カイワリにというより暑さに負けて三目6匹だけでしょんぼり

カイワリにというより暑さに負けて三目6匹だけでしょんぼり釣行記を書こうとデジカメからパソコンに写真のデータを移して途方に暮れる。全くと言っていいほど写真を撮っておらず使える写真がほとんどない。あまりの暑さにぼうっとしていたとしか……。とにかく暑かった。そして渋かった。カイワリはバラシまくって3匹だけ。キープは三目どまり。

カイワリにというより暑さに負けて三目6匹だけでしょんぼり東京湾で何を釣ろうかとチェックするとことごとく何も釣れてない状況に、それならお魚天国の伊豆まで行って、カイワリが一応本命のウィリー五目を楽しんじゃおうと、宇佐美・治久丸へ。2年ほど前のこの時期に網代寄りの水深の浅いポイントで十五目釣りをしたのが楽しかったので、十目超え再びを期待しての釣行だったが……。出船前から聞こえてくる情報はよろしくない。午前も仕立てのカイワリで出船していたが、船中4、5匹であったらしい。「反応はあるんですけどね」と木部船長は言うのだが……。

■ミニカイワリのスレ掛かり、お次はキタマクラのスレ掛かりで暗雲

カイワリにというより暑さに負けて三目6匹だけでしょんぼり船は定刻に港を離れる。港を出てすぐにイルカが船と並走して戯れてくる。泳ぎにきたのならイルカと一緒に泳ぐのは楽しそうだが、釣りだと邪魔者以外の何者でもない。しばらく船の周りで飛び跳ねていなくなってくれて胸を撫でおろす。ポイントは網代寄りの水深30メートルくらいからだった。コマセを撒きすぎないように緑のコマセカゴを船から借りて、ピカイチくん30号+40号をぶら下がて釣り開始。指示ダナは底から8メートルまで。3メートルから50センチ刻みで10回シャクる。すぐに魚信はあった。引きはカイワリっぽいけど迫力不足で15センチくらいのミニカイワリのスレ掛かり。とりあえず本命ゲットだが、いい滑り出しなのかどうか…微妙なところ。
カイワリにというより暑さに負けて三目6匹だけでしょんぼりカイワリにというより暑さに負けて三目6匹だけでしょんぼり

カイワリにというより暑さに負けて三目6匹だけでしょんぼり緑のコマセカゴはウィリー向きではなく、コマセが出すぎる。エサ釣りの人用の設定になっており下窓が少しだが開いているので、ウィリーの要領でシャクると数シャクリでコマセを撒ききってしまう。下窓全閉、上窓をほんの少し開けた自前のFLビシを使うことに。ウィリーに何かが触れてきている感触はあるのだが針掛かりする気配はない。その後、最初のよりは少し大きいカイワリを追加する。2度ほどいい魚信があったが、2回ともバラシてしょんぼり。掛からない魚信の主はキタマクラだった。2度ほどスレ掛かりした。ヒラソウダを1匹追加しカイワリ2匹とヒラソウダ1匹の二目3匹で前半戦終了。
カイワリにというより暑さに負けて三目6匹だけでしょんぼりカイワリにというより暑さに負けて三目6匹だけでしょんぼり

■二兎追う誘いでアマダイゲット。最後に良型カイワリで溜飲下げる

カイワリにというより暑さに負けて三目6匹だけでしょんぼり暑くて集中力を奪われる。魚信がなかなか出せないのに、魚信っても掛け損ねたりバラシたりは剣崎沖イサキと全く同じパターンで凹む。「初島沖をやってみる」とのアナウンスがある。カイワリの期待度の高いポイントなので少し気合を入れ直す。90メートルくらいを何か所か攻めたが魚信なしで再び浅めのポイントへ。60メートルのアマダイも狙えるポイントでは底から3メートルはゆっくり誘いあげてアマダイ狙い。3メートルより上はシャクってカイワリ狙いで、サイズ的には不満はあるがアマダイをゲットし、三目め達成。ヒラソウダをもう1匹追加してカイワリ、ヒラソウダ、アマダイの三目5匹に。このポイントはゲスト多彩で、シラコダイ、サクラダイ、キダイ、ヒメなどが釣れたがいずれもリリース。
カイワリにというより暑さに負けて三目6匹だけでしょんぼりカイワリにというより暑さに負けて三目6匹だけでしょんぼり

