2020年のイサキ…釣り方分からない。涙目でシャクリ続ける

2020年のイサキ…釣り方分からない。涙目でシャクリ続けた何日か前に束釣りを達成した人も出て、いよいよ数釣りシーズン到来かと勢い込んで金沢八景・一ノ瀬丸から2020年のイサキ五目第4戦目。前の3戦はまともな釣果に恵まれず今度こそはと思っていたら、これまで以上に完膚なきまでに叩きのめされた。15匹だけで一番釣った人の1/3以下。

2020年のイサキ…釣り方分からない。涙目でシャクリ続けた午後からは強風になる予報だったので勝負は午前中と分かっていた。入れ食い針数コイノボリは望みすぎとしても、8月はイサキの数釣りの盛期であるはず。それなり以上には釣れると信じての釣行だった。お盆の三連休初日とあって京急にはクーラー持参組多数。一ノ瀬丸の受付も結構な人の列。それを見て「密だ、密だ」と騒いでいる女性客2人組がいたが、人が多い場所ではマスクをして黙っているのが一番安全と思う。イサキ船は片舷6人とオマツリも密も恐れないで済む間隔での出船となった。

■謎の魚に仕掛けを瞬殺されまくりクッションと付けると途端に来ない

2020年のイサキ…釣り方分からない。涙目でシャクリ続けた出船前に瀧本船長に釣況を確認すると「ずっと悪いです」とのこと。悪くてもなんとかなると信じていたが、それは過信だったと思い知ることに。桟橋を離れた船は剣崎沖の松輪の根へと直行する。船団が小さいしバラけている。一ノ瀬丸はメインの根の集団には合流せず少し離れたポイントで釣り開始となる。指示ダナは「16メートルから8メートル」。浅いしシャクれる幅が8メートルあるので高活性の群れかもと期待していつも通りまずは高速シャクリでスタート。最初のイサキを手にするまでは5分とかからなかった。小型だけどウリンボではない。3分後には2匹目。少しだけサイズアップした。
2020年のイサキ…釣り方分からない。涙目でシャクリ続けた2020年のイサキ…釣り方分からない。涙目でシャクリ続けた

2020年のイサキ…釣り方分からない。涙目でシャクリ続けた悪いってほど悪くないかもという手応えだったが、ここで大失速する。なぜかチビクロムツが釣れたかと思えば、イサキの追い食いを狙っている最中に謎の魚にハリス1.5号を瞬殺される。上乗りさんによれば「ワラサかも」とのこと。その後、もう一度、同じような手応えがあり、イサキの巻き上げ中に仕掛けを瞬殺された。良型のイサキっぽい魚信が一度だけあった。ドラグを出しながら止めようとしたら、仕掛けが切れた。枝スではなく幹糸が切れていた。イサキではなくワラサ? 数釣りシーズンには使わないクッションを装着したが……クッションを付けると謎の大型魚が魚信らなくなるのであるからツイてない。3匹目のイサキを手にしたのは2匹目を釣ってから1時間経った10時前だったのだから時速3匹。束チャレンジなんてどの口が言うた?
2020年のイサキ…釣り方分からない。涙目でシャクリ続けた2020年のイサキ…釣り方分からない。涙目でシャクリ続けた

■魚信少ない・掛からない・よくバレるに時化まで加わり四重苦…あかん

2020年のイサキ…釣り方分からない。涙目でシャクリ続けた今年の剣崎イサキは魚信自体が多くないうえにとにかく針掛かりしない。シャクった直後に出た魚信はいい確率で弾く。ウィリーに触れてきた感触があったタナで少し待って弾いたのとはたぶん別のイサキを釣っていく。そんな釣り方だからかとにかくよくバレる。穂先をクンッと持っていってるはずなのに、巻き上げ中に行方不明。運よく船内に取り込めた魚は船底に下ろすと全自動で針が外れてくれる。タモをお願いするのは大げさだけど比較的いい型のイサキに限って海面でバレまくる。スティ時間を長くしても改善せず。魚信が出せてもここまで針掛かりしてくれないと、泣きたくなってくる。なにかの間違いで掛かってくれた魚を拾っていくという展開。当然、そんな活性なので追い食いは発生しない。
2020年のイサキ…釣り方分からない。涙目でシャクリ続けた2020年のイサキ…釣り方分からない。涙目でシャクリ続けた

