2020年のイサキ…釣り方分からない。涙目でシャクリ続ける

2020年のイサキ…釣り方分からない。涙目でシャクリ続けた何日か前に束釣りを達成した人も出て、いよいよ数釣りシーズン到来かと勢い込んで金沢八景・一ノ瀬丸から2020年のイサキ五目第4戦目。前の3戦はまともな釣果に恵まれず今度こそはと思っていたら、これまで以上に完膚なきまでに叩きのめされた。15匹だけで一番釣った人の1/3以下。

2020年のイサキ…釣り方分からない。涙目でシャクリ続けた午後からは強風になる予報だったので勝負は午前中と分かっていた。入れ食い針数コイノボリは望みすぎとしても、8月はイサキの数釣りの盛期であるはず。それなり以上には釣れると信じての釣行だった。お盆の三連休初日とあって京急にはクーラー持参組多数。一ノ瀬丸の受付も結構な人の列。それを見て「密だ、密だ」と騒いでいる女性客2人組がいたが、人が多い場所ではマスクをして黙っているのが一番安全と思う。イサキ船は片舷6人とオマツリも密も恐れないで済む間隔での出船となった。

■謎の魚に仕掛けを瞬殺されまくりクッションと付けると途端に来ない

2020年のイサキ…釣り方分からない。涙目でシャクリ続けた出船前に瀧本船長に釣況を確認すると「ずっと悪いです」とのこと。悪くてもなんとかなると信じていたが、それは過信だったと思い知ることに。桟橋を離れた船は剣崎沖の松輪の根へと直行する。船団が小さいしバラけている。一ノ瀬丸はメインの根の集団には合流せず少し離れたポイントで釣り開始となる。指示ダナは「16メートルから8メートル」。浅いしシャクれる幅が8メートルあるので高活性の群れかもと期待していつも通りまずは高速シャクリでスタート。最初のイサキを手にするまでは5分とかからなかった。小型だけどウリンボではない。3分後には2匹目。少しだけサイズアップした。
2020年のイサキ…釣り方分からない。涙目でシャクリ続けた2020年のイサキ…釣り方分からない。涙目でシャクリ続けた

2020年のイサキ…釣り方分からない。涙目でシャクリ続けた悪いってほど悪くないかもという手応えだったが、ここで大失速する。なぜかチビクロムツが釣れたかと思えば、イサキの追い食いを狙っている最中に謎の魚にハリス1.5号を瞬殺される。上乗りさんによれば「ワラサかも」とのこと。その後、もう一度、同じような手応えがあり、イサキの巻き上げ中に仕掛けを瞬殺された。良型のイサキっぽい魚信が一度だけあった。ドラグを出しながら止めようとしたら、仕掛けが切れた。枝スではなく幹糸が切れていた。イサキではなくワラサ? 数釣りシーズンには使わないクッションを装着したが……クッションを付けると謎の大型魚が魚信らなくなるのであるからツイてない。3匹目のイサキを手にしたのは2匹目を釣ってから1時間経った10時前だったのだから時速3匹。束チャレンジなんてどの口が言うた?
2020年のイサキ…釣り方分からない。涙目でシャクリ続けた2020年のイサキ…釣り方分からない。涙目でシャクリ続けた

■魚信少ない・掛からない・よくバレるに時化まで加わり四重苦…あかん

2020年のイサキ…釣り方分からない。涙目でシャクリ続けた今年の剣崎イサキは魚信自体が多くないうえにとにかく針掛かりしない。シャクった直後に出た魚信はいい確率で弾く。ウィリーに触れてきた感触があったタナで少し待って弾いたのとはたぶん別のイサキを釣っていく。そんな釣り方だからかとにかくよくバレる。穂先をクンッと持っていってるはずなのに、巻き上げ中に行方不明。運よく船内に取り込めた魚は船底に下ろすと全自動で針が外れてくれる。タモをお願いするのは大げさだけど比較的いい型のイサキに限って海面でバレまくる。スティ時間を長くしても改善せず。魚信が出せてもここまで針掛かりしてくれないと、泣きたくなってくる。なにかの間違いで掛かってくれた魚を拾っていくという展開。当然、そんな活性なので追い食いは発生しない。
2020年のイサキ…釣り方分からない。涙目でシャクリ続けた2020年のイサキ…釣り方分からない。涙目でシャクリ続けた

