ヤリイカデビュー戦ツ抜けに届かずも面白いのは分かった

ヤリイカデビュー戦はツ抜けに届かずも面白いのは分かった2年前に行くぞと宣言したもののなぜか行きそびれ続けていたヤリイカ釣りにようやく行けた。凪の剣崎沖から沖の瀬で深場の勇者様、上乗りさん、船長にまであれこれ教えていただいて頑張って釣ったが目標のツ抜けには届かず8杯。次第に釣り方が分かりだし面白さは理解できたよ。

ヤリイカデビュー戦はツ抜けに届かずも面白いのは分かった勇者様からお誘いいただき、金沢八景・一ノ瀬丸からヤリイカへ。いつもの電車で船宿に着くと勇者様が受付前で待っていて「急いで!」と急かされる。何事かとびっくりしたが、ポイントが遠いことがあるヤリイカ船は出船時間が早いらしく釣り座に座るとほどなくして船は桟橋を離れる。タックルの準備は走っている船の上ですることに。ヤリイカ船に乗るときは横浜まで東海道線で行って京急に乗り換える始発ルートで行った方がよさそう。釣り座のセッティング法などを教わりながら船は南下する。片舷10人と一ノ瀬丸のヤリイカ船は本日も盛況。

■ん? ん? イカ?で着乗り逃す。徐々に学んでツ抜けの手応え

ヤリイカデビュー戦はツ抜けに届かずも面白いのは分かった洲崎沖か沖の瀬に向かうものとばかり思っていたら船は剣崎沖で減速する。しばらくイカの群れを探して周辺を探索して船長が選んだのは水深140メートルのポイント。オモリを持って待機し船長の合図とともに投げ入れる。たどたどしいとは思うがなんとか一投目は無事仕掛けの投入に成功。竿を下に向けて少しでも早くオモリを着底させる。オモリが着底したら糸ふけをとって水平の位置まで少し強めに竿をシャクって持ち上げる。ん? ん? なにか食いあげてきているような感触がある。そのまますぅーっと頭上まで竿を持ち上げると竿先がまだふにゃふにゃと動いている。どうしようと様子を見ていると……いなくなった。巻き上げるとツノにイカのスミと足。その様子を見ていた船長は「あいつ、何も分かってない!」と気づいたようで、移動の合図とともに飛んできて「乗ってたから迷わずに巻いて!」と指導される。第一投目でヤリイカゲットに失敗しあ~あとは思ったが悔しさより嬉しさの方が大きい。離されたとはいえ一度は掛かったのだから、釣れそうな気がしてきた。

ヤリイカデビュー戦はツ抜けに届かずも面白いのは分かった待望の1匹目…人生初のヤリイカを狙って釣ったヤリイカは9時少しすぎに釣れた。オモリ着底後の聞き上げでイカが乗らなかったら頭上まで持ち上げた竿を海面に向けてビュンと振り下ろす。再びゆっくり竿を持ち上げると竿先がふにゃふにゃ。そのままゆっくり頭上まで竿を持ち上げ針掛かりさせる。10メートルほどゆっくりリールを巻くと追い乗りが発生することがあるそうなのだが巻く速度が間違えているのか邪念が糸を通じて伝わっているのかこの日は追い乗りは一度も発生させられなかった。何度かビュンと振り下げてもイカが乗ってこないときは10メートルほど電動で巻き上げて再びオモリを着底させる。辛抱強くこの一連の操作をやり続ける。ぽつぽつとはイカを乗せられるようになり10時半で5杯。ツ抜けはいけるかもな手応えをつかむ。勇者様はこの時点で既にツ抜け。
ヤリイカデビュー戦はツ抜けに届かずも面白いのは分かったヤリイカデビュー戦はツ抜けに届かずも面白いのは分かった

■沖の瀬に移動し深くなると触ってきたのに乗らない病で失速する

ヤリイカデビュー戦はツ抜けに届かずも面白いのは分かったいろいろ覚えることがある。上乗りさんにはずいぶんご迷惑をかけたしあれこれ教えていただいた。投入器に仕掛けを入れるときはツノを持たないとちゃんと入らない/ラインが投入器の筒からはみ出したりクロスしていないことを確認/イカのスミがツノに付いたら歯ブラシでキレイにした方がよいが釣れているときはすぐに仕掛けを再投入/オマツリしたら仕掛けを海中から出さないなどなど。勇者様のイカに比べてへた釣りのイカは小さいのばかりなのはなぜ?と考えているとようやくまぁまぁ大きいサイズのヤリイカが釣れた。そして悲しい事故が。オモリを投げた腕が帽子のツバに装着していたGoProに当たってしまう。クリップが外れて海面に落ちる。凹んだ…凹んだが海に飛び込んで追いかけるわけにもいかない。ゆっくり沈んでいくGoProを見送るしかなかった。
ヤリイカデビュー戦はツ抜けに届かずも面白いのは分かったヤリイカデビュー戦はツ抜けに届かずも面白いのは分かった

