コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈

コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈釣りを始めて9年。これまで経験したことがないレベルの速潮にどう対応したらよいのか分からず成す術なし。船長いわく「潮1.5ノット」。5倍すると10秒間に流れるメートルなので10秒で7.5メートル。仕掛けとコマセを同調させる方法をあれこれ試してみたが、カイワリ1匹だけと撃沈したよ。

コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈I崎タコ名人から「お土産持ってくね」とお声掛け頂いたので今回は宇佐美駅11時30分着のギリギリ電車ではなく、11時前に到着する電車に乗って、宇佐美・治久丸を目指す。来宮駅のホームで電車と人が接触するという事故が起きて、余裕で到着のはずが26分遅れで宇佐美駅着。大急ぎで港を目指す。I崎タコ名人は待ってくれていた。今シーズンラストキンメの釣果から2匹お裾わけ頂いた。竿出す前からクーラーの中に高級魚が入っているわけでこれはうれしい。でもってこの日は釣果に恵まれなかったので、I崎タコ名人からお土産もらってなかったらと考えるといくら感謝してもしたりない。
コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈

■速潮対策でコマセを絞り弾幕シャクリでカイワリなんとか1匹ゲット

コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈釣り座は治久丸でほぼ指定席になっている右舷舳。準備をしていると船長がやってきて最近の釣況を説明してくれる。あまりいい情報ではない。「とにかく潮が速すぎて…反応はいつ入れ食いになってもおかしくない感じなんですけどね~」。潮が速くラインが鋭角に入っていくのは剣崎沖のイサキで慣れているので、なんとかなるだろうくらいに考えていたのだが…宇佐美沖の速潮はかつて経験したことがないレベルのぶっ飛び具合だった。港を離れた船は大崎堤防沖で一度減速した。浅いポイントをやるのかなと慌てて仕掛けを用意したが、減速しただけで止まらずに、いつも通り初島近くの水深90メートルのポイントで釣り開始となる。まずは2.5号の仕掛けを投入し、50センチ刻みのスティ0~3秒で魚信がでるシャクリ方を探る。
コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈

コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈潮は少し速いかなという程度で船長が騒ぐほどのぶっ飛び具合ではない。潮が速い時はコマセの出をさらに絞る(撒きすぎると魚を遠ざける)、30センチ刻みで弾幕を張るようにコマセを振り出すといいことが多い。なかなか魚信が出せないので仕掛けを2号の物に変えるとすぐに効果があった。モゾリと魚が触れてくる感触があり、竿の動きを止めるとグンッと穂先を持って行く。掛かり所が悪かったのか巻き上げ中、残り20メートルくらいで暴れられてバレた。一度でも魚信が出せればやってることは間違えてないという自信になる。釣り始めて1時間半くらい経った14時少しすぎに二度目の魚信。今度は無事に魚を取り込めた。25センチくらいのお刺身適合サイズのカイワリだった。
コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈

■でっぷりアラフォー熟アマダイでお土産確保。超速潮に対処法なし

コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈1匹カイワリを手にし、辛抱強くシャクリ続ければなんとかなりそうという手応えを掴んだが魚信があるといっても間が空きすぎるので、「アマダイ狙ってみましょう」と水深120メートルくらいのポインントに移動する。オモリが着底したら50センチ巻き上げてフワリフワリ少しずつリールを巻きながらと誘う。すぐに魚信があり、定番ゲストのキダイ。キダイばかり釣れるのでタナを下げる。オモリが着底した状態からフワリと誘うといい手応えの魚信。少し待ってから竿を立てるといい具合に竿がしなる。アラフォーのでっぷりした熟アマダイをゲット。その後キダイと一荷で25センチのアマダイを追加する。1時間半でアマダイ2匹ゲットはまずまず。
コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈

コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈カイワリは日が傾くと活性が上がり、沖上がり間際にパタパタと釣れることがある。当然、何匹かは追加できるつもりでいたのだが、カイワリ釣りに戻ってみると潮がぶっ飛んでしまっていた。釣りづらいなんてもんじゃない。竿先がほぼ真横を向いてしまっている。上手くシャクレないし、コマセと仕掛けが同調している感じが全くしない。臭いだけで魚を寄せようと遂にはコマセが1粒も出ないようにビシの窓を閉じてシャクリ続けたがカイワリどころか魚からのコンタクトはなく、沖上がりの時間に。釣果報告に「潮が速すぎる」と書いてあるときは釣行を回避した方がいい気がした。
コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈



Twitter

2019年05月26日 22:51

« 「いい反応…」愚痴が聞こえたら細ハリスで。明日はカイワリ | メイン | 夕方にカイワリ追加のアテは外れたが豪華食卓になりそう »

最近の釣りに行った記事

俺が行っても終わらずどころかカイワリ18匹で最多記録更新
6月のええもん1=新川にしやで伝助アナゴ、白子、キアラ刺
6月のええもん2=ShunのA5牛しゃぶローススープ茶漬け♪
プチ時化お立ち台で体幹トレーニングしつつイサキを26匹♪
1日剣崎で釣れてイサキ13匹、最大28.5cmでなんとかなった
コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈
5月のええもん=哲剣で活アコウ刺しに感動+カマ焼きも◎
好漁続きでどうした、俺。六目41匹でクーラー八分と大満足
G:激旨W:ウィークの仕上げは東京湾口アカムツでにんまり
令和の初釣りは雨の中シャクリ続けてカイワリ7匹でドヤッ!!
アラフォー食べ頃アマダイに癒されGWのGは撃沈じゃない
4月のええもん=正宗屋のカステラ&魚屋ひでぞう刺し盛り
妄想は妄想のまま。シマアジは釣れずメジナとイサキのみ
タナ取りスピード勝負に妻苦戦で14匹。30匹クリアが遠いよ
夢ではなかった…「カイワリ船中0じゃなきゃ」が瓦解した日
鏡面のように穏やかな海で釣りをしている白日夢を見たよ
明石焼き、いかなご釘煮、蛸ぺったん、穴子串を魚の棚で
明石・人丸花壇で鯛・蛸・穴子の海峡名物3点セットを満喫♪
続・深場伝説アラの章始まらず。お土産カイワリ4匹で十分♪
不幸だねぇ氷雨降る時化海で本命ボウズなんて闇堕ちする
肩コリ完治!! すげぇな、東京湾。もしかしてサバのおかげ?
2月のええもんは難波・天秤棒でおこぜ含むお刺身三昧!
三途の川みたいな海でイシダイ撃沈。アミ五目でカンパチ!!
ブラックドラゴン相手に筋トレ。クロムツは3匹だけでチーン
難波・桃酔でええもん=アコウの酒蒸しと白アマダイを食う
三兎追うも…船中カイワリ2匹を独り占めしたから良しとする
人生6、7、8匹目のオニカサゴ。最大37cmでおみくじは小吉
有終の美を飾る1尾で一之瀬丸感謝デーは3位入賞。桜咲く
血塗られた久里浜沖でマ・イシ・クロとそろえダイ三元達成♪
お持ち帰りはアラサー1尾のみ。せめてミドサー欲しかった
クロダイ、アジ、〆サバ三種盛り。妻1号は船酔いでノーカン
悪運はTKBで尽きた。かみやカワハギ大会はいいとこなし
平和島は宇宙より遠い。でもTKB初の船別1位を獲得したよ
良型アジ66匹+60センチヒラメで八景沖豪華刺し盛り成功!!
カイワリ、チダイ、イナダなど宇佐美沖豪華5点盛りが完成
アミ五目で4目釣るも…居酒屋へたは品切れ次第臨時休業
尺確実な手応え!! 釣れたのはお邪魔虫三連星でチーン♪
へた釣り亭は1品300円均一安居酒屋。刺し盛りはアジのみ
“待て”を覚えた女、妻1号はアジ23匹。へた釣りはアカ~ン
ガス欠1DAYバトル? 久しぶりのかみやは楽しかったよ!
優しくないのよ東京湾の釣りの神様はっ!! 妻1号はアジ4匹
タチウオ釣りはあ行しか喋れない? 色々あるとなおさらだ
魚種豊富で魚影濃い宇佐美でカイワリ込みウィリー十五目
平成最後のイサキ釣りは最後の最後だけちょい盛り上がり
束楽勝からのソウダ禍で大失速。平成最後?のイサキ釣り
いつになったら一之瀬丸マゴチ童貞卒業できるの(遠い目)
型狙い作戦がハマり尺足らず3匹釣るも45匹までと振るわず
鱈・柳・柳・柳・柳・柳・青など五目一荷多数で超たっのしー
北海道の師匠が釣った魚が食べられる店、釧路・巽で舌鼓
ひどいウネリに船酔いしながら3年ぶりのアオゾイ3匹ゲット!!

著者: へた釣り