2020年のイサキ…釣り方分からない。涙目でシャクリ続けた予報通り、お昼少し前から風が吹き始め海が荒れるとさらに失速する。もともと針掛かりがあやしいところに波による上下までバラシ発生の要因として加わるともうお手上げとしか……。全く釣れなかったわけではないが、最後まで時速3匹ペースでダラダラと釣り続けた。海がさらに悪くなってきたため、「14時半であがっていきます」とのアナウンス。全く釣れる気がしなくなっていたのを通り越して、イサキの釣り方をそもそも知らなかったのではないか?という気分になっていたので早上がりでも全然惜しくない。竿頭が50匹だったと聞いて、完全に自信(あったのよ、一応)喪失。へた釣りが好きなキビキビしたシャクリではなく、ソフトに持ち上げるシャクリが正解だった模様。しかし…三倍差かぁ~……反省はしない、しょんぼりはする。集中力を欠いて自分を釣るようになったら、俺、終了。
2020年のイサキ…釣り方分からない。涙目でシャクリ続けた2020年のイサキ…釣り方分からない。涙目でシャクリ続けた


Twitter

2020年08月08日 20:20

« 祈りが届いて風弱まる!? 明日は剣崎イサキ束チャレンジへ | メイン | 【動画】今年の剣崎イサキは心折れるレベルで気難しすぎる »

最近の釣りに行った記事

テンビンが連続で折れるって…肝心の二目は抜きで八目!!
居酒屋へたのお通しは小アジ南蛮漬け。それ食ったら寝る
雨中の筋トレのご褒美はラスト15分に30upクロムツを2匹だ
暑さ避けさくっと午前アジ作戦。サイズいろいろ39匹で成功
カイワリにというより暑さに負けて三目6匹だけでしょんぼり
極鋭CGクロムツの章入魂。スミヤキ元気すぎて難しかった!!
2020年のイサキ…釣り方分からない。涙目でシャクリ続ける
ほぼ初体験タイラバでタツノオトシゴ+カイワリなんとか2匹
気まぐれな剣崎沖イサキに翻弄されるのもいと嬉しで35匹♪
自己最大47センチ&自己最多更新で富戸オニカサゴ最高♪
A5ランク絶品アジばかり53匹。時化避けサクッと釣行大成功
推しは剣崎でしょ、と沖の瀬イサキに塩対応されてしまい…
和彦丸キス・アジリレーで東京湾二大釣魚に再入門してきた
イサキ開幕戦は尺級5匹込み23匹。でも剣崎は撃ちーん!
復活の日釣行。まずはめでタイ、あとはひたすらイサキで…
【コロナで自粛】試行錯誤で美味しく! 日田風焼きそば開店
【コロナで自粛】大阪の居酒屋の味を求め串揚げやさん開店
【コロナで散財】美味い乾麺のそば番外編。ほうじ茶蕎麦編
【コロナで自粛】大阪の匂いに包まれお好み焼き屋さん開店
【コロナで自粛】子供1号バイト先より肉着弾し焼肉屋開店!!
【コロナで散財】一番美味い乾麺のそばを探す。天狗そば編
【コロナで自粛】陽気がよいので玄関先で焼き鳥屋さん開店
【コロナで散財】日本一美味い駅そば「音威子府そば」を食う
アラはともかくとして…クーラー真っ白でピント合わねぇよ(泣
前半苦戦も怒涛の追い上げでカイワリ自己最多を27匹に!
釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!
怒涛の4連荘ありアカムツ5匹。極鋭CG釣れる気しかしない
午前は船中1匹の報に暗澹とするもカイワリ15匹でえっへん
南房まで行ってシマアジがボウズだけでなくクーラー空っぽ
厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとか
極鋭CGオニカサゴで入魂完了。腕ではなく竿を褒められる
自称・老先短い母にええもん食わせに上かん屋 久佐久へ
初の外房にて45cm&30cmのアカムツ両手にドヤっドヤっ顔
満足サイズも2匹。深場五目初戦はクロムツ6匹でえっへん
難波最強の立ち飲み屋発見! あたりや食堂でニセンベロ!!
あわや2釣行連続でクーラー空! オニカサゴみくじは小吉
年越しそば2019は難波・源氏で。関西流に辛味大根が美味
令和元年の釣り納めで今年初のをやらかしてしょぼ~ん!
イナダだらけでイシダイどこ~? シマ消え込みで3匹ゲット
久里浜沖7時間耐久マダイ魚信なし地獄にもがき苦しんだ
カイワリは安定の14匹。カンパチはソレダメをやらかしたよ
序盤にクロダイ×2、そのうちマダイも釣れると思ったのに…
雑然とした路地の老舗寿司屋あばらやで大人のドキドキを
カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ
カイワリツ抜けは楽勝と油断したら後半デカアジに翻弄され
ドラグ滑って面白すぎ!! イナダ(ハマチ)10匹で大大大満足
タチウオは指5本×2で満足。アマダイはポニョのみで罪悪感
台風一過の午前アジは土砂降り、強風、ゴミだらけだったが
餃子激戦区の恵比寿に祇園歩兵3号店。優しいお味に納得
35up乱舞。アジしか釣れずしょんぼり、妻は人生最大に興奮

著者: へた釣り