初の外房にて45cm&30cmのアカムツ両手にドヤっドヤっ顔

初の外房にて45cm&30cmのアカムツ両手にドヤっドヤっ顔腕なし運なしと自覚しているがたまにはこういう日もある。1匹でも釣れれば儲けものくらいの感覚で挑んだ飯岡・幸丸へのアカムツ遠征。アカムツ船には伊豆で4回乗って4回ともボウズ。超がつく希少魚になっていた。それが朝一の一投めから竿先グンッ。ウェルカムアカムツは45センチ。

初の外房にて45cm&30cmのアカムツ両手にドヤっドヤっ顔恵比寿駅前のお好み焼き屋えべっさん店長からお誘いいただいて、人生初の外房遠征へ。えべっさん店内には大きなアカムツを手にした店長の写真が飾られている。聞けば外房では1日に5匹もアカムツを釣ったことがあるという。一方のへた釣りはというと、これまでに釣ったアカムツは2匹だけでいずれも東京湾深場五目でなにかの間違いで釣れたもの。アカムツを狙っての伊豆遠征は4戦して1匹も釣れていない。よほど釣り方が間違えているのか? それともこの魚に嫌われているのか? 釣る気満々で臨むとボウズをくらったときの凹み具合が凄まじそうなので1匹釣れたらドヤっ顔全開するぞと決めての釣行。

■外房での第1投めにいきなりウエルカムアカムツ。45センチと自己最大

初の外房にて45cm&30cmのアカムツ両手にドヤっドヤっ顔1時にえべっさん前を出発し3時30分くらいに飯岡港に到着する。幸丸のすぐ前にコンビニがありすごく便利。朝食を買って船宿の受付へ。何にびっくりしたって乗船券が自販機で売られていた。乗船券を購入し受付に行くと、釣り座を書き込む紙が置かれている。実川船長船の左舷艫から2席を取る。サバの短冊を購入し、この船宿には初めて来たと伝えると「おにぎりと引き換え」と何度も言われる。乗船券の半券をなくすなということみたいだ。乗船は港の岸壁から行う。船長がロッドキーパーを固定するための板を船べりに置いて間隔を調整してくれる。えべっさんが艫2番、へた釣りが艫3番で、左舷は6人での出船となる。
初の外房にて45cm&30cmのアカムツ両手にドヤっドヤっ顔初の外房にて45cm&30cmのアカムツ両手にドヤっドヤっ顔

初の外房にて45cm&30cmのアカムツ両手にドヤっドヤっ顔船は1時間半ほど走ってポイントに到着する。真っ暗だし寒いのでキャビンで仮眠。外房はゆっくりとした周期のウネリがあるようでポイントに向かう最中に既に船酔いの兆候が現れる。水深は250メートルくらい。潮が速いので同時投入し出遅れたら投入しないこととの指示がある。2本針の仕掛けをマグネットに固定しオモリを持って待機。合図とともに投入し、少しでも速く落とすため竿を垂直にする。確かに潮は速かったがなんとか底は取れた。誘い始めるために2メートルほど巻き上げるとすぐに魚信。竿をグンッと引き込む。巻き上げると再投入は禁止なので追い食いを狙って粘り、船長の巻き上げ合図とともに巻き上げ始める。ここでトラブル。船電源の電圧が足りないらしく負荷がかかるとリールが止まる。何度やっても同じ症状が出るので250メートル手巻きで巻き上げることに。かなり辛いが、なんとか最後まで巻くと海面に白いような赤いような魚影が見える。「アカムツ!」。えべっさんが出してくれたタモに無事収まる。船長からも「いいね」と言ってもらえるサイズのアカムツ。45センチくらいあり、自己最大を更新した。
初の外房にて45cm&30cmのアカムツ両手にドヤっドヤっ顔初の外房にて45cm&30cmのアカムツ両手にドヤっドヤっ顔

■かっとび二枚潮で底取り困難、オマツリ多発で苦戦。2人とも本命ゲット

初の外房にて45cm&30cmのアカムツ両手にドヤっドヤっ顔外房初見参の第1投めでご立派サイズのアカムツを手にし、すっかり気をよくする。外房ならアカムツの魚影が濃いので2匹目、3匹目も狙えるのでは? と釣る気満々モードに突入したが、とにかく潮が速い。投入後の着底は分かるがオモリを持ち上げて底を取り直そうとすると底を見失うことがしばしば。それでも魚信は何度かあったが、ハリスを切られたり(サメ?)、巻き上げ中に消えたりでちっとも魚が船に入らない。焦れる展開だが辛抱強くやるしかない。唯一の救いはもしかのために持って行っていたバッテリーでなら電動で巻き上げられたこと。4.4Ahしか容量がないので最後まで持ってくれることを祈るしかない。回収合図前にえべっさんのリールの巻き上げ音。30センチ級のアカムツを無事ゲットし、これで帰れるねと2人して胸をなでおろす。
初の外房にて45cm&30cmのアカムツ両手にドヤっドヤっ顔初の外房にて45cm&30cmのアカムツ両手にドヤっドヤっ顔

