コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈

コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈釣りを始めて9年。これまで経験したことがないレベルの速潮にどう対応したらよいのか分からず成す術なし。船長いわく「潮1.5ノット」。5倍すると10秒間に流れるメートルなので10秒で7.5メートル。仕掛けとコマセを同調させる方法をあれこれ試してみたが、カイワリ1匹だけと撃沈したよ。

コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈I崎タコ名人から「お土産持ってくね」とお声掛け頂いたので今回は宇佐美駅11時30分着のギリギリ電車ではなく、11時前に到着する電車に乗って、宇佐美・治久丸を目指す。来宮駅のホームで電車と人が接触するという事故が起きて、余裕で到着のはずが26分遅れで宇佐美駅着。大急ぎで港を目指す。I崎タコ名人は待ってくれていた。今シーズンラストキンメの釣果から2匹お裾わけ頂いた。竿出す前からクーラーの中に高級魚が入っているわけでこれはうれしい。でもってこの日は釣果に恵まれなかったので、I崎タコ名人からお土産もらってなかったらと考えるといくら感謝してもしたりない。
コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈

■速潮対策でコマセを絞り弾幕シャクリでカイワリなんとか1匹ゲット

コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈釣り座は治久丸でほぼ指定席になっている右舷舳。準備をしていると船長がやってきて最近の釣況を説明してくれる。あまりいい情報ではない。「とにかく潮が速すぎて…反応はいつ入れ食いになってもおかしくない感じなんですけどね~」。潮が速くラインが鋭角に入っていくのは剣崎沖のイサキで慣れているので、なんとかなるだろうくらいに考えていたのだが…宇佐美沖の速潮はかつて経験したことがないレベルのぶっ飛び具合だった。港を離れた船は大崎堤防沖で一度減速した。浅いポイントをやるのかなと慌てて仕掛けを用意したが、減速しただけで止まらずに、いつも通り初島近くの水深90メートルのポイントで釣り開始となる。まずは2.5号の仕掛けを投入し、50センチ刻みのスティ0~3秒で魚信がでるシャクリ方を探る。
コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈

コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈潮は少し速いかなという程度で船長が騒ぐほどのぶっ飛び具合ではない。潮が速い時はコマセの出をさらに絞る(撒きすぎると魚を遠ざける)、30センチ刻みで弾幕を張るようにコマセを振り出すといいことが多い。なかなか魚信が出せないので仕掛けを2号の物に変えるとすぐに効果があった。モゾリと魚が触れてくる感触があり、竿の動きを止めるとグンッと穂先を持って行く。掛かり所が悪かったのか巻き上げ中、残り20メートルくらいで暴れられてバレた。一度でも魚信が出せればやってることは間違えてないという自信になる。釣り始めて1時間半くらい経った14時少しすぎに二度目の魚信。今度は無事に魚を取り込めた。25センチくらいのお刺身適合サイズのカイワリだった。
コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈

■でっぷりアラフォー熟アマダイでお土産確保。超速潮に対処法なし

コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈1匹カイワリを手にし、辛抱強くシャクリ続ければなんとかなりそうという手応えを掴んだが魚信があるといっても間が空きすぎるので、「アマダイ狙ってみましょう」と水深120メートルくらいのポインントに移動する。オモリが着底したら50センチ巻き上げてフワリフワリ少しずつリールを巻きながらと誘う。すぐに魚信があり、定番ゲストのキダイ。キダイばかり釣れるのでタナを下げる。オモリが着底した状態からフワリと誘うといい手応えの魚信。少し待ってから竿を立てるといい具合に竿がしなる。アラフォーのでっぷりした熟アマダイをゲット。その後キダイと一荷で25センチのアマダイを追加する。1時間半でアマダイ2匹ゲットはまずまず。
コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈

コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈カイワリは日が傾くと活性が上がり、沖上がり間際にパタパタと釣れることがある。当然、何匹かは追加できるつもりでいたのだが、カイワリ釣りに戻ってみると潮がぶっ飛んでしまっていた。釣りづらいなんてもんじゃない。竿先がほぼ真横を向いてしまっている。上手くシャクレないし、コマセと仕掛けが同調している感じが全くしない。臭いだけで魚を寄せようと遂にはコマセが1粒も出ないようにビシの窓を閉じてシャクリ続けたがカイワリどころか魚からのコンタクトはなく、沖上がりの時間に。釣果報告に「潮が速すぎる」と書いてあるときは釣行を回避した方がいい気がした。
コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈コマセ振る意味ないレベルの速潮にカイワリ1匹だけと撃沈



