宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ

宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつこんなはずじゃ…なんてこと釣りにはよくあることだが、動画撮影デビューの日くらいはもうちょっと好い目を見たかった。宇佐美・治久丸から午後カイワリ五目プチ遠征。前回釣行で自己最多記録を18匹に伸ばし、いい手応えを掴んでいるはずだったのに…本日は宇佐美の魚、やる気全くなし。

宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ動画初配信はブログの最初の記事と同じ、カイワリ五目でやろうと験を担いでの釣行。品川駅から8時30分くらいの東海道線で熱海駅へ。熱海駅で少し早い昼食をとり、宇佐美駅には11時ちょうどくらいに到着する。集合時間は12時なので余裕がある。駅から港までは徒歩15分くらい。小雨がパラついており少し肌寒い。例年なら既に海開きしているころだが浜で遊んでいる人はほとんどいない。曇天模様のせいもあるのだろうが、夏のというより冬の海に見える。でも、曇天は魚の活性を上げることが多いのでむしろそんな天候を歓迎して港を目指す。
宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ

■GoProでの撮影準備完了。魚が釣れないのでシャクってる動画だけ!!

宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ指定席の右舷舳は午前船から連荘の人が入っていたため、左舷の舳に。右舷の人に午前船の様子を聞くと相当渋かったそうだ。船長にも確認すると「いい人で6枚」とのこと。お気楽極楽な人なので、6匹も釣れてるんだからなんとかなるだろうと考えてしまう。胸にGoProを装着できるようにし、クーラーにも吸盤式の三脚を設置する。この時点ではカイワリを釣ることにはさほど不安を抱いていない。ちゃんと動画が撮れるだろうかということばかり気にしていた。そういう集中力の欠如を海の神様は見逃しはしない。罰のような時間を過ごすことになる。
宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ

宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ船は12時20分に出港し、初島近くの水深90メートル前後のいつものポイントを目指す。凪の予報だったが、少し風が吹いており、飛沫を被る。船が止まれば釣りづらいというほどの船の上下はなかった。ビシが着底したらハリス分底を切って50センチ刻みのスティ0シャクリで18回(9メートル)探る。魚信がなかったら落とし直して今度はスティ1秒で。それでも魚信がなかったらスティ2秒で誘う。3往復したらコマセを詰め替えるために仕掛けを回収。これを繰り返して魚が食ってくるシャクリを見つけるのが定石なのだが……一度として魚信がない。仕掛けを回収すると針がよくなくなっておりフグがいることだけは分かるがそれ以外に魚からのコンタクトはなにもなし。なにもないまま1時間がすぎ、2時間がすぎ…とうとう3時間。その間に釣れたのは着底した瞬間に食ってきたムシガレイとヒメだけ。
宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ

■やっと出た魚信でホウボウ、フォールでチダイ、シャクってカイワリ

宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ船長は口を使ってくれる魚の反応を探して水深60メートルから110メートルまでこまめに移動してくれるのだが、宇佐美沖の魚はフグ以外団結してハンガーストライキ突入中のような雰囲気。心が折れ始める。置き竿にせずにシャクリ続けてはいたが釣れるという期待感はしぼんでいた。15時40分、シャクった直後に穂先を引き込む魚信。針掛かりしたら大きな声で「やっときたーーーー!!」と叫ぶ。魚信の出方からしてカイワリではないのは分かっていたが釣り始めて3時間目にしてようやく訪れたまともな魚の手応えである。底から8メートルくらいで食ってきたのでチダイかな?と巻いていたら、水面下にきれいな模様のヒレを広げた魚の姿が。ホウボウだった。ホウボウってあんなに浮くことあるんだなとビックリ。

宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつホウボウが釣れたら少し魚が元気になった。次の魚信は底を取り直そうとクラッチを切って仕掛けを落としている最中にあった。底に着いてないはずなのにラインに糸フケが出る。スプールを指で押さえて止めて聞いてみると穂先をグーッと持って行く。巻き上げ最中には激しく抵抗する。30センチくらいのチダイだった。その直後に今度はシャクった直後に穂先を小気味よく持って行く魚信。「今度こそカイワリでしょ!!」と宣言してから巻き始める。重量感はないがときどき鋭い引き込みをみせるのがカイワリの特徴だ。25センチくらい。本命ボウズはなんとか逃れた。これが午後船唯一無二のカイワリだった。最後に中層にいたウルメイワシに仕掛けをグチャグチャにされて本日終了。カイワリ、チダイ、ホウボウが1匹ずつと貧果ではあるが……最初の3時間の手応えだと完全ボウズ(魚信すらなし)もあり得る雰囲気だったので、なんとかなったと安堵の方が大きいかも。
宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ



Twitter

2019年07月15日 23:24

« ブログ初投稿はカイワリだった。動画初配信もカイワリに!! | メイン | 【動画】宇佐美・治久丸でお刺身最強魚のカイワリを狙う! »

最近の釣りに行った記事

台風一過の午前アジは土砂降り、強風、ゴミだらけだったが
餃子激戦区の恵比寿に祇園歩兵3号店。優しいお味に納得
35up乱舞。アジしか釣れずしょんぼり、妻は人生最大に興奮
伊豆はカワハギ天国のはずだったのに後半失速でもツ抜け
久々の治久丸午前でカイワリ9匹。えべっさんも人生初の!!
炙り+好みの味ですし焼き。コスパも抜群な難波・ときすし
母78歳の誕生日をメープル猪名川で祝う。秋の味覚楽しむ
ゲストはサバだけ…八景沖でアジ入れ食いの午後アミ五目
浅場タチウオ攻略失敗。でも50mなら労せずとも掛かるかも
路線図読めないおっさんはタチウオ掛け方分からんのです
刺し盛りは関西は活かり、関東は旨みと恵比寿 魚一商店で
撃沈ではないが下手さ加減認識したタチアジ。でもタコ3杯♪
5年連続イサキ束超え失敗。良型混じると数を伸ばせない
純ちゃんのすじ塩は恵比寿でNo.1の煮込みかも知れない!!
難波・豪快立ち寿司でウニとイクラこぼれ盛り痛風一直線♪
恵比寿・肉天国で炙りユッケ、痛風味玉、牛トロ天を堪能す
一之瀬丸一の凄腕カツオ一本釣り師になってげんなりする
北海道のそばは最高!! 中標津・伊とうで藪・更科食べ比べ
姪2号にオショロコマを釣らせるミッション今年も無事クリア!!
釧路・繁栄丸アオゾイ耐久。7匹だけど今年も釣れたよ
北海道の師匠杯で子供はアオゾイゲット。へたはお世話係
台風令和初上陸の翌日剣崎イサキ束釣れるかなチャレンジ
難波居酒屋のお刺身は安くて美味いの代表、嬉々わらまさ
難波で昼飲みならなんばグランド花月1階、酒処さつき最強
宇佐美の魚やる気なし。カイワリ、チダイ、ホウボウ1匹ずつ
売り切れが多いがおっぱい串がとにかく絶品なおみっちゃん
竿先グングンッ…でもバレる。気難しいアジに翻弄されたよ
土用の丑に鰻なる野暮は避け恵比寿・う福でお先に鰻三昧
小サメの駆除に協力したら梅雨アナゴとタチウオもらえたよ
俺が行っても終わらずどころかカイワリ18匹で最多記録更新
6月のええもん1=新川にしやで伝助アナゴ、白子、キアラ刺
6月のええもん2=ShunのA5牛しゃぶローススープ茶漬け♪
プチ時化お立ち台で体幹トレーニングしつつイサキを26匹♪
1日剣崎で釣れてイサキ13匹、最大28.5cmでなんとかなった
コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈
5月のええもん=哲剣で活アコウ刺しに感動+カマ焼きも◎
好漁続きでどうした、俺。六目41匹でクーラー八分と大満足
G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり
令和の初釣りは雨の中シャクリ続けてカイワリ7匹でドヤッ!!
アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない
4月のええもん=正宗屋のカステラ&魚屋ひでぞう刺し盛り
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ
タナ取りスピード勝負に妻苦戦で14匹。30匹クリアが遠いよ
夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日
鏡面のように穏やかな海で釣りをしている白日夢を見たよ
明石焼き、いかなご釘煮、蛸ぺったん、穴子串を魚の棚で
明石・人丸花壇で鯛・蛸・穴子の海峡名物3点セットを満喫♪
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪
不幸だねぇ氷雨降る時化海で本命ボウズなんて闇堕ちする
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?

著者: へた釣り