2020年のイサキ…釣り方分からない。涙目でシャクリ続けた予報通り、お昼少し前から風が吹き始め海が荒れるとさらに失速する。もともと針掛かりがあやしいところに波による上下までバラシ発生の要因として加わるともうお手上げとしか……。全く釣れなかったわけではないが、最後まで時速3匹ペースでダラダラと釣り続けた。海がさらに悪くなってきたため、「14時半であがっていきます」とのアナウンス。全く釣れる気がしなくなっていたのを通り越して、イサキの釣り方をそもそも知らなかったのではないか?という気分になっていたので早上がりでも全然惜しくない。竿頭が50匹だったと聞いて、完全に自信(あったのよ、一応)喪失。へた釣りが好きなキビキビしたシャクリではなく、ソフトに持ち上げるシャクリが正解だった模様。しかし…三倍差かぁ~……反省はしない、しょんぼりはする。集中力を欠いて自分を釣るようになったら、俺、終了。
2020年のイサキ…釣り方分からない。涙目でシャクリ続けた2020年のイサキ…釣り方分からない。涙目でシャクリ続けた


Twitter

2020年08月08日 20:20

« 祈りが届いて風弱まる!? 明日は剣崎イサキ束チャレンジへ | メイン | 【動画】今年の剣崎イサキは心折れるレベルで気難しすぎる »

最近の釣りに行った記事

あさなぎ丸が小船と事故…イサキ開幕戦は不戦敗で激凹み
デラキンメは朝一でゲットするも水深400m超は謎だらけ
金田湾イワシメバルがあまりに魚信なく呆けてホゲて凹む
焼肉デート楽しかった。釣りもした気がするけど覚えてない
23・22・20センチのトリプルを決めるもメバルは凪に限るね
天秤? 胴突き? 俺に限ってどっちもあかんなシロギス釣り
愚策裏目で波に乗れずオキメバル4匹一荷でなんとか帳尻
天気予報大外れで良型クロムツ釣れてなければ凍え死んでた
巨大アジ猛攻であわやカイワリいない五目になるとこだった
煮付け2尾で1皿サイズのメバル14人前に癒してもらい幸せ
午前アジ22匹でなんとか。妻は5匹&竿折れて後半闇堕ちす
春の海ひねもす癒しリレーのはずが…心身鍛錬の一日に!!
春の京都。京都らしいええもんを探して一泊二日めし旨旅♪
ヤリイカも俺が行ったら終わるやん…断トツ最低1.5匹だけ
行ったらやっぱり終わってたよ…好調の余韻でカイワリ8匹
走水黄金大アジゲットも…アジに嫌われたままツ抜けせず
2022年初の大漁♪ 炙り刺しで最高なクロムツ15匹でドヤッ!!
暖かくって午後アジ作戦成功と思いきや釣果が凍死レベル
鉄壁のサバに阻まれ時合逃しカイワリ4匹だけとしょんぼり
3週間ぶりの釣りはサバ地獄と変な潮でクロムツ2匹だけ~
ドキドキもワクワクもなく初釣りの鬼おみくじ2022は大凶だ
ドデカアマ53.5センチ! 2021年最後にして最高の釣りだ!!
家族一人に1匹30㎝級クロムツ確保でお正月は尾頭付きで♪
10分の5がリリースって…一之瀬感謝デーカワハギで頓死す
潮澄み中盤まで魚信なし。日が傾いてカイワリダブル×3+1
デカハギの釣り方忘れた! 昨年に続きツ抜けせずで開幕
53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされず
妻がクロダイおかわり成功。それも48センチにサイズアップ
魚っ気皆無の白間津で船酔い・竿折れ・クーラー空で呆然
妻が47.5センチ人生初クロダイ。アジはコマセ係で撃ちーん
初のえいあん丸・城ヶ島沖オニカサゴは速潮に悩まされ2匹
帰りのクーラーの重さまで…サワラは五十肩に優しかった♥
105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~
コレジャナイ十目で困憊。今日はダメ思ったらラスト10分で
三度目の正直でワラサ挑むも二度あることは…マダイは2匹
八景沖マダイは珍しく素直で3匹。久里浜ワラサとは断交中
新ブランド?よっしゃサバ。ポニョに34cmアマダイ混ざり喜々
ラストイサキは半日50匹。ワラサは常日頃の行いが悪い?
ラスト5分…またね♥とクロムツにめっちゃ営業されてしまう
2週連続で追い食いゼロって…今年の剣崎ウリンボ手強い
くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!
やっぱ下手やねん♪ めっちゃ真面目に釣ってシロギス14匹
イサキは雨の日に限る。今季最大36cm&最多47匹でどやっ
宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね
雨中のシロギス特訓。キス天食べ放題へ一歩一歩前進中♪
尺級5匹込みで21匹! 剣崎イサキの釣り方思い出した?
剣崎イサキ絶好調とはいかないが昨季より手応えありで8匹
クロムツからの魚信なしでひたすらサバサバサバサバサバ
アカクラゲの時期にシロギスの練習? 心得違いもいいとこ
尺イサキ多数にアカイサキ雄でクーラー六分もレア魚はなし

著者: へた釣り