ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目

ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目午前中に浅場タチウオの攻略を今年も失敗した。午後はアジに癒してもらおうとアミ五目に。アジに癒してもらうという思惑はかなえられたが、アミ五目のもう1つのテーマであるゲストの高級魚で豪華刺し盛りチャレンジはサバだけ。ムツ針10号をへし折っていった魚の正体はなんだった?

ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目午前タチウオ船に荷物を置いたまま一度下船して、コンビニでサラダと低糖質パンを買って腹ごしらえする。船に戻ってみると午後船の釣り人がそろそろ集まり始めていた。へた釣りの席は朝に確保しておいた右舷の舳。ほかの四隅も空いていたがいつもと同じ右舷の舳。コマセ釣りだから胴がよいとか、潮先がどこなんてことは考えていない。指定席みたいになっているこの席が慣れているし好きなのである。午後アミ五目は午前アミ五目が休船していたせいもあってか2隻出しに。貸し竿&オレンジのライフジャケット組多数だが横の人との間隔は十分あるのでオマツリの心配はなさそう。

■オキノネブイの近くでコマセ撒けばすぐに魚信でアジ時速31匹ペース

ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目金沢八景・一ノ瀬丸のアミ五目船には何度か乗船しているが、イサキ船でお世話になっている瀧本船長のアミ五目船は初めて。最初のポイントは「オキノネ」のブイ近くの水深10メートルのポイントだった。船長によってはまずはアジでお土産を手堅く確保するために、高級ゲスト狙いのハリス3号の仕掛けではなく、アジ用の仕掛けでと指導が入るが、瀧本船長の場合は最初からハリス3号の仕掛けでOKみたいだ。へた釣りの仕掛けは枝ス2本はアジ狙いのムツ針10号でイカ短を付ける。下針はマダイ針7号でオキアミを付ける。

ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目タナは底から仕掛け長分の3メートル。1.5メートル、2メートル、2.5メートルでアミコマセを鋭く少量ずつ振り出し、50センチ巻き上げてタナで待つ。船長からは仕掛け長さ+2メートルくらいまでやってOKという指示が出ていたが潮が速かったのであまり上でコマセを撒くと魚を散らしてしまいそうなのでやっても3.5メートルまでにしておく。魚信はほぼ途切れずに出る。20センチくらいのアジが休みなく釣れ続け、アジがコマセの発生源に突っ込んでくるようになったらトリプル、ダブルも発生し始める。オキノネで中型アジを36匹+あとで泳がせ釣りに使おうとキープした南蛮漬けサイズを11匹。1時間半で50匹近くなので時速約31匹。半日で束超え確実ペースだ。
ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目

■福浦沖では良型アジがポンポンと。ムツ針10号へし折った犯魚は……

ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目オキノネでこのまま釣り続ければアジならいくらでも釣れそうな雰囲気だったが、船長は移動を決断する。少し北上して福浦沖、富岡新堤近くのポイントへ。この辺りはマダイやイシダイなどが混じることがあるポイント。イシダイを狙って鋭くシャクリ続けた。アジのサイズがアップし釣れれば25センチ級の食べると最高のアジがポンポンと釣れてくる。最大サイズは29センチ。サイズアップした分、ダブルの発生率が落ちてペースダウンしたがそれでも魚を付けずに仕掛けを回収することはほとんどなく、順調に釣れ続ける。アジ釣りが楽しくって泳がせやろうとか、オキアミを撒いて高級魚を狙おうというアミ五目らしい戦略は頭から抜け落ちてしまっている。
ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目

ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目アジ以外で釣れたのは35センチくらいのサバが1匹だけ。午前のタチウオと合わせて本日のお刺身盛り合わせはタチウオ炙り、東京湾アジ、〆秋サバの3種盛り。十分といえば十分だが……なにかもう1目と考えていたら、穂先をグンッと持っていく魚信。巻き始めるとドラグが滑る。イシダイかもと喜々としてリールを巻く。海面に魚影が見えた。デカい。50センチはありそうな紡錘形の魚。イナダ? サバ? 背中の模様はサバっぽい? タモを探したが近くに見当たらない。ハリスは3号あるので手繰って抜いちゃえと持ち上げようとした瞬間にバレる。ムツ針10号がふところ部分で折れていた。たぶん巨大サバだったと思うのだが……無念。アジ54匹+小アジ(泳がせやらずにリリース)11匹+サバ1匹で66匹(55匹?)にて満足♪ 満足♪ 大いに癒された。
ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目



