和彦丸キス・アジリレーで東京湾二大釣魚に再入門してきた

和彦丸キス・アジリレーで東京湾二大釣魚に再入門してきた東京湾の船釣りでまずはこれを学ぼうと考えたのがLTアジシロギス。下手くそすぎて釣れねぇ~釣れねぇ~とボヤキばかりの釣行の面倒を見てくれたのが増尾船長だった。増尾船長鮫洲・和彦丸を開業した。お祝い釣行の釣り物は当時と同じキスアジリレー。少しは上達してるかな?

和彦丸キス・アジリレーで東京湾二大釣魚に再入門してきた7時半出船で集合は30分前なので7時に鮫洲に到着すればよい。さすがに時間ギリギリはまずいので6時半に鮫洲駅に着くように家を出ても、金沢八景に行くよりも1時間、羽田に行くよりも30分ゆっくり出発できる。公園をショートカットして岸壁に出るとすぐ目の前に和彦丸の看板。既に先客が4人いて一番最後の到着。なぜか艫が空いていたので右舷の艫に釣り座を決める。増尾船長とお会いするのは7年ぶり。「船も設備もボロですが…」と謙遜されるが、30代半ばで自分の船宿を開業したのであるから大したものである。「何年か待ってくれたら新造船を」とのこと。資金を貯めるために屋形船もやるそうだ。

■ベイブリッジ周辺で食いは渋いがポツンポツンと釣れてアジは37匹!

和彦丸キス・アジリレーで東京湾二大釣魚に再入門してきた船は定刻通りに桟橋を離れる。まずはアジからとのアナウンスがあり、横浜方面へ50分ほど走る。出船時は小雨だが大雨になる予報だったのでレインコートを着て完全防備を整える。多摩川より北からの出船は久しぶりだったので景色が懐かしい。船は横浜近くのバースで減速し、ストラクチャーに寄せてのアジ釣り。コマセを撒けどなかなかアジが寄ってきてくれない。反応が入ってくるタナが変わるらしく、船長から「5メートルで」「3メートルで」と指示が出る。慌ててタナを合わせるのだが…なぜか魚信が出せない。う~~んと悩みながら、記念すべき和彦丸での1匹目と2匹目をゲット。
和彦丸キス・アジリレーで東京湾二大釣魚に再入門してきた和彦丸キス・アジリレーで東京湾二大釣魚に再入門してきた

和彦丸キス・アジリレーで東京湾二大釣魚に再入門してきた船は南下しベイブリッジ周辺のポイントに移動する。ここでもなかなかアジの群れが船下に入ってこずに出だしは悪かったが、休むことなくコマセを撒いているとポツポツと魚信りだす。船長からは「いい反応」とのアナウンスがあったが、バリバリと食ってくる感じではない。小さな魚信があってしばらく待ってようやく食い込む。針掛かりさせようと竿を持ち上げたり、待つタナを少し高くしてみたりとあれこれ工夫をするが海面バラシも多いし、船に取り込んでも自動的に針が外れるということが多かった。アジ釣りは11時半まででベイブリッジ周辺で35匹。アジは37匹とまずまず。
和彦丸キス・アジリレーで東京湾二大釣魚に再入門してきた和彦丸キス・アジリレーで東京湾二大釣魚に再入門してきた

■雨に風、アカクラゲで三重苦。なにかの間違いでシロギス8匹t釣れた

和彦丸キス・アジリレーで東京湾二大釣魚に再入門してきたシロギスに行きますよ」とのアナウンスがあり、木更津沖へと向かったが、ここからが大変だった。予報通り雨が激しくなり、浸水こそ許してないものの、レインコートの表面が濡れて寒くなってくる。さらに風まで。風は吹いても6、7メートルの予報だったが10メートル超えの風が吹き始める。海は荒れだし勘弁してよな時化海に。雨に加えて飛沫まで被りだす。船が止まれば釣りにならない海ではなかったが、移動中はつらかった。まずは胴突きの仕掛けを投入してみる。軽くキャストしてオモリが着底したらゆっくりと竿を頭上に。オモリを置きなおして10秒待つと、すぐに竿先プルルな魚信。6年ぶりのシロギスがあっさり釣れた。が、その後沈黙。釣れるのは小さなイトヒキハゼばかり。
和彦丸キス・アジリレーで東京湾二大釣魚に再入門してきた和彦丸キス・アジリレーで東京湾二大釣魚に再入門してきた

