和彦丸キス・アジリレーで東京湾二大釣魚に再入門してきた

和彦丸キス・アジリレーで東京湾二大釣魚に再入門してきた東京湾の船釣りでまずはこれを学ぼうと考えたのがLTアジシロギス。下手くそすぎて釣れねぇ~釣れねぇ~とボヤキばかりの釣行の面倒を見てくれたのが増尾船長だった。増尾船長鮫洲・和彦丸を開業した。お祝い釣行の釣り物は当時と同じキスアジリレー。少しは上達してるかな?

和彦丸キス・アジリレーで東京湾二大釣魚に再入門してきた7時半出船で集合は30分前なので7時に鮫洲に到着すればよい。さすがに時間ギリギリはまずいので6時半に鮫洲駅に着くように家を出ても、金沢八景に行くよりも1時間、羽田に行くよりも30分ゆっくり出発できる。公園をショートカットして岸壁に出るとすぐ目の前に和彦丸の看板。既に先客が4人いて一番最後の到着。なぜか艫が空いていたので右舷の艫に釣り座を決める。増尾船長とお会いするのは7年ぶり。「船も設備もボロですが…」と謙遜されるが、30代半ばで自分の船宿を開業したのであるから大したものである。「何年か待ってくれたら新造船を」とのこと。資金を貯めるために屋形船もやるそうだ。

■ベイブリッジ周辺で食いは渋いがポツンポツンと釣れてアジは37匹!

和彦丸キス・アジリレーで東京湾二大釣魚に再入門してきた船は定刻通りに桟橋を離れる。まずはアジからとのアナウンスがあり、横浜方面へ50分ほど走る。出船時は小雨だが大雨になる予報だったのでレインコートを着て完全防備を整える。多摩川より北からの出船は久しぶりだったので景色が懐かしい。船は横浜近くのバースで減速し、ストラクチャーに寄せてのアジ釣り。コマセを撒けどなかなかアジが寄ってきてくれない。反応が入ってくるタナが変わるらしく、船長から「5メートルで」「3メートルで」と指示が出る。慌ててタナを合わせるのだが…なぜか魚信が出せない。う~~んと悩みながら、記念すべき和彦丸での1匹目と2匹目をゲット。
和彦丸キス・アジリレーで東京湾二大釣魚に再入門してきた和彦丸キス・アジリレーで東京湾二大釣魚に再入門してきた

和彦丸キス・アジリレーで東京湾二大釣魚に再入門してきた船は南下しベイブリッジ周辺のポイントに移動する。ここでもなかなかアジの群れが船下に入ってこずに出だしは悪かったが、休むことなくコマセを撒いているとポツポツと魚信りだす。船長からは「いい反応」とのアナウンスがあったが、バリバリと食ってくる感じではない。小さな魚信があってしばらく待ってようやく食い込む。針掛かりさせようと竿を持ち上げたり、待つタナを少し高くしてみたりとあれこれ工夫をするが海面バラシも多いし、船に取り込んでも自動的に針が外れるということが多かった。アジ釣りは11時半まででベイブリッジ周辺で35匹。アジは37匹とまずまず。
和彦丸キス・アジリレーで東京湾二大釣魚に再入門してきた和彦丸キス・アジリレーで東京湾二大釣魚に再入門してきた

■雨に風、アカクラゲで三重苦。なにかの間違いでシロギス8匹t釣れた

和彦丸キス・アジリレーで東京湾二大釣魚に再入門してきたシロギスに行きますよ」とのアナウンスがあり、木更津沖へと向かったが、ここからが大変だった。予報通り雨が激しくなり、浸水こそ許してないものの、レインコートの表面が濡れて寒くなってくる。さらに風まで。風は吹いても6、7メートルの予報だったが10メートル超えの風が吹き始める。海は荒れだし勘弁してよな時化海に。雨に加えて飛沫まで被りだす。船が止まれば釣りにならない海ではなかったが、移動中はつらかった。まずは胴突きの仕掛けを投入してみる。軽くキャストしてオモリが着底したらゆっくりと竿を頭上に。オモリを置きなおして10秒待つと、すぐに竿先プルルな魚信。6年ぶりのシロギスがあっさり釣れた。が、その後沈黙。釣れるのは小さなイトヒキハゼばかり。
和彦丸キス・アジリレーで東京湾二大釣魚に再入門してきた和彦丸キス・アジリレーで東京湾二大釣魚に再入門してきた