Twitter

2019年09月15日 17:00

« 浅場タチウオ攻略失敗。でも50mなら労せずとも掛かるかも | メイン | 食べる事考えると五目釣り最高。八景沖豪華秋の三種盛り »

最近の釣りに行った記事

推しは剣崎でしょ、と沖の瀬イサキに塩対応されてしまい…
和彦丸キス・アジリレーで東京湾二大釣魚に再入門してきた
イサキ開幕戦は尺級5匹込み23匹。でも剣崎は撃ちーん!
復活の日釣行。まずはめでタイ、あとはひたすらイサキで…
【コロナで自粛】試行錯誤で美味しく! 日田風焼きそば開店
【コロナで自粛】大阪の居酒屋の味を求め串揚げやさん開店
【コロナで散財】美味い乾麺のそば番外編。ほうじ茶蕎麦編
【コロナで自粛】大阪の匂いに包まれお好み焼き屋さん開店
【コロナで自粛】子供1号バイト先より肉着弾し焼肉屋開店!!
【コロナで散財】一番美味い乾麺のそばを探す。天狗そば編
【コロナで自粛】陽気がよいので玄関先で焼き鳥屋さん開店
【コロナで散財】日本一美味い駅そば「音威子府そば」を食う
アラはともかくとして…クーラー真っ白でピント合わねぇよ(泣
前半苦戦も怒涛の追い上げでカイワリ自己最多を27匹に!
釣れども釣れども手乗りカサゴで…俺の心は木っ端微塵!
怒涛の4連荘ありアカムツ5匹。極鋭CG釣れる気しかしない
午前は船中1匹の報に暗澹とするもカイワリ15匹でえっへん
南房まで行ってシマアジがボウズだけでなくクーラー空っぽ
厳しい通り越し痺れた。アラフォーイシダイゲットでなんとか
極鋭CGオニカサゴで入魂完了。腕ではなく竿を褒められる
自称・老先短い母にええもん食わせに上かん屋 久佐久へ
初の外房にて45cm&30cmのアカムツ両手にドヤっドヤっ顔
満足サイズも2匹。深場五目初戦はクロムツ6匹でえっへん
難波最強の立ち飲み屋発見! あたりや食堂でニセンベロ!!
あわや2釣行連続でクーラー空! オニカサゴみくじは小吉
年越しそば2019は難波・源氏で。関西流に辛味大根が美味
令和元年の釣り納めで今年初のをやらかしてしょぼ~ん!
イナダだらけでイシダイどこ~? シマ消え込みで3匹ゲット
久里浜沖7時間耐久マダイ魚信なし地獄にもがき苦しんだ
カイワリは安定の14匹。カンパチはソレダメをやらかしたよ
序盤にクロダイ×2、そのうちマダイも釣れると思ったのに…
雑然とした路地の老舗寿司屋あばらやで大人のドキドキを
カイワリと変わらないサイズだけど初の白間津・シマアジだ
カイワリツ抜けは楽勝と油断したら後半デカアジに翻弄され
ドラグ滑って面白すぎ!! イナダ(ハマチ)10匹で大大大満足
タチウオは指5本×2で満足。アマダイはポニョのみで罪悪感
台風一過の午前アジは土砂降り、強風、ゴミだらけだったが
餃子激戦区の恵比寿に祇園歩兵3号店。優しいお味に納得
35up乱舞。アジしか釣れずしょんぼり、妻は人生最大に興奮
伊豆はカワハギ天国のはずだったのに後半失速でもツ抜け
久々の治久丸午前でカイワリ9匹。えべっさんも人生初の!!
炙り+好みの味ですし焼き。コスパも抜群な難波・ときすし
母78歳の誕生日をメープル猪名川で祝う。秋の味覚楽しむ
ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目
浅場タチウオ攻略失敗。でも50mなら労せずとも掛かるかも
路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです
刺し盛りは関西は活かり、関東は旨みと恵比寿 魚一商店で
撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪
5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない
純ちゃんのすじ塩は恵比寿でNo.1の煮込みかも知れない!!

著者: へた釣り