和彦丸キス・アジリレーで東京湾二大釣魚に再入門してきた時化で船が上下しゼロテンションをキープできていないのかもと考え、天秤吹き流し仕掛けに換える。天秤なら常時底を引きずりながら誘えるため、荒れていてもやりやすいと考えた。雨、風に加えてアカクラゲという邪魔者が登場する。天秤吹き流しの方がアカクラゲに接触しやすい? 魚信がなく仕掛けを回収すると仕掛けにべっとりとゼリー状の赤黒い物が。アカクラゲが仕掛けに絡んでいるとシロギスが釣れないのでマメに取り除かなくていけないのだが、時化の船上でのこの作業はなかなか心を削ってくれる。15時の沖上がりまで状況は変わることなくシロギスは何かの間違いで釣れた8匹で終了。
和彦丸キス・アジリレーで東京湾二大釣魚に再入門してきた和彦丸キス・アジリレーで東京湾二大釣魚に再入門してきた


Twitter

2020年06月13日 19:35

« シロギスは胴突きの方がとみなに言われ釣り方調べてみた | メイン | 【動画】7年ぶりに再会した船長にいいとこ見せたかったのに »

最近の釣りに行った記事

八景沖マダイは珍しく素直で3匹。久里浜ワラサとは断交中
新ブランド?よっしゃサバ。ポニョに34cmアマダイ混ざり喜々
ラストイサキは半日50匹。ワラサは常日頃の行いが悪い?
ラスト5分…またね♥とクロムツにめっちゃ営業されてしまう
2週連続で追い食いゼロって…今年の剣崎ウリンボ手強い
くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!
やっぱ下手やねん♪ めっちゃ真面目に釣ってシロギス14匹
イサキは雨の日に限る。今季最大36cm&最多47匹でどやっ
宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね
雨中のシロギス特訓。キス天食べ放題へ一歩一歩前進中♪
尺級5匹込みで21匹! 剣崎イサキの釣り方思い出した?
剣崎イサキ絶好調とはいかないが昨季より手応えありで8匹
クロムツからの魚信なしでひたすらサバサバサバサバサバ
アカクラゲの時期にシロギスの練習? 心得違いもいいとこ
尺イサキ多数にアカイサキ雄でクーラー六分もレア魚はなし
八景沖で小中アジほぼ入れ食い。アカクラゲさえいなければ
アカクラゲ大っ嫌い! アジもキスも目標未達でしょぼ~ん
強風の間隙縫って午前メバル。煮付け4匹含む19匹で満足
キントキはいるけれど遠征ウィリーで史上最低のド貧果に
キントキ、尺イサキ込みクーラー六分で沖の瀬ウィリー堪能
春の海に癒し求め午前メバル・午後アジでひねもすリレー♪
3年ぶり3戦目で3匹。一ノ瀬丸マゴチ童貞の呪縛から解放♥
アジへた女王はまさかまさかの…妻1号。アジうま女王は…?
でっぷりアラフォーアマダイ込み4匹釣って俺、ピカチュー?
イカも二度目なら少しは上手に…? ツ抜けはしたが敗北感
潮めちゃ速でどうにもならず良型オニカサゴ?バラしため息
掛からんバレる…キンメに続いてクロムツにも嫌われたかも
きっちり丁寧…キンメダイはガサツな人嫌いらしくて3匹だけ
初釣り2021は東京湾癒しのアジ&シロギス。胴突き面白い
釣り納め2020はアマダイ改めコレジャナイ十目釣りでチ~ン
チャンスタイムは根掛かりで…白間津シマアジまたもボウズ
久しぶりの宇佐美沖はカイワリ9匹込みで五目15匹と満足♪
ヤリイカデビュー戦ツ抜けに届かずも面白いのは分かった
どったんばったん大撃沈しホルモンまさるでがっつり反省会
ちょい時化でも妻はマグロ化せず良型アジ13匹と急成長?
タチウオはポンコツだけど頑張って9匹。アマダイはちっちゃ!!
一枚足らず…2020年のカワハギ開幕戦は竹岡ハギ屋敷?
高級魚は運次第? 本日の釣魚居酒屋へたはアジ専門店
カンパチガチャはハズレ! カイワリ2匹でなんとかなったぁ!!
テンビンが連続で折れるって…肝心の二目は抜きで八目!!
居酒屋へたのお通しは小アジ南蛮漬け。それ食ったら寝る
雨中の筋トレのご褒美はラスト15分に30upクロムツを2匹だ
暑さ避けさくっと午前アジ作戦。サイズいろいろ39匹で成功
カイワリにというより暑さに負けて三目6匹だけでしょんぼり
極鋭CGクロムツの章入魂。スミヤキ元気すぎて難しかった!!
2020年のイサキ…釣り方分からない。涙目でシャクリ続ける
ほぼ初体験タイラバでタツノオトシゴ+カイワリなんとか2匹
気まぐれな剣崎沖イサキに翻弄されるのもいと嬉しで35匹♪
自己最大47センチ&自己最多更新で富戸オニカサゴ最高♪
A5ランク絶品アジばかり53匹。時化避けサクッと釣行大成功

著者: へた釣り