和彦丸キス・アジリレーで東京湾二大釣魚に再入門してきた時化で船が上下しゼロテンションをキープできていないのかもと考え、天秤吹き流し仕掛けに換える。天秤なら常時底を引きずりながら誘えるため、荒れていてもやりやすいと考えた。雨、風に加えてアカクラゲという邪魔者が登場する。天秤吹き流しの方がアカクラゲに接触しやすい? 魚信がなく仕掛けを回収すると仕掛けにべっとりとゼリー状の赤黒い物が。アカクラゲが仕掛けに絡んでいるとシロギスが釣れないのでマメに取り除かなくていけないのだが、時化の船上でのこの作業はなかなか心を削ってくれる。15時の沖上がりまで状況は変わることなくシロギスは何かの間違いで釣れた8匹で終了。
和彦丸キス・アジリレーで東京湾二大釣魚に再入門してきた和彦丸キス・アジリレーで東京湾二大釣魚に再入門してきた


Twitter

2020年06月13日 19:35

« シロギスは胴突きの方がとみなに言われ釣り方調べてみた | メイン | 【動画】7年ぶりに再会した船長にいいとこ見せたかったのに »

最近の釣りに行った記事

あさなぎ丸が小船と事故…イサキ開幕戦は不戦敗で激凹み
デラキンメは朝一でゲットするも水深400m超は謎だらけ
金田湾イワシメバルがあまりに魚信なく呆けてホゲて凹む
焼肉デート楽しかった。釣りもした気がするけど覚えてない
23・22・20センチのトリプルを決めるもメバルは凪に限るね
天秤? 胴突き? 俺に限ってどっちもあかんなシロギス釣り
愚策裏目で波に乗れずオキメバル4匹一荷でなんとか帳尻
天気予報大外れで良型クロムツ釣れてなければ凍え死んでた
巨大アジ猛攻であわやカイワリいない五目になるとこだった
煮付け2尾で1皿サイズのメバル14人前に癒してもらい幸せ
午前アジ22匹でなんとか。妻は5匹&竿折れて後半闇堕ちす
春の海ひねもす癒しリレーのはずが…心身鍛錬の一日に!!
春の京都。京都らしいええもんを探して一泊二日めし旨旅♪
ヤリイカも俺が行ったら終わるやん…断トツ最低1.5匹だけ
行ったらやっぱり終わってたよ…好調の余韻でカイワリ8匹
走水黄金大アジゲットも…アジに嫌われたままツ抜けせず
2022年初の大漁♪ 炙り刺しで最高なクロムツ15匹でドヤッ!!
暖かくって午後アジ作戦成功と思いきや釣果が凍死レベル
鉄壁のサバに阻まれ時合逃しカイワリ4匹だけとしょんぼり
3週間ぶりの釣りはサバ地獄と変な潮でクロムツ2匹だけ~
ドキドキもワクワクもなく初釣りの鬼おみくじ2022は大凶だ
ドデカアマ53.5センチ! 2021年最後にして最高の釣りだ!!
家族一人に1匹30㎝級クロムツ確保でお正月は尾頭付きで♪
10分の5がリリースって…一之瀬感謝デーカワハギで頓死す
潮澄み中盤まで魚信なし。日が傾いてカイワリダブル×3+1
デカハギの釣り方忘れた! 昨年に続きツ抜けせずで開幕
53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされず
妻がクロダイおかわり成功。それも48センチにサイズアップ
魚っ気皆無の白間津で船酔い・竿折れ・クーラー空で呆然
妻が47.5センチ人生初クロダイ。アジはコマセ係で撃ちーん
初のえいあん丸・城ヶ島沖オニカサゴは速潮に悩まされ2匹
帰りのクーラーの重さまで…サワラは五十肩に優しかった♥
105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~
コレジャナイ十目で困憊。今日はダメ思ったらラスト10分で
三度目の正直でワラサ挑むも二度あることは…マダイは2匹
八景沖マダイは珍しく素直で3匹。久里浜ワラサとは断交中
新ブランド?よっしゃサバ。ポニョに34cmアマダイ混ざり喜々
ラストイサキは半日50匹。ワラサは常日頃の行いが悪い?
ラスト5分…またね♥とクロムツにめっちゃ営業されてしまう
2週連続で追い食いゼロって…今年の剣崎ウリンボ手強い
くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!
やっぱ下手やねん♪ めっちゃ真面目に釣ってシロギス14匹
イサキは雨の日に限る。今季最大36cm&最多47匹でどやっ
宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね
雨中のシロギス特訓。キス天食べ放題へ一歩一歩前進中♪
尺級5匹込みで21匹! 剣崎イサキの釣り方思い出した?
剣崎イサキ絶好調とはいかないが昨季より手応えありで8匹
クロムツからの魚信なしでひたすらサバサバサバサバサバ
アカクラゲの時期にシロギスの練習? 心得違いもいいとこ
尺イサキ多数にアカイサキ雄でクーラー六分もレア魚はなし

著者: へた釣り