宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ

宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつこんなはずじゃ…なんてこと釣りにはよくあることだが、動画撮影デビューの日くらいはもうちょっと好い目を見たかった。宇佐美・治久丸から午後カイワリ五目プチ遠征。前回釣行で自己最多記録を18匹に伸ばし、いい手応えを掴んでいるはずだったのに…本日は宇佐美の魚、やる気全くなし。

宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ動画初配信はブログの最初の記事と同じ、カイワリ五目でやろうと験を担いでの釣行。品川駅から8時30分くらいの東海道線で熱海駅へ。熱海駅で少し早い昼食をとり、宇佐美駅には11時ちょうどくらいに到着する。集合時間は12時なので余裕がある。駅から港までは徒歩15分くらい。小雨がパラついており少し肌寒い。例年なら既に海開きしているころだが浜で遊んでいる人はほとんどいない。曇天模様のせいもあるのだろうが、夏のというより冬の海に見える。でも、曇天は魚の活性を上げることが多いのでむしろそんな天候を歓迎して港を目指す。
宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ

■GoProでの撮影準備完了。魚が釣れないのでシャクってる動画だけ!!

宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ指定席の右舷舳は午前船から連荘の人が入っていたため、左舷の舳に。右舷の人に午前船の様子を聞くと相当渋かったそうだ。船長にも確認すると「いい人で6枚」とのこと。お気楽極楽な人なので、6匹も釣れてるんだからなんとかなるだろうと考えてしまう。胸にGoProを装着できるようにし、クーラーにも吸盤式の三脚を設置する。この時点ではカイワリを釣ることにはさほど不安を抱いていない。ちゃんと動画が撮れるだろうかということばかり気にしていた。そういう集中力の欠如を海の神様は見逃しはしない。罰のような時間を過ごすことになる。
宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ

宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ船は12時20分に出港し、初島近くの水深90メートル前後のいつものポイントを目指す。凪の予報だったが、少し風が吹いており、飛沫を被る。船が止まれば釣りづらいというほどの船の上下はなかった。ビシが着底したらハリス分底を切って50センチ刻みのスティ0シャクリで18回(9メートル)探る。魚信がなかったら落とし直して今度はスティ1秒で。それでも魚信がなかったらスティ2秒で誘う。3往復したらコマセを詰め替えるために仕掛けを回収。これを繰り返して魚が食ってくるシャクリを見つけるのが定石なのだが……一度として魚信がない。仕掛けを回収すると針がよくなくなっておりフグがいることだけは分かるがそれ以外に魚からのコンタクトはなにもなし。なにもないまま1時間がすぎ、2時間がすぎ…とうとう3時間。その間に釣れたのは着底した瞬間に食ってきたムシガレイとヒメだけ。
宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ

■やっと出た魚信でホウボウ、フォールでチダイ、シャクってカイワリ

宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ船長は口を使ってくれる魚の反応を探して水深60メートルから110メートルまでこまめに移動してくれるのだが、宇佐美沖の魚はフグ以外団結してハンガーストライキ突入中のような雰囲気。心が折れ始める。置き竿にせずにシャクリ続けてはいたが釣れるという期待感はしぼんでいた。15時40分、シャクった直後に穂先を引き込む魚信。針掛かりしたら大きな声で「やっときたーーーー!!」と叫ぶ。魚信の出方からしてカイワリではないのは分かっていたが釣り始めて3時間目にしてようやく訪れたまともな魚の手応えである。底から8メートルくらいで食ってきたのでチダイかな?と巻いていたら、水面下にきれいな模様のヒレを広げた魚の姿が。ホウボウだった。ホウボウってあんなに浮くことあるんだなとビックリ。

宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつホウボウが釣れたら少し魚が元気になった。次の魚信は底を取り直そうとクラッチを切って仕掛けを落としている最中にあった。底に着いてないはずなのにラインに糸フケが出る。スプールを指で押さえて止めて聞いてみると穂先をグーッと持って行く。巻き上げ最中には激しく抵抗する。30センチくらいのチダイだった。その直後に今度はシャクった直後に穂先を小気味よく持って行く魚信。「今度こそカイワリでしょ!!」と宣言してから巻き始める。重量感はないがときどき鋭い引き込みをみせるのがカイワリの特徴だ。25センチくらい。本命ボウズはなんとか逃れた。これが午後船唯一無二のカイワリだった。最後に中層にいたウルメイワシに仕掛けをグチャグチャにされて本日終了。カイワリ、チダイ、ホウボウが1匹ずつと貧果ではあるが……最初の3時間の手応えだと完全ボウズ(魚信すらなし)もあり得る雰囲気だったので、なんとかなったと安堵の方が大きいかも。
宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ



Twitter

2019年07月15日 23:24

« ブログ初投稿はカイワリだった。動画初配信もカイワリに!! | メイン | 【動画】宇佐美・治久丸でお刺身最強魚のカイワリを狙う! »

最近の釣りに行った記事

帰りのクーラーの重さまで…サワラは五十肩に優しかった♥
105日ぶりのカイワリプチ遠征はあわやボウズで痺れたよ~
コレジャナイ十目で困憊。今日はダメ思ったらラスト10分で
三度目の正直でワラサ挑むも二度あることは…マダイは2匹
八景沖マダイは珍しく素直で3匹。久里浜ワラサとは断交中
新ブランド?よっしゃサバ。ポニョに34cmアマダイ混ざり喜々
ラストイサキは半日50匹。ワラサは常日頃の行いが悪い?
ラスト5分…またね♥とクロムツにめっちゃ営業されてしまう
2週連続で追い食いゼロって…今年の剣崎ウリンボ手強い
くそ暑い上にくそ渋い剣崎イサキ24匹どまりでくっそーー!!
やっぱ下手やねん♪ めっちゃ真面目に釣ってシロギス14匹
イサキは雨の日に限る。今季最大36cm&最多47匹でどやっ
宇佐美のカイワリは歓迎してくれた…最初の数投だけはね
雨中のシロギス特訓。キス天食べ放題へ一歩一歩前進中♪
尺級5匹込みで21匹! 剣崎イサキの釣り方思い出した?
剣崎イサキ絶好調とはいかないが昨季より手応えありで8匹
クロムツからの魚信なしでひたすらサバサバサバサバサバ
アカクラゲの時期にシロギスの練習? 心得違いもいいとこ
尺イサキ多数にアカイサキ雄でクーラー六分もレア魚はなし
八景沖で小中アジほぼ入れ食い。アカクラゲさえいなければ
アカクラゲ大っ嫌い! アジもキスも目標未達でしょぼ~ん
強風の間隙縫って午前メバル。煮付け4匹含む19匹で満足
キントキはいるけれど遠征ウィリーで史上最低のド貧果に
キントキ、尺イサキ込みクーラー六分で沖の瀬ウィリー堪能
春の海に癒し求め午前メバル・午後アジでひねもすリレー♪
3年ぶり3戦目で3匹。一ノ瀬丸マゴチ童貞の呪縛から解放♥
アジへた女王はまさかまさかの…妻1号。アジうま女王は…?
でっぷりアラフォーアマダイ込み4匹釣って俺、ピカチュー?
イカも二度目なら少しは上手に…? ツ抜けはしたが敗北感
潮めちゃ速でどうにもならず良型オニカサゴ?バラしため息
掛からんバレる…キンメに続いてクロムツにも嫌われたかも
きっちり丁寧…キンメダイはガサツな人嫌いらしくて3匹だけ
初釣り2021は東京湾癒しのアジ&シロギス。胴突き面白い
釣り納め2020はアマダイ改めコレジャナイ十目釣りでチ~ン
チャンスタイムは根掛かりで…白間津シマアジまたもボウズ
久しぶりの宇佐美沖はカイワリ9匹込みで五目15匹と満足♪
ヤリイカデビュー戦ツ抜けに届かずも面白いのは分かった
どったんばったん大撃沈しホルモンまさるでがっつり反省会
ちょい時化でも妻はマグロ化せず良型アジ13匹と急成長?
タチウオはポンコツだけど頑張って9匹。アマダイはちっちゃ!!
一枚足らず…2020年のカワハギ開幕戦は竹岡ハギ屋敷?
高級魚は運次第? 本日の釣魚居酒屋へたはアジ専門店
カンパチガチャはハズレ! カイワリ2匹でなんとかなったぁ!!
テンビンが連続で折れるって…肝心の二目は抜きで八目!!
居酒屋へたのお通しは小アジ南蛮漬け。それ食ったら寝る
雨中の筋トレのご褒美はラスト15分に30upクロムツを2匹だ
暑さ避けさくっと午前アジ作戦。サイズいろいろ39匹で成功
カイワリにというより暑さに負けて三目6匹だけでしょんぼり
極鋭CGクロムツの章入魂。スミヤキ元気すぎて難しかった!!
2020年のイサキ…釣り方分からない。涙目でシャクリ続ける

著者: へた釣り