カイワリにというより暑さに負けて三目6匹だけでしょんぼり沖上がりの時間が近づいてくる。このまま終わりかなと思いつつ、それでもあきらめずにシャクっていると穂先がグンッと持っていかれる。重量感はそれほどでもないが間欠的に強く鋭く引くので絶対にカイワリ。それも良型。大事にやり取りしていたら…リールが外れるというあり得ないトラブル。ハンドルでは巻けないので慌てて電動をオンしたがバレた。ダメなときというのはこんなもんである。もうやめよかなとすら思ったが船長から「入れ直していいよ」と促されて再投入。すぐ魚信があり、さっきのとほぼ同じような引き。今度は無事にタモの中に入ったのは30センチ近いお刺身で最高のカイワリ。クーラーの主がソウダガツオではなくカイワリになった。貧果は貧果だがこの1匹に救われた。
カイワリにというより暑さに負けて三目6匹だけでしょんぼりカイワリにというより暑さに負けて三目6匹だけでしょんぼり


Twitter

2020年08月30日 23:25

« タコスッテ到着。あとは「タコつかむやつ!」で準備は完璧 | メイン | 【動画】釣り歴10年なのにリールが外れてカイワリを逃がす »

最近の釣りに行った記事

あさなぎ丸が小船と事故…イサキ開幕戦は不戦敗で激凹み
デラキンメは朝一でゲットするも水深400m超は謎だらけ
金田湾イワシメバルがあまりに魚信なく呆けてホゲて凹む
焼肉デート楽しかった。釣りもした気がするけど覚えてない
23・22・20センチのトリプルを決めるもメバルは凪に限るね
天秤? 胴突き? 俺に限ってどっちもあかんなシロギス釣り
愚策裏目で波に乗れずオキメバル4匹一荷でなんとか帳尻
天気予報大外れで良型クロムツ釣れてなければ凍え死んでた
巨大アジ猛攻であわやカイワリいない五目になるとこだった
煮付け2尾で1皿サイズのメバル14人前に癒してもらい幸せ
午前アジ22匹でなんとか。妻は5匹&竿折れて後半闇堕ちす
春の海ひねもす癒しリレーのはずが…心身鍛錬の一日に!!
春の京都。京都らしいええもんを探して一泊二日めし旨旅♪
ヤリイカも俺が行ったら終わるやん…断トツ最低1.5匹だけ
行ったらやっぱり終わってたよ…好調の余韻でカイワリ8匹
走水黄金大アジゲットも…アジに嫌われたままツ抜けせず
2022年初の大漁♪ 炙り刺しで最高なクロムツ15匹でドヤッ!!
暖かくって午後アジ作戦成功と思いきや釣果が凍死レベル
鉄壁のサバに阻まれ時合逃しカイワリ4匹だけとしょんぼり
3週間ぶりの釣りはサバ地獄と変な潮でクロムツ2匹だけ~
ドキドキもワクワクもなく初釣りの鬼おみくじ2022は大凶だ
ドデカアマ53.5センチ! 2021年最後にして最高の釣りだ!!
家族一人に1匹30㎝級クロムツ確保でお正月は尾頭付きで♪
10分の5がリリースって…一之瀬感謝デーカワハギで頓死す
潮澄み中盤まで魚信なし。日が傾いてカイワリダブル×3+1
デカハギの釣り方忘れた! 昨年に続きツ抜けせずで開幕
53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされず
妻がクロダイおかわり成功。それも48センチにサイズアップ
魚っ気皆無の白間津で船酔い・竿折れ・クーラー空で呆然
妻が47.5センチ人生初クロダイ。アジはコマセ係で撃ちーん
初のえいあん丸・城ヶ島沖オニカサゴは速潮に悩まされ2匹
帰りのクーラーの重さまで…サワラは五十肩に優しかった♥
105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~
コレジャナイ十目で困憊。今日はダメ思ったらラスト10分で
三度目の正直でワラサ挑むも二度あることは…マダイは2匹
八景沖マダイは珍しく素直で3匹。久里浜ワラサとは断交中
新ブランド?よっしゃサバ。ポニョに34cmアマダイ混ざり喜々
ラストイサキは半日50匹。ワラサは常日頃の行いが悪い?
ラスト5分…またね♥とクロムツにめっちゃ営業されてしまう
2週連続で追い食いゼロって…今年の剣崎ウリンボ手強い
くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!
やっぱ下手やねん♪ めっちゃ真面目に釣ってシロギス14匹
イサキは雨の日に限る。今季最大36cm&最多47匹でどやっ
宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね
雨中のシロギス特訓。キス天食べ放題へ一歩一歩前進中♪
尺級5匹込みで21匹! 剣崎イサキの釣り方思い出した?
剣崎イサキ絶好調とはいかないが昨季より手応えありで8匹
クロムツからの魚信なしでひたすらサバサバサバサバサバ
アカクラゲの時期にシロギスの練習? 心得違いもいいとこ
尺イサキ多数にアカイサキ雄でクーラー六分もレア魚はなし

著者: へた釣り