ヤリイカデビュー戦はツ抜けに届かずも面白いのは分かった11時少し前に「大きく移動します」とのアナウンスがあり沖の瀬へ南下する。水深が200メートルくらいと少し深くなった。なぜかうまくイカを乗せることができなくなってペースダウンする。沖の瀬ではスルメイカを1杯とヤリイカを2杯追加できただけ。イカがツノに触れてきているような感触はもっとあったのだがなぜか巻き上げるといなくなっていた。勇者様いわく「竿がイカ用でなく柔らかいから」とのこと。14時に沖上がり。すぐ右隣で釣っていた勇者様は18杯で貫禄の竿頭。エアポンプで生かして持ち帰るのは無理と言われて、イカチョップを教えてもらってイカを締めて持ち帰る。初めてのヤリイカ釣りは面白かったしちょっと悔しかった。こういう釣りはきっと再戦する。
ヤリイカデビュー戦はツ抜けに届かずも面白いのは分かったヤリイカデビュー戦はツ抜けに届かずも面白いのは分かった


Twitter

2020年11月29日 20:00

« 1匹2匹だけでも泳ぎイカで食べたいからポンプを持っていく | メイン | 【動画】GoProを海に捧げてしまい釣行動画更新はお休み!! »

最近の釣りに行った記事

本日、大人はウィリーにおさわり禁止…カイワリほげたぞ
居食いしてる?な気難アジにあの手この手で口使わせて81匹
天秤&仕掛けを和彦丸SPにしてシロギス58匹でにんまり
アカムツどころか魚信が一度もなく城ヶ島沖で大撃ち~ん
暑さとサバに無口になるも船長冴えててカイワリを9匹!!
あさなぎ丸が小船と事故…イサキ開幕戦は不戦敗で激凹み
デラキンメは朝一でゲットするも水深400m超は謎だらけ
金田湾イワシメバルがあまりに魚信なく呆けてホゲて凹む
焼肉デート楽しかった。釣りもした気がするけど覚えてない
23・22・20センチのトリプルを決めるもメバルは凪に限るね
天秤? 胴突き? 俺に限ってどっちもあかんなシロギス釣り
愚策裏目で波に乗れずオキメバル4匹一荷でなんとか帳尻
天気予報大外れで良型クロムツ釣れてなければ凍え死んでた
巨大アジ猛攻であわやカイワリいない五目になるとこだった
煮付け2尾で1皿サイズのメバル14人前に癒してもらい幸せ
午前アジ22匹でなんとか。妻は5匹&竿折れて後半闇堕ちす
春の海ひねもす癒しリレーのはずが…心身鍛錬の一日に!!
春の京都。京都らしいええもんを探して一泊二日めし旨旅♪
ヤリイカも俺が行ったら終わるやん…断トツ最低1.5匹だけ
行ったらやっぱり終わってたよ…好調の余韻でカイワリ8匹
走水黄金大アジゲットも…アジに嫌われたままツ抜けせず
2022年初の大漁♪ 炙り刺しで最高なクロムツ15匹でドヤッ!!
暖かくって午後アジ作戦成功と思いきや釣果が凍死レベル
鉄壁のサバに阻まれ時合逃しカイワリ4匹だけとしょんぼり
3週間ぶりの釣りはサバ地獄と変な潮でクロムツ2匹だけ~
ドキドキもワクワクもなく初釣りの鬼おみくじ2022は大凶だ
ドデカアマ53.5センチ! 2021年最後にして最高の釣りだ!!
家族一人に1匹30㎝級クロムツ確保でお正月は尾頭付きで♪
10分の5がリリースって…一之瀬感謝デーカワハギで頓死す
潮澄み中盤まで魚信なし。日が傾いてカイワリダブル×3+1
デカハギの釣り方忘れた! 昨年に続きツ抜けせずで開幕
53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされず
妻がクロダイおかわり成功。それも48センチにサイズアップ
魚っ気皆無の白間津で船酔い・竿折れ・クーラー空で呆然
妻が47.5センチ人生初クロダイ。アジはコマセ係で撃ちーん
初のえいあん丸・城ヶ島沖オニカサゴは速潮に悩まされ2匹
帰りのクーラーの重さまで…サワラは五十肩に優しかった♥
105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~
コレジャナイ十目で困憊。今日はダメ思ったらラスト10分で
三度目の正直でワラサ挑むも二度あることは…マダイは2匹
八景沖マダイは珍しく素直で3匹。久里浜ワラサとは断交中
新ブランド?よっしゃサバ。ポニョに34cmアマダイ混ざり喜々
ラストイサキは半日50匹。ワラサは常日頃の行いが悪い?
ラスト5分…またね♥とクロムツにめっちゃ営業されてしまう
2週連続で追い食いゼロって…今年の剣崎ウリンボ手強い
くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!
やっぱ下手やねん♪ めっちゃ真面目に釣ってシロギス14匹
イサキは雨の日に限る。今季最大36cm&最多47匹でどやっ
宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね
雨中のシロギス特訓。キス天食べ放題へ一歩一歩前進中♪

著者: へた釣り