コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈

コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈釣りを始めて9年。これまで経験したことがないレベルの速潮にどう対応したらよいのか分からず成す術なし。船長いわく「潮1.5ノット」。5倍すると10秒間に流れるメートルなので10秒で7.5メートル。仕掛けとコマセを同調させる方法をあれこれ試してみたが、カイワリ1匹だけと撃沈したよ。

コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈I崎タコ名人から「お土産持ってくね」とお声掛け頂いたので今回は宇佐美駅11時30分着のギリギリ電車ではなく、11時前に到着する電車に乗って、宇佐美・治久丸を目指す。来宮駅のホームで電車と人が接触するという事故が起きて、余裕で到着のはずが26分遅れで宇佐美駅着。大急ぎで港を目指す。I崎タコ名人は待ってくれていた。今シーズンラストキンメの釣果から2匹お裾わけ頂いた。竿出す前からクーラーの中に高級魚が入っているわけでこれはうれしい。でもってこの日は釣果に恵まれなかったので、I崎タコ名人からお土産もらってなかったらと考えるといくら感謝してもしたりない。
コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈

■速潮対策でコマセを絞り弾幕シャクリでカイワリなんとか1匹ゲット

コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈釣り座は治久丸でほぼ指定席になっている右舷舳。準備をしていると船長がやってきて最近の釣況を説明してくれる。あまりいい情報ではない。「とにかく潮が速すぎて…反応はいつ入れ食いになってもおかしくない感じなんですけどね~」。潮が速くラインが鋭角に入っていくのは剣崎沖のイサキで慣れているので、なんとかなるだろうくらいに考えていたのだが…宇佐美沖の速潮はかつて経験したことがないレベルのぶっ飛び具合だった。港を離れた船は大崎堤防沖で一度減速した。浅いポイントをやるのかなと慌てて仕掛けを用意したが、減速しただけで止まらずに、いつも通り初島近くの水深90メートルのポイントで釣り開始となる。まずは2.5号の仕掛けを投入し、50センチ刻みのスティ0~3秒で魚信がでるシャクリ方を探る。
コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈

コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈潮は少し速いかなという程度で船長が騒ぐほどのぶっ飛び具合ではない。潮が速い時はコマセの出をさらに絞る(撒きすぎると魚を遠ざける)、30センチ刻みで弾幕を張るようにコマセを振り出すといいことが多い。なかなか魚信が出せないので仕掛けを2号の物に変えるとすぐに効果があった。モゾリと魚が触れてくる感触があり、竿の動きを止めるとグンッと穂先を持って行く。掛かり所が悪かったのか巻き上げ中、残り20メートルくらいで暴れられてバレた。一度でも魚信が出せればやってることは間違えてないという自信になる。釣り始めて1時間半くらい経った14時少しすぎに二度目の魚信。今度は無事に魚を取り込めた。25センチくらいのお刺身適合サイズのカイワリだった。
コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈

■でっぷりアラフォー熟アマダイでお土産確保。超速潮に対処法なし

コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈1匹カイワリを手にし、辛抱強くシャクリ続ければなんとかなりそうという手応えを掴んだが魚信があるといっても間が空きすぎるので、「アマダイ狙ってみましょう」と水深120メートルくらいのポインントに移動する。オモリが着底したら50センチ巻き上げてフワリフワリ少しずつリールを巻きながらと誘う。すぐに魚信があり、定番ゲストのキダイ。キダイばかり釣れるのでタナを下げる。オモリが着底した状態からフワリと誘うといい手応えの魚信。少し待ってから竿を立てるといい具合に竿がしなる。アラフォーのでっぷりした熟アマダイをゲット。その後キダイと一荷で25センチのアマダイを追加する。1時間半でアマダイ2匹ゲットはまずまず。
コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈

コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈カイワリは日が傾くと活性が上がり、沖上がり間際にパタパタと釣れることがある。当然、何匹かは追加できるつもりでいたのだが、カイワリ釣りに戻ってみると潮がぶっ飛んでしまっていた。釣りづらいなんてもんじゃない。竿先がほぼ真横を向いてしまっている。上手くシャクレないし、コマセと仕掛けが同調している感じが全くしない。臭いだけで魚を寄せようと遂にはコマセが1粒も出ないようにビシの窓を閉じてシャクリ続けたがカイワリどころか魚からのコンタクトはなく、沖上がりの時間に。釣果報告に「潮が速すぎる」と書いてあるときは釣行を回避した方がいい気がした。
コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈



Twitter

2019年05月26日 22:51

« 「いい反応…」愚痴が聞こえたら細ハリスで。明日はカイワリ | メイン | 夕方にカイワリ追加のアテは外れたが豪華食卓になりそう »

最近の釣りに行った記事

庄吉丸の下に15匹目のオニカサゴ…でも16匹目はおあずけ
萬栄丸半夜クロムツで自己最多を27匹&最大を38センチに
山下丸アマダイ初挑戦は良型獲れずも5匹釣れてまずまず
久里浜ウィリー五目…ワラサとサバフグに邪魔され大苦戦
バラシ多数で大苦戦。でも25センチ級カイワリ2匹を独占
悲願の妻アジ30匹チャレンジは42匹でクリア…ど、同数!!?
海堡で順調→竹岡砂漠→海堡に戻りカワハギ開幕戦は11匹
…………………………………………………ノーピクだった
萬栄丸半夜クロムツ初戦はサバ禍で失速も16匹でえっへん
小サバ湧いてカイワリお留守。カンパチはいてくれたよ~
新山下デビュー戦は美味しいサイズのベイブリアジ17匹♪
25cmが小さく見える尺超え×2で夏カイワリ攻略の糸口!?
ゴロタとフグに翻弄され苦戦。シロギス20匹超えがやっと
タコを釣ったらキャーキャー騒ぐへたれなおっさんが8杯♪
本日、大人はウィリーにおさわり禁止…カイワリほげたぞ
居食いしてる?な気難アジにあの手この手で口使わせて81匹
天秤&仕掛けを和彦丸SPにしてシロギス58匹でにんまり
アカムツどころか魚信が一度もなく城ヶ島沖で大撃ち~ん
暑さとサバに無口になるも船長冴えててカイワリを9匹!!
あさなぎ丸が小船と事故…イサキ開幕戦は不戦敗で激凹み
デラキンメは朝一でゲットするも水深400m超は謎だらけ
金田湾イワシメバルがあまりに魚信なく呆けてホゲて凹む
焼肉デート楽しかった。釣りもした気がするけど覚えてない
23・22・20センチのトリプルを決めるもメバルは凪に限るね
天秤? 胴突き? 俺に限ってどっちもあかんなシロギス釣り
愚策裏目で波に乗れずオキメバル4匹一荷でなんとか帳尻
天気予報大外れで良型クロムツ釣れてなければ凍え死んでた
巨大アジ猛攻であわやカイワリいない五目になるとこだった
煮付け2尾で1皿サイズのメバル14人前に癒してもらい幸せ
午前アジ22匹でなんとか。妻は5匹&竿折れて後半闇堕ちす
春の海ひねもす癒しリレーのはずが…心身鍛錬の一日に!!
春の京都。京都らしいええもんを探して一泊二日めし旨旅♪
ヤリイカも俺が行ったら終わるやん…断トツ最低1.5匹だけ
行ったらやっぱり終わってたよ…好調の余韻でカイワリ8匹
走水黄金大アジゲットも…アジに嫌われたままツ抜けせず
2022年初の大漁♪ 炙り刺しで最高なクロムツ15匹でドヤッ!!
暖かくって午後アジ作戦成功と思いきや釣果が凍死レベル
鉄壁のサバに阻まれ時合逃しカイワリ4匹だけとしょんぼり
3週間ぶりの釣りはサバ地獄と変な潮でクロムツ2匹だけ~
ドキドキもワクワクもなく初釣りの鬼おみくじ2022は大凶だ
ドデカアマ53.5センチ! 2021年最後にして最高の釣りだ!!
家族一人に1匹30㎝級クロムツ確保でお正月は尾頭付きで♪
10分の5がリリースって…一之瀬感謝デーカワハギで頓死す
潮澄み中盤まで魚信なし。日が傾いてカイワリダブル×3+1
デカハギの釣り方忘れた! 昨年に続きツ抜けせずで開幕
53センチのマハタ釣れたが…カイワリには全く相手にされず
妻がクロダイおかわり成功。それも48センチにサイズアップ
魚っ気皆無の白間津で船酔い・竿折れ・クーラー空で呆然
妻が47.5センチ人生初クロダイ。アジはコマセ係で撃ちーん
初のえいあん丸・城ヶ島沖オニカサゴは速潮に悩まされ2匹

著者: へた釣り