初の外房にて45cm&30cmのアカムツ両手にドヤっドヤっ顔潮は二枚潮気味でオマツリが多発しその後も苦戦。オマツリを嫌って底を攻めないとアカムツは釣れない。底が取れている間は少しオモリを持ち上げては、底を取り直して糸を出し続ける。待望のアカムツっぽい魚信が訪れる。巻き上げ始めると魚以外の重量感もありオマツリしている。多重事故を起こしながらも無事に2匹目のアカムツをゲットする。人生2匹しか釣ったことがなかったアカムツを1日で2匹釣ったのだからこれ以上を望むと罰が当たる。水深160メートルくらいから300メートルまでポイントを変えて攻めてくれたがその後はいい魚信には巡り合えず沖上がりの時間に。自販機に続き、幸丸の面白いサービスが下船後にも。下船場所にはなんと軽トラックに積まれた移動式の水道。手を洗い終えると大きなおにぎりとお茶がもらえる。鮭の入ったおにぎり…すごく美味しかった。白間津・海正丸でも下船後にうどんがふるまわれた。もしかして千葉の船宿って昼食付きなの???
初の外房にて45cm&30cmのアカムツ両手にドヤっドヤっ顔初の外房にて45cm&30cmのアカムツ両手にドヤっドヤっ顔


Twitter

2020年01月13日 19:05

« 【動画】船上のおっさんはみんな精神年齢低めな気がするよ | メイン | 【動画】速潮&手巻きで重労働。どうなることかと思ったけど »

最近の釣りに行った記事

極鋭CGオニカサゴで入魂完了。腕ではなく竿を褒められる
自称・老先短い母にええもん食わせに上かん屋 久佐久へ
初の外房にて45cm&30cmのアカムツ両手にドヤっドヤっ顔
満足サイズも2匹。深場五目初戦はクロムツ6匹でえっへん
難波最強の立ち飲み屋発見! あたりや食堂でニセンベロ!!
あわや2釣行連続でクーラー空! オニカサゴみくじは小吉
年越しそば2019は難波・源氏で。関西流に辛味大根が美味
令和元年の釣り納めで今年初のをやらかしてしょぼ~ん!
イナダだらけでイシダイどこ~? シマ消え込みで3匹ゲット
久里浜沖7時間耐久マダイ魚信なし地獄にもがき苦しんだ
カイワリは安定の14匹。カンパチはソレダメをやらかしたよ
序盤にクロダイ×2、そのうちマダイも釣れると思ったのに…
雑然とした路地の老舗寿司屋あばらやで大人のドキドキを
カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ
カイワリツ抜けは楽勝と油断したら後半デカアジに翻弄され
ドラグ滑って面白すぎ!! イナダ(ハマチ)10匹で大大大満足
タチウオは指5本×2で満足。アマダイはポニョのみで罪悪感
台風一過の午前アジは土砂降り、強風、ゴミだらけだったが
餃子激戦区の恵比寿に祇園歩兵3号店。優しいお味に納得
35up乱舞。アジしか釣れずしょんぼり、妻は人生最大に興奮
伊豆はカワハギ天国のはずだったのに後半失速でもツ抜け
久々の治久丸午前でカイワリ9匹。えべっさんも人生初の!!
炙り+好みの味ですし焼き。コスパも抜群な難波・ときすし
母78歳の誕生日をメープル猪名川で祝う。秋の味覚楽しむ
ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目
浅場タチウオ攻略失敗。でも50mなら労せずとも掛かるかも
路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです
刺し盛りは関西は活かり、関東は旨みと恵比寿 魚一商店で
撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪
5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない
純ちゃんのすじ塩は恵比寿でNo.1の煮込みかも知れない!!
難波・豪快立ち寿司でウニとイクラこぼれ盛り痛風一直線♪
恵比寿・肉天国で炙りユッケ、痛風味玉、牛トロ天を堪能す
一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする
北海道のそばは最高!! 中標津・伊とうで藪・更科食べ比べ
姪2号にオショロコマを釣らせるミッション今年も無事クリア!!
釧路・繁栄丸アオゾイ耐久。7匹だけど今年も釣れたよ
北海道の師匠杯で子供はアオゾイゲット。へたはお世話係
台風令和初上陸の翌日剣崎イサキ束釣れるかなチャレンジ
難波居酒屋のお刺身は安くて美味いの代表、嬉々わらまさ
難波で昼飲みならなんばグランド花月1階、酒処さつき最強
宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ
売り切れが多いがおっぱい串がとにかく絶品なおみっちゃん
竿先グングンッ…でもバレる。気難しいアジに翻弄されたよ
土用の丑に鰻なる野暮は避け恵比寿・う福でお先に鰻三昧
小サメの駆除に協力したら梅雨アナゴとタチウオもらえたよ
俺が行っても終わらずどころかカイワリ18匹で最多記録更新
6月のええもん1=新川にしやで伝助アナゴ、白子、キアラ刺
6月のええもん2=ShunのA5牛しゃぶローススープ茶漬け♪
プチ時化お立ち台で体幹トレーニングしつつイサキを26匹♪

著者: へた釣り