサキもチカメキントキもウィリーにではなくオキアミに食ってきていた。サバ以外はウィリーに塩対応している感じ。何か所かポイントを移動してようやくオキメバルを釣るがこれもオキアミにしか食ってこない。オキアミの1本針仕掛けで釣っているようなもので追い食いが狙えないので数が伸ばせない。それでも頻繁に魚信れば我慢できるのだが、魚信の出方が散発的で頑張っていればそのうち報われるという雰囲気ではない。船は少しずつ沖の瀬から洲崎沖へと移動する。カイワリ用の仕掛けに付け替え数がダメならせめて本命のカイワリをという作戦に切り換えたのだが……。
キントキはいるけれど遠征ウィリーで史上最低のド貧果にキントキはいるけれど遠征ウィリーで史上最低のド貧果に

キントキはいるけれど遠征ウィリーで史上最低のド貧果に船長はイサキやオキメバルなどランダムにいろんな群れにあててくれる。ムツ針10号を使ったカイワリ用の仕掛けにはオキメバルは掛かるがイサキは口が小さすぎて掛からない。オキメバルを一荷で釣っただけで沈黙し続けるのに耐えきれなくなって、カイワリ仕掛けからチヌ針2号の遠征ウィリーの仕掛けに戻す。沖上がり前はイサキの群れに当たったようでこの仕掛け変更は成功。イサキをポツポツと追加して本日終了。キープはチカメキントキ×1、オキメバル×4。イサキ×7。ゴマサバ×1、キダイ×1の13匹でクーラー二分のド貧果に沈む。サバがうるさすぎて再戦する気力は沸かないかも。
キントキはいるけれど遠征ウィリーで史上最低のド貧果にキントキはいるけれど遠征ウィリーで史上最低のド貧果に


Twitter

2021年04月24日 20:00

« 洲崎沖ではカイワリしか狙わん宣言して遠征ウィリー2戦目 | メイン | 【動画】俺、洲崎沖でもう何年カイワリを釣ってないだろう? »

最近の釣りに行った記事

三度目の正直でワラサ挑むも二度あることは…マダイは2匹
八景沖マダイは珍しく素直で3匹。久里浜ワラサとは断交中
新ブランド?よっしゃサバ。ポニョに34cmアマダイ混ざり喜々
ラストイサキは半日50匹。ワラサは常日頃の行いが悪い?
ラスト5分…またね♥とクロムツにめっちゃ営業されてしまう
2週連続で追い食いゼロって…今年の剣崎ウリンボ手強い
くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!
やっぱ下手やねん♪ めっちゃ真面目に釣ってシロギス14匹
イサキは雨の日に限る。今季最大36cm&最多47匹でどやっ
宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね
雨中のシロギス特訓。キス天食べ放題へ一歩一歩前進中♪
尺級5匹込みで21匹! 剣崎イサキの釣り方思い出した?
剣崎イサキ絶好調とはいかないが昨季より手応えありで8匹
クロムツからの魚信なしでひたすらサバサバサバサバサバ
アカクラゲの時期にシロギスの練習? 心得違いもいいとこ
尺イサキ多数にアカイサキ雄でクーラー六分もレア魚はなし
八景沖で小中アジほぼ入れ食い。アカクラゲさえいなければ
アカクラゲ大っ嫌い! アジもキスも目標未達でしょぼ~ん
強風の間隙縫って午前メバル。煮付け4匹含む19匹で満足
キントキはいるけれど遠征ウィリーで史上最低のド貧果に
キントキ、尺イサキ込みクーラー六分で沖の瀬ウィリー堪能
春の海に癒し求め午前メバル・午後アジでひねもすリレー♪
3年ぶり3戦目で3匹。一ノ瀬丸マゴチ童貞の呪縛から解放♥
アジへた女王はまさかまさかの…妻1号。アジうま女王は…?
でっぷりアラフォーアマダイ込み4匹釣って俺、ピカチュー?
イカも二度目なら少しは上手に…? ツ抜けはしたが敗北感
潮めちゃ速でどうにもならず良型オニカサゴ?バラしため息
掛からんバレる…キンメに続いてクロムツにも嫌われたかも
きっちり丁寧…キンメダイはガサツな人嫌いらしくて3匹だけ
初釣り2021は東京湾癒しのアジ&シロギス。胴突き面白い
釣り納め2020はアマダイ改めコレジャナイ十目釣りでチ~ン
チャンスタイムは根掛かりで…白間津シマアジまたもボウズ
久しぶりの宇佐美沖はカイワリ9匹込みで五目15匹と満足♪
ヤリイカデビュー戦ツ抜けに届かずも面白いのは分かった
どったんばったん大撃沈しホルモンまさるでがっつり反省会
ちょい時化でも妻はマグロ化せず良型アジ13匹と急成長?
タチウオはポンコツだけど頑張って9匹。アマダイはちっちゃ!!
一枚足らず…2020年のカワハギ開幕戦は竹岡ハギ屋敷?
高級魚は運次第? 本日の釣魚居酒屋へたはアジ専門店
カンパチガチャはハズレ! カイワリ2匹でなんとかなったぁ!!
テンビンが連続で折れるって…肝心の二目は抜きで八目!!
居酒屋へたのお通しは小アジ南蛮漬け。それ食ったら寝る
雨中の筋トレのご褒美はラスト15分に30upクロムツを2匹だ
暑さ避けさくっと午前アジ作戦。サイズいろいろ39匹で成功
カイワリにというより暑さに負けて三目6匹だけでしょんぼり
極鋭CGクロムツの章入魂。スミヤキ元気すぎて難しかった!!
2020年のイサキ…釣り方分からない。涙目でシャクリ続ける
ほぼ初体験タイラバでタツノオトシゴ+カイワリなんとか2匹
気まぐれな剣崎沖イサキに翻弄されるのもいと嬉しで35匹♪
自己最大47センチ&自己最多更新で富戸オニカサゴ最高♪

著者: へた釣り