Twitter

2019年05月26日 22:51

« 「いい反応…」愚痴が聞こえたら細ハリスで。明日はカイワリ | メイン | 夕方にカイワリ追加のアテは外れたが豪華食卓になりそう »

最近の釣りに行った記事

釣れるイメージ全く湧ず。マゴチで2024年初の完全ボウズ
程よくとほろ酔いが苦手な夫婦は人生二度目の仲良く束釣り
A5ランク混じりでアジ28匹+煮付けメバルにクロダイまで
式根島キンメでシールもらってドヤッ顔で写真に納まったよ
上手くシャクれば!! 一荷も! カイワリの醍醐味満喫し自己最多
手乗りキダイに翻弄されてあわやあわやのアマダイボウズ!?
役満かも!?はメダイで…いつも通り白中ドラ(クロムツ)2
ほぼ尺…29.5センチの自己最大メバルでリアランサーに入魂
2024年伊豆初釣りはラスト入れパクしカイワリ20匹でどやっ
時化はあか~ん!! ドッタンバッタン魚信だせずシロギス21匹
走水黄金大アジとはいかなかったが30センチ級混じり28匹
役満かも?な引きはサバのみで。またも白ドラ(クロムツ)3
2024年は幸先よすぎ!! 初釣りでアジ105匹+シロギス20匹
オーラスで役満(アカムツ)あがれず白ドラ(クロムツ)3で
2023年の帳尻合わせ第1戦はカイワリツ抜け達成でどやっ!!
津波注意報の中白間津まで行ってうどん食って帰ってきた
寒さと雨で午前は瀕死…陽がさす午後にアマダイ2匹で帳尻
夫婦そろって束超え…合わせてアジ242匹って粂丸の奇跡?
へたさん来たらやっぱり…でもカイワリ3匹で痛風には十分
入れて入れて休んで入れて…1回旋回半夜クロムツであわわ
ガツ~ンと穂先持っていく夏秋の癒しの釣魚アカハタ初挑戦
ゲスト含め渋かった!! でも満足サイズのアマダイゲット♪
シロムツ本命宣言したら2匹だけ。ほかは痛風に悪そうな…
唯一のこれは!?な魚信は奪食いで…伊豆アカムツまたも撃沈
元気なのはサバとカマスだけで美味しいお刺身はいずこへ?
猛暑日に釣りは本当にあかん…脇腹攣って船上で悶絶したよ
隣でキハダ26キロ+カツオ3.6キロ…でも、僕はノーピク
キャストは少しは様になりシロギス久々に大人になれて24匹
極技 湾フグは2投で入魂するもシロギスはやっぱり苦手だ…
メバル煮付け級1匹だけだがA5級アジ多数+人生初キジハタ
妻と二人がかりでジャスト束!! 全部干物サイズで満足度◎
タコを触れずにキャーキャー言うことすらできなかったのよ
宇佐美の「へたさん来たら釣れない」がまた始まってしまう
人生二度目の新島キンメは…底も魚信も取れず大撃ち~ん
朝からキスで夜はアナゴで下手さ加減を思い知らされた一日
城ヶ島沖クロムツは魚信少なめも釣れれば大満足サイズで♪
久々フォースに気をよくするもオキアミ有利でカイワリ7匹
GW第2戦は待望の凪!! いつもの如く撃沈しマゴチ1匹だけ
強風に苦しみ触手に苛まれ釣り方見失うアジ・キスリレー
予期せぬ大時化にアジツ抜けせずクロダイで帳尻だけ合わす
ちょい時化だけど猿アジはぽつぽつ…後半凪たらし~んと
昼までノーガコッ伝説継続…ヤヴァいかもで一度だけガコッ
気難しいアジに苦戦も46匹。シロギスは釣り方掴めず9匹だけ
驕る下手は久しからず。ノーガコッ伝説が今日始まったよ
ウィリーもカブラも無視するカイワリなんて大嫌いだぁあ
予想以上の時化に軽く船酔いげんなりしつつクロムツ6匹
尺には遠いが長井沖で人生初のイワシでメバルをゲット♥
猿アジ冬のトリプルまつり開催中でアジフライ半年分57匹♪
魚信を出せず心荒む展開も熟アマダイ(45)に慰められる
電車故障・潮超速・偏光グラス破損…ハードラックな1日

著者: へた釣り